きになるRINGO

木に生るのは林檎
気になるのはRINGO
ミュージックメモリアル。
音楽を中心に気になる徒然。

気になる雑誌「JAZZJAPAN Vol.79」

2017年02月22日 | 
「JAZZJAPAN Vol.79」は本日2月22日発売です。
JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.79
シンコーミュージック
シンコーミュージック


巻頭インタビューはラーメンな女たち 矢野顕子×上原ひろみ
二人の出会いから、初めてのセッション、お互い野の印象についてそして5年ぶりのライヴの事。

Get Together ~LIVE IN TOKYO~(初回限定盤)(DVD付)
ユニバーサルミュージック
ユニバーサルミュージック

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-(初回限定盤)(DVD付)
Universal Music =music=
Universal Music =music=





特集1

再会! ラーメンな女たち 矢野顕子×上原ひろみ
特集2

ポートレイト・イン・モダン・ジャズ:コールマン・ホーキンス
特集3

海外武者修行の日々〜桑原あい,高澤綾
特集4

ハービー・ハンコック 『ポシビリティーズ』のドキュメンタリー映像
特集5

レコード・カタログ2016 後編



雑誌内容

ビル・フリゼールがMIZUHOと紡いだ月夜の歌物語

ジャズ・レコード・レビュー

寺島靖国のMY ROOM MY AUDIO[特別編]ヴィーナス・サウンドのジャズ的快  楽を再検証する

カッティングエッジなエンタテイメント・ジャズの誕生 MEGAPTERAS

Meet You at the Jazz Corner of Daikanyama 第3回

山中千尋 COOL TALK 61

中野俊成 そして,ジャケ買いしてしまった 55

注目の大西順子トリオ@ヤマハホール その前哨戦となるトーク・イベント  で大西が語り尽くす波瀾万丈のピアノ人生

インポート・ディスク・レビュー

Up Close and Personal 〜今最も熱いアーティストに直撃インタビュー!

FOCUS:ロリンズ&ホーク,ウェスによるモダン・ジャズ後期の貴重音源が  復刻

ジャズ・ファンのヴァイナル熱をかき立てるフォノイコライザーの効能を知  る

Jazzと演奏と録音の日々 塩田哲嗣 23

JAZZ AUDIO

TOPICS:多田誠司×スガダイロー 互いの音楽を,激しく共鳴させ,きき手  を未体験の領域へと連れ去る超絶ユニット第二章

TOPICS:京都・スペインを拠点に活動する国際派ピアニスト,川上ミネの清  水寺舞台をテーマにした神秘的なソロ作品
 
TOPICS:マッズ・トーリングが60年代カルチャーを現代ジャズで表現する注  目のエンターテインメント作品

TOPICS:キャスリン・ウィリアムスが,オルタナ世代らしい軽やかな感性で  紡いだ異色のジャズ・スタンダード集

TOPICS:世界初!528Hzチューニングによる癒しのジャズ・アルバムが登場

JAZZ@HALL Vol.2 ジャズ・レコード誕生100周年コンサート・シリーズ第二  楽章 

Jazz Program Guide

The Latest Releases

ニュース:J.J.Times(World/Japan)

JAZZ IN GOOD 'N' OLD DAYS〜我が愛しのジャズ・アルバム

カルチャー・レビュー:MOVIE/BOOK

Reader's Opinion

The Latest Jazz Chart 最新ジャズ・チャート

ライヴ・レビュー

J.J. LIVE WALKER ライヴ&コンサート・インフォメーション


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のサラメシ

2017年02月17日 | 食べる
月曜日  とんこつラーメン


火曜日  五目あんかけ水餃子定食



水曜日  鳥中華



木曜日  とんとまランチ



金曜日  握寿司ランチ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国のドラマー「ジョン・ブラッドベリー」は本日で生誕64歳になります。

2017年02月16日 | DVD
イギリスのドラマー、音楽プロデューサー「ジョン・ブラッドベリー」(John Bradbury)は本日で生誕64歳になります。(1953年2月16日生 2015年12月28日没)

ジョン・ブラッドベリーはコヴェントリーで生まれました。父親は画家で母親は医療に従事していました。母親の反人種差別主義の影響を受けたと語っています。
子供の頃から音楽が好きでビートルズやローリングストーンズを聴いていました。とりわけドラムに魅了され、母親は8歳の時にドラムセットを買ってくれました。

