KTM・ロイヤルエンフィールドの茨城県正規代理店 モトビルド神原

国内4メーカー・輸入車取扱。ワンメークパーツご相談を。オフコース有り。*当分毎週火・水曜日休みます

ルートを探し出すツーリングイベント、DOA募集

2016-08-28 19:38:01 | イベント・キャンペーン
本日も小雨の合間をぬって
初めて当店フロードコースへいらっしゃった方や会員になってくださった方々が
1日走行を楽しんでくださいました。
走ってくださる方、整備してくださる方、みなさんのおかげで
コースがコースとして活きてまいります。ありがとうございます。
レース志向、イベント志向、林道メイン、大型バイクの練習のため、等々
本日も様々な方々で楽しまれたようですが、
そんななかでも全ての要素が感じられるラリーイベントはいかがですか。
DOAの募集が佳境に入ってまいりました!
Door of Adventure 2016秋・鮫川村http://doorofadv.exblog.jp/
「オフロード初心者大歓迎」とのことです☆
エントリーの締め切りは9月5日と間近ですので、ぜひぜひ今すぐご参加検討ください。


*以下主催側からのご案内より割愛
Door of Adventure 2016 秋
10月8日(土)〜9日(日) 1泊2日 ※翌10日(月)は祝日
●開催場所
福島県の浜通りエリアを基点に福島県全域 ※一部他県を含む
●集合場所・キャンプ場
鹿角平(かのつのだいら)観光牧場
http://www.vill.samegawa.fukushima.jp/page/page000108.html
●開催概要
ルートマップ(コマ図)を使ったライダー自身のナビゲーションによってルートを見つける「ラリーツーリング」DOA。
拠点となる会場をスタートして1日約200km(ダート率約20〜30%予定)を2日間走破します。タイムやスピードは競いません。
ロングダートを組み合わせたダイナミックなルートで、日常のすこし先にある冒険を堪能できるイベントです。

ルート上の林道はビッグオフでも走れるレベル。たとえばトレールタイヤでも問題ない砂利ダートなどです。
オフロード初心者大歓迎。名跡や風景を味わいながらルートを探し、多面的に楽しんでいただけます。
宿泊はキャンプです。夕食と朝食は開催地の皆様が地元の食材を用いた献立でおもてなしいたします。
キャンプの夜は、地元福島県在住のアーティストによるライブ演奏や各種ムービーの上映会などを予定しています。

●参加資格・車両
使用車両に適した自動二輪車/自動車免許。オドメーター(積算距離計)装備。
プロテクションを有するオフ用ライディングウエア
テント、シュラフ、食器などのキャンプ道具
A5幅サイズのマップホルダー ※クリアファイルなどの代用品でも可
・コンパスや方位磁石など、方位方向が分かるもの
ツーリング中の公道上での事故に関して主催者は責任を負いかねることご了承ください。

●料金
・25,000円(含1日目昼食・夕食、2日目朝食、1泊2日キャンプ場使用料金、参加賞)
・同行者様5,000円(食事キャンプ場使用料ほか。参加者に同行する場合は同一の車両へ同乗)
☆当店にてお申し込みの場合、ディスカウント価格

●エントリークラス
■MAP solo(コマ図ラリー) 
国際基準のルートマップとコンパスを使用して走る、ラリーツーリング
■Raid tour
ベテランライダーがアテンドする主に初心者向けのグループラン

以上ご参加希望の方は当店までぜひお問い合わせください。
メーカー、車種などは問いません。お待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USヨシムラ&シャーシダイナモ

2016-08-27 20:49:55 | お勧めです
USヨシムラデュアルスリップオンカーボン。この美しさをご覧ください。
  
 
ちらりとみえるリトミックチタンエキパイ


ベータチタニウムのチタンボルト
 

お好みのマフラーをセットしたなら空燃比の確認をしましょう!!
エンジンを守り安心してライディングを楽しめます。
シャシダイナモによる測定が絶対的におすすめです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆遊び

2016-08-25 14:07:24 | 店描


          
                    
    


            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初のTKC70

2016-08-23 20:29:01 | 店描
今回のシャシダイにはRC250 。
カチ上がる2本の後方排気マフラーをセットし、
燃調を確認しています。こうして確認しておけば安心☆
その美しい後ろ姿はのちほど・・
  

レアな車体にレアなタイヤ。
TKC70がようやく入荷してまいりました。
ゲリラ豪雨の合間におひきわたしです。
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

営業再開しております。

2016-08-22 18:55:28 | 店描
爆音とともに18日より営業を開始しております。
↓金曜日、RC8がシャーシダイナモでパワー測定中・・・

まだお盆休み中の方もいらっしゃったせいか、店内にぎやかに再開させていただきました。
画像もたくさんいただきまして後ほどブログで使わせていただきます。
本日月曜日からお仕事再開の方も多いようです。
しっとりとした雨ならクールダウンにリスタートに、ちょうど良かったでしょうが
なかなか関東近郊の天候は荒れておりますね~。
営業で二輪に乗らざるを得ない方々をはじめ、皆様何事もないよう祈っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KTM17MYオフ車インプレ

