日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。

その様子は当時、以下のようにレポート。

 

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1)

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (2)

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (3)

この調子で、(10)まであります。

 

また、総論もアップ。

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論)

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論2)

 

 

 で映画。

まず 始まるやいなや(まだ出資企業ロゴが出きらないうちに)音で事件発生。

そして直ちに 悪夢へ飛び込んでいく…

 

そして気づく。

ずっと 涙が止まらない…

 

 

これは事件直後の自分の状態が影響しているように思う。

 

<しばらく固唾を呑んでいたが、作業が終了したらしく

<フェリー他数隻がこちら方面へ向かい出したので終了を理解(写真 ←当然、生写真です)

ここで移動し、近くのパブに入ってテレビに。

 

当然、バーの人々はテレビに釘付け。

客及び乗務員155人が無事ときいて一同ホッと。

あまりのスピーチ上手にわたしゃ~もう泣きそうになりましたよ。。。。。

 

実は、拳をカウンターの上で手を組みつつ、しめしめと泣いていた。

氷がかかるような厳冬の川に航空機が着陸、という状況下で全員が救出された奇跡に。

 

そんな様子をみて近くにいたテレビ局のレポーターが寄ってきて、

「あんたかい?最初から全部観たっていうのは!」とか言い出した

ので、即 断ったが(笑)

 

そして極め付けは映画で、航空機がハドソン川に着陸した瞬間の「音」

 

<思い出してみると、ちょっと前に大っきな音がしたような気も

 

確かにあの巨大な金属音ノイズは 着陸のそれだという気はしていたが、映画でそれが「確信」に至ったのだ!

こうなると、もう涙が止まらない…

 

 

映画は忠実に現実を再現していたと感じつつ、一箇所だけ省略されている箇所があるように思った。


フェリーの船長は直後のテレビのインタビューで語っていた。

「飛行機が落ちて、ただちに無線で周囲の仲間のフェリー船を呼んだ」

「日頃から異常事態に対する訓練をしていたので、直ちに対応できた」

お客商売のフェリーが即対応するには、確かに日頃からの準備なくしてはできないだろう。


映画ではこの部分が多少省略され、他の救援隊とのバランスを取っていたような?

あれだけ集中的に何隻もフェリーが一気に駆け付けた事が、最大のポイントだったと当ブログは考えてきた。

そう、ヒーローは Sally だけでなく、最低もう一人いたのだ!

 

直後のインタビューによると、その中心人物はイラクで駆逐艦の管制を行っていたという。

名前もやっとわかった = ビンセント・ピーター・ロンバルディ船長

なぜわかったかというと、スタッフ・ロールの中で、himself となっていたから。

この船長を始め、本人の出演が結構多かったのだ。

イーストウッドのリアリティへのこだわりがあったそう。


結論:当ブログは目撃者で当事者?のため、評論不可(笑) 

   だがイーストウッドだからこそこの奇跡を 映画化 出来た、と確信。

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 36 )



« 「ブログでサ... 読後評:ビッ... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (すかあふえいす)
2016-12-04 14:24:41
こんにちわー。

私のブログの方への御訪問とTB、誠にありがとうございます。

なんとあの場に居合わせていた方だとは…!
映画はあらゆる人間に賛歌を送るような内容でしたが、まだまだ語りきれなかった人もやはりいたのですね…何も言わずに駆けつけ、去っていった人々がもっと沢山いたことでしょう。

沈みかけの飛行機から見たら、大きなフェリーが駆けつけてくれる頼もしさといったら無いでしょうね…。

 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2016-12-06 12:51:17
<なんとあの場に居合わせていた方だとは…!

はい。
パンフを終了後に買ったんですが、登場したのは
「ちょうどその時にケネディ空港にいた人」
「その時NYにいた」
レベルの方々ばかりで、「勝った!」と思いました(笑)

後から聞くと事によると、現場にはNHKの有働アナもロケで
たまたまいたそうです。
万一お会いする機会があったら、お話ししてみたいものです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「ハドソン川の奇跡」 (或る日の出来事)
いやー、シンプル。
 
 
 
映画「ハドソン川の奇跡(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ハドソン川の奇跡(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 2009年......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 イーストウッド遂に乗り出す (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なるほど、物議をかもす映画である。  ワーナー・ブラザースの重役は、『ハドソン川の奇跡』をいつ封切るべきか思い悩んだという。旅客機がマンハッタ......
 
 
 
ハドソン川の奇跡〜見ものは徹底した事故調査 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Sully。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー、オータム・リーサー、サム・ハンティントン ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』('16初鑑賞92・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:40の回を鑑賞。
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハドソン川の奇跡』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クリント・イーストウッドの作品だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、機長の「離陸する」の声......
 
