Diabetic Cat and Alcoholic Cat

アメリカに暮らす糖尿病猫、虹の橋に旅立ったキャットニップ中毒猫、そして新たに加わったチビたちの日常の記録です。

9月12日から18日の血糖値

2016-09-18 23:03:01 | 膵炎
この間、別部署の男性同僚と一緒に仕事をした時のこと。
仕事が終わり、自分の机に戻ろうとしていたら、
「ちょっと質問していい?」と訊いてくるので、何だろう、仕事関連の話しかな?と思っていたら、
「君って、甘いもの全然食べないんだよね。」
と、私の食生活についての質問を始めました。

仕事でしか付き合いのない人に、プライベートなことはあまり話したくなかったけど、
邪険に扱ったら悪いと思い、一応会話に付き合いました。

同僚:好きじゃないから食べないの?
まま:まあ、それもありますね。
同僚:まさか、君が糖尿病ってことはないよね。
まま:いや、実は…(言いたくなかったけど)プレ糖尿病です。
同僚:え?まさか。そんなに細くて?
まま:はい。数年前の検査で空腹時血糖は低かったんですけど、HbA1cが高かったんです。
同僚:ああ、あの数か月間の平均血糖値ね。でも、あれってどれほどあてになるの?
まま:私の場合、糖尿病の猫がいて、血糖値測定器を持っているので、ある日自分でも食後に血糖値を測定して、やっぱり高くなっていたことを確認しましたよ。
同僚:お米を食べた後?
まま:いえ、その時食べたのはキノアでした。
同僚:キノアって、低炭水化物なんじゃないの?
まま:複合炭水化物なので吸収は遅いかもしれませんけど、炭水化物含量自体は多いはずですよ。
同僚:そうなんだ。しかし、信じられないなあ。君みたいに細身でも糖尿病になるなんて。
まま:太って糖尿病になるのは白人の場合ですよ。アジア人は白人ほどインスリン分泌能力が高くないので、太る前に糖尿病になる人が多いらしいですよ。

因みに、この同僚もアジア人です。
私、みぬままが勤めているのは医薬品企業で、この同僚も医学や科学の知識は豊富なはず。
しかし、それでもやっぱり糖尿病に対する認識は、まだまだ薄いんだな…と感じました。
こうやって、食生活や糖尿病について、興味津々な態度を示されると、いつも、
「他人事じゃないかもよ。あなたも気を付けた方がいいよ。」
と言いたくなります(余計なお世話かもしれないので、あえて言わないけど)。



さて、話は変わりますが、新しい塗り絵の本を買いました。

表紙の絵が、ゾロにそっくりです。


前の本と違い、この本では、猫の品種が指定されています。
こちらは、ブリティッシュショートヘア。
この品種の場合、毛色はブルー(グレー)、目の色は明るい茶色が定番です。
しかし、猫の毛色のブルーを表現するのって、実は結構難しい。
ただ黒を薄めるだけでなくて、微妙にクリーム色、緑色なども混ぜてみました。


こちらは、アメリカンボブテイル。
この品種の場合は、色々な毛色があるようです。
ちょっとワイルドなヤマネコ風の毛色にしてみました。


ノルウェージャンフォレストキャット。
寒さに強そうな、モフモフの長い毛が特徴です。
この品種でも毛色は様々なので、高級感のあるシルバーにしてみました。



------------------
9月12日から18日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。
血糖値が下がりにくくなってきたので、17日からインスリン用量を増量した。



インスリン用量スライディングスケール

9月12日~16日

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.00 -------------2.40
151-170-------2.20 -------------2.60
171-200-------2.60 -------------3.00
201-250-------2.80 -------------3.20
251-350-------3.00 -------------3.40
351-500-------3.20 -------------3.60

9月17日~
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.20 -------------2.60
151-170-------2.40 -------------2.80
171-200-------2.80 -------------3.20
201-250-------3.00 -------------3.40
251-350-------3.20 -------------3.60
351-500-------3.40 -------------3.80

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

9月5日から11日までの血糖値

2016-09-11 21:28:37 | 糖尿病闘病記
先週移動クリニックで狂犬病予防接種を受けて以来、例のごとく夜は興奮状態だったみぬ。
でも、レスキューレメディのお陰か、今回は比較的早く落ち着きました。
即効性はないものの、それなりに効果はあったのかもしれません。

ところで、パティオの工事がやっと終了したので、きれいなお花でも置こう…と思い、
ホームセンターでミニバラの鉢植えを買ってきた、私、みぬまま。

植え替え用のコンテナをパティオのドアの前に置いておいたら、
みぬが中に入って遊び始めました。




しかし、なんだか様子が変。
猫は概して箱が好きだけど、それにしてもやたら気に入っているようだな…と思い、
覗いてみると、中に入っていた有機肥料の袋を噛み切っていました!