2016-08-12 17:38:39 | 2017KTMオフロ...
大変おまたせいたしました。
メカオオスカのインプレ&画像、お届けいたします。

「神原のメカニック、ガリこと大須賀です。
先日KTMの2017年オフロードモデルが発表され、試乗してきた感想を初級オフロードライダーの目線からお伝えしたいと思います。

今回フルモデルチェンジとなったエンデューロモデルEXCシリーズは、よりコンパクトに、より軽くよりパワフルに、と昨年フルモデルチェンジされたモトクロッサーSXシリーズ同様に全てのパーツが一新されており、ひとまわり小さくコンパクトになった印象を受けます。無負荷でのシート高も1cm程下がっているようですが、サスペンションの動き出しが軽いこともあり、跨るとそれ以上に足つきがよくなっている気がしました。コンパクトな車体はライダーからの入力に対する反応が早くなり、ハンドリングが軽くなっています。これらはEXCシリーズ全てに共通して感じたことですが、特に顕著に表れていたのは250EXCと250EXC-Fでした。

話題のトラクションコントロールはすごかったです。
エンジン回転数の急激な変化だけを材料にスリップとグリップを判断して操作に介入してくるらしいのですが、とにかく車体が前に進みます。
試乗したコンディションはマディでとても滑りやすい状態で、トラクションコントロールの恩恵を強く感じることが出来ました。
スタンダードとアグレッシブの二種類のマッピングがあり、それぞれトラコンをオンオフできるようになっていて、走行中に切り替え可能です。
スタンダードはスロットル感度が比較的ゆっくりで滑る路面でのトラクション重視。トラコンも早い段階から積極的に介入してきます。
アグレッシブはスロットルからの反応が早くトラコンも介入が遅め。スロットル開度が少ないとそもそも介入してきません。もっと開けろということですね。
オフロードでトラコンなんて要らないだろとか、機械に頼らず腕を磨けとか、僕自身そんな風に考えていましたが、実際試してみるとこれはどんなライダーにもおすすめできると思いました。
初心者にとっては、滑りやすいコンディションでは 怖い→アクセル開けられない→バランス崩す→怖い の負のスパイラルに陥ってより硬直してしまうのはよくあることだと思います。ここで恐れずスロットルを開けることが出来れば、ボディアクションに集中してより早く上達することが出来るでしょう。繊細なスロットルワークを学ぶのはしっかり体を動かせるようになってからでもいいはずです。
レースに出ている上級者にとっては、トラコンによって何より体力の消耗を抑えられるでしょう。
スロットルへの意識をゆるめ、車体の無駄な動きをおさえることでバランスを保つのも楽になるはずです。長丁場になればなるほど大きなアドバンテージになってくれるでしょう。
二つのマップ切り替えとトラクションコントロール、ローンチコントロールは、4ストロークSXシリーズと、4ストロークEXCシリーズの6デイズモデルに標準装備となっています。が、実はスタンダードモデルの4ストEXCシリーズもその機能は内蔵しています。ただこれらを動作させるスイッチが別売りとなっているということです。約18000円位ということですのでつけない手はないと思います。

大きく変貌した2017年モデルは初心者、中級者に大変おすすめの新モデルでした。」

                                    







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆前納車 クラシック500 と TTR

2016-08-09 21:36:13 | 店描

ロイヤルエンフィールドのクラシック500 サンドストーム。
後方のわたくし経理係りのエンフィちゃんがフロント18インチ、お客様のが19インチ。
メーター類がちょっとかっこよくなっててうらやましいな。。。
でも18はコーナリングに、19は直進安定性と、それぞれに優れてございます。
バッテリーは事前に液なしバッテリーに代えておきました。
初めてのバイク、ということで少々ご不安があるようですが
たっぷり納車前にご説明を差し上げました。早々壊れるものでもありませんし、
なによりゆっくりサマになるロイヤルエンフィールド、楽しく乗れることまちがいなし。
ご帰宅されてメールをいただきました。
「本日は大変ありがとうございました。無事土浦にたどりつきました。
とても楽しかったです。初回点検の時にはまたよろしくお願いします。」
距離とともに車体がなじんでいき、排気音もとってもシブく良くなっていきますよ~
添加剤やエンジンオイルでアクセルのつきや乗り味も結構変えることができます。
わたくしのはちょっと振動を抑えてあります。
なかなか楽しいエンフィールド。末永くご愛顧いただけるよう尽力いたします。

そして今まさに納車整備中のTTR125!
これから納車となりました。盆前最終日はまだまだ続いております。。。

17日まで店舗の営業はお休みさせていただきますね。
皆様おだやかなお盆休みを。
お仕事の方は猛暑が続きそうですので、どうか御身体ご自愛ください。
と、いってもブログは明日も更新いたします~。大事な大事な、
メカオオスカの2017オフ車試乗レポをお届けいたしますので
宜しければご一読お願いいたします。
追記;11時、積み込み完了~
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆前納車 EVO2T と TL250

