to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

グラン・トリノ

2009-04-26 21:56:34 | the cinema (カ行)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。
少年は知らなかった、人生の始め方を―。

原題 GRAN TORINO
製作年度 2008年
上映時間 117分
監督 クリント・イーストウッド
音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス
出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴァン/アーニー・ハー/クリストファー・カーリー/コリー・ハードリクト

『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。(シネマトゥデイ)

「硫黄島からの手紙」のクリント・イーストウッドから、「イエロー」だの「米食い虫」だのと言う言葉が頻繁に繰り出される驚き。
本当にこれが最後の主演作になるのでしょうか、
「グラン・トリノ」初日の最終回観て来ました!凄くよかったです


朝鮮戦争に行き、長年勤め上げたフォードの工場を引退し、
今、妻にも先立たれて、孤独で単調な日々を送るウォルト・コワルスキー。
その妻の葬儀で語られる息子たちの父親像。
相容れない息子たちの家族との溝をも、サクサクと映し出し、
昭和の日本にもいた、頑固で変わったものを受け付けない、偏見もあるが正義もある老人の姿が懐かしいイーストウッド。

工場に勤めていた時の腕を生かし、家の修理をし、芝生の手入れをし、
M-1ライフルと72年製フォード車グラン・トリノの手入れは欠かさず、暇な時は愛犬に語りかけビールを飲む毎日。
しかし彼の周りが変わり始めている事に、苦々しく思っていた。
次々にアジア系移民が押し寄せ、白人が街を出て行って、
彼の隣にも、従軍経験から彼の毛嫌いするアジアのモン族が越してくる―。

関わりを持ちたくないウォルトはしかし、関わってしまう。深く――。

鱗家に住む気弱な少年タオが不良少年グループに絡まれていたのを追い払ったのをきっかけに、
タオ一族による貢物攻勢、挙句、車を盗もうとしたお詫びに仕事をさせなければならない羽目になり、
孤独だった彼の生活も、次第に目的のあるものへと変化していく。

ここまでが、彼の差別発言や、息子家族や神父に浴びせる辛らつなセリフもありながら
尊大な態度の元軍人・ウォルトが過去の己を許せず人に心を閉ざしてきた事、
気づいてみれば、彼がユーモアもあり、男気のある人物だということに惹きつけられている。
この老人のぼやき、嘆き、怒りが不当なものではないし、
時に笑い、ほのぼのとした懐かしさに包まれ、、
物語は避けられないウォルトの決断の時を迎える。

これは何と言っても、セリフがいいです。
序盤の神父とのやりとり。「生より死に詳しい」とやりかえす若い神父もウォルトから目を離さず、
馴染みの床屋の主とのやり取りも、内気なタオの教育に一役買う。
タオ一家のパーティーで、ふと漏らすぼやきも、
怒りながら生きてきたウォルトの胸のうちを思うに十分。

名の通った俳優を起用しているわけではなく、奇をてらった演出もなく、
観客に媚びない姿勢がいかにもイーストウッドらしい、素敵な作品でした。
最後まで大人の男のスタイルにこだわった、カッコイイ老人の選択に打たれました

そうそう、エンディングのGran Torino イーストウッドの渋い歌がとってもいい味。ゆっくり余韻に浸れます
ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   トラックバック (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャーリー・バートレットの... | トップ | 今夜の堂本兄弟♪ »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね~ (miyu)
2009-04-26 22:54:09
人との関わりに媚びるということが一切ないウォルトの
姿はこの作品の客に媚びないところとどこか似たものが
感じられましたけど、その実、中身はすっごく温かくて
心打たれるものがありましたよね~。
なんか、これぞ男の生き様って感じで、カッコ良かったですね。
こんばんは~☆彡 (ひろちゃん)
2009-04-27 01:48:20
あっ!書き忘れた(笑)
私もEDの渋い歌声で映画の余韻に
浸れたって思ったんだった(笑)
そして「生より死に詳しい」と言った
神父の言葉も書きたかったんだ(笑)
変わりにkiraさんが書いて下さったから
いいかっ!(笑)

あざとい演出とか泣かせようとかしていないのに、涙ボロボロでした!
イーストウッドはすごいですね(^_-)-☆
素晴らしい作品でした♪
いましたね (sakurai)
2009-04-27 08:47:45
ああいう昭和のじい様。
頑固で、偏屈で付き合いにくい男。
口下手で、ことばであらわすことが苦手。
でも、根っこはやさしくて、人情家で、ゆるがない信念を持っている。
多分家族としていたら、うざったいのでしょうが、かっこいい生き方を見せてもらいました。
☆kiraさーん (mig)
2009-04-27 15:00:38
こんにちは~♪

コメありがとー観て来たんだね♪


やっぱり期待裏切られずですね☆
というか、あんなに笑えてびっくり
セリフもいちいち良かったですね!

