to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

海角七号/君想う、国境の南

2010-01-09 18:26:21 | the cinema (カ行)
時が流れても、心に残る歌がある。
遠く離れても、忘れられない人がいる。

原題 海角七號
製作年度 2008年
製作国・地域 台湾
上映時間 130分
監督・脚本 ウェイ・ダーション
出演 ファン・イーチェン/田中千絵/中孝介/イン・ウェイミン/マー・ニエンシエン/ミンション/イン・ウェイミン/マイズ/レイチェル・リャン


この作品は、本国台湾で『タイタニック』に次いで歴代2位の映画興行成績を収め、空前の大ヒットを呼び込んだという作品。
久々に苦手なシネスイッチ銀座にて鑑賞。結構混んでいましたがなかなか良かったです

日本統治時代と、その60年後のふたつの物語がリンクするラブストーリーということで
自分なりに想像して行きましたが、最後までわざとらしさの無い淡々とした人々の描写に、
この監督の愛情を感じる作品になっていました。
私の思い描いたストーリーにはなりませんでしたが、それがいい意味で裏切られた感じです。

 台北でミュージシャンとして成功するはずが、夢破れて故郷・恒春の実家に舞い戻ってきた青年、阿嘉(アガ)。郵便配達のバイトを始めることになった彼は、届け先不明の郵便物の中に日本統治時代の住所“海角七号”宛ての小包を見つける。中には、60年前、敗戦によって台湾から引き揚げざるを得なかった日本人教師が、恋人の台湾人女性に宛ててしたためた7通のラブレターが入っていた。その頃、町では日本人歌手・中孝介を招いての町興しライブを目前に、前座を地元のバンドが務めることが決まり、準備に大わらわ。急遽、即席の素人バンドが結成され、阿嘉もボーカルとして駆り出されてしまう。一方、恒春でポスター撮影の仕事をしていた売れないモデルの友子は、通訳兼世話役としてそのまま現地に留まり、前座バンドの面倒を見るハメになってしまうのだが…。


日本語で鼻歌を歌いながら80歳の今でも郵便配達をしている人間国宝の(笑)茂(ボー)じいさんの代わりに
郵便配達のバイトをする阿嘉は、初日からトラブルに見舞われ、未配達の手紙とともにあて先不明の為本局に送り返す小包みまで持ち帰る。
ふとした誘惑にかられて覗き見たそれは、一つの恋を諦める、心にしみるラブレターだった…。
以来、その胸を打つ「海角7号」の友子宛の手紙が気になる阿嘉だったけど、町興しライブのバンドメンバーとなり、
郵便配達どころか、曲作りに追われることになる―。

一方モデルの友子も、遠く日本を離れてまでモデルとしての活躍を夢見てがんばってきたのに、田舎のライブの通訳兼監督を押し付けられ苛立っていた。

その町興しライブのバンドメンバーがなんともいえない(笑)
友子や阿嘉でなくとも、信じられない子供や老人の地元生え抜きのメンバー。

若者はこの美しい町を離れ、都会を目指す。
その現実を憂える、ゴリ押しの市議会儀員の「地元」へのこだわりが、彼らの何かを変えようとしていた。
この町に残っている彼らもまた真剣に打ち込む何かを求めていたのだから。

やりたいことがあるのに夢に届かない…
くすぶり続けた日々にさよならしたいそんな誰も…
…。

60年前の日本人教師と阿嘉がすれ違い、いくつもの出会いがこの恒春で待っていた。
帰国する船の中から恋人を想い書き綴られる遥か昔の青年と出会い、、
失意の中で、激しく自分の扉を叩き続ける恋と出会い、
手がかかるけど同じ目的で集まったバンドメンバーとも触れあえ、
つまらなかった阿嘉の故郷での日々が変わろうとしていく物語―。


主人公阿嘉(アガ)を演じたファン・イーチェンは、もともと台湾で人気の歌手だということですが、
屈託のある表情や、投げ出したくて投げ出せない人生に苛立つ青年の心情がとても自然でよかった

