読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

皆川博子「倒立する塔の殺人」

2012年01月09日 | ま行の作家

 

PHP文芸文庫
2012年12月 第1版第1刷
解説・三浦しをん
340頁


太平洋戦争末期
ミッションスクールを舞台にしたミステリー
著者自身の体験がふんだんに盛り込まれていると考えると戦時中の女学生の生活実態にも説得力があります


図書館の書架に置かれていた『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記された美しいノート
ノートを手にしたものは続きを書き継ぐ
しかし、一人の少女の死をきっかけに物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになる


思慕の対象となる3人
マイペースで周囲から少々浮いている2人
後々重要な存在意味を持つ図書館司書
女性たちを浮かび上がらせる『脇役』の男性たち
登場人物たちは皆、魅力的です
特に、マイペースな女の子2人が頼もしく、戦後の混乱期を逞しく生き抜いていったのだろう、と想像させるラストに希望が見えました

ミステリーそのものは単純ですが、作家の目で登場人物を描いた部分と、登場人物が描いた物語部分とが時に混じり合い、女学校特有の妖しい感覚もあって見事な物語世界に引摺り込まれ、まるで自分がそこにいるかのような快い錯覚に襲われました
読書の喜びを堪能できる作品です(誰でもというわけにはいかないでしょうが)

 

 

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナボコフ「カメラ・オブスク... | トップ | 映画・劇場版 笑ってさよなら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL