日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

実は当ブログ、たまたまNYで この現場に居合わせてしまった。

その様子は当時、以下のようにレポート。

 

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (1)

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (2)

NY ハドソン川飛行機墜落事故 現場リポート (3)

この調子で、(10)まであります。

 

また、総論もアップ。

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論)

NY ハドソン川飛行機墜落事故「ハドソン川の奇跡」 現場リポート(総論2)

 

 

 で映画。

まず 始まるやいなや(まだ出資企業ロゴが出きらないうちに)音で事件発生。

そして直ちに 悪夢へ飛び込んでいく…

 

そして気づく。

ずっと 涙が止まらない…

 

 

これは事件直後の自分の状態が影響しているように思う。

 

<しばらく固唾を呑んでいたが、作業が終了したらしく

<フェリー他数隻がこちら方面へ向かい出したので終了を理解(写真 ←当然、生写真です)

ここで移動し、近くのパブに入ってテレビに。

 

当然、バーの人々はテレビに釘付け。

客及び乗務員155人が無事ときいて一同ホッと。

あまりのスピーチ上手にわたしゃ~もう泣きそうになりましたよ。。。。。

 

実は、拳をカウンターの上で手を組みつつ、しめしめと泣いていた。

氷がかかるような厳冬の川に航空機が着陸、という状況下で全員が救出された奇跡に。

 

そんな様子をみて近くにいたテレビ局のレポーターが寄ってきて、

「あんたかい?最初から全部観たっていうのは!」とか言い出した

ので、即 断ったが(笑)

 

そして極め付けは映画で、航空機がハドソン川に着陸した瞬間の「音」

 

<思い出してみると、ちょっと前に大っきな音がしたような気も

 

確かにあの巨大な金属音ノイズは 着陸のそれだという気はしていたが、映画でそれが「確信」に至ったのだ!

こうなると、もう涙が止まらない…

 

 

映画は忠実に現実を再現していたと感じつつ、一箇所だけ省略されている箇所があるように思った。


フェリーの船長は直後のテレビのインタビューで語っていた。

「飛行機が落ちて、ただちに無線で周囲の仲間のフェリー船を呼んだ」

「日頃から異常事態に対する訓練をしていたので、直ちに対応できた」

お客商売のフェリーが即対応するには、確かに日頃からの準備なくしてはできないだろう。


映画ではこの部分が多少省略され、他の救援隊とのバランスを取っていたような?

あれだけ集中的に何隻もフェリーが一気に駆け付けた事が、最大のポイントだったと当ブログは考えてきた。

そう、ヒーローは Sally だけでなく、最低もう一人いたのだ!

 

直後のインタビューによると、その中心人物はイラクで駆逐艦の管制を行っていたという。

名前もやっとわかった = ビンセント・ピーター・ロンバルディ船長

なぜわかったかというと、スタッフ・ロールの中で、himself となっていたから。

この船長を始め、本人の出演が結構多かったのだ。

イーストウッドのリアリティへのこだわりがあったそう。


結論:当ブログは目撃者で当事者?のため、評論不可(笑) 

   だがイーストウッドだからこそこの奇跡を 映画化 出来た、と確信。

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... 読後評:ビッ... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (すかあふえいす)
2016-12-04 14:24:41
こんにちわー。

私のブログの方への御訪問とTB、誠にありがとうございます。

なんとあの場に居合わせていた方だとは…!
映画はあらゆる人間に賛歌を送るような内容でしたが、まだまだ語りきれなかった人もやはりいたのですね…何も言わずに駆けつけ、去っていった人々がもっと沢山いたことでしょう。

沈みかけの飛行機から見たら、大きなフェリーが駆けつけてくれる頼もしさといったら無いでしょうね…。

 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2016-12-06 12:51:17
<なんとあの場に居合わせていた方だとは…!

はい。
パンフを終了後に買ったんですが、登場したのは
「ちょうどその時にケネディ空港にいた人」
「その時NYにいた」
レベルの方々ばかりで、「勝った!」と思いました(笑)

後から聞くと事によると、現場にはNHKの有働アナもロケで
たまたまいたそうです。
万一お会いする機会があったら、お話ししてみたいものです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集