劇中に流れる手紙も、これがイマドキでない素敵なラブレター!
何度か登場する、阿嘉の秘密の場所であり、他のメンバーも実はお気に入りの海を見渡すポイントも、
そして、中孝介のライブ当日も!
コミカルさと郷愁を誘うシーンもいいバランス
公開劇場が少ないのがとても残念な愛しくなる作品でした~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番宣情報~♪ | トップ | 「まっすぐな男」制作発表~♪ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (ナドレック)
2010-01-09 19:41:19
こんにちは。
劇中に流れる手紙は、中国人が書くものを参考にしたそうですね。
たしかに日本の男性にはあんな美文調で長々としたラブレターは書けないかも
でも、そこがいいところでした。

ところでURL欄に入力すると、「不正なURLが含まれているため、コメントできません」とエラーになってしまいました
本文に"h"抜きでURLを記入します。
ttp://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-66.html
早く観たいです! (sabunori)
2010-01-09 22:01:04
kiraさん、こんばんは。
私もこの週末に観に行く予定です。
いや~日本公開まで長い道のりでしたがこれで日本語字幕付きで鑑賞できると思うと嬉しい限りです。
とりあえずDVD鑑賞時の感想をTBさせていただきますね!
日本と台湾の架け橋となる「野ばら」が素晴らしかったです。
DVD鑑賞後しばらくは「野ばら」を口づさむ毎日でした。
次回台湾を訪れたら行ってみたい場所がまた1つ増えてしまいました。
ナドレックさん* (kira)
2010-01-12 01:04:42
>「不正なURLが含まれているため、コメントできません」
あれは一体ナンなんでしょうね?!
以前私も遭遇しました!訳が解らなかったです。
TBも、ありがとうございます。

夢破れてエネルギーをもてあます青年と、
愛を諦め、彼女を気遣う昔の日本人教師のクロスする展開が
個人的にはとても好みでした♪
もう一度観たいくらいです!
sabunoriさん* (kira)
2010-01-14 12:52:42
お返事が大変遅くて申し訳ないです
もうご覧になれましたか?

記事中では簡単にしか触れていませんでしたが、
ライブは楽しかったですよね~
ほぼ主要キャスト全員が、何かしらの形で音楽に携わっている事もあって、
音楽の楽しさを十分に伝えてくるシーンになっていました!
「野ばら」のコラボも印象的でした
こんばんわ (にゃむばなな)
2010-01-25 21:54:30
久しぶりに号泣させてもらった映画でした。

純粋な想いは時代も国境も越えるんですよね。

それがどんなにステキなことかを改めて教えてもらいましたよ。
にゃむばななさん* (kira)
2010-01-26 01:31:35
夢があるのに上手くいかない主人公やヒロイン、
大切なものを失った人、
自分を表現したい人、
そんなどこにでもいる人たちの、交錯する数日間が
きらきらと輝くラストに向けて…
チョット元気になれて、幸せになれる作品でしたね
TBありがとう!! (sakurai)
2010-05-07 12:09:02
とってもいい映画なんですが、こぞって見に行く!!という感じの映画じゃないですもんね。

でも、台湾映画って、好きなんですよ。
どっか泥臭いような、垢抜けてないような、恥ずかしいくらいのまっすぐさ・・みたいなが好き。
その辺の空気を受け継ぎつつ、妙に洗練されないで、でももっとシャープに描いてもらって・・・要求が多すぎる・・・次にもっと期待です。
sakuraiさん* (kira)
2010-05-07 22:47:01
>こぞって見に行く!!という感じの映画じゃないですもんね

はい。ですが、上映館が東京ではたしか1館のみだったようで、
別にサービスデイでもない日だったんですが、かなり混んでいましたよ♪
それはやはりご指摘の、
>泥臭いような、垢抜けてないような、恥ずかしいくらいのまっすぐさ
に惹かれるヒトが、私を含めていそいそと出向いたものでしょうね(笑)
台湾映画、そんなには観ていませんがあまりハズレがないのもいいんです
安心して浸れる感が嬉しい。やはりヘンに垢抜けて欲しくないに大賛成
TB有難うございました (かわ)
2010-09-30 20:54:48
よくある異文化恋愛ものかなーと思って見たのですが、アガーと友子のところはそんな感じだけど、予想をいい意味で裏切ってくれました。
いい映画だとおもいました
かわさん* (kira)
2010-09-30 23:43:31
初めまして。

そうなんですよね。
ラブストーリーだと思っていたから、こんなにコメディタッチだとは意外ですよね~
町や若者や、家族や、、いろんな、「再生」が描かれていて、
心が温かくなる。そんな作品でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「海角七号/君想う、国境の南」 (ようこそMr.G)
映画 「海角七号/君想う、国境の南」
海角七號 (龍眼日記 Longan Diary)
ミュージシャンになる夢に敗れて故郷の町・恒春に戻ってきた阿嘉(范逸臣:ヴァン)は 郵便配達の仕事を手伝うことになる。 配達をさぼって山になった郵便物の中に日本からの小包を見つける阿嘉。 それは終戦直後に台湾を離れた日本人教師(中孝介)から、台湾に残し...
海角七号 君想う、国境の南 海角七號 (まてぃの徒然映画+雑記)
2008年、台湾で公開されると尻上がりに興行収入を上げていって、ついには台湾映画史上1位、そして洋画を含めても『タイタニック』に次ぐ記録をたてて、「君は海角七号を見たか?」という言葉が挨拶がわりになるほど台湾で支持された映画ということで、かなり期待をもって....
「海角七号 君想う、国境の南」:大関横丁バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここ三ノ輪橋駅が王子電気軌道の駅としてできたのは、大正二年にさかのぼる。 {/hiyo_en2/}戦前、戦中、戦後と日本の歴史をつないで、戦争で負けた日本人が南方から帰ってきたころにも健気に走っていたんでしょうね。 {/kaeru_en4/}台湾で大ヒットした「海...
海角七号 君想う、国境の南 (風に吹かれて)
茂じいちゃんが良い[E:note]わらべはみ~た~り[E:note]公式サイト http://www
『海角七号?君想う、国境の南』 (Days of Books, Films )
「コンサートもの」とでも呼べばいいのかな、主人公が紆余曲折をへてコンサートを成功
『海角七号/君想う、国境の南』 「小島友子」の謎 (映画のブログ)
劇中、日本企業の要求にさらされる台湾企業では、こんなセリフが飛び交う。 「日本人は面倒だから」 「日本が厳しいの知ってるでしょ」 …つづきは、こちらにてご覧ください。コメントやトラックバックもこちらで受け付けています。 hhttp://movieandtv.blog85.fc2...
海角七号 / 君想う、国境の南 (Diarydiary! )
《海角七号 / 君想う、国境の南》 2008年 台湾映画 - 原題 - 海角七號
『海角七号 君想う、国境の南』:ありゃ、現代が舞台だったのね @ロードショウ・ミニシアター (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
60年間届かなかったラブレター。 台湾と日本を結ぶ手紙。 現代と40年代が交互に描かれる・・・・と予備知識なしで観る前、勝手に思い込んでいました。
海角七号 君想う、国境の南 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
日本統治下の時代の悲恋と現代の若者の恋を、今はない住所“海角七号”宛ての手紙が静かに結びつける、詩情あふれる佳作。1940年代の台湾で、若い日本人教師が台湾人女性と恋に落ちるが、終戦を迎え二人は離れ離れに。60年後、ミュージシャンの夢を諦め、郵便配...
海角七号 (映画的・絵画的・音楽的)
 『海角七号/君想う、国境の南』を銀座のシネスイッチに行って見てきました。  この映画については、タイトルの意味が分からず余り関心もなかったところ、前田有一氏の映画評に「台湾で爆発的にヒットした(同国映画としては史上一位)」とあったことから、ベルギー映...
