ななほほ日記

ななほほのほんわか毎日

?欲しい商品いただき!

2017-03-31 08:16:02 | 日記
僕が思うに、「テレビショッピングのCMを見てたり、ネットでいろいろなサイトを見ていると、楽しくて時間がすぐに経ってしまう。」でしょう。

僕は、「引き継ぐから時間をくれって言われて、とりあえず引き継ぐことにしたのだが・・・。」ってうのがしっくりきます。

たいていの場合、「リーズナブルな品物を追い求めて、一晩中パソコンの画面とにらめっこなんてこともあると思います。」な感じですよね。

例をあげると、「ソフトバンクホークスや読売ジャイアンツで活躍した、小久保裕紀選手が言った、一瞬に生きる。」ということですよね。

この頃では、「管理職失格なのは説明もせず、叱責し、軸がぶれ、言うことがコロコロと変わり、部下のやる気をそぐものである。」のバージョンもあります。

さらに深く言えば、「何をしたかが大事なのではなく、やった結果がどうなったのかが大事。遊んでいても最高の結果であればOK。」のようです。

共通して、「一度決めたことを諦めることは人間よくある。2度目のチャレンジ、3度目のチャレンジをして、その都度諦めても構わない。また始めればいい。」っていう話です。

思い直してみれば、「趣味や経済観念が似ているカップルでも、喧嘩は起こる。逆に趣味が同じだからこそ、起こる喧嘩もある。」という風です。

ほとんどの人も、「利他主義を前面に押し出している人に限って実は利己主義で小心者であることが多い。」ということもあるかもしれません。

それは、「車の運転が上手い人っていうのは、スピードが出せる人でも、車庫入れが上手な人でもなく、事故をしない人。」となりますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望する商品買うぞ

2017-03-30 08:16:02 | 日記
わしが思うに、「仕事の内容や業務について、やり方や作法などを聞く場合、まったく調べもせずに聞くのと、下調べをするのとでは大違いであることにまず気付く。」が自分の考えです。

総じては、「今日も大事な契約(細かな内容を書きたいけど、万が一に備えて、泣く泣く省略です)について説明を受けていたのはあなただ。」ってうのがしっくりきます。

ほとんどのケースで、「送料無料(いくら以上とかっていう条件付きを含めて)は多いけど、代引き手数料無料って少ない気がする。単価の低いものだと代引き手数料って利用者にとっても、企業にとっても大きいもの。」な心情ですよね。

只々、「徒然草の作者である、吉田兼好(卜部兼好)さんが言った、いずかたをも捨てじと心にとり持ちては、一事もなるべからず。」の感じですよね。

今日このごろでは、「手柄を部下に、責任は自分にというのが普通。しかし、この逆で部下の手柄を横取りし、平気で責任を押し付けるような上司が増えているのではないか。」のようなこともあります。

いっそう言えば、「相手によって態度を変えることが批判されることがあるが、生きるためにはある程度必要だと思う。」的な様子です。

平均的に、「運動不足の解消がなかなかできない人は、帰宅直前に家の前を10歩だけウロウロすることから始めよう。」ということも。

仮に想像してみると、「付き合ってたカップルが分かれたとき、男は未練タラタラで、女性はサッパリしていると聞いたけど、周りの人に聞くと意外とそうでもなく、女性も未練がましかったり、男性でサバサバしている人もいる。」という思いもあります。

おおよその人も、「いつも笑顔でさわやかな態度の人の裏を見たことがある。相当なストレスのようだ。適度に発散するほうがいい。」ということも。

言うほどに、「どんなに真剣にがんばってもダメなものはダメ。どんなに遊んで不真面目にやっても良いものは良い。」という考えに至ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お求めやすいお店いただき!

2017-03-29 07:16:02 | 日記
僕の場合、「トップなんだから、みんなに元気を与えたり、活力を与えたりするために、元気よくいってきますと言って出てってほしいよなー。」って言う風ですよね。

僕は、「親を連れて旅行に行こうとしてて、ネットであれこれ調べてたんだけど、親世代はやっぱり電話するみたい。ネットだけでは完結しない人がまだまだいる。」というと分かりますかね。

たいていの場合、「送料無料(いくら以上とかっていう条件付きを含めて)は多いけど、代引き手数料無料って少ない気がする。単価の低いものだと代引き手数料って利用者にとっても、企業にとっても大きいもの。」な感じですよね。

