to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

TAJOMARU

2009-09-20 01:53:18 | the cinema (タ行)
上映時間 131分
脚本 市川森一/水島力也
監督 中野裕之
出演 小栗旬/柴本幸/田中圭/やべきょうすけ/池内博之/本田博太郎/松方弘樹/近藤正臣/萩原健一

芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊“多襄丸”を主人公に、オリジナル・ストーリーで描く異色時代劇。
阿古姫(柴本幸)という許婚もいて将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗旬)は、陰謀により家を追われてしまう。山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、その際に阿古が言い放った言葉に直光は驚く。すきをついて逃げ出した阿古を追う多襄丸を殺めてしまった直光は、死にゆく多襄丸から彼の名前を継ぐよう託される。

大納言が急逝した事により勃発する畠山家のお家騒動は、八大将軍足利義政(萩原健一)が放った一言によって幕を開け、
家臣をも巻き込むお宝争奪戦へと発展する。

―信じていいのは誰なのか?最後まで本心が見えない、
信頼と裏切りのどんでん返し―

ではなかった!
「藪の中」でもなかった・・ま、視点を変えると多襄丸にとってはそうだったのか?
ただ一人多襄丸だけが「藪の中」だったともいえる描き方なので、観客はじれったいかも。

ただ、舞台は室町末期なのだけど、ライトな青春時代ものといった感じです。

今の少年少女がどのくらい芥川龍之介を読んでいるかは分からないけれど、
でも、時代劇スタイルだけど、紛れもない青春ラブストーリー。
これは現代の少年少女に贈る時代ロマンといえる作品だと思えます。
そう思って観ると、時代考証的にどうなの?とか、
数々の現代調のセリフや音楽も気にならない。
一つだけ、大人の解釈を要する部分もありますが(笑)今のティーンネイジャーには大丈夫でしょう

周りの空気読んだり、損得を秤にかけうまく立ち回ったりできない、しない男多襄丸。
裏切られても、罠に堕ちようとも嘘のない自分に立ち返る、純粋でアツイ男の物語。

クライマックスの多襄丸と桜丸(田中圭)は、
ちょっと汚れた王子さまと、チョット毒のある牛若丸っぽい(笑)
二人とも、あの立ち回りには凄く不向きな意匠で、迫力のある殺陣を披露していました。
けど、何気に一番殺陣のシーンが多かったのは田中圭くんでしょう。頑張っていましたね。

小栗君と池内くんのツーショットはGTOを思い出させます。
もう10年以上前ですし、池内くんは大人になったなーと思いましたが、旬くんはこの作品ではなぜか凄く幼く見えました。

この、裏切られても騙されても、決して自分自身を裏切らない男の生きる姿を、
今の若者をスライドさせただけの描き方は、
時代が変わっても伝えたい男子像なのかも。
時代劇だからということに全く気負わない旬君の演技に、
これはそう、若者になって行く前の世代に向けた作品なんだと、確信して観てました。

でもねぇ・・・あのラストは古い。
ってか、行く末が心配(笑)
ま、地獄谷の様子から驚異的回復だった阿古姫だし(笑)心配しなくていいのか
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜もスパイ・する? | トップ | 今夜の「堂本兄弟」と「天地人」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小栗くん。 (BC)
2009-09-20 13:52:52
kiraさん、こんにちは。

そうそう、この作品は歴史活劇というよりも青春ラブストーリーでしたね。


P.S.
小栗くんと池内くんはそう言えば『GTO』に出演してましたね。

私的には小栗くんと言えば『Summer Snow』で堂本剛くんの弟役のイメージが強かったから、
ナイーブなだけに見えてあまり好きではなかったんだけど、
『キサラギ』ではしっかりしてそうな感じに見えたし、
『クローズZERO』では男っぽさも表われてきていて
良い感じで年齢を重ねてきていて
最近の小栗くんは魅力的だと思っています♪
BCさん* (kira)
2009-09-21 16:58:52
BCさんも感じていらっしゃるように、
どこか舞台劇を見ているような、演出、演技でしたね~。
京都だと思われる秋景色など、画面の綺麗さも印象的でした

