Days of Pieria

奥沢の治療室Pieria 鍼灸&オーラソーマ&冷えとり…日々の気づきとメッセージなど

第5回からだの知恵ワークショップ終了

2013年04月21日 | 冷えとり健康法
KIN68黄色い電気の星(奉仕 活性化する つなぐ/気品 美しくする 芸術)

昨日はまきちゃん先生とのコラボワーク、第5回からだの知恵ワークショップを開催いたしました!
まきちゃん先生といつかコラボできたらいいな~と思ってはいたのですが、私からは何のアクションもせずにいたところ、つないでくださる方がいらして、何の努力もなしに本当に自然な形で実現したのでした。不思議なものですね~
お互いに「こんなに早く実現できるなんて!」と感動し合った次第

更に告知した途端、10分もしないうちにお申し込みが相次ぎ、なんと1日半くらいで定員に達してしまったのです
えてしてキャンセルはあるものだからと思ってキャンセル待ちもお受けしていたのですが、遠方の方も含め当日までただのお一人もキャンセルされず、なんだかすごいっ!皆さんの気合い~みたいなのを感じておりました。
さすがはまきちゃん先生パワー!
キャンセル待ちしていただいたのにご案内できなかった皆様、申し訳ありませんでした

そしてスペースオーナーさんと検討した結果、定員10名のところ、椅子の数maxの11名(+先生と私で計13名)をお受けすることにしましたが、これがいつもの白金スペース過去最高人数とのこと!
人口密度高くて窮屈!?大丈夫かな~?!とも思いましたが、オーナーさんの工夫でティータイム用のスペースも確保し、オーラソーマ製品でエネルギー調整してあるお部屋なせいもあって、どなたも具合悪くなったりせずに無事に終了できました。

まきちゃん先生のお話は、臨床経験も沢山盛り込んで非常に多岐に渡り、興味深かったですね。

もう皆さんすごーく熱心で!


嬉しかったお話が、勉強会のたびにご自身も冷えとりされているまきちゃん先生の病院のスタッフさんが、テキストとしてのこの当室の小冊子(両面印刷して二つ折りにすると冊子になります)をご準備くださるそうなのですが、プリントして折る作業をとても楽しんでくださり、この小冊子が全国に広まりますように…!と願ってくださっているそうなのです。
有り難いことです 本当に作って良かった~~!
お蔭さまで当室も全国からお問い合わせをいただくようになりました。

そして…実はまきちゃん先生のスピーディーなブログに先に書いていただいたのですが
私は本当に幼少時から身体が弱くて五臓の病気全部していますし、薬漬けで成人後甲状腺疾患に罹ってます。そんなひどい身体だった私が冷えとりを知って始めたのが約20年前…その後鍼灸師になってオーラソーマと出逢い、様々なヒーリング技術も修得し、こんなワークショップも開催してまきちゃん先生とコラボし、更に自分の技術をご指導する、なんていうこと自体、確かに奇跡以外の何ものでもない!

そして冷えとり歴だけは長いけど、お話できる私の面白い暝眩ってないな~って思っていたんです。
そこ、一番ウケるところですからね(笑)お風呂の色がこんなになった!とか、靴下のどこがどんなに破けたとか色がついたとか…ネタになるようなものがあまりなく、頭痛と時々声が出なくなること以外の暝眩って私にはあまりないんです。(土用前に脾胃の暝眩で食べられなくなったり、脾経をぶつけて青あざつくったり、っていうのが今回ありましたが…
ちなみに今回まきちゃん先生のお話で笑ったのが、食べすぎの人の暝眩として料理が出来ないように「包丁がなくなった」っていうのがありましたね

でも気づきました。私の暝眩の最大なのは大企業を辞めたことなのかも!そして学費がすごい鍼灸学校に入ったこと。我ながら改心の手放し
あと全財産はたいて更に大借金して一生仕事できる家を買ったのもかなー?(こうなるとただのバクチ打ちって話も…
つまり私自身がすごいネタかも!?って、そんな重要なことに気づかせていただいたのもワーク中だったんです。感謝です

次にコラボの私のパート、シータヒーリングを使った浄化ワークのご指導です。
原発事故以降の環境汚染に対処するための「遠隔浄化セッション」を受けてくださった方から「やり方を知りたい」というご希望をいただき、チャレンジすることにいたしました。
私、オーラソーマのシェアや、冷えとりのお話はできる範囲でしていましたが、自分が実践している技術のご指導というのはこれが初めて。
同業者ではなく一般の人に、限られた時間でどこまでできる!?と悩みもしましたが、求められた時がその時!と思い、資料も作って頑張ってみました。

実際にこのセッションは、とてもシンプルなものです。市販されているシータヒーリングの本にも書いてあり、誰もができると思うのですね。
何をしているかと言えば、「神様にお願い」してるだけなんですから~
不慣れなのでどうだっただろう??と思いましたが、アンケートをお寄せくださった方々にはきちんとご理解いただけたようでほっとしています。今後このワークは単体でご指導もしていきたいと思っています。

会場で全員で浄化してみましたが、何か暝眩ありました?
私自身がゆうべ「テルマエロマエ」はじまったら半身浴したくなり、その後超眠くなって爆睡してしまいました!


