言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の政策

2009-08-15 | 日記
 他者の意見に対して、賛成・反対を論じることも大切ではありますが、「どうすればよいのか」 を述べることも大切だと思います。そこで、私の考える政策を提示します。

 政策、といっても、私は政治家ではありません。私が memo26 党の党首だったら、という話です。



 以下は、もともと、「武器輸出解禁論について」 の一部として書いたものを、独立した記事として扱うことにしたものです。したがって政策として重要な部分 ( 財源をどうするのか、など ) が抜けています。それについては、さらに考えたいと思います。



 私は、武器輸出解禁には反対です。倫理的な問題もありますし、輸出した武器で、日本が攻撃される日がこないともかぎらない、というのが理由です。

 それでは、どうすべきか。私は、

   武器の調達に際して、日本企業のみを対象とする 「特別枠」 を設ければよい

のではないかと思います。それでは競争原理が働かない、価格が下がらない、というのであれば、たとえば 「5 %ルール」 のようなルールを作ればよい。いったん購入した装備については、翌年度以降、再調達する際に 「前回落札価格の 5 %引きとする」 制度です。これなら、装備更新の度に、5 %ずつ価格が下がりますし、企業による継続的な努力が期待可能です。

 私が 「特別枠」 を設けるべき、と考えるのは、次の理由によります。

 「ガラパゴス化の原因」 をご覧になっていただきたいのですが、普通の商品 ( 民生品 ) については、高度 ( 高機能・高性能 ) な製品が売れるとはかぎりません。高度な製品が必要とされているとはかぎらないからです。どちらかといえば、民生品市場では 「並みのものを安く作る」 努力が必要とされる傾向にあります。これでは、日本企業の技術力がいかに優れていようとも、宝の持ち腐れになってしまいます。

 しかし、世の中には 「並みの性能のものを安く作る」 のではなく、「多少高くともよいから、高度なものを作らなければならない」 分野があります。それが軍事部門です。たとえば、

   「安いけれども並みの性能」 の戦闘機では、目的 ( 国家防衛 ) を達することは不可能

です。「安いけれども並みの性能」 の戦闘機と、「高いけれども高性能」 な戦闘機とでは、どちらが必要かは、考えるまでもありません。



 したがって、武器の調達については、日本企業のみを対象とする 「特別枠」 を設けて、日本企業を育成する。そして、日本の防衛産業に高度な技術を蓄積させる。その成果が現れてくれば、

   いずれは、民間航空機 ( 旅客機など ) の開発・製造なども産業として成立しうる

と思います。そうなれば、さまざまな分野で ( あくまで航空機産業は一例です ) 日本経済は活性化する。また、そこまでいかなくとも、「特別枠」 を設けることそのものが、一種の公共事業となって

   雇用を生みだす

はずです。これは、期間工など工場労働者の失業対策になるのみならず、大学院を出たけれどもコンビニの店員しか仕事がない、といった人々の雇用対策としても、有効ではないかと思います。専門教育の成果をムダにしなくてすみます。彼らはすぐに即戦力にはならないかもしれませんが、なんら専門教育を受けていない者よりは、( 研究開発の分野では ) はるかに有益な人材だと思います。



 私は、「雇用対策としての道路建設」 を肯定していますが、それは雇用確保のために 「やむなく」 容認する、といった程度のものです。国防のみならず、日本の国際競争力を高める、という観点からみても、道路よりも、防衛産業のほうがよい。アメリカも、「資本主義の袋小路と軍需」 でみたように、軍事部門に投資を振り向けましたし、このほうが合理的なのではないかと思います。

 「専守防衛について」 ( …に引用した部分 ) に書かれているように、日本が専守防衛政策をとるなら、他国よりも防衛費が多くなければならない、というのであれば、なおさら、「特別枠」 を設けるべきではないかと思います。



 なお、上記に対して、批判等があれば、よろしくお願いします。さらに考えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武器輸出解禁論について | トップ | 今後の雇用情勢 ( 予想 ) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。