小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

スズメノエンドウ、カスマグサ、カラスノエンドウ

2014-03-31 | 花と野草

散歩の途中で見かけました。この花たちを見るたびに気の毒と思ったり、おかしかったりします。

スズメノエンドウ 花の大きさは3~4ミリしかありませんので、注意して見てないと見落としてしまいそうです。マメ科の1年草

カスマグサ スズメノエンドウとカラスノエンドウとの中間の大きさなので、カとスの間ということでカスマグサと名付けられました。こちらは2輪ずつ咲いています。なんだかイージーに名前を付けられて気の毒な気がするのですが……。

カラスノエンドウ どこででも見られる花ですね。マメ科の2年草

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サクラとボタンと幸せカップルとファミリーと

2014-03-30 | 花と野草

昨日の続きです。ボタンシャクヤク園にもたくさんの桜が咲いていました。花見の方もたくさんでした。

ウスズミサクラ(薄墨桜)岐阜県根尾村の天然記念物の子供にあたるのだそうです。花は少し遅かったようでした。

八重桜 少し白っぽい花です。

こちらは同じ八重咲きでもピンク色をしていました。

ボタン(牡丹)も咲いていました。

この日は大安吉日だったので、新しい人生の門出を迎えているカップルを何組も見かけました。紋付羽織袴の花婿さんはどうやら外国の方のようです。綿帽子を被った花嫁さんは分かりませんが、昔ながらの日本式結婚式とは嬉しいですねえ。末永くお幸せに!

もう一組ここにも新しい人生の船出をしようとしているカップルがいました。こちらの方の衣装、髪型はかなり今風ですね。末永くお幸せに!

こちらも外国の方のようでしたが角帯がよく似合ってますね。お嬢さんの帯の結び方もなかなかお洒落です。

東南アジア系のファミリー この坊や着物も素敵ですが、扇(おうぎ)と懐剣(かいけん)を手挟んでいます。日本の子供でもここまで徹底してする人はあまり見かけません。嬉しくなりました。ご家族がいつまでも幸せでありますように。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

桜 桜 桜

2014-03-29 | 花と野草

昨日、福岡の桜は今が満開だとTVで言ってましたので、お天気はいいし福岡城址の近くに用件もありましたから用件をすました後に、護国神社、福岡城址、大濠公園、牡丹芍薬円と巡ってみました。どこもかしこも花見の人たちであふれていました。

ソメイヨシノ 

ソメイヨシノと多門櫓 桜の季節以外は静かで、野鳥や野草撮りのスポットなのですが、昨日は大分趣が違っていました。

ソメイヨシノ 城壁の反りと桜がせり出している感じが好きで毎年撮っています。これはいいというのは撮れませんが……。

ヤマザクラ(山桜) 花と一緒に赤茶色の葉が出てきます。桜の中ではこの花が一番好きです。

シダレザクラ(枝垂れ桜) 福岡城址の木はかなり大きくて見事な花を毎年咲かせます。近くに寄ると息苦しくなりそうです。

シダレザクラ 大きくするとこんな感じです。しだれた感じは出ていませんね。

桜 名前は分かりません。

↑ の花びらはこんな感じです。

名前はわかりませんが遠くから見るとサッカーボールのようにまぁ~るくなって咲いていました。

メジロの仕業 蜜が大好きなメジロが蜜を吸うのに花の根元を落としているんですね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョウビタキ、ミヤマホオジロ、バン他

2014-03-28 | 

3月23日に撮った写真、これでおしまいです。しつこいUP にお付き合いいただきましてありがとうございました。

ジョウビタキ♂ 大好きな鳥ですが、もうすぐ会えなくなりますね。

冠羽は銀色の総髪のようです。

後ろから見ると銀色の総髪はあまり目立ちませんね。

ジョウビタキ♀

ミヤマホオジロ♀ 花の終わった梅林に止まっていました。

バン 草むらにいました。

アオサギ いつもはあまり撮らない鳥ですが、せっかく目の前に来てくれましたので。

カルガモ いつも野鳥を撮るこの小川には50羽くらいのカルガモがいます。渡ってくるカモたちはもう居なくなりましたから、のびのびしているかもしれませんね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

小川の風景と野鳥たち

2014-03-27 | 

3月25日、うららかな日差しのなか、この川の両岸を行ったり来たりしながら出会った野鳥たちです。

戦争末期、田舎に疎開していたころの風景がそのまま残っている感じです。齢がわかっちゃいますね。

カワラヒワ 行く先々で出会いました。その度に撮っていたら凄い数になっていました。川原で。

カワラヒワ

カワラヒワ 当然なのかもしれませんが体の大きさや多少色の違うのがいるんですね。

カワラヒワ 枝先に哲学的な顔で止まっていました。なにを考えていたんでしょうね。

アオジ 一番苦労して撮ったんですが、一番見難いです。すぐに葦の中に入るので所在不明で探すのが大変でした。

ホオジロ 

ホオジロ♀? あまり自信はありませんがそうではないでしょうか。

ムクドリ 周りの畑ではヒバリがうるさいほど鳴いています。土手の上に鳥の動くのが見えました。すわ! ヒバリ! 大急ぎで登っていくとムクちゃんでした。この鳥に責任はないのですがちょっとがっかりです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加