今日までにいただいたアンケートご回答から抜粋

「(まきちゃん先生のお話は)いつもお世話になっている安家座さんの勉強会とはまた違い、アットホームで穏やかな感じがPieriaさん風で質問もしやすく私にはとてもよかったです。
主催者さんごとにカラーが違うとおっしゃっていたのはこんな感じなのかなぁと少し思いました。
まきちゃん先生の勢いのあるリズムと秋濱さんのゆったりとしたリズムが調和して素敵な空間でした。
勉強会ではいつも「あ、そうだそうだそうだった」と再確認が多く、質問はあとから「あっ、そういえば聞きたかった」と思い出すことばかりで質問タイムに思いつかなくて・・・。終了後にお時間を頂きましてありがとうございました。
今回は片鼻呼吸や母里啓子さんの本など新しいことを知る機会となりましたし、なかなか聞くことができない冷えとりの生の声や体験談に触れられ今回もたくさんの学びがありました。
進藤先生のお宅が地震で揺れなかったこと(!)や、ワクチンの話、身体の電流・電位の話など興味深かったです。
質問から発展するお話が四方八方へ広がって本当に面白くためになりますし、だからこそまた参加したい!と感じます。」

「(浄化ワークの話は)遠隔セッションをお願いしていましたが、どんな内容なんだろう・・・と思っていましたので、実際こういうものかと理解するよい機会となりました。
今回いらっしゃった方はなんとなくみなさん理解が深そうに感じましたので、チャクラという言葉も聞きかじった程度ですしついていけるか不安でした。
理論を聞きますとシンプルでわかりやすいものなのだなと思いました。(そのように説明して頂けたからこそですよね!)
そして、なんとなく、とても強力なツールなのでは?と感じました。」

「私事ですが、まきちゃん先生のカウンセリングを受け、そのあとめぐみ先生のオーラソーマや光の鍼を受け、私の中でなにかがぽろっと取れたような感じがしています。「なにか」というのは、たぶん自分で自分をがんじがらめにしていた縄のようなものです。すっかり消えたわけではないのですが、家族関係も以前とは違うような、現実は変わらないのですが、それに対する自分の捉え方が明らかに変わってきたのを感じています。この場をお借りしてお二人にお礼を申し上げます。
今回、まきちゃん先生のお話を聞いて一番思ったのは、自分の身体をもっと信頼する、ということでした。身体は本当はわかってくれているのに、頭が身体の声ではなく、世間のいわゆる情報とかそういったものを身体に押し付けようとしている感じがします。自分の身体の声をもっと大事にしていいんだ、と思いました。」


ご協力ありがとうございました。他の方もご協力いただけましたら嬉しいです。

ひとつ覚えの腎を強めるおやつ、「あずき昆布+玄米甘酒」を13人分と思ってたっぷり!お持ちしましたがご完食いただき、ありがとうございました。

そしてまきちゃん先生と終了後いろいろお話したのですが、冷えとりとは人類が頭と手を使いすぎて滞りまくった(冷えが極まった)ときに、見出せるように創造主が仕組んだギフトとしての知恵に違いない!と確認しあった次第です。これは絶対そうだと確信しています。
生命の神秘とは、そういう身体の知恵を発見していけることではないかと思うのです。

まきちゃん先生が、お帰りの機上からの素晴らしい写真を送ってくださいました!

富士山が地球の第7チャクラと言われていることを納得しますね~(存在の第7層…?!

長くなりましたが、まきちゃん先生、ご参加者の皆様、そしてこのワークに関わってくださった全ての方々に御礼申し上げますm(_ _)m
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身体の知恵は若さに勝ると思う | トップ | あなたは私であり、私はあな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですね~♪ (ゆいか)
2013-04-27 01:43:25
次回を楽しみにしています♪今度こそはー!!

おやつも楽しみにしています(^^)
ありがとうございます! (pieria)
2013-04-27 02:10:48
つないでいただいたゆいかさんに本当に感謝です!^-^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む