あの日、あの道で

大道芸の記憶(最近は少なめ)と日々の散歩やら想いやら勝手気ままな呟き

府中郷土の森博物館 ロウバイの小径 2018.1.18 全体編

2018-01-19 22:22:20 | 
何度目の寒波なんだろう。
来週は寒くなり雪が降ると言っている。
そして昨日の予報は16度。
体調はかなり悪かったけれど、追い立てられるように分倍河原へ。
  
何度目の道だろう。のどかで穏やかな道。
20分弱で郷土博物館に到着。200円で入場。
プラネタリウムもあるので、小学生の団体も到着していました。

わき目もふらずわくわくと早足で小径の場所へと急ぐ。
結構人も集まっていました。
やはり三脚を立てている人もいる。
こんな平日だから年配のご夫婦や写真愛好家のグループやら。
でも一番の衝撃は鼻づまりでほとんど匂いがわからず。
大ショックでした。

ロウバイは場所や種類によって、すでにたくさん咲いているのもあるし、まだこれからのもありました。
同じような写真ばかりですが。
                    
人が見えなくなった瞬間を狙って撮ったのでどれも捨てがたく、、、
調べてみると距離にして100m90本らしい。
そんなに広くない場所なのに気付くと3時間近くそこに居ました。
16度予報は嘘のように空は見る見る暗くなり寒くなり冷え切りました。

どこかで持ってきたパンを食べようと思い、茶屋の前の木のベンチへ。
自販機で暖かいお茶を買って一口飲んだら、おじさんが近寄って来て、
「向こうに暖房が効いている休憩所がありますよ」とわざわざ言ってくださった。
「ありがとうございます」
そう言って行ってみることにしました。

以前からこの建物は気にはなっていたのですが、入口近くのプラネタリウムのある建物でトイレに入ったりしていたので、行かずにいました。
温かさが染み入りました。
そしてまた歩いて帰路へ。
かえで通りを歩いて、今回は府中本町の所で曲がらずまっすぐ行ってから曲がり、府中駅へ。
花編へと続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

質問箱

2018-01-18 23:30:15 | その他
Twitterのタイムラインに増殖中。
最初に始めたパフォーマーさんが真面目に答え過ぎていて、正直つまらなかった。
興味の度合いによって違うのかもしれないけれど。
言葉のセンスとか、うまい返しとか、引き出しの多さとか、経験値とか、結構問われそう。
でもパフォーマーゆえに成り立つのかもなぁ。
そういえば昔、自己紹介として百の質問に答えるとかあったなぁ。

今日も体調が万全でないけれども、暖かい予報だったので(実際は寒かった)定番のロウバイを見に行ったのですが、行って気付きました。匂いがわからなかった(T_T)(:_;)
明日アップします。たぶん。
お休みなさいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ワンダフルパレード 2018.1.15

2018-01-17 23:45:40 | 舞台
to R mansion の舞台を初めて見に行きました。

数年前から深井プロデュース羽衣という劇団が好きで、いつだったか羽衣に客演された森下亮さんが気になっていたのですが(森下さんのTwitterの言葉の選び方や文章は秀逸)どうゆう繋がりなのかわからなかったけれども、
その森下さんが出るというのがどうしても気になって、いつのまにかチケットをポチっと予約してしまいました。
平日が空いてるかもと思って月曜日の昼間の券を取ったら、整理券番号が3桁!
ガッカリしてしばらくしてようやく小春さんのアフタートークの日だった事に気付く始末。

ただ森下さんが見られればと思って行ったので、予想外に素晴らしくてびっくり。
ごめんなさい。
大道芸の要素(赤い紐が出てくる)もちらちら見えたけれど、まるっきり舞台作品だった。
専門用語ではテアトルノアールというものらしいけれども、
暗闇ゆえの効果が実に見事できれいでした。
きっと出演者みんなのタイミングや角度やいろんな緻密さ、照明の正確さなどプロが見せるタマモノなのだろうけれど、どっぷりファンタジーな世界に浸れました。
衣装も皆かっこいいし素敵だし、天井が高くて広い舞台をシンプルに抑えた構成もおしゃれ。
カヨさんが演じる前のあの人形のかわいらしくも素敵な動きが一番好きかも。

あとコミカルで笑いが起こる変な言語。
たまに普通の日本語だったりして、それが面白かったし、ふっと楽にしてくれた。
終演後にお会いしたセクシーさんに依ると、あれはクラウンだったかサーカスによく使われるなんとか用語なのよねーと教えられたり。
実はアリガトーさん加入のto R を見てないのですが、舞台のアリガトーさんは役者で堂々としていました。
思ったより森下さんは際立つ配役ではなかったけれど、違和感はありませんでした。
森下さんは大阪出身で今から20年前くらいに大阪ではなびさんとワークショップ(だったかな、自信ないです)で一緒だった縁で今回声をかけたようでした。(ロビーで森下さんにお聞きしました)

結局お金を払って行く舞台って、どれくらい別世界に持って行かれた感じが強いかどうかで、満足感を感じる気がします。闇を演出するプロの技術あってのおとぎ話の世界がありました。
駒場アゴラの方が闇が強くて良かったという話も聞き、そこでやっと再演だったのかーと気付く私。
また暗闇の不思議な夢のような現象を見て見たい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼻水と鼻づまり

2018-01-16 23:38:57 | 大道芸じゃない呟き
が治らず。お休みします。

にしても何なのかな。
3年前くらいの私宛のtweetをイイネする人が次々と4人。
どれもが怪しいアイコンで仮想通貨がどうのこうの書いている。
面倒です。
インスタもよくわからん人が私の投稿全部にイイネをしてメッセージを送ってきた。
読んでませんし受け取らない設定にしました。
Facebookのメッセンジャーアプリもやめました。
乗っ取りが多いよね。
では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラウンボム 2018.1.14

2018-01-15 23:20:11 | その他
東京タワーの日曜パフォーマンス。
2回目を見ました。
             
ちょうど同時刻に自動扉を挟んだすぐ外でイベントが行われていました。
有名人も何人か舞台に座っており、テレ東の生放送だったのかもしれません。
そんな状況でもボムさんが登場すると人は立ち止まり、惹き込まれていく。
その静かな凄さも心の中ではーっと♡なため息をつきながら見ておりました。
呟きでも書きましたがシェーカーの飛ばし方がひねりがあって、あれっと思いました。
注意散漫な物覚えの悪い私ですが、どうなのかな。
凄かったです。し、この日もかっこいいボムさんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加