 
 
ダーティー・サリー クリント・イーストウッド 『ハドソン川の奇跡』 (SGA屋物語紹介所)
『アポロ13』で宇宙から生還し、『キャプテン・フィリップス』で海賊の襲撃を生き延
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (映画好きパパの鑑賞日記)
 2009年にニューヨークで離陸直後の航空機がハドソン川に不時着し、乗員・乗客が無事だった事故は記憶に残っていますが、その裏でこんなことが起きていたとは知りませんでした。......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」凄い、素晴らしい…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード  世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、ク......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』をトーホーシネマズ渋谷2で観て、そんなんでもなかとよふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★周囲の評判はいいしイーストウッドなのだけど、かなり退屈】 そんなに長い映画ではないのだけど、中盤までかなり退屈だった。 いわゆる「奇跡」を起こしてか......
 
 
 
映画『ハドソン川の奇跡』★惨事を防いだサリー機長ここにあり! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169616/ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原題: SULLY   ←機長の愛称   監督:クリント・イーストウッ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 (時間の無駄と言わないで)
クリント・イーストウッド監督作ってコトでまぁテンポがイイ。 起承転結全てがもうサックサク。 でも駆け足感はないし、90分の短さなのにとても充実している。 早い展開で飽きさ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 (こねたみっくす)
ハドソン川の奇跡。それはNYをトラウマから救った功績。 2009年1月15日、NYのハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便。乗客乗員155名の命を救ったチェズレイ・サリー・サレンバ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 淡々とした機長の姿 (Days of Books, Films )
クリント・イーストウッド監督の映画の主人公は、いつもアメリカ人の原型ともいうべき
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 Sully (2016 WB) (事務職員へのこの1冊)
飛行機のエンジンがすべて機能不全に陥り、しかし冷静に対処した機長の判断のおかげで乗員乗客全員が救出される……これだけのお話なのである。いくらクリント・イースト......
 
 
 
ショートレビュー「ハドソン川の奇跡・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
プロフェッショナルの矜持。 2009年1月15日、マンハッタン島の西側を流れる極寒のハドソン川に、鳥との衝突によって両エンジンの推力を失ったUSエアウェイズ1549便のエアバスA320が不......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 (ここなつ映画レビュー)
縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 SULLY (まてぃの徒然映画+雑記)
2009年1月15日、USエアウェイズ1549便で起こったハドソン川への不時着水。両エンジンがバードアタックで停止する中で死者を一人も出さずに不時着水に成功した機長のサリー(トム・ハ......
 
 
 
【映画】ハドソン川の奇跡 (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(10) 今まで、着水なら安全と思っていた大きな勘違いに反省しきり。
 
 
 
『ハドソン川の軌跡』 (beatitude)
2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生。全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始める......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (♪HAVE A NICE DAY♪)
凄い感動した。。。 「155人の命を救った」と英雄扱いされてる裏で 機長の判断は正しかったのか? 片方のエンジンは故障してなかったのでは? 危険な緊急不時着水をしないで ......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (そーれりぽーと)
記憶に新しい奇跡的なニュースを、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で描く『ハドソン川の奇跡』を観てきました。 ★★★★★ 似たテーマのロバート・ゼメキス監......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (Akira's VOICE)
命が救われた気分を味わえる映画。  
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド監督×トム・ハンクス主演、2009年ニューヨークで起こっ
 
 
 
■ハドソン川の奇跡 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第410回「決して娯楽作ではなかったけれど・・・」 正直、他に観たい作品が無かったというのがこの作品を選んだ理由です。有名な事件だったので、当時の事は覚えていたし、そ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 (My Pace, My Self)
『ハドソン川の軌跡』鑑賞   イーストウッドが描く実話ということで、ハズレなしな期待からチョイス   ”ハドソン川の奇跡”のこと自体は、その瞬......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「ハドソン川の奇跡」 TOHOシネマズ六本木 2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のサリー・サレンバーガー(トム・
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 過不足なく逸脱なく (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 クリント・イーストウッド監督の最新作。  「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた2009年1月15日に起きた「USエアウェイズ1549便不時着水事故」についての映画化。  原題は「Sully」で、15......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 【映画】 (Balkan's Memorandum)
SULLY 2016年 アメリカ クリント・イーストウッド(監督) トム・ハンクス、アーロン・エッカード、ローラ・リニー、マイク・オマリー、ジェイミー・シェリダン、アンナ・ダ......
 
 
 
サリー機長の判断 (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「ハドソン川の奇跡」IMAXを鑑賞しました。 乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失い、機長は必死に機体を制御し ハドソン川に......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (ごみつ通信)
Sully 2016年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド (演)トム・ハンクス アーロン・エッカート ローラ・リニー ☆☆☆★★★
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (ごみつ通信)
Sully 2016年/アメリカ (監)クリント・イーストウッド (演)トム・ハンクス アーロン・エッカート ローラ・リニー ☆☆☆★★★
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Sully」2016 USA2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後バードトラブルによりエンジンが止まってしまう。やがて機体は急速に高......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」-サリーたちへの賛歌 (映画に狂って・・・)
「Sully」 ★★★★(傑作) ※以下、ちょっとネタバレ 空を飛ぶ…いや 降下 してくる旅客機。 機内で必死に機器を操作し、声を掛け合い、見つめ、コンクリート......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SULLY】 2016/09/24公開 アメリカ 96分監督:クリント・イーストウッド出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー 155人の命を救い、容疑者になった男。 STORY:2009年1......
 
 


 
編集 編集