松明 ~光明を指し示して~

暗闇を照らし赤々と燃える。が、自身が燃え上がっては長くはもたない。火を消すことなく新しい松明へと引き継がれねばならない。

驚き感動する教師になりたい

2017-06-15 14:49:16 | Weblog


 斎藤喜博は『私の教師論』で書いている。〈教師には「驚く」ということをなくしてしまっている人間が多い。どんなに美しいものをみても、どんなにすぐれた実践をみても、どんな一級のものをみても驚いたり、たまげたりしない人間が多い。驚いたりたまげたりしないで、自分のもっている貧しい概念や知識にあてはめたり、それを知識としてだけ得ようとしたり、批評的にみたり、うたがい深く、せんさく的にみたりしているものが多い。それでは教育はいつまでも変わらない。〉

 私も同じようなことを感じている。教師は公務員であり身分の保障もされている。給料も決まったように入ってくる。競争もない職場である。また、教師は教えることは得意だが、教わることは大の苦手であるようにも思える。そんなところから、仕事の質を上げる工夫や努力もあまりしないように感じる。せめて、よいものにふれたり、見たりするような努力をし、授業や学校を変えていきたい。


※学校・学級づくり、授業づくりに協力します。お声を掛けてください。研修での講話や体験型研修をボランティアで行います。ホームページ「浜松授業研究の会」のお問合せ、ご連絡に記入してください。または、このブログのコメントに記入していただいても結構です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第73回「浜松授業研究の会... | トップ | この考え方に大いに共感します »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL