Diabetic Cat and Alcoholic Cat

アメリカに暮らす糖尿病猫、虹の橋に旅立ったキャットニップ中毒猫、そして新たに加わったチビたちの日常の記録です。

6月20日から26日までの血糖値

2016-06-26 23:18:59 | 糖尿病闘病記
ゾロとルナに買ってあげたはずのこのトリート迷路は、結局みぬの独占状態。


しかし、このトリート迷路をゾロとルナのために役立てる方法を思いつきました。

実は、トリート迷路を使わなくても、みぬはトリートをゲットするのがゾロやルナに比べて素早く、結局ゾロやルナがトリートにありつけないこともよくあるので、
みぬがトリートを取り出すのに夢中になっている隙に、ゾロとルナにトリートをあげるのです。
これで、結果的にゾロとルナのために役に立ったのかな?

さて、昨年末から続いていたパティオ工事。
またまた中断しているようなので、HOA(コンドミニアム所有者組合)に連絡したところ、
フェンスの骨組みは既に完成していて、あとはペイントするだけなので、
ペイントをスプレーする際に影響がないところになら、もう物を置いても大丈夫とのことでした。

そこで、猫用サンルームを再びパティオへ。


早速猫たちもパティオで外の空気を満喫しています。

因みにペイントが行われるのは2-3週間後とのこと。

------------------

6月20日から26日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。

ホリスティック獣医のD先生から勧められたように、正常値でも今後上昇する可能性がある場合には注射を行うことにした。



インスリン用量スライディングスケール

6月20 日~

血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------1.60 -------------2.00
151-170-------1.80 -------------2.20
171-200-------2.20 -------------2.60
201-250-------2.40 -------------2.80
251-350-------2.60 -------------3.00
351-500-------2.80 -------------3.20

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

6月13日から19日の血糖値

2016-06-19 23:07:49 | 糖尿病闘病記
今週末は、久しぶりにグルコース曲線を試して見ました。
いつも、今週は全体を通して、いつもより血糖値が高かった。
思うに、インスリンが古くなっていたのかも。

17日の夜から新しいボトルに切り替えたけど、
タイトレギュレーションは、前回のインスリンの効果が切れる前に次の用量を注射し、
用量の積み重ねで効果を発揮するため、血糖値が下がるまでに時間がかかることもあります。

とりあえずこの結果をホリスティック獣医のD先生に送って、アドバイスを待つことにします。

------------------

6月13日から18日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

6月13日~
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------1.60 -------------2.00
151-170-------1.80 -------------2.20
171-200-------2.20 -------------2.60
201-250-------2.40 -------------2.80
251-350-------2.60 -------------3.00
351-500-------2.80 -------------3.20
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゾロとルナ五歳の誕生日

2016-06-18 20:57:00 | 猫たちの近況
6月15日、ゾロとルナは、五歳の誕生日を迎えました。

しかし、先週はワークショップ等で忙しく、すっかり忘れていた、私みぬまま。
ということで、会社の昼休みに急遽ペットショップにプレゼントを買いに…。

そこで買ってきたのが、この「Treat Maze(トリート迷路)」。



この迷宮に置かれたトリートを、頭脳を使って取り出す、ゲーム感覚のフィーダーです。
顔を中に突っ込むことはできないので、コツは前足を使うこと。

真っ先にコツをマスターしたのは、みぬ。
さすが年の功です。
ということで、ゾロとルナの誕生日ギフトとして買ったのに、結局トリートは全部みぬが食べてしまうのでした。


おまけ
ままの塗り絵新作紹介。

お花はマグノリアでしょうか?


原画を描いているのは同じ人と思われますが、この絵はなぜか今までと比べて線が太くてシンプル。
身体の縞模様が少なく感じたので、自分で追加しました。


緑溢れる中をお散歩中の猫さん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みぬ、鍼治療を受ける~その12

2016-06-13 21:41:13 | 糖尿病闘病記
今日は、みぬの12回目の鍼治療でした。

前回の鍼治療の際には、D先生から逍遥散を一日二回与えるように言われていたけど、
逍遥散を与えるようになってから、みぬの血糖値のリバウンドが激しくなり、
先日はついに低血糖になってしまったため
逍遥散は一時中止し、自己判断でインスリン用量も調整しなおしていました。

しかし、D先生が仰るに、逍遥散は用量を減らして続けた方がいいとのこと。
そして、時間があるときに、グルコース曲線(2-3時間ごとに血糖値を測定)を試してみて欲しいとのこと。

糖尿病と診断されたばかりのときは、何度もグルコース曲線をやって、試行錯誤しながらインスリン用量を決めていたけど、
最近はずっとやってなかったな…。
検査ストリップを何本も使うし、一日に何度も測定する余裕がないとできないけど、
インスリンの必要量は常に変化するので、全身状態が落ち着いていても、たまにはグルコース曲線をやった方がいいのかも。

また、基本的にはタイトレギュレーションプロトコルでは、血糖値が正常範囲内であれば注射をしないことになっているけど、
D先生からは、前回の注射からある程度時間が経っている場合は、正常値でも半用量のインスリンを注射することを勧められました。
確かに、みぬのパターンとして、正常値が長く続いた後に、急激に300mg/dL以上まで跳ね上がってその後なかなか下がらないことが多いので、その方が理に適っているのかも。
でも、低血糖が怖いような…。
しかし、D先生曰く、家庭用の血糖値測定器は、90-200mg/dLくらいまでは正確だけど、その上と下は誤差が大きく、
たとえ家庭用測定器で低い値が出ても、実はそこまで低くないことも多いのだとか。
低血糖の症状が出ていなければ、食べるものさえ置いておけば心配しなくて大丈夫とのこと。


今回は、いつもより多目の十本の鍼が刺されました。
脾臓の働きが鈍っているのと、全身の循環が悪くてお腹が硬くなっているとのことで、
お腹にも鍼が刺されました。
鍼自体は痛くないはずなのだけど、抑えられているのが窮屈だったようで、何度も逃げようとするみぬ…。
治療終了時、D先生が手を緩めると、みぬは大きく身震いし、身体に刺さっていた鍼が部屋に飛び散りました。

漢方処方については、まずグルコース曲線を試し、その後で逍遥散を一日一滴から再開するよう勧められました。
逍遥散は、循環を促すためにもいいのだとか。


血糖値曲線、平日はなかなかできないけど、今週末は是非やらないとね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6月6日から12日までの血糖値

2016-06-12 22:42:45 | 糖尿病闘病記
前回の血糖値報告で、「私用」で出かけていたと書きましたが、
実は6日間、趣味関連のワークショップに参加していました。
会場は、車で一時間ほどのところだったので、毎日通おうと思えば通えなくもないけど、
毎朝早朝から始まるため、流石に六日間車で通うのは辛そうだったので、最初の三泊四日だけは会場近くにホテルを取り、
その後の二日間は家から通い、昼のみペットシッターに来てもらうことにしました。

ペットシッターのKさんとSさんが残していってくださったメモによると、
みぬとゾロはフレンドリーだったようですが、相変わらず人見知りのルナは姿を見せなかったようです。
まあ、臆病なのは生まれ持った性格だから、仕方ないですね。
ルナ、みぬのことは大好きなんだけどな…。

------------------

6月6日から12日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。

ピンクの四角はペットシッターによる血糖値測定及びインスリン注射。



インスリン用量スライディングスケール

6月6日~
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------1.60 -------------2.00
151-170-------1.80 -------------2.20
171-200-------2.20 -------------2.60
201-250-------2.40 -------------2.80
251-350-------2.60 -------------3.00
351-500-------2.80 -------------3.20
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加