最後の歌、イーストウッドのって気付かなかったの
時間なかったからエンドロールはいって少しで出てきちゃって。
もう一度鑑賞するからじっくり聴き入っちゃおう♪

EDの歌 (にゃむばなな)
2009-04-27 18:09:45
EDの歌はサントラ版には別の歌手の歌声で収録されているそうです。
だからイーストウッドの歌声で聴けるのは映画版のみだそうですよ。

実際サントラ版の方をラジオで聴きましたが、映画の内容を考えるとイーストウッドの歌声の方が映画に合っていたように思えました。
エンドロール (オリーブリー)
2009-04-27 19:50:30
kiraたん、こんばんは!!

いやあ~やられたわ!!
映画ってこうあるべきとか思っちゃった!
素晴らしい作品を観せてくれてお礼を言いたい!
生と死を暖かな目線で教えてくれたよね。
頑固爺さんの悪たれ、ユーモアも心に染みました。

エンドがまた良かったぁ~~♪
それについても「ミリオネア」より上でした(笑)
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-04-27 23:30:46
さきほどはチュ・ジフンの記事にコメント頂戴してありがとうございました。
彼のファンってことご存知だったんですね(汗)
オダジョーの結婚の時もそうだったんですが、みなさん心配して来て下さってありがたいことです~。

いや~、もうイーストウッド演じる偏屈ジイチャンに惚れてしまいました。
生き様を見せて貰いました。
たとえ床屋に行く時でも「男らしさ」を見せなきゃいけないのよね(笑)
最後はじーんと余韻に浸って歌を聞いてました。
Unknown (なぎさ)
2009-04-28 08:17:14
kiraさん こんにちは~♪
うわぁ~ん、残念ですがTBが未送信になってしまいました。
ごめんね。

ほ~んとに素晴らしい作品でしたよね!
今年はこれ以上のものと出会えるだろうかというほど。

>昭和の日本にもいた、頑固で変わったものを受け付けない、偏見もあるが正義もある老人

ほんとそうでした!
安易には身内にさえ心を開かない人でしたが、一度、親しくなると意外と世話好き老人だったりしましたね。
そんな彼が愛おしく見えました。
そうですよね、これが最後の主演作と言わず、またスクリーンでお目にかかりたいです!
miyuさん* (kira)
2009-04-28 15:09:41
なんだか、改めて、
小手先に囚われない、いい映画だったなぁ~と思いますね!
彼が言いたいことが淡々とした中にも
暖かくて強い大人の生き様をみせてくれる
大好きな作品になりました
ひろちゃん* (kira)
2009-04-28 15:16:37
書き忘れることって覆いよね~。
でも、本当はあまり書きたくない。
書かなくて正解、ってことも♪
この作品は、まさにそうかもね・・・
本当は「すっごくいい作品ですよ~、観て後悔はないですよ!」
ぐらいでいいのかも知れない作品でした

>あざとい演出とか泣かせようとかしていないのに、涙ボロボロ
なんというか、そこにこそイーストウッドの才能が、
品性があるのでしょうね
sakuraiさん* (kira)
2009-04-28 15:23:06
そうなんですよね。
でも、小さい頃からそういう頑固で、偏屈で、
でも、イザとなったら裏切りのない信頼が寄せられる年配者、が
周りにたくさんいて育ったので、
イーストウッドの中にそれを見て嬉しいかぎり
やっぱりナイスなじい様です!
migちゃん* (kira)
2009-04-28 15:30:02
うん!
なんかもう、どうでもいい作品は観たくないって思っちゃった

エンド、今度はゆっくり聴いてね♪
一番はしゃがれた切なさを感じさせる男の声
それを聴いてて涙が止まらなくなったんだ、、
車で走るタオにかぶせるように流れるグラン・トリノいいよ~。
にゃむばななさん* (kira)
2009-04-28 17:22:24
印税とかが発生するし、サントラは統一したのかも知れませんね。
あのラストにいかにも相応しい深みのある歌声だっただけに
知らずに買えばちょっと落胆するところだったかも、ありがとうございます♪
・・そんなところも、イーストウッドの「オトナ」度を感じてしまうほど、です
オリーブリーさん* (kira)
2009-04-28 18:23:26
こんばんは!
>映画ってこうあるべきとか思っちゃった
ホント、それに尽きるよね

今の、迷いのある、オトナじゃない大人への
優しい道標のような、彼のスタイルでした。

どこかで「今年のアカデミー会員の目はふ○穴である」というコメントを目にして
1票を投じたくなりました
イーストウッドにとっても決着 (ぺろんぱ)
2009-04-29 19:24:15
こんばんは。
TBをありがとうございました。
やはり、イーストウッドは期待を裏切らないですね。
“流れ”がある程度分かっているのにも関わらず、どうしてあんなに泣けてくるのか不思議でした。

>観客に媚びない姿勢がいかにも

そうでうよね。
「これがオレの生き様だ!」というような堂々たる訓示??を受けたかのような・・・いえ、そんな押しつけは無く「オレはオレだから・・・」的な、イーストウッドにとっても「決着」であったような一作でした。

エンディング曲は本当に素晴らしかったです。
 (とらねこ)
2009-04-30 01:33:38
もう、圧倒的なんですよね。
さりげないのに、思いやりに満ちていて。
こんなにストレートに心に残る作品が撮れるなんて、イーストウッドは大丈夫かなあ、体の具合悪いわけじゃないよね・・・
とか、余計なことばっかり気になってしまいました。
こんな傑作を撮ってしまったら、天国に連れて行かれるんじゃないかと。
ミチさん* (kira)
2009-04-30 01:52:03
チュ・ジフンくんの作品、楽しみにしてらしたので、
誤報であって欲しいと願いましたが、本当に何故、、ですよね。。
ああいう時はファンとしてはショックもあるし、
さりとて気持ちを分かち合いたくもあるし、複雑な胸中お察しします。

>たとえ床屋に行く時でも「男らしさ」を見せなきゃいけないのよね
そうそう、やんちゃなじぃ様の鉄則なのでしょうね(笑)
ちょっと西部劇はいってましたよね
静かにやる気を出してタオを育てる喜びをみつけた彼が、やっぱり燻し銀のかっこよさでした
なぎささん* (kira)
2009-04-30 15:32:12
なぎささん、もうホントにジンとくるイーストウッド、良かったよね!
TB、気にしないでね♪
私の場合、コメント欄投稿時に、よくバグっちゃうことがあり、泣いてます

こういう皮肉屋で頑固なじぃさんって、
身内にもいたし(笑)とっても身近に感じるキャラクターなのに、
・芝生を異常に大事にする
・好きな車を磨きあげる
・道具(工具)が異常にたくさんある
どれもこれも当てはまり過ぎて可笑しいくらい。
なのに、どうしてこんなにも感動作になるんでしょう!
また観にいきたいです~
ぺろんぱさん* (kira)
2009-05-02 10:40:06
こんにちは!
よく言われるイーストウッドの"才能"ですが、
彼の作品からいつも感じるのは、
内に秘めた正義感であり、メラメラとした怒りの炎であり、
大人の持つ優しさですよね~。

今回、それに、ぺろんぱさんも触れていらした老人の孤独もさらっと描いていました。
隣家の老女とのにらみ合いなどは面白おかしく、
しかしながら、年をとるという事は、次第に遣りたいこと、やれる事が減っていき、
退屈な時間は増えていくのだという老人の1日。
空になったビールの空き缶の本数が物語っていました。
そして――と、なるわけですが、
本当に最初から最後まで、良かったです
とらねこさん* (kira)
2009-05-03 00:52:26
これが最後だなんて、本当にそんなニュアンスで
イーストウッド本人が言ったのでしょうかね?・・・冗談じゃないでしょうか?

その時代を、いつも確かな目で見つめて生きてきた
たしかな大人の情熱のようなものを伝えてくれました。
センチメンタル過ぎず、重すぎず、、、
ちょっとイナイです。思いつかない、彼以外!
きっと、まだ彼が伝えるものは他にもあるはず。そう思いませんか
こんにちは~^^・ (由香)
2009-05-07 12:05:31
お邪魔します♪
これはいい映画でしたね~
普段は派手な映画にばかりキャ~キャ~言っている私ですが、感動でジーンとしましたよ。
ユーモアを散りばめたセリフも良かったし、イーストウッドの味のある演技が心に沁みたわ~
再度観る機会があってもきっとまた胸に響くと思います♪
由香さん* (kira)
2009-05-09 23:42:08
こんばんは!
偏屈だけど、爽やかな感じさえするイーストウッドの演技でしたね~。
いつも遣り過ぎないところが、品のよさを感じます
バンと心を撃たれちゃいました
Unknown (未来)
2009-05-10 00:51:01
イーストウッドはほんとにシブすぎますね、
これが役者として最後だなんて勿体なすぎる。。。
ユーモアがあり優しいところと重く辛辣なところを
これほど上手く融合させた作品はあったのかと思うほどです。
未来さん* (kira)
2009-05-11 12:27:38
>これが役者として最後だなんて勿体なすぎる
そうですよね~。単なるウワサであることを願います。
オトコで、
大人で、
断然カッコいいですよね!
大人の一途さを見せてもらいました
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-05-13 22:30:48
TB有難うございました。
クリント・イーストウッドの俳優業引退説も
囁かれましたが、こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。
ラストの余韻は上映後も残りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさん* (kira)
2009-05-15 12:39:53
こういう年齢でも第一線で活躍されている俳優は
他にもいると思いますが、
お爺ちゃんになっても「オトコ」の部分がかっこよくて
いつまでもそういう男の美学を見せ付けて欲しいですよね~
燻し銀 (Any)
2009-06-13 14:10:36
kiraさん、こんにちは~♪
最後の余韻まで深~い味わいの残る作品でしたね。
偏見もあるが正義もあって、
この映画同様、媚びない姿勢がカッコ良かったです。
終盤には、もっともっとウォルト爺を見ていたい!
そんなキモチにさせられたわぁ~(涙)
俳優としての引退が真実ならとても寂しいし惜しい気がするけど
これ以上の締め括りはないとさえ思える作品でした。
いい映画だったなぁ~
Anyさん* (kira)
2009-06-18 20:37:20
こんばんは~。
ただでさえお返事が遅いのに、いつもの忙しい時期に入ってしまい、
こんなにお返事遅れちゃった~

良かったですよね!信念と行動力のある大人の男イーストウッド!
何が昔の大人と、今の大人をこうも変えてしまったのか、
何がこういう若者を凶悪な犯罪に向かわせるのか、
しかし、偏屈であってもウォルターは目の前の状況を一発で変える事を望み、
実行するのですね。。挑んだんですね。。。
また惚れてしまいました....
こんにちは! (アイマック)
2009-09-23 11:00:18
イーストウッド作品ははずれなしだね。
シンプルな話なんだけど、エンディングは泣けました。
イーストウッドおやじは、かっこよすぎ!!
役者としてまだまだいけるのに・・・
男の生き様をみせてもらいました。
アイマックさん* (kira)
2009-09-23 12:51:40
こんにちは~

今年はなんといっても「男の生き様」に
心を揺さぶられた作品が多いんですが、
この作品が口火を切った感じです~。
イーストウッドが男として、大人として、
続く私たちに伝えようとしている愛を感じますね
良かったです・・ほんとに (メル)
2009-10-03 22:24:36
kiraさん、こんばんは~♪^^

イーストウッドらしい、本当に彼らしい映画だったなぁとつくづく思いました。
彼のかつての映画も思い起こされました。

そう、いましたよね、偏見もあるけど正義もある人たち。
今は、受け入れるということが第一義のようになっていて、言わなくてはいけないことすら言わない人たちで溢れかえってますよね。
かく言う自分もその仲間かなぁって感じてしまいましたが。

でも、葬式で携帯、さらにはおじいちゃんはまだまだ健在なのに、死んだらこの車はどうなるの?みたいに言う孫・・
彼じゃなくとも、顔をしかめたくなるし、注意もしたくなるというもの。

ウォルトの選択、生き様、本当にかっこよくて立派でした。

そうそう、あのラストの曲もすっごく良かったですよね~!
イーストウッドの映画は、音楽がいつも
最高に良いんですが、今回もまたしかり・・でした。
良い余韻に浸れました。
メルさん* (kira)
2009-10-05 02:05:58
ああ、やっぱりイーストウッドの過去作品、思い出されました?
私もです♪
権力や圧力にも屈せず、飄々と信念のまま行動する。
頑固で、スマートで、皮肉屋で、強い。
負けない男。
そういう印象が強かったので、
この、大人の戦い方で、ちゃんと後に残るものを想定した行動に、
かつてのヒーローの姿がダブりました。

その時の、自分の持てる物―。その時何を持って挑むのか?
老いたりとも正義を掲げるウォルト爺がイーストウッド似合いすぎですよね~♪

こういう年代の、芯のある老人たち、少なくなりましたよね?
私の小さい頃は、本当にこういうカッコいい爺さまとか婆さまがたくさんいたんですよ~。
これからでも私も目指したいところです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

96 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グラン・トリノ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写...
グラン・トリノ (そーれりぽーと)
あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚い...
グラン・トリノ (だらだら無気力ブログ)
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住...
グラン・トリノ (利用価値のない日々の雑学)
このブログでも度々書いているように、筆者はイーストウッド監督作品に、「人間の尊厳」という観点をもって鑑賞している。特に「ミリオンダラー・ベイビー」以降、それは顕著であり、「父親たちの星条旗」で決定的になった。映画という総合芸術の世界で、俳優として、更...
グラン・トリノ (花ごよみ)
監督、主演クリント・イーストウッド。 タイトルとなっているのは、 70年代のヴィンテージアメリカ車、 「グランド・トリノ」。 車庫にあるウォルト(クリント・イーストウッド)の 愛車です。 その愛車を盗難されそうになったことが、 きっかけとなって、 隣りに住む...
グラン・トリノ (Kaz.Log ☞ Loft Cinema)
=== 余韻は、名曲 "Gran Torino" で増す  『グラン・トリノ』 === {{{: 【グラン・トリノ】 GRAN TORINO 2008 '''監督・製作''' クリント・イーストウッド          '''製作''&#039...
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
『グラン・トリノ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年...
映画「グラン・トリノ」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 元軍人のウォルトは近所に住むアジア系やラテン系の移民との交流を拒んでいた。だがある晩、愛車が盗まれそうになる事件が起き、実行犯の少年タオを諭すことに。その一件以来、彼はタオの家族と心を通わすようになる。 映画の感想 これは素晴らしい!長きに...
試写会「グラン・トリノ」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/9、新橋ヤクルトホールでの開催。 ラジオ日本の主催で400組400人のご招待。 スポンサーからのお土産をいただく。 これについて詳しくは別記事で。 ***   クリント・イーストウッド以外に、有名な俳優は出ていない、 というかあまり知らない役者さんばか...
[映画『グラン・トリノ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役...
グラン・トリノ (迷宮映画館)
アメリカに対するラブレターと遺言かなあ。
「グラン・トリノ」 Gran Torino (俺の明日はどっちだ)
~ あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜別...
グラン・トリノ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GRAN TORINO) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) クリント・イーストウッド監督最新作。 急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていく様を描...
グラン・トリノ (Akira's VOICE)
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
映画 「グラン・トリノ」 (ようこそMr.G)
映画 「グラン・トリノ」
グラン・トリノ (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画 今日は、『グラン・トリノ』の試写会に行ってきました!GW映画の中でも特に気になっていた1本です。妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウォルト。近所づきあいもせず、自分の庭先に一歩でも足を踏み入れるものには容赦なくライフルを突...
グラン・トリノ (心のままに映画の風景)
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
グラントリノ / GRAN TORINO (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズレ...
グラン・トリノ ヤクルトホール 2009.4.13 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演した作品、『グラン・トリノ』、前評判もいいので気になってました。 試写会で観てきました。 あらすじ:自動車工場に長く勤めていたウォルト・コワルスキーは...
『グラン・トリノ』 (めでぃあみっくす)
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
グラン・トリノ (映画君の毎日)
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン...
グラン・トリノ (映画のメモ帳+α)
グラン・トリノ(2008 アメリカ) 原題   GRAN TORINO 監督   クリント・イーストウッド 原案   デヴィッド・ジョハンソン ニック・シェンク    脚色   ニック・シェンク 撮影   トム・スターン 音楽   カイル・イーストウッド マイケル・ス...
「グラン・トリノ」生と死の身体感覚 (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ 妻に先立たれた元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、頑固で融通の利かない性格ゆえに息子たちにも疎まれ、一人で暮らしていた。ウォルトは隣家に越してきたのがアジア系の一家なのが気にいらず、小さな諍いが起...
『グラン・トリノ』・・・ある老人の気高い生き様 (SOARのパストラーレ♪)
妻を亡くした偏屈な頑固じじいウォルト(クリント・イーストウッド)と、隣家のアジア系移民家族との奇妙な交流。姉のスー(アーニー・ハー)と弟のタオ(ビー・バン)、二人の純朴にして優しい心に触れるうちに失いかけていた家族の温かさを見出していくウォルト・・・。
映画 【グラン・トリノ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車...
『グラン・トリノ』 (映画批評_気ままにツラツラと・・)
さーて今週最後の試写会は クリント・イーストウッド監督・主演最新作『グラン・トリノ』です。 この監督の作品にハズレは基本的にないので期待度はMAXで鑑賞に臨みました。 あらすじ: 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し 妻に先立たれてからは、ふた...
[グラン・トリノ] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
劇場鑑賞「グラン・トリノ」 (日々“是”精進!)
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の...
グラン・トリノ (ダイターンクラッシュ!!)
4月25日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『グラン・トリノ』公式サイト 先生の作品が、連続して公開されている。戦争二部作もそう遠くない作品で、多作な印象があるが、主演をかねたのは、「ミリオン・ダラー...
グラン・トリノ (Diarydiary!)
《グラン・トリノ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - GRAN TORIN
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品 (銅版画制作の日々)
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴ら...
胸が痛い・・・。『グラン・トリノ』 (水曜日のシネマ日記)
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
グラン・トリノ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] チンピラに絡まれるシーンのリアルさは秀逸。
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
グラントリノ (犬・ときどき映画)
衝撃・・・・ グラントリノを観ました。 観終わった直後は「なんか重いな」と思いました。 でも、じわじわと「こんな大きくて深い優しさがあるのか」と考え、次第に心に沁みてきます。自然に涙が出ます。 ストーリー 妻を亡くしたウォルト、孤独で頑固な老人、息子...
「グラン・トリノ」を観る (紫@試写会マニア)
今作品をもって俳優引退の意向を示した、今や大監督で今回はプロデューサーも勤めたクリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ」を観てきました。 「グラン・トリノ」とは100年に一度の不況でビッグはビッグでも「虫の息のBig3」(マツダ株が日本に帰ってき...
グラン・トリノ Grand Trino (映画!That' s Entertainment)
●「グラン・トリノ Grand Trino」 2008 アメリカ Warner Bros.Village Roadshow Pictures,Malpaso Production,117min. 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー他 <す...
映画「グラン・トリノ」の感想です。 (MOVIE レビュー)
この映画を最後に俳優業引退を示唆したと伝えられているクリント・イーストウッドの監督、主演映画です。 ほんとうに観て良かったと思える映画の一つでした。敢えて書き連ねるほどの難しい事件や対立が起こる訳ではないです。些細ないざこざと民族間の軋轢が物語の主軸に...
【グラン・トリノ】★クリント・イーストウッド (猫とHidamariで)
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブル...
グラン・トリノ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    コリー・ハードリクト    ブライアン・ヘイリー    ブライアン・ホウ    ジェラルディン・ヒューズ    ドリーマ・ウォーカー ...
グラン・トリノ/クリント・イーストウッド (カノンな日々)
もうすっかりハリウッド映画界の巨匠の座を揺るぎないものとした感のあるクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた最新作です。出演はこれが最後の作品なんて話も聞こえてきましたけど、その一方でいつもこれが最後と思って取り組んでいるというコメントも耳にしまし...
『グラン・トリノ』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、クリント・イーストウッド監督&製作&主演。
映画:グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
春の叙勲で旭日中綬章を受章することになったことが話題のイーストウッドの新作。 前作「チェンジリング」CHANGELING を、「間違いなく今年有数の傑作」と評したが、この「グラン・トリノ」は噂通り。 もっとすごかった! 彼ならではの視点から発せられる端正な佇まいに...
グラン・トリノ クリント・イーストウッド監督・主演 (ネット社会、その光と影を追うー)
グラン・トリノにおけるクリント・イーストウッドは、
グラン・トリノ (ぷち てんてん)
☆グラン・トリノ☆(2008)クリント・イーストウッド監督クリント・イーストウッドビー・ヴァンアーニー・ハークリストファー・カーリーストーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに...
グラン・トリノ (ルナのシネマ缶)
渋い! シブくて、カッコイイ! まるで、彼の生き様のようで 72年型のグラン・トリノが それを象徴しているようで…。 派手なアクションも 高額なCGも有名な俳優も 起用することなく これほど、心に迫る作品を 撮れるなんて・・・・ やはりイーストウッドは す...
Gran Torino グラン・トリノ (You got a movie)
 監督 クリント・イーストウッド  脚本 ニック・シェンク  キャスト  クリント・イーストウッド        ビー・バン        アーニー・ハー        クリストファー・カーリー ほか                 クリント・イーストウッド監...
【映画】グラン・トリノ (新!やさぐれ日記)
▼動機 「チェンジリング」が素晴らしかったので ▼感想 満足度につける★が足りない ▼満足度 ★★★★★★★ すごすぎ ▼あらすじ 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活...
グラン・トリノ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    = 『グラン・トリノ』  (2008) = 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来、単調な生活を送っていた。 そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけ...
