論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

組織工学・再生医療 【おまけ】

2012-02-01 | 慶應大学 再生医学 : 論文撤回Watch

このシリーズ今回で終了です。最後におまけをつけておきます。

 

Application of BMP-2–soaked beads in vivo has also been used to induce the ectopic expression of cardiac transcription factors, and the administration of soluble BMP-2 or BMP-4 to explant cultures induces full cardiac differentiation in stage 5 to 7 anterior medial mesoderm, a tissue that is normally not cardiogenic. (Circ Res 2006;98:1002)

Application of BMP-2-soaked beads in vivo elicits ectopic expression of the cardiac transcription factors CNkx-2.5 and GATA-4. Furthermore, administration of soluble BMP-2 or BMP-4 to explant cultures induces full cardiac differentiation in stage 5 to 7 anterior medial mesoderm, a tissue that is normally not cardiogenic. (Genes Dev 1997;11: 451)

 

 

In Xenopus gastrula-stage embryos, Noggin and other BMP inhibitors are secreted by the Spemann organizer and induce neural tissue from dorsal ectoderm by inhibiting ectodermal BMPs.(Circ Res 2006;98:1002)

In Xenopus gastrula stage embryos, Noggin is secreted by the Spemann organizer and induceneural tissue from dorsal ectoderm by inhibiting ectodermal BMPs. (Neuron 2000;28:713)

 

 

 

The Wnt/beta-catenin pathway (canonical Wnt pathway) regulates cell adhesion, morphology, proliferation, migration, and structural remodeling. The major components of this network are the Wnt ligands, which bind to frizzled receptors at the cell surface.··· ···Activation of Wnt signaling down regulates the intracellular degradation of beta-catenin, allowing translocation to the nucleus and transcription factor activation in conjunction with cotranscription factors Lefs and Tcfs(Circ Res 2006;98:1002)

The Wnt–beta-catenin pathway regulates cell adhesion, morphology, proliferation, migration and structural remodeling. The aspects of the canonical and non-canonical pathways are reviewed here. The major components of this network are the Wnt ligands which bind to frizzled receptors at the cell surface. Activation of Wnt signaling down regulates the intracellular beta-catenin degradation component, allowing beta-catenin levels to accumulate within the cell. At normal levels, beta-catenin associates at the intracellular side of the membrane with cadherins to promote cell adhesion and with the actin microfilament cytoskeletal network to control cell shape. If beta-catenin levels become elevated, it can begin to accumulate within the cell nucleus and activate transcription in conjunction with co-transcription factors Lefs/Tcfs. (Growth Factors 2005;23:111


Marvin et al reported ······ that ectopic Wnt signals can repress heart formation from anterior mesoderm in vitro and in vivo. In addition, the forced expression of either Wnt3A or Wnt8 promoted the development of primitive erythrocytes from the precardiac region. ··· ···These findings indicated thatinhibition of Wnt signaling by diffusion of Dkk-1 and Crescent from the organizer promotes heart formation in the anterior lateral mesoderm, whereas active Wnt signaling in the posterior lateral mesoderm promotes blood development. (Circ Res 2006;98:1002)

Furthermore, we have found that ectopic Wnt signals can repress heart formation from anterior mesoderm in vitro and in vivo and that forced expression of either Wnt-3a or Wnt-8c can promote development of primitive erythrocytes from the precardiac region. We conclude that inhibition of Wnt signaling promotes heart formation in the anterior lateral mesoderm, whereas active Wnt signaling in the posterior lateral mesoderm promotes blood development.(Genes Dev 2001;15:316)

 

Subsequent loss- and gain-of-function experiments showed that Wnt11 is required for heart formation in Xenopus embryos and is sufficient to induce a contractile phenotype in embryonic explants via noncanonical Wnt signaling, which is independent of beta-catenin but involves protein kinase C and JNK.Moreover, they reported that treating the mouse embryonic carcinoma stem cell line P19 with murine Wnt11-conditioned medium triggers cardiogenesis,suggesting that the function of Wnt11 in heart development is conserved in higher vertebrates. ….. Together, these results indicatethat cardiac development requires noncanonical Wnt signal transduction. (Circ Res 2006;98:1002)

Here we show, through loss- and gain-of-function experimentsthat XWnt-11 is required for heart formation in Xenopus embryos and is sufficient to induce a contractile phenotype in embryonic explants. Treating the mouse embryonic carcinoma stem cell line P19 with murine Wnt-11 conditioned medium triggers cardiogenesis, which indicates that the function of Wnt-11 in heart development has been conserved in higher vertebrates. XWnt-11 mediates this effect by non-canonical Wnt signalling, which is independent of beta-catenin and involves protein kinase C and Jun amino-terminal kinase. Our resultsindicate that the cardiac developmental program requires non-canonical Wnt signal transduction. (Nature 2002;418:636)