「Summer Snow」観てましたよ!あれは千住さんの音楽も好きでした!
「キサラギ」ではほぼ等身大の彼に見えましたね♪
「クローズZERO」は苦手意識が(いわゆるケンカメイン?笑)先にたって未見ですが、
色んな役に巡り合って、素敵な俳優になっていって欲しいです
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-09-22 13:35:35
みるまで、『羅生門』だとは全然知らず、椅子座ってから、なるほど!!と思った次第です。
結構楽しめましたよ。
最後はちょっと甘い味付けでしたが、若い人向きにいいんじゃないですかね。
やっぱ愛と希望と自由は必需品でしょう。
「クローズZERO」!!結構スカッとしますよ。
ケンカも半端ない喧嘩じゃなくて、ちゃんとルールがあるってとこが描かれて、好きです。
sakuraiさん* (kira)
2009-09-22 15:50:35
あ、情報なしで行かれたんですよね。
それで楽しめたのは、小栗君作品をご覧になっているのとか、
この時代のお話がお好きだったとかがよく作用して(笑)ラッキーでした
ラスト、、、今の子の方が、案外現実的かもしれませんが、
この流れではこれしかない
クローズZERO,高評価なんですよね、皆さん。
機会があれば観る事にします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『TAJOMARU』 (だらだら無気力ブログ)
  芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊の多襄丸を主人公にしたオリジナル ストーリーの時代劇。 武家の名門の次男坊として生まれた主人公が兄や家臣に裏切られながらも 愛した女性のために生きる様を描く。室町後期。三管領家の一つ畠山家には信綱・直光の兄...
【TAJOMARU】「愛」と「義」の中世童話 (映画@見取り八段)
TAJOMARU 監督: 中野裕之    出演: 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、萩原健一、松方弘樹 公開: 2009年9月 原...
TAJOMARU (5125年映画の旅)
管領の家柄である畠山家の次男・直光は、家臣である桜丸の策略によって許婚の亜子を長男・信綱に犯されてしまう。亜子と共に家を出た直光だったが、山中で出会った盗賊・多襄丸に破れ、またも亜子を奪われてしまう。傷心の亜子は、これで直光と結ばれることは敵わぬと...
TAJOMARU (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『絶対、女を捨てない。 己を曲げない。 そして、どこまでも自由。』  コチラの「TAJOMARU」は、世界のクロサワこと黒澤明監督の「羅生門」の原作でもある芥川龍之介の「藪の中」、何度となく映像化されてきたこの名作小説を、その「羅生門」では世界のミフネこと...
TAJOMARU (悠雅的生活)
謀略。地獄からの生還。自由。
◇『TAJOMARU』◇ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、中野裕之監督、小栗旬主演。
TAJOMARU (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
多襄丸(たじょうまる)とは、芥川龍之介の短編「藪の中」に出てくる盗賊で、黒澤明の「羅生門」にも登場するキャラクター。原案は同じだが、まったく別の視点から描いた異色時代劇だ。名門・畠山家の次男・直光は、陰謀により家を追われてしまう。将軍の酔狂や、兄、家臣...
TAJOMARU (Diarydiary!)
《TAJOMARU》 2009年 日本映画 芥川 龍之介「藪の中」をオリジナルに
「TAJOMARU」 (NAOのピアノレッスン日記)
~その男、多襄丸。   絶対、女を捨てない。己を曲げない。そして、どこまでも自由~前情報をあまり見ず、ただ単に、小栗くん見たさとB’zの主題歌を目当てに見に行った次第。(相変わらず、ミーハーですなぁ。。。)2009年 日本  ワーナーブラザーズ配給 ...
TAJOMARU (迷宮映画館)
いい!!いいぞおお!!
『TAJOMARU【タジョウマル】』 (ラムの大通り)
