to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

永遠の0

2014-01-13 21:31:59 | the cinema (ア行)

この空に願う、未来――壮大な愛の物語。
製作年度 2013年
上映時間 144分
原作 百田尚樹
脚本 山崎貴/林民夫
監督 山崎貴
出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

元日の夜の回、気の合う友人と観てきました。
前評判が余りにも高かったので、ある意味こころして行ったのですが、
世間の高評価ほどではなかったですが、まずまずのヒューマンドラマといったところ。

監督脚本が「ALWAYS~」の方だし、原作は未見でもだいたいどういうものか想像はできました。
っていうか、ほぼあの予告でこの作品のいいたいところは解りましたよね?
“海軍一の臆病者”のナゼ!?

昔から戦争映画は、豪華キャストで所謂大作が殆どだったように記憶していますが、
映画がこんなに量産される近頃では、仕方がないキャストなのかも知れないけど、
現在パートは、ベテラン陣の頑張りが引っ張ってくれましたね~。
久しぶりの山本學さんが観られたのも嬉しかったし、
夏八木おじいさま、相変わらずステキでした。

過去パートのキャストはヨカッタし、モチロン宮部久蔵の岡田君は上手かったですが、
感動とまでいかなかった、心の盛り上がりが少し足りなかったのは、
宮部の教え子を含む、零戦で散って行った若者の心情描写があまりにも薄かったからでしょうか。

これは、ただただ家族を愛し、臆病者であり続けた男の物語。
「立派に死んできます」と言わない男の、家族へ遺した奇跡のドラマ。命と愛をつなぐ物語。
戦争映画とは私にとっては、子供ながら号泣した「人間の條件」「戦争と人間」なので、
戦争映画とするには、何かライトノベルな感じが残ってしまったのです。
せっかく2時間越えでありながら、戦友たちの語りだけではちょっと薄い気がしたのですが、
今の若者がこれを観て、何かを考えることができれば、、それでいいと思いますね。


イケナイ子のイメージ(爆)の染谷将太くんの今回の役どころ、新鮮でしたわ
井上真央ちゃんとのシーンが良かっただけに、
現在のラストは残念でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恭子ちゃん新ドラマ☆ | トップ | 危険な関係 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆう)
2014-01-13 23:11:24
過去と現代の繋ぎかたが雑。
三浦春馬くんの演技が大きすぎる。
特攻隊の真実を全く伝えきれてない。
他にもいろいろ挙げればきりがないなと。
これだけの尺ならば、もっと史実や
真実をきちんと描けたのではと…ただ
残念。夏八木さんという名優を配したことが
勿体ないと思ってしまうほどです。
でも、映画館で年越しできたのは
かなりテンション上がりました(笑)
Unknown (はるみん)
2014-01-14 22:52:33
こんばんは~。
私は宮部さんが家族を思う気持ちにボロボロに泣いてしまいました~(^^;
染谷くんはあぶない役も似合うけど、素朴な役どころもいいですね。(^^)v
ゆうさん~♪ (kira)
2014-01-15 22:20:17
ホント、一緒に観た友人も全く同感でしたわ
この監督と解った時から、ナントナクこういう、アクのない、
家族愛の物語になる予感はありました。。。
でも、こういう大衆的というか、良く言えばやさしい描き方が
当節は受けるのですよね・・・
岡田くんの熱演、染谷くん真央ちゃんのシーン、夏八木さんの味わい、
には打たれたんですけどね
ま、
ゆうさんの、貴重な映画館での年越し初体験作品ということで、
はるみんサマ♪ (kira)
2014-01-15 22:26:48
こんばんは~
ぼろぼろ泣けたクチなんですね感動できたのはある意味羨ましい!
結構混んでた回だったんですが、みなさんの記事にあるよなすすり泣きとか、
ほとんど無かったんですよー。
でも、染谷くんのシーンではちょっと目頭が熱くなりましたけど
Unknown (ふじき78)
2014-01-19 23:50:09
こんちは、ボロボロ泣いた口です。

