to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

十三人の刺客

2010-10-05 19:11:55 | the cinema (サ行)
命を、燃やせ。
製作年度 2010年
上映時間 141分
原作 池宮彰一郎
脚本 天願大介
監督 三池崇史
出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/高岡蒼甫/波岡一喜/近藤公園/窪田正孝/伊原剛志/松方弘樹/吹石一恵/谷村美月/岸部一徳/平幹二朗/松本幸四郎/稲垣吾郎/市村正親

1963年公開の工藤栄一監督の『十三人の刺客』を、約半世紀の時を経て現代風に再構築した時代劇エンターテインメント巨編。
江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。さっそく、甥の新六郎をはじめ十一人の腕に覚えある男たちを集めた新左衛門は、後に加わる山の民・木賀小弥太を含む総勢十三人の暗殺部隊を組織、入念な計画を練り上げていく。しかし、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛もまたその動きを抜け目なく察知し、大切な殿を守り抜くべく周到な準備を進めていた…。

かなり衝撃的なシーンから始まります。
そして更に、稲垣・斉韶が登場すると残虐シーンの山です。
グロが駄目な方はちょっと厳しいかもしれません。が、
いつもイタイの駄目。グロは観れない私が、途中一度目を逸らしましたが、でも楽しめました!

明石藩江戸家老、間宮図書(内野聖陽)の命を懸けた直訴も無視され、
人を虫けらのように非道の限りを尽くす斉韶を暗殺せんと、老中・土井は島田新左衛門に白羽の矢を立てる。
そして闇に葬り去られた罪なきひとたちへの筆舌に尽くし難い所業を語って聞かせるが、
もとより失うものなどない、ただ自分の死に場所を模索していた身。喜んでこれを承知する。

土井の語る斉韶(稲垣吾郎)がこれ以上無い極悪人で、ヒトの命をオモチャのように弄ぶシーンでしっかり度肝を抜いた後、
こんな奴が生きてるなんて許せないっ!と、観客を味方に引き連れて、
命を差し出した12人と共に総勢300人超の武士に護衛された斉韶の命を取りに落合宿に向かう。

島田に命を預けた12人の動機は様々。けれども、心を一つにして目指すはただ一点。

落合宿の数々の仕掛けのうち、動くバリケードや空中の回廊などの仕掛けで敵を囲い込み
いよいよの接近戦で登場する無数の刀の抜き身を刺して、敵を誘い込むシーンがあるが、そこでの平山九十郎(伊原剛志)、庄次郎(窪田正孝)の師弟コンビが繰り広げる殺陣は圧巻。
勿論、50分という長い死闘の中でこの13人それぞれの戦い振りは見せ場もちゃんと用意されていて飽きさせない。

             

役所さんはいつもに増して爽やか。松方さんは燻し銀。
山田孝之くんと沢村一樹さんは、何をやってもうまいと感じさせるし、石垣、高岡蒼甫くんも殺陣、頑張っていてよかったし、
波岡くん、今回味方側で頑張っていました。
しかし、
これは何といってもゴローちゃんの怪演がインパクトありました!凄いです
ゴローちゃんに目をつけた三池監督も流石なのかも!!


爽やかに島田が言い放つ“人事を尽くして天命を待つ”
それより先にも、後にも―、
思いを残さない男のドラマ。
太平の世に武士として生まれ、決して幸せな人生ではなかった男たちに訪れた心震える出会いの物語。
疲れたけど14人目の刺客となって、心は一緒に戦った2時間20分でした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『恋愛戯曲~私と恋におちて... | トップ | 幻夜・インタビュー動画 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ななんぼ)
2010-10-05 22:48:24
こんばんは。「続・蛇足帳~blogばん~」のななんぼです。
TBありがとうございました。
ウチのblogは何故かgooだとエラーが出てしまうので、コメントのみ残させて頂きます。

>思いを残さない男のドラマ。

正にその通りだと思います。
14人目の刺客の気分になりながら作品の世界に惹き込まれ、終わった後にドッと疲労感を覚えました。
ここまで心を躍らされた時代劇は久しぶりだったので嬉しかったです。

あと、松平さんではなく松方さんですよ~(^_^;;
大奥→十三人 (ituka)
2010-10-05 22:58:35
先に『大奥』をご覧になってからこちらを観ると
切腹シーンが強烈だったことでしょう^^;

ゴローくんのサイコ演技は良かったです!
彼にこれをさせようとした三池監督のクリーンヒットだと思います^^

ワンシーンだけ目を逸らしたんですね。
もしかして、あのヘタレな燃える牛のCGでしょうか?(んな訳なかろう)^^
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2010-10-06 00:53:03
kiraさん、私と逆だ~(笑)大奥観てから、この作品みたら、そりゃあ、さぞ面白かったことでしょう(笑)

私としては、もっとシリアスで、奥が深い物語かと思っていたので、少し、肩透かし的な
感じもしてしまいましたが(^_^;)エンタメ痛快
活劇と見たら、面白かったです!
予告編から知っていたのですが、吾郎ちゃんの
ワル、サイコぶりは、想像以上でした(*_*)
怪演でしたよね(^_^;)

私も痛い、グロイのダメなんですが、最近は
なんか(なんでだろ?(^_^;))こういうの
観れちゃう私です(笑)
見てきました (むむむ)
2010-10-06 13:35:21
はじめまして。昨日、十三人の刺客をみてきました♪時代劇も映画館でみるとなかなか迫力!?がありますねぇ~(ちょと怖かったけど)
ななんぼさん* (kira)
2010-10-06 20:12:25
コメなしTB強襲、失礼しました。
TBの件、申し訳ありません。
FC2に限らず、なぜか反映されないブログがあるようです。
一応、gooスタッフにお願いはしてあるのですが。

ななんぼさんの、情熱を感じるレビュー、
楽しく拝見しました。
キャラ語りも共感でした♪
私もこれはもう一度観たいと思っています!

それと「松平」→「松方」訂正しておきました。
ご指摘、有難う御座いました。またお邪魔させてください。
itukaさん* (kira)
2010-10-06 20:23:26
記事の順序がめちゃくちゃですが、
ほんとは「ミレニアム3」→「十三人の刺客」→「大奥」の順で鑑賞しました。

書くことがない作品順にアップしました(爆)

あのいきなりの内野さんのシーン、
コドモの頃観た「切腹」という時代劇を見た時の衝撃を思い出しました!
イタイも残酷も、徹底した三池監督のスタイルでしたね~。

>もしかして、あのヘタレな燃える牛のCGでしょうか
ぷぷぷっ
丁度いいカンフル剤でした(うそ)
こちらにもこんばんは~! (kazu)
2010-10-06 20:50:07
キャスティングが、
成功しましたね。
ゴローちゃんの残虐さも
すごかったです。
ほんと疲れましたね。
筋肉が硬直しました。
ひろちゃん~* (kira)
2010-10-07 13:02:37
>私と逆だ~(笑)大奥観てから、この作品みたら
ひろちゃん、ちがうのよ~
書くことがない「大奥」が先になっちゃったの

出だしはちょっとシリアスを予感させるっぽい流れでしたよね~。
役者陣もそんな顔ぶれでしたし。
でも、度々のゴローちゃん演出で、
やっぱり三池監督、そんな気はなかったですよね~(笑)
あそこは要らんだろー的なものも含めて、どこまでも三池監督らしい、
キョーレツ・エンタメ時代劇でしたね~

なんかね、私もだいぶ観れるようになった(笑)
お互いに強くなった?(笑)
こんにちは (たいむ)
2010-10-08 19:55:44
ゴロちゃんって意外にこういう役が似合いそうだと思っていただけに、見事にはまっていて感心しました。
私もエログロ下品って苦手なのだけど、勢いで見られちゃう映画でしたw
むむむさん* (kira)
2010-10-10 23:17:30
初めまして
最初っからイタイシーンが次々でしたものね~。
もしかしたら、ずっと手はグーになっていたかも知れませんねでも、面白かったです!
kazuさん* (kira)
2010-10-10 23:30:15
コチラは、ハードでしたが、
さすが三池作品。
ほんのチョットの出演シーンに大物が多数出ていて、
「大奥」とは対照的な重量級役者で、ぬかりがなかったですね
力が入りましたが、なんだか達成感のようなモノを感じてしまいました(笑)
これが映画だな~って感じです
たいむさん* (kira)
2010-10-11 07:21:16
そうなんですよね、いいように感情を刺激され、
勢いで引っ張っていかれた感がありました
案外こういう役が似合うとは思っていても、徹底的に非情な役で、
しかも上手く監督の意を汲んでいたと思いますね~ゴローちゃん!
こんにちは。 (みぃみ)
2010-10-11 14:35:21
ゲロロ~ンと吐きそうになったり、目をしっかり閉じたりしながらも、負けずに頑張って観るぞ!と思わせてくれる映画でした。

いい男達が勢揃いでカッコイイ生き様をみせてくれるので、キュンキュンしました。
(大奥と思わず比較:(^^;))。

吾郎ちゃん、怖かったです。情けない場面も含めて本当にナイスキャスティング!。

きっときっと男達は、ほほえんでいるはず☆です。
正に怪演 (メビウス)
2010-10-11 21:12:45
kiraさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

落合宿での50分にも及ぶ大決戦シーンも確かに凄かったですし、本作最大の見所と言っても過言ではありませんでしたが、個人的には一時の平和を維持していた幕末の世で生きる武士たちの存在意義のようなドラマ性にもちょっと惹かれましたね~♪それとこれまた個人的ですが、自分にはあの襲撃シーンはちと長丁場過ぎたかも知れませんねぇ~^^;

出演者も役所さんを筆頭とした13人勢みんな素晴らしかったですけども、やはり一際だったのが自分もゴローちゃんだったのではないかとっ。国民的アイドルのイメージが先行してるだけに、ギャップも手伝って正に怪演でございました。
みぃみさん* (kira)
2010-10-15 08:24:54
おはようございます♪

やっぱり凄い監督は、たくさんの人の中から
インスピレーションを感じて、それを伝える能力がある人なんだと、
改めて唸らされるゴローちゃん起用でした

この作品はのみどころは、戦いが始まるまでの
彼の極悪非道っぷりが観客の心に正義を呼び起こさないと
あの砦の長い戦いを乗り切れないと思いました。
男の中の純粋な正義と
現代人にも通じる忠誠心をみせてくれるのも嬉しかったですね
メビウスさん* (kira)
2010-10-15 12:24:29
こんにちは♪コメント、有難う御座います。

>個人的には一時の平和を維持していた幕末の世で生きる武士たちの存在意義のようなドラマ性にもちょっと惹かれましたね
私もです
あの序盤の、島田新左衛門に命を預けにくる各人の、
悲壮感より、希望を与えられたかのような表情がいいですよね~。ワクワクしました

キャストは文句なし。
豪華でも、其々のシーンにホンモノを使ってくれたというところで、
無駄遣いとは思えませんでした。
平幹二朗、松本幸四郎、味わいがありました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

71 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「十三人の刺客」 (日々“是”精進!)
「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権...
十三人の刺客 (花ごよみ)
監督は三池崇史。 出演は 役所広司、山田孝之、 市村正親、伊原剛志、松方弘樹、 稲垣吾郎、伊勢谷友介、沢村一樹、 古田新太、松本幸四郎 六角精児、、高岡蒼甫、 窪田正孝、吹石一恵等、 超豪華キャスト。 島田新左衛門(役所広司)以下、 13人の刺客は、 将軍の弟...
『十三人の刺客』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
十三人の刺客 オリジナル・サウンドトラックサントラ,遠藤浩二ワーナーミュージック・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 『十三人の刺客』 2010年(日)監督:三池崇史  本作を東宝の商業的な娯楽作品の一部として位置づけるのはもったいないように思える。  念...
『十三人の刺客』 (こねたみっくす)
斬って、斬って、斬りまくれっ! これぞ日本映画史に残る息抜き知らずの壮絶なる死闘を描いた傑作。もうラスト50分に興奮しまくりでしたよ。 活劇時代劇の傑作と謳われたオリジナルに「これぞ三池!」色を見事に融合させてこの映画。やはりこの作品を高く評価したQTの...
試写会「十三人の刺客」@よみうりホール (流れ流れて八丈島)
今年1番の傑作娯楽時代劇だと思います名作との呼び声も高い1963年公開の工藤栄一監督の『十三人の刺客』のリメイクです十三人の刺客価格:4,253円(税込、送料別)とにかくこの新しい...
2010年9月19日 『十三人の刺客』 朝日ホール (気ままな映画生活)
今日は、『十三人の刺客』 を試写会で鑑賞してきました。 期待通りに素晴らしい作品でした。 稲垣吾郎の悪役は・・・見てみてくださいね 稲垣吾郎扮するマリツグは傍若無人な振る舞いで 人を人と思わないそんな男であった。 図書は自決し訴えを老中へ、しかし、老中...
十三人の刺客 (あーうぃ だにぇっと)
9月16日@一ツ橋ホールで鑑賞。 会場内に入ってみると、いつもと感じが違う。 座席がリニューアルされていた。 座席数が、882席から802席に約1割減。 スクリーンも少し上になって見やすくなった。
13人の刺客 (シネマ大好き)
将軍の腹違いの弟であるため、 残忍な非道な行いにもお咎めのない明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)。そればかりか彼には次の老中職が待っている。彼が幕府で権力をふるうのを阻止するため、お目付け役の島田新左衛門(役所広司)に斉韶暗殺の密命が降り、新左衛門は集まっ...
十三人の刺客 (ぷち てんてん)
先日日曜日、見てきたよ。☆十三人の刺客☆(2010)三池崇史監督役所広司島田新左衛門(御目付七百五十石)山田孝之島田新六郎(新左衛門の甥)伊勢谷友介木賀小弥太(山の民)沢村...
十三人の刺客・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「十三人の刺客」と言えば、1963年に工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演で封切られた、所謂東映集団時代劇の傑作。 リメイクしたのが全く作家性の...
試写会「十三人の刺客」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/9/15、よみうりホール。 ほぼ満杯。 「一階席は満員」と出ていたが、あちらこちらに空きがあった。 前方左手に陣取る。 ** 刺客は「しかく」と読むが、「しきゃく」が一般化してしまった。 今では「しかく」も「しきゃく」も常用されているようだ。 尚、本来は「...
★ 『十三人の刺客』 (映画の感想文日記)
2010年。「十三人の刺客」製作委員会。   三池崇史監督。  1963年の工藤栄一監督版のオリジナルの『十三人の刺客』は見たことがない。集団時代劇の最高傑作とも称される作品だけに、...
「十三人の刺客」 戦の虚無感 (ももたろうサブライ)
監督 三池崇史少しあらすじ将軍の弟として次の老中就任が内定している明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)は、民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君だった。明石藩の家老・間宮の命を懸...
十三人の刺客 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 ドラマは満点評価!だが、戦が続いて行くうちに評価はどんどん下降線へと
十三人の刺客 (りらの感想日記♪)
【十三人の刺客】 ★★★★ 映画(49)ストーリー 江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ) (稲垣 吾郎)の暴君ぶりは
『十三人の刺客』(2010年・三池崇史監督版) (ラムの大通り)
「実はこの映画、 もう少し経ってからじっくりと喋りたかったんだけど、 今日のうちに話すことこそ意味があると思って…」 ----ん、どういうこと? 今日は、確か広島に原爆が落とされた日。 「そう。そこなんだ。 これは全くの偶然なんだけど、 そんな日にこの映画を観て...
映画「十三人の刺客」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、客年齢は高い。今回は「yahoo!映画」ユーザーレビュアーとして招かれました。      十三人の刺客オリジナル・サウンドトラック 映画の話 幕府の...
映画『十三人の刺客』 (闘争と逃走の道程)
 1963年公開の時代劇映画の名作を、監督・三池崇史、主演・役所広司ほか豪華キャストでリメイクした話題作。映画の後ろ半分、ほとんど斬り合...
「十三人の刺客」:パワフルな大チャンバラ (大江戸時夫の東京温度)
『十三人の刺客』は、日本映画久方ぶりの大チャンバラ映画として、凄まじいパワーを放
十三人の刺客 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『十三人の刺客』公式サイト リメイクとは知らなかった。オリジナルは、1963年の工藤栄一監督作品。 弱弱しいイメージの...
『十三人の刺客』・・・殺陣それぞれの魅力 (SOARのパストラーレ♪)
片や正義のために暴君を斬らんと命を賭して戦う男たち。片やその暗殺集団から主君を守るべく命を賭して忠義を尽くす男たち。 泰平の世にあって人を斬ったことのない侍たちが、要塞と化した宿場を敵味方入り乱れながら駆け抜ける。 返り血を浴び、自らも血を流し、汗にま...
『十三人の刺客』は世界を目指す! (映画のブログ)
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ...
映画「十三人の刺客」 (itchy1976の日記)
「十三人の刺客(2010)」(映画.com) 「十三人の刺客(2010)」オフィシャルサイト 十三人の刺客@ぴあ映画生活
十三人の刺客 【燃え尽くせ 熱き刀の 魂を】 (猫の毛玉 映画館)
『十三人の刺客』 2010年・日本 '63年の時代劇を三池崇史がリメイク。  普段、時代劇を観ません。なんでだろ?って考えてみたら、時代劇独...
★「十三人の刺客」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
三池崇史監督の時代劇は「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」以来かな。 これ好きだったので、今回も期待してました。
十三人の刺客 (にわうたぶろぐ)
 集団戦闘を扱う映画は特に珍しいわけではないし、多勢に無勢というシチュエーションも決して斬新な設定ではありません。  でもさ、殺陣って萌え燃えるんだよ何故か!!!!  洋画では決して味わえない何かが、日本刀での殺陣にはあると私は思う。だからこの映画も公...
「十三人の刺客」 (2010) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年日本/セディック=東宝監督:三池崇史原作:池上金男脚本:天願大介 1963年に東映で作られた、池上金男(後の小説家・池宮彰一郎)脚本、工藤栄一監督による集団抗争時代劇の傑作を、役所広司主演、
★十三人の刺客(2010)★ (CinemaCollection)
命を、燃やせ。上映時間141分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/09/25ジャンル時代劇/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤ...
十三人の刺客 (LOVE Cinemas 調布)
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正...
「十三人の刺客」(試写会) (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 141分 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 ...
『十三人の刺客』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、近藤公園、石垣佑磨、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣...
映画 「十三人の刺客」 (ようこそMr.G)
映画 「十三人の刺客」
十三人の刺客(2010) (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://13assassins.jp/ 1963年に制作された同名映画のリメイク版で、オリジ...
十三人の刺客(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。池宮彰一郎原作、三池崇史監督。役所広司、山田孝之、稲垣吾郎、市村正親、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波岡一喜、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、石垣佑磨、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽...
十三人の刺客 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/25公開 日本 PG12 141分監督:三池崇史出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親命を、燃やせ。幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣...
十三人の刺客 (Akira's VOICE)
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!  
【十三人の刺客】 (日々のつぶやき)
監督:三池崇史 出演:役所宏司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、波岡一喜、石垣佑磨、稲垣吾郎、   松本幸四郎、市村正親、三石研     命を、燃やせ。 「江戸時代末期、老中就任が決まっている明石藩主松平成韶、将軍の異母兄弟であま
侍の道~『十三人の刺客』 (真紅のthinkingdays)
 江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている...
「十三人の刺客」(試写会) (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 上映時間 : 141分 監督 : 三池崇史 出演 : 役所広司 、 山田孝之 、 伊勢谷友介 、 沢村一樹 、 古田新太 、 高岡蒼甫 、 六角精児 、 波岡一喜 、 近藤公園 、 石垣佑磨 、 窪田正孝 、 伊原剛志 ...
庄内映画事情PART16~「十三人の刺客」その1 (事務職員へのこの1冊)
庄内映画事情PART15「鶴岡まちなかキネマその2」はこちら。  開巻、その所作
飽きさせない立ち回り「十三人の刺客」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
絨?荵??㍽?拷???????с???????活?❽源?紙?上抗???駈??⒢???ゃ??鐚???贋?????ゃ?????緇∞??綵鴻?糸涯?井?医窪茵????????翫??????????????絲??純??筝??????????...
十三人の刺客 (2010年版) (映画道)
島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、幕府の権力を我が物にしようとする史上最凶の暴君・斉韶。その軍、総勢300人超。斉韶の名参謀にして新左衛...
『十三人の刺客(2010)』 ('10初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。
「十三人の刺客」 (てんびんthe LIFE)
「十三人の刺客」TOHOシネマズ日劇で観賞 何かと話題の作品が次々公開になりますが、今年は公開後にしか見られないのでなかなか追いつきません。 何も、誕生日なのにこの作品を見るとは思ってもいませんでした。 トシをとったので最近時代劇も苦手ではなくなりました...
十三人の刺客 (だめ男のだめ日記)
「十三人の刺客」監督三池崇史原作池宮彰一郎出演*役所広司(島田新左衛門(御目付七百五十石))*山田孝之(島田新六郎(新左衛門の甥))*伊勢谷友介(木賀小弥太(山の民))*沢...
十三人の刺客 (Diarydiary! )
《十三人の刺客》 2010年 日本映画 江戸時代の末期、将軍の実弟で明石藩主の松
十三人の刺客 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親...
十三人の刺客 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
三池崇史監督の時代劇アクションです。休日出勤の帰りに109シネマズ川崎のエグゼクティブシート(会員一般料金)で鑑賞。  江戸時代末期、弘化元年。老中・土井利位の屋敷の門...
十三人の刺客 (2010) (青いblog)
あらすじ '63年に公開された工藤栄一監督による時代劇映画『十三人の刺客』を、三
十三人の刺客 (だらだら無気力ブログ)
1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。 将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するために、集めら れた13人の刺客達が、暴君を守る300人以上の藩士を...
十三人の刺客 だいわはうちゅ~o( ̄ー ̄;)ゞううむ (労組書記長社労士のブログ)
【=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だ...
十三人の刺客【試写会&舞台挨拶】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:十三人の刺客 制作:2010年・日本 監督:三池崇史 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、岸部一徳、松本幸四郎、稲垣吾郎、市...
「十三人の刺客」みた。 (たいむのひとりごと)
いきなり”ハラキリ”シーンで始まるこの映画。しかも介錯が居ないものだから痛いわ長いわ辛いわ[E:bearing]  斬って斬って斬りまくる作品だとは承知していたが、冒頭の数分間は下っ腹に力を入れつつ堪
十三人の刺客 (悠雅的生活)
み な ご ろ し
「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ! (はらやんの映画徒然草)
300人対13人、まさに多勢に無勢。 現実的には、この戦力差を逆転することはほと
十三人の刺客 (りらの感想日記♪)
【十三人の刺客】 ★★★★ 映画(49)ストーリー 江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ) (稲垣 吾郎)の暴君ぶりは
『十三人の刺客』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、 ...
「十三人の刺客」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
いやあ、久しぶりの本格集団抗争時代劇、堪能したなあ。 ・・・ってあなたこそ、久しぶり。途中下車したんじゃないの? ああ、都バスは途中下車した。でも、映画は観てる。 それって、死んだと思った人...
映画:「十三人の刺客」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年10月11日(月)。 映画:「十三人の刺客」感想。 【監  督】三池崇史 【原  作】池宮彰一郎 【脚  本】天願大介 【音  楽】遠藤浩二 【キャスト】役所広司・山田孝之・伊勢谷友介・沢村一樹・古田新太・高岡蒼甫・六角精児      ...
十三人の刺客 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】三池崇史 【出演】役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/高岡蒼甫/波岡一喜/近藤公園/窪田正孝/伊原剛...
「十三人の刺客」 (みんなシネマいいのに!)
 1963年の映画のリメイク。 将軍の弟で、鬼畜的蛮行を繰り返す暴君・松平斉韶を
「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三...
十三人の刺客■マカロニ・ウエスタン的チャ... (映画と出会う・世界が変わる)
「斬って、斬って、斬りまくれ!」と叫ぶ役所の姿が予告編のポイントであり、この作品のキャッチコピーのようなものであるが、まさにその通りの作品である。63年に公開された同名作...
十三人の刺客 (映画的・絵画的・音楽的)
 ヴェネチュア国際映画祭では評判が高かったと聞こえてきたこともあり、『十三人の刺客』を有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)
「十三人の刺客」 (或る日の出来事)
チャンバラ合戦がすごい(時間的にも長い)と聞いて、観てみた。
■映画『十三人の刺客』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いやいや、これはすごい…。まさに“手に汗握る”衝撃作でした。 前半は“いかにも時代劇”なカット割りやカメラワークで静かに物語を説明していき、後半は怒涛の大アクション・ムービーに変身するこの映画『十三人の刺客』。 堪能させていただきました。 ここのと...
十三人の刺客 (銀幕大帝α)
10年/日本/141分/時代劇アクション/PG12/劇場公開 監督:三池崇史 原作:池宮彰一郎「十三人の刺客」 出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、神楽坂恵、岸部一徳、松本幸四郎...
『十三人の刺客』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 十三人の刺客 』 (2010)  監  督 :三池崇史キャスト :役所広司、市村正親、山田孝之、沢村一樹、吹石一恵、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、古田新太 1963年に公開された工藤栄一...
三池崇史監督 「十三人の刺客」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
工藤栄一監督が1968年に撮った名作「十三人の刺客」を、「ヤッターマン」や「クローズ・ZERO」そして「忍たま乱太郎」等を撮った三池崇史監督がリメイクした2010年の作品 SMAPの稲垣吾郎が残虐な殿さま役だった事で話題に DVDでやっと観ました。 ht...
映画評「十三人の刺客」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり
映画「13人の刺客」のDVDを見ました(お盆には帰ります)  (翼のインサイト競馬予想)
映画「13人の刺客」のDVDを見たので、レビュー記事を書いてみたいと思います。(