to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

リリーのすべて

2016-03-28 22:00:25 | the cinema (ラ・ワ行)

あなたの愛で、
本当の自分になれた。

夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。

THE DANISH GIRL
上映時間 120分 映倫 R15+
原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊)
脚本 ルシンダ・コクソン
監督 トム・フーパー
出演 アリシア・ヴィカンダー/エディ・レッドメイン/ベン・ウィショー/セバスチャン・コッホ/アンバー・ハード/マティアス・スーナールツ

舞台はデンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、

内面的には女性でありながら、男性の身体を持って生まれてしまったアイナーは、
1920年代まで男性の画家、としてデンマークで活躍していました。これは事実に基づいた物語。

風景画家として成功を収めていたアイナー・ヴェイナー。
彼の妻のゲルダも肖像画を専門にする画家として活動していたが、結婚6年目の、
芸術家のお遊びだと考え登場させた“リリー”の、ゲルダに衝撃の告白が待っていた。

カミングアウトしてからは、夫として、画家としてのアイナーは消え去り、
皮肉なことに、彼女が描く“リリー”が評判となり、今度はゲルダが画家として評価されるようになる・・・が、
彼女は“リリー”より夫が恋しい…―
しかし封印を解かれたかのような、違和感のない女性としての“リリー”を、
どうしても手放せないアイナーも、苦しんで。。。


今でこそIS(アイエス=インターセックス)や「性同一性障害」という言葉を耳にし、
社会がようやく理解しつつあるのだけれど、今から90年も前、性的違和に対する理解がなかった時代では
「性的倒錯」や「妄想」果ては「精神分裂」と診断され、現代の私たちからみれば恐ろしい事。
寸でのところで脱出するシーンには、心から安堵しました....。

アイナーがリリーとして初めて出会うヘンリクはゲイなのだけど、アイナーは違う。
男性の身体に、心は女性―。女としての人生を手にしたいのですね。
身体も女性になり、子供の頃からの違和感から解き放たれたいと願う夫の思いに、
ゲルダも苦しみますが、愛する人の夢を叶える為に奔走していくことに−―。
そしてそれは、究極の選択を迫られる道へと繋がったのですね.....

最愛の夫が女性として生きたいと願うようになった時、
全て受け入れて協力することが自分にできるだろうか・・・
それは男女の愛を越えた無償の愛。
2人が深く深く認め合い、繋がっているからこその決断で、でも、
ゲルダを想うと胸が張り裂けそうでした。


お互いを認め信頼し合い、幸せな芸術家夫婦であった序盤が余りにステキで
アイナーがリリーとして生きていくというコトは、もう夫婦ではなくなるわけで。。
さりとて、二人の間にまだ大きな愛があるわけで…―

開かれたドアに向かって必死に進むアイナーは、
ともすると自分のことしかもう念頭にない身勝手な存在にもみえるけど、
それも我が身に置き換えたら、そんなことは言えないだろうと思うのですね、、。
エディ・レッドメイン、リリーとしても良かったけどアイナーの翳りが素晴らしい。
だけど、
アカデミー助演女優賞に輝いたアリシアのゲルダの心情に殆どの方が心を持って行かれるでしょう。
泣くに泣けない、そんなラブストーリー。

出演シーンはそれ程でもないけど、アイナーの幼馴染ハンスのマティアス・スーナールツ、
リリーの理解者にもなるヘンリクのベン・ウィショーが二人ともいい味でした〜

1年前は・・・
映画 暗殺教室
よく学び、よく狙え。最高の先生は最強の標的(ターゲット)。上映時間 109分原作 松井優征脚本 金沢達也監督 羽住英一郎音楽 佐藤直紀出演 山田涼介/椎名桔平/菅田...
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今頃になりましたが・・・ | トップ | LOVELOVEなBD♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2016-05-22 21:48:28
こんにちは。
本当に奥様がすごかった・・・・
こんな愛のかたちもあるんだなって思いました。
Nakajiさん♪ (kira)
2016-05-27 19:35:21
画的にも凄く綺麗だったし、
何より理解し、応援してくれる人が居てホント良かったです☆
でも、、悲しいお話でした(ノ_・。)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リリーのすべて (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分監督:トム・フーパー出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ あなたの愛で、本当の自分になれた。 夫が...
『リリーのすべて』 トランスジェンダーの先駆者とそれを支えた人 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となっているが、原題は「The Danish Girl」となっていて、「デン...
【映画】内なる乙女が覚醒!『リリーのすべて』 (アリスのさすらい映画館)
リリーのすべて(2015)イギリス /ドイツ/アメリカ 原題:The Danish Girl 監督:トム・フーパー 原作:デヴィッド・バーショフ 脚本:ルシンダ・コクソン  出演:エディ・レッドメイン /  アリシア・ヴィカンダー/ ベン・ウィショー...
リリーのすべて/THE DANISH GIRL (我想一個人映画美的女人blog)
世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリーエルベの実話を 「英国王のスピーチ」ではアカデミー賞監督賞受賞「レ・ミゼラブル」などのトム・フーパーが映画化 名作を数本生み出してるけどまだ43歳。 原作は、デヴィッド・エバーショフの「...
私が彼の妻ならば・・・。『リリーのすべて 』 (水曜日のシネマ日記)
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。
リリーのすべて (心のままに映画の風景)
1926年デンマーク。 風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼され、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。 それ以来、リリーという女性として生活していく比率が増し...
「リリーのすべて」☆せつなさ100% (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。 納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。 せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。
リリーのすべて (風に吹かれて)
わたしはリリー 公式サイト http://lili-movie.jp 実話を基にした映画 原作: リリーのすべて (デヴィッド・エバーショフ著/ハヤカワ文庫)監督: トム・フーパー  「英国王のスピー
リリーのすべて (映画のメモ帳+α)
リリーのすべて(2015 イギリス・ドイツ・アメリカ) 原題   THE DANISH GIRL 監督   トム・フーパー 原作   デヴィッド・エバーショフ 『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』 脚本   ルシンダ・コクソン 撮影   ダニー・コーエン ...
「リリーのすべて」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Danish Girl」2015 UK/USA/ベルギー/デンマーク/ドイツ 1926年、デンマーク、コペンハーゲン。風景画家のアイナー・ヴェイナーは肖像画家であるゲルダと結婚して6年、深く愛し合う二人ながら子宝には無縁だった。そんな折、ゲルダの頼みで、ストッキング、華...
これほどの愛〜『リリーのすべて』 (真紅のthinkingdays)
 THE DANISH GIRL  1926年、デンマーク。コペンハーゲンで暮らす風景画家のアイナー・ヴェイ ナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィカンダー) にモデルの代役を頼まれる。  自分の性別に耐え難い違和感を抱き、世界...
『リリーのすべて』 (beatitude)
1930年。デンマークに住む風景画家アイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、ある日、肖像画家である妻のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に頼まれ女性モデルの代役を務めることに。これをきっかけに、アイナーに内在していた女性性が目覚めていった。次第にリ...
映画:リリーのすべて The Danish Girl 価値観を揺さぶられる映画(って新しいかも?!) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
最近ビックリしたニュースのひとつは、以下。 ウォッシャスキ−兄弟が、      ↓ ウォッシャスキ−兄妹に      ↓ ウォッシャスキ−姉妹となって、完成! 兄弟揃って、性別違和だったとは! そのウォッシャスキ−姉妹の最新作ジュピ...
"How have I ever deserved such love?"『リリーのすべて(The Danish Girl)』トム・フーパー監督、エディ・レッドメイン、アリシア・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『リリーのすべて』The Danish Girl監督 : トム・フーパー出演 : エディ・レッドメインアリシア・ヴィキャンデルベン・ウィショーセバスチャン・コッホアンバー
リリーの誕生は・・・ (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナ....
リリーのすべて (C’est joli ここちいい毎日を♪)
リリーのすべて '15:イギリス ドイツ アメリカ ◆原題:THE DANISH GIRL ◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」 ◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ...