論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

データ調理の禁じ手

2012-02-01 | 山梨大学 医学工学総合研究部


データ調理の禁じ手

Retraction Watch / 2011.11.20 06:37 / 推薦数 : 4

情報伝達は山梨大学から

 

撤回論文のまずかった点を4つ列挙しました。

まだ他にもまずかった点はあるかもしれませんが

今回でこのシリーズ最終回とします。

 

撤回理由に補足がなされていますのでそれを以下に転載します。

 

The authors offer apologies to the readers for this error and for any inconvenience associated with the publication of the article. The paper is being retracted by the American Physiological Society at the request of Dr. Kitamura, and with the approval of the co-authors (N. Hiramatsu, K. Hayakawa, S. Takahashi, A. Kasai, Y. Tagawa, J. Yao, and Y. Fujii-Kuriyama). Dr. Kitamura has signed the retraction on behalf of T. Shimada and M. Mukai because they are no longer in the lab where the research was carried out and their new contact information could not be found.

 

研究室の卒業生に連絡がとれなかったようですね。

 

山梨大学分子情報伝達学講座は2003年に新設されたようです。

同講座のウェブサイト、特に「研究裏話」は必読です。

研究者として生き延びてゆく上で知っておくべき知識、

でも誰も教えてくれない「秘策」と「裏技」

を伝授してくれます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【5】情報伝達は山梨大学から

2012-02-01 | 山梨大学 医学工学総合研究部


【5】情報伝達は山梨大学から

Retraction Watch / 2011.11.19 00:48 / 推薦数 : 3

【4】情報伝達は山梨大学から

の続きです。

 

撤回論文のまずかった点 よっつめ。

 

 

右図は撤回論文中のもの。

左は先行論文AJP2008 中のもの。

右図のバンドの縦横比を変え、

さらにフォトショッピングすれば

左のバンド(AhR)にそっくりになります。

 

ということは、

先行論文AJP2008 論文中のバンド図が

「いじられていた」

可能性がでてきます。

「いじられていた」となると

捏意を感じます。

 

これは「データ調理の禁じ手」

となり、

AJP2008 論文もアウト!

となるのでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【4】情報伝達は山梨大学から

2012-02-01 | 山梨大学 医学工学総合研究部

 


【4】情報伝達は山梨大学から

Retraction Watch / 2011.11.18 05:43 / 推薦数 : 3

【3】情報伝達は山梨大学から

の続きです。

 

撤回論文のまずかった点 みっつめ。

 

 

簡単に言うと

縦のK7174を抜いて

引っ付け

横にC/EBPα

を差し込んだ

ことになります。

 

認識のある過失

になるでしょうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【3】情報伝達は山梨大学から

2012-02-01 | 山梨大学 医学工学総合研究部


【3】情報伝達は山梨大学から

Retraction Watch / 2011.11.17 06:16 / 推薦数 : 4

【2】情報伝達は山梨大学から

の続きです。

 

撤回論文のまずかった点 ふたつめ。

 

下に示した二つの図も基本的に同じものです。

過去に行った実験データの一部を再利用してしまったのです。

今回の図も前回紹介した図も

生データをいじっていないので

悪意はそれほど感じ取れません。

論文撤回Watchで過去に紹介した、

図を ひっくり返したり 縦横比を変えたりして

再利用する例

との違い

を汲み取って頂ければと思います。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【2】情報伝達は山梨大学から

2012-02-01 | 山梨大学 医学工学総合研究部


【2】情報伝達は山梨大学から

Retraction Watch / 2011.11.16 00:46 / 推薦数 : 3

情報伝達は山梨大学から【1】

の続きです。

 

撤回論文のまずかった点 ひとつめです。

 

下に示しました二つの図で、

上段は撤回論文からの図。

下段は先行論文BBRC2007論文からの図です。

ひと目でお分かりでしょうが、全く同じ図ですね。

過去に行った発表すみ実験データの一部を今回もつかってしまったということです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加