 

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

おまけにしては、長くなりすぎました。

 

立派な総説論文を英語で執筆するには、人様のものが助けになるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

組織工学・再生医療 【5】

2012-02-01 | 慶應大学 再生医学 : 論文撤回Watch


組織工学・再生医療 【5】

Retraction Watch / 2011.08.04 00:21 / 推薦数 : 2

組織工学・再生医療【4】からの続きです。

Circualtion Journal は、日本循環器学会が発行する英文雑誌です。

2005年12号にSpecial Article が掲載されました。

タイトルは

Progress in Myocardial Regeneration and Cell Transplantation 

 

で、ここから読めます。著者は単独でやはり慶応大学。

 

この論文がなぜ「スペシャル」なのかを探ります。

 

この論文には13個もの図が含まれています。そしてすべての図は著者が過去に発表した論文からの引用です。

よって内容は、自身の研究成果のまとめであり、総説論文とは違います。

すべての図は再利用ですが、

今回はきちんと引用元が明示されています。

さんざん再利用されてきたJCIに掲載されたオリジナルの図にも、

引用元が示されています。

 

心臓の再生医学の第一人者である著者の成長ぶりが伺えます。

  

ということでスペシャルなのだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

組織工学・再生医療 【4】

2012-02-01 | 慶應大学 再生医学 : 論文撤回Watch


組織工学・再生医療 【4】

Retraction Watch / 2011.08.03 00:01 / 推薦数 : 2

組織工学・再生医療 【3】からの続きです。

今回は以下の二つの総説論文を紹介します。やはり慶応大学再生医学からの発表です。

上記両論文とも内容は一字一句ほとんど同じです。また両論文ともJCI論文に掲載された図を盛りだくさんに再利用しています。

両論文とも総説のような形式での書かれ方ですが、内容からみると、自身の研究成果をまとめたものと言った方がよいかも知れません。

慶応大学再生医学の著者は、招待あるいは依頼されて、仕方なく両論文を書いたのでしょうか?

一字一句がほぼ同じの論文を投稿する行為は

よろしくないです。

 

心臓病再生医学創始者のすべき行為ではないでしょう。

 

 

組織工学・再生医療 【5】に続きます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

組織工学・再生医療 【3】

2012-02-01 | 慶應大学 再生医学 : 論文撤回Watch

 

組織工学・再生医療 【3】

Retraction Watch / 2011.08.02 00:30 / 推薦数 : 3

 組織工学・再生医療 【2】からの続きです。

さて、100回以上も引用されている、

Development of regenerative cardiomyocytes from mesenchymal stem cells for cardiovascular tissue engineering

この論文(以下AO論文)には、他にも注目すべき点があります。

次の論文を読んでいただければ、すぐにわかります。

Cardiomyocytes can be generated from marrow stromal cells in vitro

Journal of Clinical Investigation に1999年に掲載された、この論文(以下JCI論文)は、13名の著者よりなる大作です。なんといってもJCIですから、AO論文は少し顔を引っ込めたくなります。

それでも、AO論文は堂々としています。

AO論文には図が6つと表が1つ含まれていますが、そのほとんどがJCI論文からの再利用なのです。当然、論文の中身もほぼ同じということになります。

再利用の例をひとつだけ示します。


 

AO論文がJCI論文に肩をならべたような格好でしょうか?

 

これを論文の2重投稿と呼ばなければ、何を2重投稿と呼べばよいのでしょうか?

組織工学・再生医療 【4】に続きます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

組織工学・再生医療 【2】

2012-02-01 | 慶應大学 再生医学 : 論文撤回Watch

組織工学・再生医療 【2】

Retraction Watch / 2011.08.01 00:27 / 推薦数 : 1

雑誌 Aritificial Organs の2001年 25巻3号に掲載された11編の原著論文のうち、注目すべき論文は

この論文です。

Development of regenerative cardiomyocytes from mesenchymal stem cells for cardiovascular tissue engineering

 

慶応大学医学部再生医学に属する著者ひとりのみの論文です。

なぜ、注目すべきか?

なんと、この論文、100回以上も引用されているのです。雑誌 Aritificial Organs に掲載されている論文の中で100回以上引用されている論文は数えるほどだと思います。

ちなみに2001年に雑誌 Aritificial Organs に掲載された論文の中で100回以上引用されているのは、この論文のみです。

間葉系幹細胞から心筋細胞を作り出すことに成功したわけですから、多くの研究者から注目を浴びるわけです。

 

 

ほんとうの注目すべき理由は他にあるのだろうと

思われた方は論文撤回ウォッチャーです。

組織工学・再生医療 【3に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加