to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ルーム

2016-04-09 22:56:26 | the cinema (ラ・ワ行)

ROOM
上映時間 118分
原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊)
脚本 エマ・ドナヒュー
監督 レニー・アブラハムソン
出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー

7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命
5歳の誕生日を迎えたジャックは、狭い部屋に母親と2人で暮らしていた。外の景色は天窓から見える空だけ。母親からは部屋の外には何もないと教えられ、部屋の中が世界の全てだと信じていた。2人はある男によってこの部屋に監禁されていたのだった。しかし母親は真実を明かす決断をし、部屋の外には本物の広い世界があるのだとジャックに教える。そしてここから脱出するために、ついに行動を開始するのだったが…。

7年という青春時代を奪われ、
家族の温もりさえ失って、
そんな監禁生活の中で、拉致された当時はまだ17歳の高校生だったジョイは、
ジャックを産み育てる事で、かろうじて精神のバランスと健康を保ってきたという。

脱出してぱっぴーエンドではなく、
社会に戻ってからの母子の姿を描いている―。

現実にもつい先ごろ日本でもあった、誘拐・監禁事件でも、
インタビューに応じていた人やマスコミが声を出せば逃げれたのではないか?といった
無責任且つ無神経なコメントがあったけど、
ここでも同じ。
誘拐犯に傷つけられたジョイの傷を深くえぐるようなマスコミに怒りを覚えます。

ジョイにとっては、家族や社会から閉ざされた“ルーム”
でも、ジャックにとっては、、、いつもママの傍にいてある意味安定していた小さい“ルーム”
彼にとって初めての“世界”は広すぎて・・・
ジャックのセリフにいちいち胸を衝かれてました。。。
未知の世界に向かう事への臆病さ、そして、望む望まないに関係なくしている成長・・・
この作品で言いたかったことの全ては、要所要所で、ジャックの言葉で語られていたと思います。


子供って、素晴らしい・・・
でも、どんなに純粋で素晴らしい子供も、ずっと子供ではいられないのは不幸なことなのか、、
アノ犯人も、インタビュアーも、嘗ては子供だったのに。。。
そんなことを考えるのも、この子役のジェイコブくんがほんとに凄い演技だったからなんですね~
そして、強さと弱さをみせるママ・ブリー・ラーソンも勿論良かった。

これは女性の方が、より多くを感じ取れる作品かもしれません。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月の気になる作品♪ | トップ | 恭子ちゃん新CMは♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2016-04-22 14:27:21
あまりにタイムリー過ぎて・・・

脱出してからのお話が染み入りました。
観ていた時は脱出作戦が早く始まってどうなるのと思ったりしましたが、納得です。
後半こそがポイントなのですよね。

たいむさん♪ (kira)
2016-04-25 23:07:16
コメント、ありがとうございます♪

たいむさんのところでも書きましたが、私が一番リアルに感じたのは、
皆で食事をしていた時に、ジョイが実の父親の、ジャックに対する態度に突っかかったシーンです。
・・・やっぱり女親と父親では、こういう時って違うのかなあ~、、、でした。
吾が子は可愛い。でも、犯人の子―。その想いが消せない父親のキモチ、解る気がしました.....
娘の父 (ボー)
2016-04-29 15:47:32
実の父親の反応を見たあとで、ああ、そういう思いでいるのか、と初めて気づいた私でした!(にぶい)
親の自分が望んだのではない、犯人の子ですから複雑な気持ちですよね。そこを乗り越えないといけない…。

それぞれの心情はよく出ていましたが、なんといっても、子役が素晴らしかったですね!

ボーさん♪ (kira)
2016-05-02 17:25:56
そうそう!私もジョイが怒って初めて気づいて
やっぱ、母親はお腹を痛めて子供を産むわけだから、
そこは男親とは違うよなあ・・・と、少し解る気がしました。

特に後半の、ジェイコブの短いセリフに
この作品の言いたいことが凝縮されているなあ~と感じ、ちゃんとそこを伝える彼が素晴らしかった

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ルーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 本作のMVPは、あの婦警さんに決定です!
映画「ルーム ROOM」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ルーム ROOM』(公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 長髪の5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラ...
映画:ルーム ROOM たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この映画と聞いて、多分誰もが真っ先にイメージするのが、2年ぶり保護女子中学生監禁事件。 たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! そして驚くのは、この映画の主人公は2年どころか、もっと半端ない期間渡り監禁されていること。 その年数...
ルーム (あーうぃ だにぇっと)
ルーム@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
劇場鑑賞「ルーム ROOM」 (日々“是”精進! ver.F)
心を、自由に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604080000/ 【メール便送料無料】Soundtrack / Room (Original Score) (輸…価格:2,490円(税込、送料別) 部屋(上) [ エマ・ドナヒュー ]価格:961円(税...
ルーム (Akira's VOICE)
決別から始まる希望の人生。  
『ルーム』 (時間の無駄と言わないで)
映画の半分くらいの内容は予告編で判っちゃってるわけで。 それでもグイグイ惹きつけられるのは流石。 アカデミー主演女優賞の演技も良かったけど、子役が圧倒的。 主演男優賞に ...
ルーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROOM】 2016/04/08公開 アメリカ 118分監督:レニー・アブラハムソン出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー はじめまして、【世界】。 STORY:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の....
失われた時間の代償。『ルーム』 (水曜日のシネマ日記)
7年間、密室に監禁された女性とそこで生まれ育った5歳の息子の物語です。
「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。 何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。
ルーム  監督/レニー・アブラハムソン (西京極 紫の館)
【出演】  ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン 【ストーリー】 施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャックと、母親ジョイ。彼女はオールド・ニックによって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こ...
ルーム/Room (我想一個人映画美的女人blog)
トロント映画祭にて、観客賞(最高賞)受賞 アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、主演女優賞ノミネート(主演女優賞は受賞) ほか、数々の映画祭でノミネート&受賞 エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、「FRANK −フランク−」などのレニー・アブラハ...
ルーム (心のままに映画の風景)
5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、狭い部屋にママ(ブリー・ラーソン)と2人で暮らしていた。 外の景色は天窓から見える空だけで、部屋の中が世界の全てだと信じていた。 7年前、ある男に誘拐監禁されたママ(ジョイ)は、そこでジャック...
ルーム (映画好きパパの鑑賞日記)
 アカデミー主演女優賞をブリー・ラーソンが受賞しましたが、むしろ、子役のジェイコブ・トレンブレイに主演男優賞をあげたいぐらい。サスペンスというよりも、一度壊れた人間が再生する物語で、人間の強さ弱さを実感できます。感想はどうしてもネタバレになるので、でき...
ルーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『ルーム』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作は、本年のアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主演のブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ベッドに寝ている5歳のジャック....
ルーム (風に吹かれて)
子役が主役 公式サイト http://gaga.ne.jp/room 原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」 閉じ込められた[部屋]
映画「ルーム」 (FREE TIME)
映画「ルーム」を鑑賞しました。
『ルーム』 2016年3月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ルーム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 なんとか、ジャパンプレミアに潜入できました。 ブリー・ラーソンは言わずと知れた、今作でアカデミー賞主演女優賞を獲得しました。 それに子役のジェイコブ・トレンブレイ君と菅野美穂がゲストでした。 ブリー・ラーソ...
「ルーム」みた。 (たいむのひとりごと)
長年に渡り監禁されていた女性とそこで生まれ育った子供の苦悩や葛藤を描いた作品で、母親役のブリー・ラーソンが第88回アカデミー賞でが主演女優賞を受賞した作品。誘拐から長期の監禁、そして脱出という、日本で
「ルーム」 (或る日の出来事)
おとこのこが、かわいいことったら!
ハロー、世界。~『ルーム』 (真紅のthinkingdays)
 ROOM  ボクは今日、5歳になった。天国から天窓を通って、この部屋で毎日毎日泣 いていたママのところにやってきた日から、5年が経ったんだ。もうボクは大き いから、何でも知っているし、何でもできるんだ・・・。  17歳で誘拐され、納屋に監禁され...
「ルーム」 (ここなつ映画レビュー)
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだ...
ルーム(2015)**ROOM (銅版画制作の日々)
 はじめまして、【世界】。 4月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。たんに監禁された親子が解放されるまでのお話しを描いたものだと思っていたら、そうではありませんでした。そういえば、先日女子中学生が2年間拉致監禁されたという事件がありましたね。それと重なりま...
映画感想『ルーム』2016年 アイルランド -... (見取り八段・実0段)
88回アカデミー賞主演女優賞受賞作。公開されてすぐに見たのに遅れレビュー…自由を奪われ人生の時間を奪われた中でお互いに依存してきた母子が外界に出てからの扱いの方が痛々しか...
ルーム ROOM (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞した作品。ちょうど埼玉の少女監禁事件の被害者が保護されて容疑者が逮捕された時だったから、監禁事件そのものが注目を集めたけど、アメリカではクリーブランド監禁事件があり、日本でも2000年には新潟少女監禁事件という10年もの....
映画評「ルーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アイルランド=イギリス=カナダ=アメリカ合作映画 監督レニー・エイブラハムスン ネタバレあり