to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ラッシュ/プライドと友情

2014-02-08 20:30:22 | the cinema (ラ・ワ行)

お前がいたから、強くなれた。
原題 RUSH
製作年度 2013年
上映時間 124分
脚本 ピーター・モーガン
監督 ロン・ハワード
出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリスチャン・マッケイ

F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化
性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

先週の先行上映で観てきました。
F1好き、主演の2人目当てでなければ、評価は随分違ってくるかも。
「人生を塗り変える1本」とは思えなかったけど(笑)普通に楽しめました。

ニキとジェームスのF3での出会いから、その対照的な性格を強調するエピソードの多くはホントかも知れない。
でも、そのコトをフューチャーし過ぎてそれに終始した感があるのね・・・。

「どのレースも、それが最後のレースになるかも知れなかった」
ドライバーの安全性は、現在とは比較にならない厳しいものであったことも語られるが、
物語は二人がお互いを意識しつつ表舞台のシートを獲りに行き、
ニキは名門フェラーリのシートを得て快進撃。
ハントはマクラーレンで苦しい戦いを強いられた1975年辺りからを中心に描かれて―

1976年のワールドチャンピオンをほぼ目前にしていたニキが、好調で迎えたドイツGP。
「守るもの」が出来、悪天候を理由にレースの中止を訴えるも、多数決で強行されたレース序盤でクラッシュ、炎に包まれるニキ・・・
その間ハントは、ポイントを重ねていく―のだけれど、
このクラッシュで重症を負ったニキがリハビリを頑張りぬき、奇跡の復活をするまでの演出が、
ハントの快進撃を伝えるテレビだけ、というのが、何とも急ぎ足で肩すかしだったなぁ。。。
ただ、「幸せは敵」というニキの言葉が彼のドライバーとしての危機感を感じさせてはいたけど。


そして迎えた最終決戦は、豪雨のジャパンGP!
雨にけぶる富士スピードウェイでの勝負の時!!ここは凄いですよ
ややアップシーンが多いのが残念な気もしますが、迫力のある映像でした。
なので、、レースシーンに興味がなく、ドラマ自体を期待した方にはどうでしょう。。
この二人の対立とか対比が、ややステレオに感じて単調に思われるかも知れないと感じました。

実際には、一時期一緒に生活をしていた事もアルというぐらいの2人なので、
どうせなら対比させるだけでなく、もっとドラマの部分で感動するシーンが欲しかった。


余談ですが、、、
クラッシュ炎上豪雨の富士スピードウェイ、というワードで
“日本一のフェラーリ遣い”と呼ばれたレーサー、太田哲也氏の事故を思い出しました......。
あの時も、マーシャルの到着が遅く、
ドライバー仲間が消火していたので、本作とリンクして、、息苦しくなりました。
火傷、その時の恐怖心を克服して、その場所に戻ってくる――、
想像もできないですよね、死と隣り合わせでレーサーとして生きる事。
イモラのセナの事故から4年後の1998年5月のことでした....。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恭子ちゃん雑誌♪ | トップ | 紙の月 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日は朝から雪 (ituka)
2014-02-08 23:05:06
窓の外見て「ギョギョ!」朝一上映に行くか辞めようかと一瞬迷いましたが
“雨の中嶋”じゃないけど“雪のワタシ”ということで途中に起伏ある映画館(10キロ弱)まで車の挙動に負荷をかけず
それでいて最短で無事故で行ける自信があったので強行しました(笑)

映画は対照的な二人だからこそ、ここまでのドラマができるんでしょうね。
そしてニキの悪夢の事故。

セナプロ対決もプロストの現役引退で初めて和解した感じでしたもんね。
あの時のプロストがセナに向ける微笑みがかなり切なかった記憶があります(笑)

ソーとハントってキャラ的に似ているのかもしれませんね(爆)
ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 (BC)
2014-02-09 20:32:24
kiraさん、こんばんは。

>このクラッシュで重症を負ったニキがリハビリを頑張りぬき、奇跡の復活をするまでの演出が、
ハントの快進撃を伝えるテレビだけ、というのが、何とも急ぎ足で肩すかしだったなぁ。。。

ホント、そうですよね。
突然、夫がそうなってしまった奥さんの苦悩も全然描かれていなかったですし・・・。
(しかも、新婚なのに。。。)

>実際には、一時期一緒に生活をしていた事もアルというぐらいの2人なので、
どうせなら対比させるだけでなく、もっとドラマの部分で感動するシーンが欲しかった。

同感です。

大クラッシュしてしまったのは壊し屋ハントではなくて、冷静なニキというのが
現実って世知辛いなと感じてしまいましたよ。
ソー (オリーブリー)
2014-02-09 22:25:59
以外で初めて満足できました(笑)
itukaさん♪ (kira)
2014-02-10 12:36:51
“雨の中嶋”!!!きゃ~~~~っ♪
うんうん、ホント、鈴鹿も雨多いしね~、
ファステストラップ出した時も、超~雨でしたもんね
で、“納豆走法”ならぬ“かき氷走法”になったの?itukaさん

天才型のハントはセナを、
お喋りで緻密なニキはプロストを彷彿させましたよね~
>あの時のプロストがセナに向ける微笑みがかなり切なかった記憶が
はい・・・覚えていますよ

>ソーとハントってキャラ的に似ているのかもしれませんね
あはは!だからあの身体をコクピットに押し込めるのに~っていうので、
あの僅かな車体のオーバーに?って、読んだのか(←違)
BCさん♪ (kira)
2014-02-10 12:49:38
3DSFものとかだったら、もっときっと日本語吹き替え版もご覧になる方、多いと思うのだけど、
これはブロガーさんはまず、字幕でのレビューが殆どなので、
KinKiファンのBCさんのレビューは、ホント、参考になりました!

光ちゃんは『獣王星』で経験があるし、また大のF1好きというのもあるし、
そういうの込みで、まったく心配はしてませんでしたが、
ほんと、舞台だけでなく、
またドラマにも、声のお仕事にも幅を広げて行って欲しいです!

2回目は感想書かないけど、日本語吹き替えで週末行ってきますね。
2人の声でこの作品も、私的に新鮮になるかもだわ
オリーブリーたん♪ (kira)
2014-02-10 13:03:01
ソーさましか知らなかった(笑)
ちょっとした表情が、ヒースに似てて萌えた
目当ては (sakurai)
2014-02-11 08:54:30
ダニエルの方なんで、クリスさんが意外に(?)よかった。

あの副題が余計でしたね。
そんなに二人の友情とか、物語にくっつける必要もなかったと感じましたわ。
人生を塗りかえる・・って、誰が言い出したんでしょう?
sakuraiさん♪ (kira)
2014-02-12 22:03:52
ダニエル目当てだったんですか~?
事故後のニキのイメージが強いので、最初はどうかと思ったのですが、
当のご本人も褒めていらっしゃるのだから似ていたんでしょうね!

人生を塗りかえる・・って、、え?でしたが(笑)
やっぱりドキュメンタリータッチの見せ方の方がよかったですよね~。
ドラマ部分は薄い気がしました
こんばんは♪ (yukarin)
2014-02-15 23:19:08
最初に字幕で観たかったんですが吹替えのほうで...
KinKiのふたりはなかなか上手でした。評判も良いみたいでホッとしました。

レースシーンは迫力あって良かったですし勝敗は知らないのでドキドキしながら観てました。
yukarinさん♪ (kira)
2014-02-17 13:00:18
吹替え版、ご覧になっての感想、
送って下さってありがとう~

劇場予告で「ルールはルール」という剛クンのアフレコが流れて、
あそこだけ流したのは失敗ですよね~、不安で一杯になっちゃったもん
でも、全体を通してみれば(聞けば)OKだったんですよね~。
吹替え版、回数が少ないので、時間を合わせるのが難しいけど
楽しみにします♪
人生は (ボー)
2014-12-28 23:43:37
塗り変わらなかった。
ひと筆ぬったくらいです。
ボーさん♪ (kira)
2014-12-31 09:26:53
ですよね~
久々、キャッチコピーに突っ込みたくなる作品でしたが、
ニキは現在も精力的に活躍されてますし、そういう人物の人生を切り取って見せる作品は、
難しいものがあるといつも思います(意味深
マシンに乗って 調子に乗って (zebra)
2015-11-01 12:50:04
うわ~ クリボー(→クリス・ヘムズワース)Vsダニ二郎(→ダニエル・ブリュール)の対決やわな~(いったい どういうあだ名の付け方じゃい
正反対で反発しまくりやん(ライバル同士ならよくあるパターンやなv-219)
お前がケーキなら 俺は饅頭じゃい みたいな(・・・だから、どんなたとえじゃいv-393)

態度でッけえクリボー、 雨の状況を見て慎重なダニ二郎に 「フン、臆病者がv-414」と挑発(男なら度胸だせよな、オイといわんばかりやわな)
 だった やったるわv-412 やりゃあいいんだろうが やりゃあv-364とレースに出たダニ二郎
もう~売り言葉に買い言葉だわなあv-394

・・が クラァ~ッシュi-3 クラッシュe-269 クラッシュe-329

 今まで 調子に乗って図に乗りまくってたクリボーが 自責の念だよ ジ・セ・キ(こーゆーヤツって他人の痛みは他人の痛みと オレには知ったこっちゃないぜえv-413と言いそうなのにな)

しっかし ここからダニ二郎の見せどころ すっげえ~v-405
 事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力v-91
 これじゃあダニじゃなくて ゴキブリみてえな生命力だわな~(→失礼v-421)
富士スピードウェイでの決勝も またしても豪雨だったので 今度はリタイヤ(同じ失敗は繰り返さんのじゃな)

でも・・・王座を手放したのはもったいないv-406
で、クリボーの優勝か・・・心境は複雑だよな~(ライバル同士って そうなのかもねv-411)
zebraさん♪ (kira)
2015-11-01 20:32:21
まあ、、、
対照的な2人を、ことさら対比してそこを強調し過ぎた感があり(苦笑)
物語的にはなんだかかえって薄い印象が残りました。

現実には性格の違うふたりも仲が良かったらしい記事をみましたので、
ぎゃくに友情を描いた方が惹かれたかも~

まあ、まだ実在されて活躍中の方の映画化は、どうしてもこうなってしまうのかも?ですね...

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ラッシュ/プライドと友情 (あーうぃ だにぇっと)
ラッシュ/プライドと友情@よみうりホール
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
ラッシュ/プライドと友情 (Break Time)
今朝は、気温も5度もあり・・・
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
RUSH / プライドと友情 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 F1レーサーのカリスマ2人がライバル同
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 2014年1月15日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 を試写会で鑑賞しました。 この時代のF1はあんまり知りません(というよりは見てなかった)でしたが、 面白い映画でした。男は好きだね。そこにKinKiKidsに吹き替えやらせて 女性を取り込もうとした狙いは分からなくはない。 【...
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
RUSH / プライドと友情 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。八光さん主催の試写会で、御堂会館にマクラーレンが置かれてましたよ~。1976年のF1グランプリシリーズで壮絶なチャンピオン争いを繰り広げたジェームス・ハントとニッキー・ラウダのお話です。性格もライフスタイルもレース展開も、すべてが真逆な...
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH (勝手に映画評)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
ラッシュ プライドと友情 (迷宮映画館)
生涯の一本を塗り替える・・・って言うのは、気恥しくないかなあ~。
[映画『RUSH/プライドと友情』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かったです!  F1レースの世界を舞台にした、定番のともいえる、天才(ジェームス・ハント)と秀才(ニキ・ラウダ)のライバル関係の物語。  舞台は、1976年、グランプリは熾烈を極め、二人は「デッドヒート」を繰り広げていた。  ロン・ハワード...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
ラッシュ/プライドと友情 (試写会) (風に吹かれて)
宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・
ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた....
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
映画『ラッシュ/プライドと友情』★雨とニキと、ハントの拳 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163063/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしてます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userr...
「ラッシュ プライドと友情」みた。 (たいむのひとりごと)
実在の天才ドライバー:ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いから、1976年のF1世界選手権にスポットを当てて描かれた作品。クリス・ヘムズワース目当てでの鑑賞というだけで、F1はほとんど興味がないので
ラッシュ/プライドと友情 (サムソン・マンゴスの映画道半ば)
    『ラッシュ/プライドと友情』  (2013) 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。 ランキング1位だったラウダは...
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
ラッシュ/プライドと友情 (映画好きパパの鑑賞日記)
 F1史に残るラウダVSハントを、巨匠ロン・ハワード監督が映画化に成功。F1に興味がなかったのですが、とにかく迫力のあるレースシーンの連続に、ただただスクリーンに釘付けになりました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・...
ポールポジション~『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
ラッシュ プライドと友情 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
実話を元にした二人のF1レーサーの闘いを 描く映画「ラッシュ プライドと友情」が公開 されましたので観に行ってきました。 この日は東京で記録的な大雪、しかし映画館には それなりに人が入っていました、もっと空いている かと思っていたので意外、サービスデーだった...
映画『ラッシュ/プライドと友情』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-13.ラッシュ/プライドと友情■原題:Rush■製作年、国:2013年、アメリカ・ドイツ・イギリス■上映時間:123分■料金:1,800円■観賞日:2月9日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作:ロン・ハワード◆クリス・ヘムズワース◆ダニエル・ブリュール...
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
ラッシュ/プライドと友情 (Break Time)
今朝は、気温も5度もあり・・・
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
ラッシュ/プライドと友情 (こんな映画見ました~)
『ラッシュ/プライドと友情 』---RUSH---2013年(アメリカ/ドイツ/イギリス)監督:ロン・ハワード 出演: クリス・ヘムズワース 、 ダニエル・ブリュール 、 オリヴィア・ワイルド 、 アレクサンドラ・マリア・ララ  「ビューティフル・マインド」「ダ...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
映画評「ラッシュ/プライドと友情」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ合作映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...