----これって『羅生門』と同じく 『藪の中』がモチーフになっているんだって? 「うん。『羅生門』では三船敏郎が演じた多襄丸を主人公にした完全オリジナルストーリー。 『傷だらけの天使』『異人たちとの夏』の市川森一が 脚本に参加して作られたというのも話題になっ...
藪の中~『TAJOMARU』 (真紅のthinkingdays)
 室町時代、京の都。代々管領職にある畠山家の次男・直光(小栗旬)は、盗賊 の子を家臣とし、桜丸(田中圭)と名付ける。兄・信綱(池内...
TAJOMARU (5125年映画の旅)
管領の家柄である畠山家の次男・直光は、家臣である桜丸の策略によって許婚の亜子を長男・信綱に犯されてしまう。亜子と共に家を出た直光だったが、山中で出会った盗賊・多襄丸に破れ、またも亜子を奪われてしまう。傷心の亜子は、これで直光と結ばれることは敵わぬと...
★★「TAJOMARU」観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 本文はここから 趣味はと聞かれるとやっぱり「映画館で映画を観ること」ですかね。 「映画館」がポイント 自宅でDVDなどで観てると邪魔が入るしどっぷりその世界につかることが出来ないのでやっぱり邪魔の入らない専用の場所で...
カムイ外伝 (Diarydiary!)
《カムイ外伝》 2009年 日本映画 忍びとして生きてきたカムイ、その世界を抜け
★「TAJOMARU」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
一日3本目なので、だいぶ疲れてきたーー。 本作は芥川龍之介原作の「藪の中」に出てくる多襄丸という盗賊が主人公。 主演は小栗旬。
TAJOMARU (C'est joli~ここちいい毎日を~)
TAJOMARU’09:日本 ◆監督:中野裕之「RED SHADOW 赤影」「SF サムライ・フィクション」◆出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、 近藤正臣、萩原健一 ◆STORY◆乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家...
『TAJOMARU』 (・*・ etoile ・*・)
'09.09.04 『TAJOMARU』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。わりと重めな作品が続いていたので、たまにはいいかもと応募、当選した。そして、たまには目の保養もしたかったので、イケメン枠ということで(笑) *ややネタバレ。ちょ...
TAJOMARU (週末映画!)
映画「TAJOMARU」の評価・感想のまとめ
『TAJOMARU』 (Mooovingな日々)
中野裕之監督、小栗旬、柴本幸、田中圭、松方弘樹、近藤正臣、萩原健一ほか。 時は乱世、何も不自由ない家柄なのに盗賊多譲丸を名乗る男。血肉を分けた兄弟のような家臣、心底愛した女、誰よりも信じた者たちに裏切られどんでん返しにつぐどんでん返しに彼が最後にたど...
TAJOMARU (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[TAJOMARU] ブログ村キーワード 評価:6.5/10点満点 2009年84本目(79作品)です。 【あらすじ】 阿古姫(柴本幸)という幼なじみの婚約者がいて、将来も約束されている畠山家の次男・直光(小栗旬)。 家臣の桜丸(田中圭)の陰謀により、山中に逃げ込んだ二人は盗...
『TAJOMARU』 (きららのきらきら生活)
「TAJOMARU」観てきました♪
「TAJOMARU」 苦悶の先に見たものは (はらやんの映画徒然草)
この秋は時代劇作品が多いですね! 先週から「BALLAD 名もなき恋のうた」、今
(映画)TAJOMARU (ゼロから)
阿古姫が前代多襄丸に告げた畠山直光の始末の話を聞いて阿古姫は、かなりの性悪かと思っていた。表\情も険しいものだったから、後に道兼が、その場面に居合わせていたことにより、阿古姫の本心が直光に伝わったシーンは、感動的でした。
映画評「TAJOMARU」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中野裕之 ネタバレあり