海角七号 - 君想う、国境の南 - (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月10日(日) 19:00~ シネスイッチ銀座1 料金:1500円(チケットぴあで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『海角七号 - 君想う、国境の南 - 』公式サイト 台湾映画史上最大のヒット作だそうだ。 売れないミュージシャンの青年が、夢破...
海角七号 君想う、国境の南 (LOVE Cinemas 調布)
台湾映画史上歴代1位のヒット作との触れ込みだ。戦後60年以上届かなかったラブレター、やむない理由で台湾を離れた男が友子という女性に送ったその手紙が、現代の友子と台湾人男性の恋愛とオーバーラップする…。主演は人気歌手のファン・イーチェンと日本人女優・田...
「海角七号~君想う、国境の南~」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「海角七号~君想う、国境の南~」 シネスイッチ銀座にて。 監督・ウェイ・ダーション 台湾国内で爆発的な大ヒットとなった(「タイタニック」に次いで歴代2位!)本作であります。 ネタバレあります・・。 舞台は...
『海角七号 君想う、国境の南』 (めでぃあみっくす)
素直にステキだと思える映画でした。今は無き日本統治時代の住所「海角七号」への想いと阿嘉が友子への想いを込めた「海角七号」という曲に涙が止まりませんでした。 60年前の純粋な想いが時代も国境も民族の壁も年齢も越えて現代に生きる人々に伝わるこのステキさと7通...
虹の架け橋~『海角七号/君想う、国境の南』 (真紅のthinkingdays)
  海角七號  台北でミュージシャンになる夢に破れた阿嘉(ファン・イーチェン)は、故郷・恒春 に帰郷する。郵便配達の職を得た彼...
海角7号 君想う、国境の南○海角七號 (銅版画制作の日々)
魔可不思議なタイトル? 実はタイトルをどう読むのか知らなくて。シアターの受付でえ~っと何て読むんですか?と聞いてしまいました(汗)チラシを見たら書いてあったのに、まったく読まず。 “かいかくななごう”と読みます。それにしても変なタイトルです。台湾語で「...
「海角七号/君想う、国境の南」 (再出発日記)
丁寧に作っているところと矛盾いっぱいの部分と、不思議な脚本だ。監督・脚本:ウェイ・ダーション出演:ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介、シノ・リン、レイチェル・リャン最初のほう少しもたつくが、しだいとこの寄せ集めのバンドは、漢民族、先住民族、そして日本...
海角7号 君思う、国境の南 (迷宮映画館)
ここは茂老人にもってかれました!
mini review 10467「海角七号/君想う、国境の南」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
1940年代と現代の台湾を舞台に、約60年間届かなかったラブレターが2つの時代の恋物語をつなぐ切ないラブストーリー。名匠エドワード・ヤンのもとでキャリアを重ねたウェイ・ダーション監督が、約60年前の小さな恋物語や現代の若者の姿を通して、夢かなわなかった者たちの...
「海角七号:君想う、国境の南」 (2008 台湾) (事務職員へのこの1冊)
 娘がまだ小さかったころ、いっしょにテレビの「ポケットモンスター」を寝っ転がって
海角七号 君想う、国境の南 (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
台湾の若い新人監督による低予算映画ながら、口コミで評判が広がり、次々興行成績をぬりかえ、タイタニックに次ぐ歴代2位!!という記録らしい。 小規模な映画ながら爆発的な人気を得た映画だと聞いてずっと興味があった。 中高生から普段映画を見ないお年寄りまで映画...
映画評「海角七号/君想う、国境の南」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年台湾映画 監督ウェイ・ダーション ネタバレあり
『海角七号/君想う、国境の南』 ('11初鑑賞116・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月26日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。