みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

日本の恥ずかしい国連外交

2016年12月24日 | 憲法守るべし
国連総会で、核兵器禁止条約を制定するための会議を来年3月に開始する決議が採択されたが日本は反対したとTBS報道特集が伝えた。
全ての核保有国が反対しようが、歴史上初めて、核兵器を「悪」として法的に禁止する条約を決める会議が始まる。その決議採択をリードしてきたのは、メキシコなどいわゆる大国ではない国々だ。「大国」がそろって反対しても、とどめることができない正義の大きな力で世界史をつくる時代が始まっていると感じる。
その中で、日本政府は情けない姿をまたもさらけ出したものだ。あきれてしまう。総会だから「大国」の拒否権は効かない。条約は制定され百か国を超える多数の国々が加わることになるのは確実だ。トランプもプーチンも、シーチンピンも安倍晋三も皆孤立した少数グループに落ちる。ますます「核の傘」の論理は国際的に通用しなくなる。安倍晋三は恥ずかしい立場に落ちることを見通せないから情けない。
今日のTBS報道特集は、沖縄の米軍北部訓練場「返還」のウソを分かりやすく、しっかり突いていてよかった。

       ここからイラン旅行記
モスクの「内部の壁面は釉薬で色鮮やかに装飾されたタイルで埋め尽くされている。シンメトリーに構成された全体の図案のなかで連続する精緻な模様、そして、青を基調とした鮮やかな色使いには圧倒的な力と美を感じさせる。」(ワールド航空サービス社パンフレット)
正方形のタイルに絵付けしたものだけでなく、タイルを砕いてモザイクにした装飾もある。青以外にも美しい色が施されたタイルが用いられている。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラン人が想う天国は | トップ | 安倍首相は公開質問状に答え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む