2016-08-08 19:49:18 | 店描
新旧対決。
 
左(上)が進化したトライアル車Betaの≪EVO 2T≫、右(下)がトライアル車の原型ともいえるホンダたぶん≪TL250≫。
TLと思えるこのバイクは原型をとどめておりません(^^)タンクもフェンダーもスイングアームまでも自作っぽいです。
かなり楽しく遊ばれたのでしょう。
70年代に登場したこの辺のバイクからトライアル車というものへと分岐していくようでございます。
今のオーナー様が「最低限でいいから復活させてくれ」というご要望でしたので
キャブオーバーホール、Fフォークオーバーホール、インナーチューブは肉盛りメッキ、
Rサスはお手ごろな中古も探したのですが、時間はかけられず新品を加工して取り付けとなりました。
ドライブチェンやグリップ交換をし、サイドスタンドは炎天下のもと、オヤカタが溶接して修正。
先日のカンカン照りは、溶接するには最高の、最高すぎる光源でした(^^)

そしていよいよ納車のBetaの≪EVO 2T≫。
みんなエンジン音を聞きたくて集まってきました。
 
これでナンバーがいただける仕様なんです(^^)キレてんな~
   
意外にこのちっちゃいヘッドライトは明るいです。
純正のリムステッカーとハンドルバープラグでドレスアップ。
当店では通常KTMのオフ車を納車させていただくときなどに 
必ずショートフェンダー加工、リアフラッシャ、フラッシャレジスタ、ナンバー灯一式を
新設させていただいております。
そのままでは激しい車体の動きによってタイヤがナンバープレートにあたったりして、
ナンバー紛失→探索、などということになりかねないからでございます。
このEVOは私有地でのより自由な走行を設定したお客様のご要望によって
ショートフェンダーがさらに手軽にはずせる仕様にさせていただきました。
岩手を楽しく走って下さい。画像、楽しみにおまちしております(^^)




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

盆前お引渡し 1290SUPERDUKE R

2016-08-07 22:37:28 | 店描
1290SUPERDUKE R

サーキット走行仕様として吸排気系とECUを変更いたしました。
吸気系は二次エアをキャンセル、
プリサイレンサーをとりはずしアローのミドルパイプに変更、
アクラボのサイレンサーにつなぎます。
排気系は前後エアファンネルの高さを最短に変更して
BMCのレーシングパワーフィルターに変更いたします。
ECUをレーシングマップに変更し「ラピッドバイクEVO」をセット。
さらに「マイチューニングバイク」取り付けのため、
エキゾーストパイプの本来のO2センサーをキャンセルし、
マイチュー用O2センサーのフランジの大きさにあわせて再び加工取り付けをいたします。
シャーシダイナモにかけながらマップをいくつか作りまして使いやすそうなものを選んでおきます。
そしてマップスイッチを取り付け、手元でマップを選べるようにいたします。
乗り手のその日、その場所、乗り方によって、マイチューニングバイクが、
瞬時にマップを補正していくという寸法です。

パワーアップ、トルクアップした車体をうまくサブコンで補正し、
いつでもどこでも乗り手に応える、使いやすい車体に仕上がりました。

        


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆前中古車納車 セロー225 XR250 FR350

2016-08-06 21:53:32 | 店描
オフ車の中古車をもとめて彷徨っていらっしゃる方々、結構いらっしゃるようです。
ネットで探してみると意外に高価で驚かれるようです。。
なによりネットや通販では、どんな人がどう乗ってどうヤレているのか、
ほとんどわかりませんので大博打といえるでしょう。
当店ではKTMに乗り換えのために下取りに出された車両や、
常にチェックする中古市場から、この道35年のプロの目から見た、
店の看板をけがすことのないしっかりとした車両を見極め、
整備し、保証をお付けしてご要望をいただいた方にご案内をしております。

先日中古のセロー225を長野の方に購入いただきまして
次のようなうれしいメールをいただきました。
「昨日はありがとうございました。
あの後、加波山やつくば市、足尾銅山のツーリングや、単独の高速道路通行を含めて、
300キロ程を走りました。
ちまたで言われる「トコトコと走るにはとても良いバイク」はもちろん実感出来ましたが、
シフトアップとアクセルを思いきって開けるのを上手く合わせると、
予想以上にキビキビ走るのにいいイミでビックリです。
心配だった高速走行も、200キロくらいならさほど問題ないです。
今回は、素晴らしいバイクを売って頂き、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします」
どうしても念入りに整備してしまいますが、こういったお声をいただくと嬉しいかぎりです。
こちらのXR250もFR350も盆前納車となりまして、大変いい状態に仕上げました。
いいお盆休みになりますよう願っております。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加