因みに有機肥料の原料は、フェザーミール(粉砕した羽毛)、ボーンミール(骨粉)、ブラッドミール(完走させた血液を粉にしたもの)など。
しかし、袋は破れていたものの、中身を食べたかどうかは不明。
結局、その後具合が悪くなったりはしませんでした。

美味しそうな匂いがしたというわけではなく、昔食べたドライフードの袋を思い出したのかも。
実は、もうかれこれ10年以上前の話ですが、
キッチンのキャビネットに入れておいたドライフードの袋をフローラと一緒に嚙み千切って、中身を食べていたことがありました。
しかし、特に糖尿病になってからは一度もドライフードなど食べさせていないので、
もう最後にドライフードを食べたのは少なくとも8-9年以上前の話のはずだけど、
猫の記憶力も侮れないです。


(コンテナに移し替えたミニバラ)


こちらは、久しぶりの三匹お揃いショット。


------------------
9月5日から11日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

9月5日~

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.00 -------------2.40
151-170-------2.20 -------------2.60
171-200-------2.60 -------------3.00
201-250-------2.80 -------------3.20
251-350-------3.00 -------------3.40
351-500-------3.20 -------------3.60

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月29日から9月4日までの血糖値

2016-09-04 22:11:02 | 糖尿病闘病記
今日は、みぬを狂犬病予防接種のため、移動クリニックに連れていきました。

ここ二―三年、外に連れていく度、数日間興奮状態になってしまうみぬ。
でも、狂犬病予防接種は自治体で義務付けられているので、避けられません。
そこで、今回は、ホリスティック獣医のD先生がアドバイスしてくださったとおり
レスキューレメディを試してみることに。

ここで、使い方をおさらい。

次回病院に連れて行くときには、レスキューレメディを試してみてください。
Whole Foods Marketで買えるホメオパシーのレメディです。
小さなスプレー瓶を用意し、その中に天然水を入れ、レスキューレメディを10滴入れてください。
そしてボトルに蓋をして、20回手に叩きつけながら混ぜます。
みぬちゃんの頭の周りに、出発30分前と15分前、そして待合室でも1-2回噴霧してください。
更に診察後と帰宅後にも噴霧を行ってください。
多くの場合これで十分効果があります。



D先生のアドバイスどおり、出発前にみぬにレスキューレメディを混ぜたスプレーを噴霧し、
そしてスプレーボトルをバッグに入れ、いざ出発!
しかし、レスキューレメディは効いているのかいないのか、車中でも落ち着かず、鳴いてばかりのみぬ…。



今回も、ほかに順番を待っていたのは犬ばかり。猫はみぬだけ。



待っている間も、落ち着かないみぬ。
やっぱり、歳とともに、ストレスに耐えられなくなってきてるのかも。
最近は、心身ともに何らかの変化が表れても、もうおじいちゃんだから仕方ないか…と思えるようになりました。


さて、そのレスキューレメディの効果だけど、興奮状態をピタッと止めるというわけではなく、
やはり今夜も時々鳴き叫んだりしてます。
でも、いつもより若干ましなような気もします。
あと数日、時々噴霧を続けながら、様子を見てみることにしましょう。

------------------
8月29日から9月4日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

8月29日~

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.00 -------------2.40
151-170-------2.20 -------------2.60
171-200-------2.60 -------------3.00
201-250-------2.80 -------------3.20
251-350-------3.00 -------------3.40
351-500-------3.20 -------------3.60

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月22日から28日までの血糖値

2016-08-28 23:14:05 | 糖尿病闘病記
今週は後半ずっと出かけておりました。
猫たちは、ペットシッターのKさんとSさんのおかげで、元気にお留守番していましたよ。

今日は疲れたので、血糖値報告のみにて失礼いたします。

------------------
8月22日から28日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

8月22日~

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.00 -------------2.40
151-170-------2.20 -------------2.60
171-200-------2.60 -------------3.00
201-250-------2.80 -------------3.20
251-350-------3.00 -------------3.40
351-500-------3.20 -------------3.60

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8月15日から21日までの血糖値

2016-08-21 22:41:15 | 糖尿病闘病記
リオ五輪も今日で終了でしたね。
何気なく閉会式を見ていたら、次回の夏季オリンピック開催地としての東京の紹介ビデオが流れ、
安倍総理がスーパーマリオになって(RIOがMARIOになって)いきなり閉会式会場に登場したのには、思わず笑ってしまいました。
マリオはゲーム関連で有名かもしれないけど、ドラえもんが「秘密道具を出すロボット」であることも、世界中の人が知っているのですね。
私みぬままも、子供のころからドラえもんが大好きだったので、とても感慨深いです。

さて、こちらはゾロ。
ベッドスプレッドの折り込み部分に体をうずめるのが、最近のお気に入り。


暑くても寒くても関係ないようです。


------------------
8月15日から21日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

8月15日~

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.00 -------------2.40
151-170-------2.20 -------------2.60
171-200-------2.60 -------------3.00
201-250-------2.80 -------------3.20
251-350-------3.00 -------------3.40
351-500-------3.20 -------------3.60

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加