言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

村山談話は、破棄してはならない

2009-08-10 | 日記
 「村山談話の評価」 の続きです。



田母神俊雄 『自らの身は顧みず』 ( p.40 )

 「村山談話」は破棄されなければならない

 「侵略国家」だという呪縛が国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させる。これでは国を守れない。終戦五十周年の「村山談話」なるものが今の日本では金科玉条のようになっている。村山談話は破棄されなければならない。


 村山談話は 「国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させる」 ので、破棄されなければならない、と書かれています。



 村山談話は破棄すべきである、と田母神さんが説かれるのは、 その歴史観が根底にあるのですが、国防も、根拠になっています。

 しかし、この論は説得力に欠けると思います。現在、日本で一般的な歴史観は、「日本にも非があった」 というものだと思われますので、田母神さんの論が成り立つなら、

   日本は開き直り国家だ、という感覚が国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させる。これでは国を守れない。村山談話は維持されなければならない。

という論も成り立ちます。田母神さんの論には、説得力がありません。



 ほかの人はどうなのか、私にはわかりませんが、すくなくとも私についていえば、村山談話を破棄する日本ではなく、維持する日本に、魅力を感じます。村山談話を維持してこそ、国民は国に誇りを持てるのではないでしょうか。

 もちろん、いつまでも謝り続けろ、ということではありません。いったん出した村山談話は、破棄してはならない、と言っているのです。



 また、村山談話を破棄した場合には、「村山談話がなかった状態に戻るのではない」 ことも、考慮されなければなりません。「いったん謝っておいて、謝罪はなかったことにすると宣言する」 ことになるのであり、これでは、友好国の反発を招いてしまいます。

 村山談話は破棄すべきである、という見解は、非現実的だと思います。( たとえ村山談話に反対であろうと ) いったん出したものは、破棄してはならない。

 村山談話の維持は、「日本は他国を侵略することはない」 という安心感を他国に与えるのであり、自衛隊が ( 内外に ) 広く認知される結果をもたらしているのではないか、と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村山談話の評価 | トップ | 本当の 「愛国者」 とは »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
村山談話は悪くない (四葉のクローバー)
2011-05-26 13:35:41
村山談話はそんなに悪くない内容です。

しかし、河野談話は、事実関係を確認しないで出した、酷いものであり、破棄されるべきです。
Unknown (memo26)
2011-05-27 18:52:16
 政府が「事実関係を確認しないで出す」ということは、常識では考え難いですね。

 しかし、機会をみて、あなたの主張の真偽を「調べたい」と思います。
事実関係を確認しないで出した (四葉のクローバー)
2011-05-27 20:12:12
と言うのは、確か、従軍慰安婦の強制性、に関することだった、と記憶してます。
Unknown (memo26)
2011-05-28 13:41:19
 それなら最終的に、「強制もあった」ということらしいので、問題はないのではありませんか?

「慰安婦問題についての日本政府の見解」
http://blog.goo.ne.jp/memo26/e/e349afa6db78d77e2955a5b2763ab6f8
最終的には (四葉のクローバー)
2011-05-28 15:45:12
「強制性があったかも知れない」となりましたが、河野談話の時点では、未確認のままだったと記憶してます。
この件、私もあまり自信がありません。だだし、当時、自民党保守派からかなりの異論があったようです。
詳しいいきさつは、ウィキペディアなどで調べた方が良いと思われます。
Unknown (memo26)
2011-06-01 16:32:25
 しかし最終的に「正しかった」ということになるのであれば、わざわざ「破棄」する必要はないと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。