住職の独り言

~ご縁に触れて~

行き止まり

2017年01月17日 | 独り言

私の進んでいる人生というトンネルには

必ず行き止まりがある

そこで朽ち果てるだけ

進みたくてもすすめない行き止まり

その行き止まりを開いて下っているのが

弥陀の本願であります

開かれたトンネルの先は「光の世界」

~高僧和讃~

生死の苦海ほとりなし

ひさしくしづめるわれらをば

弥陀弘誓のふねのみぞ

のせてかならずわたしける

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

摂取不捨

2017年01月16日 | 独り言

無量寿仏に八万四千の相まします。

一一の相に、おのおの八万四千の随形好あり。

一一の好にまた八万四千の光明あり。

一一の光明遍く十方世界を照らす。

仏の衆生を摂取して捨てたまわず。

(観無量寿経~真身観~)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四字熟語

2017年01月15日 | 独り言

好きな四字熟語は「中性脂肪」です。(笑)

正月に検査したら

中性脂肪(TB)mg/d1の許容範囲が 33~149なのに

「378」もあった。何とかしなくちゃ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然は材料…?

2017年01月14日 | 独り言

ある社会心理学者は、人間は自ら

「自然界を私たちの創造の単なる建築材料として用いることによって、

第二の世界を創り出すことの出来る至高の存在になりつつある」

第一世界…自然のまま

第二世界…人工の世界。人間が思いのままに作り上げた理想の世界

自然を材料…山は海を埋め立てる材料。多くの命を育む木は木材という材料

また、原子力という地球固有のものでない外来種を取り入れようとしている。

経済を優先し、森林は枯れ野原となり、局地的な豪雨や干ばつ…

地球は温暖化という警鐘を鳴らしながら悲鳴を上げている。

最後には人間も自分お手によって自然淘汰されるのでは…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

避難警報

2017年01月13日 | 独り言

スポーツクラブでお風呂に入っている時

突然、けたたましい警報音が鳴り

「火事です。避難して下さい。」

と警報が流れたが…

皆さん微動だにしない!

それでも、警報は鳴り響き

「六階で火事です!落ち着いて避難して下さい!」

五分間くらい鳴り響いていたけど

避難する人はおろか、慌てる人もいなかった。

結局は誤報だったんだけど

煙でも入ってこないと信じないのかも…

東日本大震災の津波等々を思うと

大丈夫かな!と思った出来事でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修正会

2017年01月12日 | 独り言

元旦に仏教寺院での法要を修正会(元旦会)といいます。

人は自分の感覚だけを頼りにして歩く時

真っ直ぐ歩いているつもりでも

200㍍歩いている間に5㍍はそれてしまうそうだ。

真っ直ぐのつもりでも円を描くように元に戻ったり

右利きの人は右にそれ

左利きの人は左にそれてしまう

これを循環彷徨(じゅんかんほうこう)というそうだが

元旦にあたり

「教」(教主世尊の教言)と「仏語」(善知識・諸仏の言葉)を鏡とし

身口意の三業を軌道修正する。

ことでありましょう。

~高僧和讃~

利他の信楽うるひとは 願に相応するゆえに

教と仏語にしたがえば 外の雑縁さらになし

(意訳)

他力の信心を得た者は、阿弥陀如来の本願に相応している。

故に、釈尊の教えと諸仏の御言葉を基本として歩めば

仏教以外のさまざまな教えや見解に惑わされることはない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラブロック博士のガイア理論に学ぶ

2017年01月11日 | 独り言

人間の体温は一般的に36度5分と言われるが

灼熱の地方へ行っても一定の体温を保ち

極寒の地方へ行っても一定の体温を保つ。

酸素吸収量も

酸素の薄い所では無意識に、

呼吸を早くして一定の酸素吸収を保つ

それらは意識せずとも、人間の自己調整機能による。

地球も然り

古来、酸素・メタンの量は一定に保たれ

太陽の熱の放射量は30億年前と比べると、

地球では30パーセント上昇しているにも関わらず

一定を保っている。

まさに地球は生き物であり

支配者がいて管理調整している訳ではなく

地球その自体による自己調整機能は

気象・海洋・地質・生物等々

全体のはたらきにより保たれている。

まさに縁起の法そのものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電子タバコ

2017年01月10日 | 独り言

新幹線ホームの喫煙所

電子タバコの人がいた

ホームじゃ吸えないね…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智者と愚者

2017年01月09日 | 独り言

お釈迦さまは言われます。

愚かな者が、自分を愚か者と知る時

その人はむしろ智者と言うべきである。

同じ愚人でありながら、わずかな才能を誇って

自らを智者とうぬぼれているものこそ

真の愚か者である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然法爾

2017年01月08日 | 独り言

昨年は夏目漱石没後100年でした。

大正5(1916)年、胃潰瘍により49歳で生涯を終えた夏目漱石は、

亡くなる1カ月前に、「則天去私」(夏目漱石の造語…天に則して私を去る)

という言葉を使っています。

「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと。

「去私」は私心を捨て去ること。

まさに親鸞聖人の言われた「自然法爾」の世界ですね。

〈自然法爾章〉

自然とは〈もとよりしからしむ〉ということばである。

阿弥陀仏の本願は、

もとより私たち念仏行者が自我の立場からはからうことではなく、

阿弥陀仏が私たちに南無阿弥陀仏とたのませて、

浄土に迎えようと取りはからってくださっているから、

私たちの方で、これが良いだろうか、

あれは悪いだろうかと心配し迷う必要がないことを、

自然というのだ」と示されます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加