ドラムに打ち込んでいましたが、アートカレッジを卒業後はバーミンガムで美術と英語を教える教師をしていました。

ミュージシャンの夢は捨てきれず、コヴェントリーに戻り元美術学校の学生等とローカルバンドで活動していました。

1979年に1977年に結成された「ザ・スペシャルズ」(The Specials)のドラマーの後任として勧誘を受けました。

元々レゲエも好きだったョン・ブラッドベリーはスペシャルズのスカリズムにも独特のビートを叩き出し、大きく貢献しました。

ファーストアルバムからレコーディングやライヴで重要な役割を果たしました。
スペシャルズ<スペシャル・エディション>
ワーナーミュージック・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン

2枚目のアルバム”More Specials”をリリースして一時解散しました。
More Specials
Chrysalis
Chrysalis


メンバーの意見の食い違いにより1981年
ファン・ボーイ・スリーと、リーダーのジェリー・ダマーズが率いるスペシャルAKAに分裂しました。
[parts:eNozsjJkhIPUZENDA6NkM99g79LQ0pzIoPhi+6LUHFsDJlMzAyZjQ1MmAyYEcHBwAABvHAsP

再結成後リリースになったアルバムではジョン・ブラッドベリーも作曲に参加しています。
In the Studio
Imports
Imports


1990年、ジョン・ブラッドベリー、ゴールディング、パンターとステープルのメンバーと組んビート 、特殊なビートを形成するために他のスカとツートン古典の音楽を演奏します。 多くのラインナップの変更を経て、1990年代にいくつかのライブ録音をツアーおよびリリースしました。

2008年にスペシャルズは30周年を祝うため特別再結成で参加しました。









60歳を超えても新しいプロジェクトや曲の構成について検討をしていました。
しかし2015年12月28日この世を去ってしまいました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のサラメシ

2017年02月10日 | 食べる
月曜日  野菜蕎麦


火曜日  台湾ラーメン


水曜日  四川麻婆豆腐定食


木曜日  掛蕎麦ミニ天丼セット


金曜   海鮮餡かけご飯

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になるリリース「テデスキ・トラックス・バンド」

2017年02月08日 | CD
「テデスキ・トラックス・バンド」のLive From the Fox Oaklandがリリースになります。

3月17日リリース予定

Live From the Fox Oakland
Fantasy
Fantasy




これベスト盤といってもよいし、買います。^_^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる映画 「ジョン・レノンとヨーコ・オノを描いた映画」

2017年02月06日 | 映画
ジョン・レノンとヨーコ・オノ夫妻を描いた映画が制作されるそうだ。


タイトルや監督、キャストなどはまだ発表されていないようです。

報道によれば、本作は、『マグノリア』や『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『ソーシャル・ネットワーク』『マネーボール』などを手がけてきたマイケル・デ・ルカらとオノ・ヨーコとの共同プロデュースで進められているそうで、『博士と彼女のセオリー』を書いたアンソニー・マクカーテンが脚本を担当するという。

1966年、ロンドンのギャラリーで出会ったふたりは、1969年に結婚、1980年12月にジョン・レノンが凶弾に倒れるまでその関係は続いた。映画は、ふたりの紡いだ愛と、反戦運動にフォーカスされたものになるとか。

プロデューサーのマイケル・デ・ルカは、水曜日(2月1日)、「この物語は、愛、勇気、活動という現代のアメリカに相応しいテーマに焦点を当てる。自分が望む世界に対し明白なヴィジョンを持ち、立ち上がるよう現代の若者をインスパイアしたい」との声明を出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる映画「エリック・クラプトン」

2017年02月05日 | 映画
エリック・クラプトンを描いた映画の監督が決定

リリ・フィニー・ザナックが『エリック・クラプトン:ア・ライフ・イン・12バーズ』の監督を務めることになった。『ドライビング Miss デイジー』ではプロデューサーとしてアカデミー賞作品賞も受賞しているザナックが、エリック・クラプトンを取り上げたドキュメンタリー作でメガホンを取る
というニュースが流れました。

