あの日、あの道で

大道芸の記憶(最近は少なめ)と日々の散歩やら想いやら勝手気ままな呟き

ヘブンアーティストIN銀座 2017.5.5.

2017-05-06 10:21:25 | イベント
久しぶりにヘブン銀座。
メンバーも今回は変わっている。
それもまた新たな発見がありそうな気もした。
そう、ヂバドロさんを久しぶりに見られたのが嬉しい。
美しく凛とした表情。進んでいく物語ははっきり言ってよくわからない。
イメージビデオのようにたんたんと進む。
相方が何故チョコボールなのかもわからないままに進んでいく。
はっとしたのは弦を弾く姿。すごくきれいだ。
         
山田とうしさんはお名前を長いこと知って居ても見る機会がなかった。
かなりベテランとお見受けしたので期待度が大きかったけれど、
大道芸としてはなんとなく淋しかった。
       
すごく久しぶりなはやとんぬさん。
ずっと外国で今活躍されていると思っていたので、ヘブンを受ける前とその直後くらいしか知らなかったゆえ、やはり大きな期待で見ました。
が。。。。。。
  
まとまりもなければ、なんだかよくわからないし、上品じゃないし、途中で知らないダンサーらしき人達がいっぱい出てきて踊ってるし、それが前後の繋がりも効果もない。
何を見たのかよくわからなかった。
内輪受けも甚だしく、これだけ投げ銭したくなかったことはあまりないことでした。
以前も決していいショーだとは思わなかったけれど、前の方がまだよかったと思います。
キレイな顔立ちのイメージを生かした踊りがビシビシ、またはしっとり来る方がいいような気がしました。
と言っても周りは皆支持していらっしゃるようなので、見なければよい話ですが。
勝手な意見で申し訳ないです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わくわくフェスタ2017 2017.... | トップ | セクシーDAVINCI 2017.5.6. »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (またたび)
2017-05-06 20:53:28
ヂバドロ・アノ、よかつたでせう。何がいいのかは私はうまく説明できませんけど。
山田とうしさんについては同感です。多分私はもう観ないと思ひます。
はやとんぬさんについては残念でしたね。
といふことで、mariさんにとつてのヘブンアーティストIN銀座は1勝2敗と負け越しでせうか。
Re:Unknown (mari)
2017-05-06 22:26:50
人形に魂が入ったかのように見える瞬間が、希望が見えて嬉しくなります。
何故そういう風に感じるかはその方の技量や目線や音楽やらいろいろ要因があるのでしょうが、ヂバドロさんはとてもいいですね。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。