言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当の 「愛国者」 とは

2009-08-10 | 日記
すこし古いニュースですが、書き残しておきます。



47NEWS」 の 「田母神氏が広島で講演 「被爆国として核武装すべき」」 ( 2009/08/06 19:58 【共同通信】 )

 原爆の日の6日、政府見解の歴史認識を否定する論文を公表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長が広島市で講演し、「唯一の被爆国として、3度目の核攻撃を受けないために核武装すべきだ」と主張した。

 日本会議広島が主催し、演題は「ヒロシマの平和を疑う」。参加者は講演に先立ち君が代を斉唱し、黙とうした。

 田母神氏は「2020年までの核兵器廃絶は夢物語」と、秋葉忠利広島市長の平和宣言を批判。「核保有国同士は相手からの報復を恐れるため、先制攻撃は絶対にしない。国を守るため、日本も核兵器を持つべきだ」と持論を展開した。

 秋葉市長は6月に「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」として、日程の変更を要請。県内の被爆者7団体も7月、連名で抗議文を送ったが、田母神氏や主催者は「表現の自由だ」などと応じなかった。

 会場周辺では、田母神氏の主張に反対する横断幕を掲げ、シュプレヒコールを上げる団体と、右翼の街宣車が言い争う一幕もあった。


 田母神さん ( および田母神支持者 ) は、またもや 「表現の自由」 を主張されています。



 田母神さんが 「表現の自由」 を誤解されていることは以前、「政府見解の拘束力」 に書いているのですが、

   「秋葉市長は6月に「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」として、日程の変更を要請。県内の被爆者7団体も7月、連名で抗議文を送ったが、田母神氏や主催者は「表現の自由だ」などと応じなかった。」

 またもや、田母神さんは 「表現の自由」 を主張されています。まさに、「表現の自由」 の連呼です。



 たしかにこの場合、「表現の自由」 は認められると思います。

 しかし、時と場合を考えるべきではないか、との疑問を禁じえません。田母神さんは、ご自分の権利を主張することに熱心なあまり ( それは理解しうるのですが ) 、他者の心情に対する配慮が欠けているのではないか、と思います。ここは、配慮すべき ( 要請を受け容れるべき ) だったのではないでしょうか。

 これでは、田母神さん ( …の主張 ) は世論の支持を得られないのではないか、と思います。



 「愛国者」 とは、「国の人々を愛する者」 でなければなりません。これでは、田母神さんの 「愛国心」 が、軍国主義の色彩を帯びたものとして受け取られ、かえって田母神支持者を減らしてしまうのではないか、と思います。本物の 「愛国心」 を持つのであれば、「国の人々を愛する者」 としての態度、「被爆者や遺族の悲しみ」 に対する配慮が、あってしかるべきだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村山談話は、破棄してはならない | トップ | 焦ってはならない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。