ななほほ日記

ななほほのほんわか毎日

あったらいいなあります。

2017-02-28 23:16:02 | 日記
俺の考えでは、「あー。「ありがと」って言葉が欲しいわけじゃないけど、あなたがこの会社のトップとは・・・。」と考えませんか。

私は、「ネットの世界でも違法ダウン(アップ)ロードとかが商売になって横行してしまった。そういうことが無い世界だったら、今よりもっと規制がなくって自由なはず。」のようなことです。

普通の場合、「10年とか20年とか経ってから問題になるようなケースもあるので、全ては分からないけど、確率は予測したり、検証すべき。」なフィーリングですよね。

一例を挙げると、「カトリック教会の修道女でノーベル平和賞を受賞した、マザーテレサが言った、いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。」なモードですよね。

現代社会では、「ライバルに勝つために自分が上に行くのではなく、自分はそのままで、ライバルを何とか蹴落とすことしか考えないような人。」ということもあります。

いっそう言えば、「新しいチームに入った場合、上司とか部下とかに関わらず、媚を売るくらいでちょうどいい気がする。過度に行わなければ、人間関係を円滑にし、お互いのことを尊重しているのと同じではないか。」的です。

多くの場合、「退職したいくらいツライことはサラリーマンをやっていると何回もあると思う。そんな時にはしっかりと辞められる準備をしてみよう。準備をしている時に、退職したい気持ちが無くなることもあるから。」です。

仮に想像してみると、「運命の赤い糸、幸せの黄色いハンカチ、誰が決めたか、ほとんどの人が聞いたことがあり、覚えている。他の色でもいいような気もするが。」ですね。

たいていの人も、「全く通販をしたことが無いっていう人は少なくなっていると思うし、SNSなんかでも活用してネットが無い世界は考えられない。」ということもあるかもしれません。

決定づけるのは、「どんな人生を選ぶのかっていうことは大事だけど、選んだ人生をどういう風に生きていくかっていうのがもっと大事。」となるんじゃないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーズナブルな品物いただき!

2017-02-27 12:16:01 | 日記
わしが思うに、「衝動買いは控えて、よく吟味して買い物をして、後悔することが無い方がいい。」が自分の考えです。

一般的に、「今日も大事な契約(細かな内容を書きたいけど、万が一に備えて、泣く泣く省略です)について説明を受けていたのはあなただ。」というと分かりますかね。

たいていの場合、「家から持って出るのを忘れてしまって、そのあと駅の売店なんかで見てしまうと、すぐ読みたくなって買ってしまう。」な想いですよね。

だた、「ソフトバンクホークスや読売ジャイアンツで活躍した、小久保裕紀選手が言った、一瞬に生きる。」の雰囲気ですよね。

現代では、「サイズやウェイト、スケールなど、品物の特徴も詳細に書かれているので、実際に店舗に行くのとそんなに変わらない。」のようなこともあります。

もっと話せば、「ポイントがたまるシステムを採用しているところが多いので、そこからメルマガなどでも情報を得る。」的な感じです。

一般的に、「でも、とか、だけど、を使いすぎると相手はいい気持ちがしないということを知っておこう。」になるでしょう。

思慮深くみれば、「夏はあまり外に出たがらない女性も多いらしい。夏の不人気デートスポット、遊園地、動物園、プール、花火、祭り全般など。ちょっと意外。」って言う風な感じです。

全ての人とは言いませんが、「若い女は美しい。しかし、老いた女はもっと美しい。と言った方がいましたね。これを深いと思うかどうか。」ということもあるかもしれません。

結論づけるのは、「自分がされて嫌なことは人にもしてはいけないってことは本当に分かりやすい。」となりますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お買い得があるといい

2017-02-26 14:16:01 | 日記
私が思うに、「日本にとどまらず、世界の経営術、思想、哲学を学び、実践できるようなことがいい。」でしょう。

たくさんの人は、「なんか買ってきたり、言いだしたものが悪者にされる空気っていうか、「無駄遣いしやがって」みたいなのと、「もっといいのがあったんじゃないの」「もっと安いのがなかったの」的な空気。」というようなものです。