この作品についてザナックは「クラプトンの音楽こそが私たちの映画の基盤です。彼のブルースに対する献身、その伝統と生みの親たちがまさに初期のクラプトンを形成したのです」「彼は自分のアーティストとしての声を形成し、成長させるために適切な形をひたすら求め続けてもいました。突然の音楽の方向性の転換やバンド、曲、ギターのスタイル、見た目の変化でファンやメディアを驚かせてもいたものです」と語っています。

そして作品内では辛い幼少期や90年代に起きた息子の悲劇の死も取り上げられる一方で、数々の幸せな出来事も語られるそうで、ザナックはクラプトンの私生活における感情面が作品の根本にあると説明しています。


プロデューサーのジョン・バトセックはこの作品がクラプトンのそれぞれの時代に観衆を連れて行くものになるとヴァラエティ誌に約束している。

「私たちは過去のパフォーマンスの映像や、ステージ上と裏側での画像、象徴的な写真、コンサートのポスター、手書きの手紙や絵、個人的な日記など幅広いクラプトンの私物に接する特別な権利を持っていますので、その要素により史上最高のギタリストの1人である彼の各時代を観衆に見せることができるでしょう」と語っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャーニーを観てきました。

2017年02月04日 | コンサート
ジャーニー(JOURNEY)を観てきました。


2列目の左側


スティーブ・スミスのドラムセット




大変盛り上がって無事終演


【来日メンバー】
▪︎ニール・ショーン(Neal Schon)(G)
▪︎ロス・ヴァロリー(Ross Valory)(B)
▪︎ジョナサン・ケイン(Jonathan Cain)(Key)
▪︎スティーヴ・スミス(Steve Smith)(Ds)
▪︎アーネル・ピネダ(Arnel Pineda)(Vo)
▪︎トラヴィス・テェィダボー(Travis Thibodaux)(key)


セットリスト

Separate Way(Worlds Apart) ”Frontiers”

Be Good To Yourself ”Raised on Radio”

Only The Young ”Frontiers(reissue bonus tracks)”

Neal Schon Guitar Solo

Stone In Love ”Escape”

Any Way You Want It ”Departure”

Lights ”Infinity”

Jonathan Cain Piano Solo

Open Arms” Escape”

Who's Craying Now ”Escape”

Chain Reaction ”Frontiers”(Travis Thibodaux on lead vocals)

La Do Da ”Infinity”

Steve Smith Drum Solo

Wheel In The Sky ”Infinity”

Faithfully ”Frontiers”

Don't Stop Believin' ”Escape”



La Raza del Sol”Escape”

Lovin', Touchin', Squeezin'”Evolution ”


UDOオフィシャルスティール






INFINITY
COLUM
COLUM

Evolution
Sbme Special Mkts.
Sbme Special Mkts.

DEPARTURE
COLUM
COLUM

ESCAPE
COLUM
COLUM

Frontiers
Columbia
Columbia

Raised on Radio
Sbme Special Mkts.
Sbme Special Mkts.





ツアーグッズ
トートバッグ


タオル

これは今治製ではありませんでした。(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のサラメシ

2017年02月03日 | 食べる
月曜日  鰊蕎麦



火曜日  鯖と大根の煮物定食



水曜日  タンメン


木曜日  油林鶏定食


金曜日  オクラ、チキンカレー 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる雑誌「PEN」

2017年02月01日 | 
【完全保存版】エルメスの秘密。

創業は1837年。
馬具工房としてスタートしたエルメスは、180年の歴史を通じて最高品質を追求し続け、世界中の尊敬を集めるメゾンだ。
四輪馬車と従者をモチーフにしたロゴ、鮮やかなオレンジのコーポレートカラー、サック・ア・デペッシュやバーキン、ケリーといった皮革製品、イマジネーションをシルクに映し出したカレは、誰もが知るメゾンのアイコンだろう。
伝統という揺るぎない柱を大切にする一方で、時代を見据えて絶え間ない革新を繰り返してきたエルメスの秘密を探る本特集。
製品の愛用者からあふれ出る賛辞、メゾンの舵を取るキーパーソンの言葉、職人技を受け継ぎ続けるアトリエ取材、最新ファッションのシューティングなど、
さまざまな角度から孤高のメゾンの哲学や魅力に迫ります

Pen(ペン) 2017年 2/15号 [エルメスの秘密。]
CCCメディアハウス
CCCメディアハウス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加