論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京大学分子病理学

2012-02-01 | 東京大学 分子病理学 : 論文撤回Watch


東京大学分子病理学

Retraction Watch / 2010.12.29 08:13 / 推薦数 : 2

東京大学 病理学講座 分子病理学から雑誌Nature に発表された論文についての再掲載です。

BBRCで撤回された論文の抄録 Nature論文の抄録がどれだけ酷似しているかを見てみてください。

 

Nature論文: Although miRNAs can function as both tumour suppressors and oncogenes in tumour development, a widespread downregulation of miRNAs is commonly observed in human cancers and promotes cellular transformation and tumorigenesis.

 

BBRC論文: Although miRNAs can function as both tumor suppressors and oncogenes in the tumor development, a widespread downregulation of miRNAs is commonly observed in human cancers and promotes cellular transformation and tumorigenesis,

 

Nature 論文: This indicates an inherent significance of small RNAs in tumour suppressionHowever, the connection between tumour suppressor networks and miRNA biogenesis machineries has not been investigated in depth.

BBRC論文:  indicating an inherent significance of small RNAs in tumor suppression. However, connection between tumor suppressor networks and miRNA biogenesis machineries has not been explored.

 

Nature 論文: Here we show that a central tumour suppressor, p53, enhances the post-transcriptional maturation of several miRNAs with growth-suppressive function, including miR-16-1, miR-143 and miR-145, in response to DNA damage.

 

BBRC論文: Here we demonstrate that a central tumor suppressor, p53, enhances post-transcriptional maturation of several miRNAs with growth-suppressive function, including miR-16-1, in response to DNA damage.

 

ここまで、酷似していれば、盗用とみなすのがとうぜんでしょう。問題はどちらが盗用したかということになります。

 

BBRC論文

の著者 所属は

Suzuki TTamada H

Department of Cancer Biology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Kyoto, Japan

 

一方、

Nature 論文:

の著者 所属は

Suzuki HIYamagata KSugimoto KIwamoto TKato SMiyazono K

Department of Molecular Pathology, Graduate School of Medicine, University of Tokyo, 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan

 

であり、同一の著者名はみられません。

確かなことは、 BBRC論文 が先に投稿されているので、 

 Nature 論文 は BBRC論文 を盗用 したことになります。

したがって、東京大学 大学院医学系研究科 病因・病理学専攻 分子病理学講座教授 宮園 浩平 氏は、 Nature 論文の責任著者であるので、即刻、この論文を撤回するよう雑誌Nature に申請すべき、という声が聞こえてきそうです。となると、架空の施設と架空の名前を使って、論文を投稿した人物の思惑通りになるかもしれません。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

査読者の意見

2012-02-01 | 東京大学 分子病理学 : 論文撤回Watch


査読者の意見

Retraction Watch / 2010.12.10 18:23 / 推薦数 : 1

前回紹介した私の推測、すなわち、

 

査読者がどんな意見を述べるかを知るために架空の著者名と架空の施設名を使って、いわゆる速報雑誌に投稿してみる、

 

というのは、現実的ではないように思えてきました。

 

BBRC(Biochem Biophys Res Commun)は投稿してから、3週間以内にon line論文として発表されます。

BBRCの査読システムについては熟知しませんが、査読者は、かなり短期間のうちに、投稿された論文を熟読し、審査されることを要求されるのでしょう。査読者は、どれほど真剣に論文を読むでしょうか。短期間で査読された意見がどれほど参考になるでしょうか?

 

別の推測が必要かもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報BBRC

2012-02-01 | 東京大学 分子病理学 : 論文撤回Watch


速報BBRC

Retraction Watch / 2010.12.09 16:15 / 推薦数 : 3

BBRC(Biochem Biophys Res Commun)は投稿してから、論文として発表されるまで、わずか3週間です。これが前回紹介した謎を解く鍵かもしれません。

 

Nature論文の著者が、こてはじめにBBRCに架空の名前と架空の施設名を使って投稿した。目的は、査読者がどんな意見を述べるかをしりたかったから。これは私の全くの推測です。今のところ、これ以外にはおもいつきません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎の施設と謎の著者

2012-02-01 | 東京大学 分子病理学 : 論文撤回Watch


謎の施設と謎の著者

Retraction Watch / 2010.12.08 10:00 / 推薦数 : 1

この論文は、online で発表されましたが、印刷論文になる前に撤回されました。タイトルは

Modulation of microRNA processing by p53

京都大学のDepartment of Cancer Biologyに所属する2名の著者が執筆しています。

 

撤回の理由は明らかにされていませんが、ひとつ明らかなことは、 京都大学にはDepartment of Cancer Biologyは存在しないということです。すなわち架空の施設からの論文です。2名の著者の名前も架空ではないかと、私は思っています。

 

全く同じタイトルの論文がNatureに掲載されています。 これは東京大学からの発表です。

 

さて問題の論文はBBRC(Biochem Biophys Res Commun)に投稿されたのですが、抄録のみ読むことは可能です。Nature論文とタイトルは同じである上に、抄録の内容もほぼ一字一句同じです。

 

不思議なことに、Nature 論文が投稿されたのが、2009年4月17日となっていますが、BBRC論文は、Nature論文より先に投稿されているようなのです。

 

この謎をどなたか、解明できるでしょうか? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加