> イケナイ子のイメージ(爆)の染谷将太くん

実はあいつは謎の男で、内地に帰るため何人もの同僚を殺して身代りにしてきたくらいやりそうって、変な想像してしまった。
ふじき78さん♪ (kira)
2014-01-25 18:47:16
まあ、泣いたもん勝ち、ってことで(笑)

これはブロガーさんには高評価で、今週もランキング1位ですもんね。
でも、、、私にはどこでそんなに泣くポイントが沢山あったのか、不思議よ~ん。
染谷将太くん、どんな役でも上手い!!
あそこで泣きそうになった
Unknown (とらねこ)
2014-01-28 19:14:03
kiraさんこんばんは。
お久しぶりです。
TB反映されないので、コメント欄にて失礼しますね。
私もこれ全く泣けませんでした。
とらねこさん♪ (kira)
2014-01-29 12:40:22
こんにちは~
TB,だめですか~、ザンネンです~
映画の感想を書くようになってからずっと、私と真逆の感想記事もTBを戴きたいと、
ほぼそれを信条にしてきましたが、これは残念なことに
真逆の絶賛記事が圧倒的という(笑)
とらねこさんのコメント欄での会話にも云い得て妙なエピがあったりで、面白かったです。
とにかく「薄い」[「くどい」「オーバー」かな~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永遠の0 (あーうぃ だにぇっと)
永遠の0@イイノホール
映画『永遠の0』観たよ~ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
『永遠の0』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
永遠の0 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 岡田准一     三浦春馬     井上真央 太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父。 「臆病者!」と罵られようと、誰よりも”生きる”ことにこだわっていた人が何故…。 孫姉弟が当時の人達に話を聞き、真相に辿り着く。 もう少し戦闘シ...
劇場鑑賞「永遠の0」 (日々“是”精進! ver.F)
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5巻...
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P)(10) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
『永遠の0』 (時間の無駄と言わないで)
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
永遠の0 (試写会) (風に吹かれて)
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
ショートレビュー「永遠の0・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
60年後に、届いた想い。 実に見応えのある、堂々たる力作である。 百田尚樹の原作はだいぶ前に読んだが、なんと文庫本のベストセラー歴代1位を更新する大ヒット作となったらしい。 長大な原作の映像化がどうあるべきか、おそらく既読者は色々言いたい事も多いだろう...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (武と映画と日常)
大晦日に観てきました。 (映画館で年越ししました。) なかなかレビューを書く気になれず、 今日になってしまいました。 エンドロールが始まった瞬間、 『へ?マジ? 』 ってなりました。 『ローレライ』(私のワースト1ムービー)を 観た時と同じ...
永遠の0(ゼロ) (Break Time)
3連休の真ん中です・・・
『永遠の0』を新宿バルト9シアター9で観て、イビツだとしても好きよふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おそらくイビツな映画】 ラストについてのネタバレがあります。 原作未読。 これには泣かされる。 でも、私はひねくれ者だから、 映画としては変な作 ...
永遠の0 (映画と本の『たんぽぽ館』)
若い方には是非 * * * * * * * * * * 本作は見ないつもりが、 他にタイミングよく見たいものがなかったため、見ました。 原作は読んで十分堪能したのですが、 いかにも「感動作」という触れ込みが、 あまのじゃく気味の私に二の足を踏ませていたの...
永遠のゼロ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
原作は未読。 だから純粋に映画だけに関してのわたくしの印象・
永遠の0 (まてぃの徒然映画+雑記)
原作を読んでいたけれど意外と映画の評判もいいので観てきました。原作と比べると現代のシーンが多いなあと思ったけれど、吹石一恵が可愛かったので良しとしよう。 宮部久蔵(岡田准一)の凄さを語るエピソードが結構カットされていたのも、映画の構成上やむを得ないの....
映画評「永遠の0」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり