to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

遺体 明日への十日間

2013-02-26 21:18:27 | the cinema (ア行)

2011年3月11日
あの未曾有の災害に直面し
困難な状況と向き合った人々がいた

彼らには、
悲しむ時間さえ無かった

上映時間 105分
原作 石井光太
脚本:監督 君塚良一
音楽 村松崇継
出演 西田敏行/緒形直人/勝地涼/國村隼/酒井若菜/佐藤浩市/志田未来/筒井道隆/沢村一樹/佐野史郎

2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ
「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ
東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。

本音を言うと、歴史的大災害などをもり込んだ作品は、基本的に観たくない。
大抵が別の話になってしまうような気がするからです。

この作品も、フジテレビだし、、ちょっと不安はありましたが、さすが
『誰も守ってくれない』ではモントリオール世界映画祭最優秀脚本賞を受賞した君塚良一さんです。
実際に取材した原作者の想いを汲んだ作品となっているのではないでしょうか。

ご覧になれば解りますが、この作品には、3.11以来何度も観て、
私たちを凍りつかせたあの黒い津波の映像はありません。
地震によって困惑している、釜石の高台の人たちが、自身も被災しながら、
津波で被害にあわれた人々の遺体安置所の場に立つことになる、市の職員や医師、ボランティアの方たちの
立ち止まる事の許されない現場を、静かに映していくものでした。


穏やかだった日常は奪われても、停電の為、全く被害状況が解らないまま
呆然とし、何から手をつけていいのか解らない人々。混乱した現場の雰囲気も、
その場にいなかった誰にも伝わってくるものがありました。

キャストの皆さんが、「演技とは思わなかった」という、
それは、心を添わせた結果だからでしょう・・・。

それこそ、寝食を忘れるほどの何百という遺体に接し、その中には親しい方も運ばれてくる。
それでも悲しみに浸っていられない現実。
犠牲者を一刻も早く家族と再会させてあげたいという想いは、少しずつ
何が必要で、どうしたら遺体や遺族を慰められるのかという行動に示されるようになるのです。

電気も水もない、食料もない中で、
市役所の職員は、ある人は遺体を運び続け、ある人は遺族にご遺体を案内し続ける。
医師は嘗ての自分の患者や友人であれ、検視やDNA採取などの手を止められない・・・。

以前私も記事にした事もある、救援物資が、避難所には送られるものの、
避難所には行かずに自宅に留まる被災者や、ボランティアにはいかなかったという事実も
サラリと描かれています。
避難所に行かず、この過酷な現場でボランティアをしていた人は、飢えていた・・・
町が機能していない状態で、自宅にいた人たちは、取り残されていたのですよね。。。

僅かな計画停電でも不自由だったまだ寒いあの日、あの頃。。。

―やるしかない。やるべし。―
被災地の一角で、誰も経験したことのない物語はこうして始まっていました。

この作品にはモデルとなった方が沢山いらっしゃり、その方たちの了解を得ての映画化となったようですが、
原作にほぼ忠実に描かれていると現場を目撃した作者は仰っています。
おそらくは、映画で公開できる一歩前の段階で収めた1時間45分。
作り手側の良心がソコにあると思います。

スタッフも泣きながら撮っていたといいます。
泣いてもいい、映画です。

再度、この映画の収益金は、被災地に寄付されるそうです。是非多くの方に観て戴きたい作品でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信長のシェフ 第7話 | トップ | 今月の気になる作品♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボランティア (ノルウェーまだ~む)
2013-02-28 15:15:29
kiraさん☆
コメントありがとうございます。
スタッフの方も泣いていらしたのですねぇ。

自らも被災しながらも、食べるものも食べずにボランティアなさっていた方々に頭が下がりました。
私も微力ながら年末からボランティアを始めて、月に1度被災地の仮設住宅に、食料を送るお手伝いをしています。
なんとか継続してボランティアできたらいいなと思っています。
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2013-03-02 22:07:17
こんばんは♪

そうなんですよ。
スタッフは泣きながらやり、
キャストは人形の遺体を相手に泣き崩れ、、と、
君塚さんのインタビューにありました。
体育館に横たわる100数体の人形には、みんな名前がつけられていたそうです。

年始のご挨拶に伺った時に、まだ~むのボランティアのお話があったのだと記憶しています。
私はここにいて自分の出来る範囲でしかできなくて情けないですが、
まだ~む、続けられていて凄い!
どうぞお身体に気をつけて、無理をなさらないでくださいね
山形には (sakurai)
2013-03-06 20:59:19
たくさんの方が避難されてきたんですが、一番多く避難されたところに、白菜をいっぱい漬けて差し入れに!と持っていったことがありました。
配られる食事はきちんとされてるってことで、「これ、ボランティアに来てる人で食べてもいいですか?」って聞かれて、「いいです。いいです」とおいてきました。
あのときのこと、まざまざと思い出しました。
sakuraiさん♪ (kira)
2013-03-07 12:52:37
sakuraiさんの面前で、被災された方からボランティアの方への気配りがあったのですね~。
なんだか嬉しいです。

この作品で描かれている"お供え物"のくだり。
あそこは、モデルとなった方が後日削除して欲しいとおっしゃったくらい、
「え?!」なシーンでしたが、あの時のボランティアの現況として、きれい事だけではない生きるということを
伝えてくれるものでした。
こんばんは (はらやん)
2013-03-09 22:55:38
kiraさん、こんばんは!

制作者の真摯な姿勢を感じましたよね。
現実の災害などを題材にした作品だと、ドラマティックに描かれて絵空事のように感じられてしまうときがあります。
まだまだそういうのには早いのではないかと思ったのですが、予告を観たときそういう感じではなさそうだと思い観に行きました。
起こってしまったことに対し、呆然とするだけではなく自分のできることを「やるべし」と。
それが生きた者の役割であるというのが伝わってきました。
はらやんサマ♪ (kira)
2013-03-13 12:05:03
>ドラマティックに描かれて絵空事のように感じられてしまうときがあります。

そうですよね~。その結果、現実の悲惨な出来事を利用しただけの
全く別な話になっていたりすることもありますが、
私もこれは珍しく自分から予告を観て受けた感じで決めました。

あの日、津波に襲われた各地で、このような光景が現実にあって、
生き残った人はそうするしかなかった........。
これは本当の意味で、あの惨劇を伝える映画だと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『遺体 -明日への十日間-』 2013年2月13日 ユナイテッドシネマ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『遺体 -明日への十日間-』 を試写会で鑑賞しました。 遺体と死体の違い...考えてもみなかったが、胸の締めつけられる映画であった。 【ストーリー】  東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が...
『遺体 明日への十日間』 哀悼の意を表して (映画のブログ)
 葬儀――死者を弔うこの儀式は、私たちにとって極めて重要なものだ。  家族や友人、親しい者を亡くしたとき、人は深い悲しみに囚われ、茫然としてしまう。悲しみの淵に落ち込んで、何もできなくなってしまう...
遺体 明日への十日間 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画『遺体 明日への十日間』オリジナル・サウンドトラック [CD]震災発生後の遺体安置所での出来事を描くヒューマンドラマ「遺体 明日への十日間」。見ていてつらくなる内容だが、目 ...
「遺体~明日への十日間」真摯な気持ちで向き合う (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
同じ日に別の試写会も当たっていた私。 でも、私はこの映画を観なくては。 正直、まだ時期尚早なのでは?という思いが鑑賞後も強く残ったのは事実。 しかし震災時多くの方の尽力があってこそ、亡くなった方々とそのご遺族の魂が共に旅立ち見送る事ができたと、あえて伝...
映画「遺体 明日への十日間」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「遺体 明日への十日間」観に行ってきました。2011年3月11日の東日本大震災発生直後に臨時に設置された岩手県釜石市の遺体安置所を舞台に、遺体を管理する人達と遺族の...
映画『遺体 ~明日への十日間~』★いまだ身元不明の方々のことを心に留めて…… (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160486/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       釜石市で、津波被害に遭った方の遺体安置所で、ボランティアをされた男性を 西田...
[映画『遺体 ~明日への十日間~』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先の大震災の釜石の、とある一つの遺体収容場を舞台にした、多くの関係者を主人公とした、ちょっとした「グランドホテル」形式の物語だ。  かなり強烈な展開を恐れ、私、見るのを躊躇していた。  が、それは杞憂だった。  続々と運ばれてくる遺体を前にして、西田...
「遺体 明日への10日間」-被災地外&取材する立場から感じたこと (中国帰りの映像撮影 "EmmyBBC~本日の北京"ブログ(Blog))
震災からもうすぐ2年―。 「こういう時しか、伝える機会がない」 というムードになりつつある東京のマスメディアと、 「別に2年という節目は、関係ない。 被災地は今でも毎日横たわる問題と戦っている」 という被災地の方々とのギャップに、 どことなく複雑な思いを抱えな...
【遺体 明日への十日間】2万人の尊厳のある遺体 (映画@見取り八段)
遺体 明日への十日間    監督: 君塚良一    出演: 西田敏行、筒井道隆、志田未来、勝地涼、佐藤浩市、柳葉敏郎、酒井若菜、沢村一樹、緒形直人、國村隼、佐野史郎 公開: 2013年2月23日 2013年3月1日。劇場観賞。 もっとステレオタイプに震災を描いた映画なん...
遺体 ~明日への十日間~ (いい加減社長の映画日記)
これは、観ておいた方がいいかと思って・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東日本大震災発生後、混乱状況の中、数多くの遺体が発見され、遺体安置所に運び込まれることになった。 次々と運び込まれてくる多くの遺体に戸惑う警察関係者や市職員たち。 そして....
遺体 明日への十日間/西田敏行 (カノンな日々)
東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材とした石井光太さんによるルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に『誰も守ってくれない』の君塚良一監督が映画 ...
遺体 ~明日への十日間~ (迷宮映画館)
あの日と、その後のことをしっかりと覚えていた自分にも驚いた。
『遺体 ~明日への十日間~』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 君塚良一 出演: 西田敏行 、緒形直人 、勝地涼 、國村隼 、酒井若菜 、佐藤浩市 、佐野史郎 、沢村一樹 、志田未来 、筒井道隆 、柳葉敏郎 TOHOシネマズフリーパスポート 3本目 公式サイトはこちら。 間もなく東日本大震災から2年が経つ今、本....
「遺体 明日への十日間」 まだ2年、もう2年 (はらやんの映画徒然草)
観ている間、劇場で鼻をすする音が至る所でしていましたが、花粉症のシーズンになった
遺体 明日への十日間 (とりあえず、コメントです)
石井光太著のルポタージュ『遺体 震災と津波の果てに』を原作に震災当日からの日々を描いた作品です。 釜石市の遺体安置所を舞台にしているので辛そうだなと観るのをためらっていましたけど、 やっぱりこれは観てみようとチャレンジしてみました。 これがあの震災の現実...
映画評「遺体 明日への十日間」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・君塚良一 ネタバレあり