虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

蜘蛛の巣を作ったよ♪

2016-10-29 20:41:37 | 理科 科学クラブ

年長のAちゃんとBちゃんのレッスンで。

今日、何をしたいかなかなか決まらないふたり。

そこで、「教室のなかを自由に歩きまわってみたら?作りたいものや実験したいことが見つかるかもしれないよ。

ほら、そこに飾っている遊園地のコーヒーカップなんてどう?くるくる回る面白いしかけが作れるよ。

それかゲームを作るのはどう?教室においているどのゲームも、同じようなものが作ってみたかったら作れるし、

お家で遊べるよ」

というと、「コーヒーカップはやめとく、うーん」と言いながら、教室のおもちゃや実験道具を見てまわっていたふたりは、

ハローウィン用に棚にかけていた蜘蛛の巣の飾りに目をとめて、「これが作りたい!」と言いました。

 

Aちゃんによると、少し前に『猛毒展』に行って

毒グモを見てきたそうです。Aちゃんは猛毒展にいたひとつひとつの生き物について

それはていねいに説明してくれました。

 

HEPで開かれていた『猛毒展』はちょっとこじんまりしすぎかな……というものでしたが、

 子どもにとっては、少し想像力を膨らませないと楽しめないくらいの地味なイベントごとの方が

深く心に響くものです。

わたしも子ども時代の思い出深い体験のベスト3は、野外で昆虫の科学ドキュメンタリーを見たこと

(虫好きでも何でもなかったのに……)や、自転車置き場の上や物置の上に登って遊んだことや、

はじめて図書館に連れて行ってもらった時のことです。

サーカスや遊園地や珍しいレストランにも連れて行ってもらったけれど

そちらはほとんど覚えていません。

 

「蜘蛛の巣を作りたい」と聞いて、飼育と観察という

古い学研の図鑑を出してきました。

 1971年初版のものなので、子ども向けの図鑑とは思えない内容に、

思わず笑ってしまうようなページもかなりあるのですが、

(すいそうの作り方とか、カメのための池の作り方とか、ハチの観察の仕方とか、熱帯魚の飼育のための生餌のイトミミズを飼っておいたり、刻んだりする方法など、)

最近の洗練された図鑑にない魅力も満載の本です。

この図鑑にオニグモがあみをはる手順が、

初心者向けの編み物の本さながら、ていねいに解説してあります。

Aちゃん、Bちゃんもすっかり蜘蛛のあみのはり方に魅了されていました。

最初に自分の体重を利用して三角形を作って、

木の枝などに枠糸をはってから、

放射状に糸をはっていき、

最後にうちがわからぐるぐる巻きの形に糸をはっていく様を

一生懸命、真似していきました。

最後に、ねばり糸の「ねばり」をつける意味で、

ピンクのビーズも貼っていきました。

 

Bちゃんは図鑑のさくいんが気に入って、調べたい文字を探しては、

指定のページを見にいっていました。

生駒山に登ってきたというAちゃん。

さっそく教室の距離カードに加えることにしました。

高さは、642mです。

算数のレッスンでは、10のカードを作って、くりさがりのあるひき算を学びました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育と学習方法について考え... | トップ | 教育と学習方法について考え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。