ほとんどの時は、「ムキになっていろいろ調べたけど、どこの企業さんもすごくいろいろ研究して、関心するくらい。」な感触ですよね。

具体例では、「実業家であり、都知事選にも政治団体「インターネッ党」として出馬した家入一真さんが言った、失敗しても最悪死なない。」しね。

今時では、「全員が同じようにできると思う方が間違いで、育ち方や理解の度合いは全然違う。これは学歴と比例しない。」のようなこともあります。

いっそう言えば、「タイミングが良ければ、キャンペーン中なんかで特別価格で購入できる。」的です。

平均的に、「物事は一度に進むことは少ない。天才と呼ばれる人でも、実は地道な努力を積み重ねて行っている。」なんてことも。

さらに考えれば、「本当はいらない、必要のないものまで買う必要はないはずなのに、安いからと言って無理に買ってる場面もある。」という風だと思います。

皆さんも、「誠実すぎる、まじめ過ぎるよりも適度にヤンチャな方が、使いやすいし、想像性もあるような気がする。ヤンチャ過ぎるのはもちろんNG。」のではないでしょうか。

まさに、「刺激は大事。例えば田舎に住んでいる人が、たまには都会へ行っていろんなものを見てるとすごく刺激を受ける。」というのが考えです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

?欲しい商品あります。

2017-02-26 08:16:02 | 日記
私の考えでは、「人としてどうかということを別にして冷静に考えると、一応上司であり、目上の人ってことなわけだから、無視して出てもそんなに悪くないのか。」な感じですよね。

自分は、「ポイントカードがいくつもあって、レジのところで、「あれっ、どれだったけなー」って探している人をたまに見るけど、ネットのいいところは、ポイントカードとかを出さずに、ポイントを貯められる。」というようなものです。

おおよその場合、「対応策としては、「代金前払いのリスクの大きさを認識しておく」「個人名義の銀行口座に前払いしない」ということだけでも、かなり違う。」な思いですよね。

例えば、「楽天の三木谷浩史さんが言った、皆さん世界を相手に勝負しようよ!日本人は優秀なんだから。」の雰囲気ですよね。

現代社会では、「口先ばかりで何もしないくせに、言うことだけは評論家並み。粗を探して、突っ込むだけで助言などの建設的な発言はゼロ。」という常態もあります。

なお深く言えば、「与えられたことを素早く完璧にやり遂げることは重要。しかし、与えられたことにどれだけプラスして結果を出せるかが人の価値ともいえる。」的な感覚です。

世間を見ると、「ありがとうという言葉は便利である。言わずと知れた感謝の言葉。心から感謝を伝える時には何度言っても大丈夫。」なんてことも。

仮に想像してみると、「人の良いところばかり見るのはいいことだけど、結婚の時だけは別だと思う。悪いところもきちんと把握しておかないと。」って言う風な感じです。

ほとんどの人も、「自分が実際に使って「これいいな」って感じた物を他人教えて、その人が使って楽しんだりしてくれると、スゴくいい気分になる。」となるのが一般的かと思います。

決定づけるのは、「相手の気持ちが分かる人は自分の気持ちも本当の意味で理解してたりする。」という考えに至ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望する商品通販

2017-02-25 07:16:01 | 日記
私の場合、「自分が理解できないことに人を巻き込む(これは今までもよくあるパターン)という行動にでた。」って言う風ですよね。

多くの人は、「ポイントカードがいくつもあって、レジのところで、「あれっ、どれだったけなー」って探している人をたまに見るけど、ネットのいいところは、ポイントカードとかを出さずに、ポイントを貯められる。」というようなものです。

おおよそのケースで、「きちんと商品が届くのか、支払い手数はがかかるのか、送料はかかるのかなど気になることもあります。」な様子ですよね。

一例ですが、「お財布事情や置く場所、お部屋のデザイン的な問題があって、勝手に買う側が制限してしまってる。」しね。

この頃では、「ものに合わせて引っ越しをするなんていう人や、そのものを作りたい、近くにいたい、手軽に楽しみたいがために移住までする。」ということもあります。

加えて言えば、「検索する時期が良ければ、セールなどをしている場合があってスペシャルバリューで購入出来た。」的な想いです。

感覚的に、「苦手なことにチャレンジしてこそ、成長する。ある程度場数を踏んで慣れてくると、得意にもなっていることがある。」でしょう。

仮に想像してみると、「趣味や経済観念が似ているカップルでも、喧嘩は起こる。逆に趣味が同じだからこそ、起こる喧嘩もある。」という風です。

総体的に、「若いうちは洗脳されるくらい言われたことを忠実にやってみる。その経験が新しいことを生み出す力になる。」となりませんか。

言うほどに、「その分、販売側が店舗に人気を出そうと思うと、今までとは違うサービスも考えなくてはならない。」という考えに至ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加