「グラン・トリノ」 (~純愛シネマ~)
「グラン・トリノ」 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド  コリー・ハードリクト
グラン・トリノ (映画通の部屋)
「グラン・トリノ」 GRAN TORINO/製作:2008年、アメリカ 117分
グラン・トリノ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グラントリノ] ブログ村キーワード ↓クリックしていただけると嬉しいです↓ 評価:9.0/10点満点 2009年42本目(37作品)です。 かつてはフォードの作業員として働いており、朝鮮戦争で体験した傷が癒えないウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)...
グラン・トリノ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね~【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなあ...
「グラン・トリノ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「グラン・トリノ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、...
グラン・トリノ (たにぐちまさひろWEBLOG)
【4月26日(日)】  “グラン・トリノ”観賞  “マックス・ペイン”観賞(感想後日)   夜 NHK特集“介護保険が「使えない」~10年目の検証~”視聴     走りながら考えると言われて始まった介護保険。     10年経った今はどこを向いて走ってい...
クリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」を観た! (とんとん・にっき)
クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」、これが彼の最後の作品か?「チェンジリング」に次ぐ監督作品、しかも主演も兼ねています。音楽も?クリント・イーストウッドの作品は、自分でも意外というほど観ていないことに気がつきました。「ミスティック・リバー
グラン・トリノ (Movies 1-800)
Gran Torino (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー 偏屈で頑固な老人が、隣家のタイ人一家との交流を通して変わっていく様を描く人間ドラマ 様変わりしていく街や人の流れ...
グラントリノ (愛情いっぱい!家族ブロ!)
今回はシンプルに。 膨大な覚書はここ を参照。(苦笑) これが脚本デビューというニック・シェンクは素晴らしい。 また新人の書いた脚本を一切手直ししない監督の潔さも健在。 観賞し終えてしばらく経っても、ああ、あそこはこうだったんだな~。 あ
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
グラン・トリノ■これまでのイーストウッド作品の人物たちを連想... (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見ていると過去のイーストウッド出演作の人物たちが連想できる。主人公ウォルトは朝鮮戦争の体験があるという設定であるが、硫黄島2部作で過酷な体験を経たアメリカ軍の若き兵士という設定でもいい。あのような過酷な体験を背負った人物という設定でも納得でき...
グラン・トリノ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
グラン・トリノ (future world)
そこにいるのは‘等身大のイーストウッド’か・・・ 79歳・・まだまだ映画を撮り続けて欲しいものです。 長い年月に渡りフォード社を勤めあげ、妻には先立たれた孤独な老人。 頑固さゆえ息子やその嫁、孫たちにも煙たがられ、近隣とも孤立している・・ 住み慣...
グラン・トリノ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  『グラン・トリノ』が、フォードの最高ブランド車の名前だとは知らなかった。確かに角々してバカデカイアメ車とは違って、流れるような美しいボディーラインに魅せられる。出来れば、もう少しスクリーン上を走り回って欲しかったね。 さて映画のほうは、前...
「グラン・トリノ」プチレビュー (気ままな映画生活)
クリント・イーストウッド監督の最高傑作!!と チラシなどに書かれていました。 自分の中では、”最高傑作”と思ってません。 確かにすばらしい作品であったことは認めますが、 まだ、これからも良質な作品を生み出してくれる そんな可能性があるから・・・ 何本も...
『グラン・トリノ』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギャ...
グラン・トリノ(映画館) (ひるめし。)
俺は迷っていた。人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォル...
グラン・トリノ (毎日が映画記念日)
グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]おすすめ平均 クリントじいさん若者い人に観て欲しい作品です魂を揺さぶるイーストウッド“最後”の人間ドラマやさしい気持ちになれます。またしても『ミリオンダラーベイビー』に続く…Amazonで詳しく見る by...
「グラン・トリノ」と「つみきのいえ」は、私たちはもっと頑固で... (映画と出会う・世界が変わる)
「グラン・トリノ」の主人公ウォルトと「つみきのいえ」の主人公の老人は共に共通したものがある。頑固という点である。、それは共に老人にありがちな頑固さというものではなく、自らの大事なものを守るという意味での頑固さである。老人が水面が上昇する毎に家の階を積み...
個人を通して国家を考えさせる映画 (映画と出会う・世界が変わる)
「英国王給仕人に乾杯!」は一人の男の給仕人という仕事を通して、チェコの現代史を描いているが、この作品が優れているのは個人と国家との関係の重さを、決して損なうことなく軽いタッチで描いている点である。軽いタッチだからそこから逃げているということにはなってい...
グラン・トリノ (愛猫レオンとシネマな毎日)
「ミリオンダラー・ベイビー」から4年、クリント・イーストウッドが監督、主演した 最新作です。 コレは、是非見てほしい!ワタシは、やられちゃいました! どうしたら、こんな素晴らしいものが作れるんでしょう・・・ ワタシは「ミリオンダラー・ベイビー」より...
『グラン・トリノ』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (たーくん'sシネマカフェ)
評判も期待も高く待ち遠しかった作品。「グラン・トリノ」を福岡出身のIさんと久しぶりお会いし鑑賞。(c)2009WarnerBros.EntertainmentInc.andVillageRoadshowFilms(BVI)Limited.AllRightsReserved.原題:GRANTORINO監督・製作:クリント・イーストウッド出演:クリント....
「グラン・トリノ」 (或る日の出来事)
渋い。渋いぜ、クリントじいちゃん。
映画日記りぼーん『グラン・トリノ』 (CHEAP THRILL)
5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。 イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても過...
グラン・トリノ (Addict allcinema 映画レビュー)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
『グラン・トリノ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『グラン・トリノ』を観てきました。 評判に違わぬ素敵な作品でした。最後の方は本当に涙、涙。。。 ******************** 『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』の巨匠クリント・イーストウッド監督が...
グラン・トリノ を観ました。 (My Favorite Things)
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。
名匠が鍛えた刀の銘はグラン・トリノ●グラン・トリノ (Prism Viewpoints)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。   (公式キャッチコピー) 『GRAN TORINO』 グラン・ト...
【グラン・トリノ】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題:Gran Torino】 【監督・製作】 クリント・イーストウッド 【脚本】     ニック・シェンク 【音楽】     カイル・イースト...
グラン・トリノ /Gran Torino (描きたいアレコレ・やや甘口)
クリント・イーストウッド!今でもカッコよくて、いつまでも男の色気がある人だと思います。 朝鮮戦争の退役軍人、フォードの組み立て工...
グラン・トリノ (小部屋日記)
GRAN TORINO(2008/アメリカ)【DVD】 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーレイ/ジョン・キャロル・リンチ 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の...
映画「グラン・トリノ」 (おそらく見聞録)
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン アーニー・ハー  出演:クリストファー・カーリー ブライアン・ヘイリー ブライアン・ホウ  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、...
「グラン・トリノ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
mini review 09400「グラン・トリノ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウ...
DVD:グラン・トリノ Gran Torino 改めて傑作と確信。アメリカの解体と「生」「死」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
DVDで、劇場に続き、2度めの鑑賞。 劇場では、エンドロールで「絶句」してしまった1作。 当時のアップは以下(と言ってもまだ5月、わずか4ヶ月前のことか!!) 2009-05-03「映画:グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作」 その時の一言感想 = ...
「グラン・トリノ」(GRAN TORINO) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...
【グラン・トリノ】本当の懺悔とクラッシックカーの行方 (映画@見取り八段)
グラン・トリノ~Gran Torino~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、ク...
映画『グラン・トリノ』 (~yatsufusa~)
『グラン・トリノ』 日本では2009年4月公開作品 監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。 クリント・イーストウッドの「ミリオンダラー・ベイビー」以来となる監督&主演作となりますね。 「ミリオンダラー・ベイビー」が良かったのと、本作は前評...
魂の成長の軌跡 「グラン・トリノ」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
ネタバレあり。ご注意下さい。 昨年観た映画で個人的にNo.1は「THIS IS IT」だけれど、もし「THIS IS IT」が公開されなければ、間違いなく「グラン・トリノ」が一番だったと思う。 この映画の何がすごいって、今までのクリント・イーストウッドの映画人生全てが、ラスト...
グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...
映画評「グラン・トリノ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
『グラン・トリノ』 (『映画な日々』 cinema-days)
グラン・トリノ 一人住まいの偏屈じいさんと隣家に引っ越して来た アジア系移民家族との交流を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自...
【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半年以上ぶり) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分...
『グラン・トリノ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グラン・トリノ 』 (2008)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、 コリー・ハードリクト、ブライア...
グラン・トリノ (のほほん便り)
名前だけは知っていて、なかなかに評判ヨカッタので見てみたのですが、やや、期待薄めだったせいか、思いがけない面白さ、味わい深かったです。クリント・イーストウッド監督・主演。気のせいか、男性の場合、いかに「(かっこよく)死ぬか」女性の場合、「いかに、タフに...