えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

地下空間を散策

2017-08-05 15:09:06 | 歌う
▲八月の真昼の寒さ 大谷石地下採掘跡へ入りゆく我は

昨日、私たちクラブツ一リズムの33名は宇都宮のレストラン「石の蔵」で地元の食材を使用したランチを楽しんだのち、「未知なる地下空間」へと向かった。2年位前から観光スポットとして人気がある。

第2次大戦中は地下倉庫や軍事工事として、戦後は政府米の貯蔵庫に、坑内の平均気温は8℃前後。広さは野球場ひとつ分、最深60メ一トルに及ぶ。

夏服の上にコ一トを羽織り薄暗い空間の階段を下りる。ところどころの大谷石をみせる照明が神秘的だ。私は
人間ではないような気分になる。最深のあたりに「ただ今の気温は12℃」

降りた階段を上り出口に戻るとき私は暑くてコ一トを脱いだ。汗を流しながら地上に戻った。

見渡せばあたりは大谷石むき出しの岩肌が怒っている、この岩を剥ぎ取り観光用の店に使う人間を許せないのか。近くの大谷観音に参拝して帰路へ向かった。

註 ツア一代金 12800円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50代の女の鼓動  | トップ | 「ときめき」は私へのご褒美 »

コメントを投稿

歌う」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。