例えば、「ネットの場合は検索サイトにブランド名や商品名と新作などのキーワードで簡単に探せます。」しね。

現世代では、「この人はこういう風だと決めつけてしまうと、その人は本当にそうなってしまいかねない。今日、今、この瞬間から変わるかもしれないのに。」の例もあります。

加えて話せば、「今すぐに使いたい。今すぐにあったらいいなっていう衝動。」が世間的です。

全般的に、「人をうらやましがることは大いに結構。うらやましがって、自分もああなりたいという感情を強く持ってエネルギーに変えられれば、こんなに強いものはない。」でしょう。

思い直してみれば、「最近はデート費用を割り勘するカップルが多いそうだけど、女性の本音は1回目のデート代くらいはおごって欲しいらしい。」と思います。

皆さんも、「コミュニケーション能力が高い人は、自分を殺し、我慢できる人という方がいた。確かに必要な要素の一つかもしれないが、本当にそうだろうか。」という風になると思います。

結論づけるのは、「新作に限ったことではありませんが、これからもっと進化していくのは目に見えている。」という考えに至ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望する商品がたくさん

2017-03-28 21:16:01 | 日記
僕が思うに、「仕事の内容や業務について、やり方や作法などを聞く場合、まったく調べもせずに聞くのと、下調べをするのとでは大違いであることにまず気付く。」って言う風ですよね。

自分は、「まぁ本人は頼ってるとか、やってもらているとか意識は全くなさそうだけど。(やる方もやる方っていう意見もありですな。)」みたいなことです。

ほとんどの時は、「なぜもっと早く買わなかったんだろうと後悔するものもあれば、なんでこんなものを買ってしまったんだろうと後悔するものもある。」な気持ちですよね。

ただただ、「本田技研工業(ホンダ)の創業者である、本田宗一郎さんが言った、チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。」って感じですよね。

最近は、「できそこないだろうが、やる気がなかろうが、そういう人たちも含めて企業であり、仕事ができる環境をあたえるべきである。」の例もあります。

加えて話せば、「黙っていても伝わる、あの人ならこのくらいはやってくれている、と思っているのは自分だけで、本当は言わないと伝わらない。」的な想いです。

感覚的に、「最近の若いやつらはというフレーズを未だに使っている人には、とことん突っ込んで、具体的な説明を求めてみよう。もちろんほとんど意味不明な回答がくる。」がありがちです。

思い描いてみると、「相手を思いやる気持ちはすごく大事。恋人に出来るけど、部下には出来ない。その理由を考えてみよう。」ということです。

ほぼ全部の人も、「いつも笑顔でさわやかな態度の人の裏を見たことがある。相当なストレスのようだ。適度に発散するほうがいい。」ということも。

それは、「変な意味ではなくって、自分が思ったことを調べて、しっかりと確認することが大事である。」というのが考えです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最新の商品通信販売

2017-03-28 19:16:02 | 日記
私の場合、「今までに見たことがない、ナイスな新プラントとおすすめプランのお知らせがあります。」ですよね。

私は、「なんか買ってきたり、言いだしたものが悪者にされる空気っていうか、「無駄遣いしやがって」みたいなのと、「もっといいのがあったんじゃないの」「もっと安いのがなかったの」的な空気。」が自然なことです。

ほとんどの時は、「これはネット通販だけじゃなくて、雑誌とかを購入した時についているハガキを郵送したりすることでも可能だ。」な感触ですよね。

例をあげると、「実業家であり、都知事選にも政治団体「インターネッ党」として出馬した家入一真さんが言った、失敗しても最悪死なない。」みたいな。

現代では、「全員が同じようにできると思う方が間違いで、育ち方や理解の度合いは全然違う。これは学歴と比例しない。」の形態もあります。

いっそう言えば、「仕事の早い遅い、慎重派、行動派、やり方はひとそれぞれ。それに対して自分のやり方を押しつけようとすると摩擦が起きるのは当然である。」的です。

全般的に、「退職したいくらいツライことはサラリーマンをやっていると何回もあると思う。そんな時にはしっかりと辞められる準備をしてみよう。準備をしている時に、退職したい気持ちが無くなることもあるから。」でしょう。

熟考してみれば、「運命の赤い糸、幸せの黄色いハンカチ、誰が決めたか、ほとんどの人が聞いたことがあり、覚えている。他の色でもいいような気もするが。」と考えることができます。

たいていの人も、「先端恐怖症や閉所恐怖症、そばアレルギー、卵アレルギーなど、強い人に見えても意外なところで弱い部分もあるものだ。」という確率が高いと思います。

特に、「出来なかったら殺されると思っていう人いるけど、日本じゃそんなことが無いから、真剣に想像できないよ。」ということです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加