to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

レスラー

2009-07-23 21:46:22 | the cinema (ラ・ワ行)
人生は過酷である、ゆえに美しい。
原題 THE WRESTLER
製作年度 2008年
上映時間 109分 映倫 R-15
監督 ダーレン・アロノフスキー
主題歌 ブルース・スプリングスティーン
出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス

ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人生と重ね合わせて哀愁いっぱいに熱演し賞賛された感動の人生ドラマ。
かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤独に打ちひしがれる中で、ランディは再びリングに上がる決意をする。(シネマトゥデイ)

6月に公開されていたのに劇場に行けないまま、気付けば地元ではもうやってなくて
やっと銀座まで行けました。滑り込みセーフです。

全世界の映画賞54冠に輝いたというミッキー・ロークのレスラーを観て来ました!

嘗ては栄光を味わい、
老いて今全てを失い、孤独を味わっている男―ミッキー・ロークはまり役!

80年代にプロレス界のヒーローとして人気を博したランディ・ロビンソン。
20年後の今でも老体に鞭打ち、ステロイドを常用し、現役に拘ってやってきたが
リングを降りれば満身創痍の身体を休めるトレーラーハウスの家賃にも事欠く生活。
スーパーのアルバイトをし食いつないでいるが、
絶頂期のヘアにこだわり髪を染めパーマをかけ、日焼けサロンに通う(笑)
老いたりといえど、大真面目にイメージを大事にしている。

日本ではどうなのか、プロレス興行の舞台裏もテンポよく描かれて、
控え室のヒーロー役とヒールの会話がいかにもプロらしい。

カメラはずっと独りのランディの背中を追っていく。

娘に接する時、恋するキャシディに会う時、
そして家族のような仲間と会う時以外・・・。

恋をして娘が出来たはず―。
そして今また恋をし、心を通わせたはず・・・。
だけど、サイン会や試合のスケジュールは忘れることはないけど、
肝心な時に家族の期待を裏切る男。父親になれない男。こういう男って確かにいる。

そんな不器用な愛すべきダメ男を、
夢を見続ける彼の迷いや後悔や、孤独。そして愛情を、
ミッキー・ロークが魅力的に演じています。
そんなミッキーに主題歌を提供したブルース・スプリングスティーンの曲がまた良い!

Bruce Springsteen - The Wrestler

これは(私も泣けましたが)男の泣ける映画ではないでしょうか。
心に滲みる作品でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「華麗なるスパイ」好発進♪ | トップ | 今夜の堂本と雑誌情報〜♪ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜♪ (あん)
2009-07-24 21:21:26
ミッキー・ロークの今までの半生をまんま背負ったような"ランディ”には、胸が詰まりました。キャシディも,
大人のいい女でしたね。2人とも、演技がどうとか言うより、とにかく味わい深かったです。
この映画、私は男泣きしましたよ〜(あ、時々、私はおじさん化するのですw)
こんばんは〜♪ (ひろちゃん)
2009-07-24 22:53:39
お忙しい中、やっとご覧になれたんですね^^
シャンテシネでまだやっていて良かった
ね(^_-)-☆まだ、混んでましたか?

不器用なランディはそのままミッキーロークであり、彼の人生とオーバーラップして
グッときました(T^T)この映画を観て
ミッキーにオスカーあげたかったって
思いましたもん(笑)

予告編から泣けましたけど(笑)ブルース・スプリングスティーンの曲がまたいいのよね〜
(T.T)男が泣ける映画ですよね(T^T)
ご覧になれてよかったですね! (rose_chocolat)
2009-07-25 06:42:34
私もこれ大好き〜。
不器用だけど、何か愛せるキャラなんですよね。 そこがまたいい! みたいな。
ここまでみんな自分に素直には生きられないから、共感できちゃうのかもしれません。
マリサ・トメイはすごかった。 彼女好きです。
良かった?! (オリーブリー)
2009-07-26 00:39:45
kiraたん、プチお久さぁ〜(って、こればっかでゴメンね)
何だか、この映画には男の生き様とか哀愁とか(?)思いっきり感じてしまいました!
ミッキー・ロークは好きな俳優さんではなかったったけど、
何だろう、何とも言えないない何かを感じさせられた映画でした。(苦笑)

アカデミー関連では「扉をたたく人」のリチャードも良かったですが、私はミッキーに一票だったな(笑)
嬉しい・・・ (マリー)
2009-07-31 22:41:44
こんばんは〜。
観たかったんです!
8月に来てくれそうで喜んでます。
kiraさんも堪能されたみたいで、楽しみです♪
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-08-05 08:02:53
沁み入る映画でしたね。よかったです。
劇場は、いつもと違って男の方々が圧倒的に多かったです。
やっぱプロレスってのは、なにかひきつけるものがあるんでしょうか。
悲哀に涙し、不器用さがいとおしくて、とにかくグジャグジャになってしまいました。
あんサマ* (kira)
2009-08-22 19:58:05
これは本当にミッキーのための「レスラー」ですよね♪
彼だからこそ、どうしようもないプロレスバカのオトコが
こんなに愛しい、こんなにチャーミングなのだと思いました。
キャシディも、昔よくいたいい女って感じで、
凄くいいキャスティングでしたね〜♪
私も、ココロは時々おじさん化します
ひろちゃん* (kira)
2009-08-22 20:07:16
そうなの
私が信頼するブロガーさんたちが、こぞっていい評価でしたので、
なるべく記事も読まず、
でも見逃すまいと、頑張りました!

>ミッキーにオスカーあげたかった
うんうん、私もよ〜
彼自身もこの作品に賭けるものが気迫とともに伝わってきましたね。

最期の微笑みにやられました・・・
混んでました。たくさんの人のすすり泣きの中
私も男泣きでした
rose_chocolatさん* (kira)
2009-08-22 20:13:54
夢の中で生きてるような、子供じみたオトコが、
現実に目を向けるとき―、
現実と戦って生きてきた孤高のダンサーとの触れ合い、
ありそうな展開ですが、この二人だから味わい深かった!
いい、というより好きな作品です〜
オリーブリーたん* (kira)
2009-08-22 20:31:57
こちらこそ、放置気味で
TBも送りっぱなしで、ごめんね

お盆休み、どうだった?
お子さん+ジョニくんとの生活は楽しかったでしょう
映画鑑賞も順調みたいですね♪
私は、、、もう少しかかりそうですが、
仕事はひと段落ってトコでしょうか

「扉をたたく人」も観たかったけど、あきらめて
コチラニしました。
うん、人生とか、人生とか、、(笑)
家族や、恋愛観とかも含めて、男の「人生」を見せ付けられましたね。
ミッキー、良かったです
マリーさん* (kira)
2009-08-22 20:41:46
毎日暑いですよね〜。
お子さんたちも、お母さんも(笑)まだもう少し夏休み
頑張りすぎないで下さいね♪
これね、マリーさん好きだと思うわ!
観れるといいですね♪感想楽しみにしてますよー
sakuraiさん* (kira)
2009-08-25 15:48:41
遅れました〜==

>やっぱプロレスってのは、なにかひきつけるものがあるんでしょうか。
そうですね。ボクサーとか、レスラーって、
やはり他のスポーツと一線を隔すものがあるのかもしれません。
>悲哀に涙し、不器用さがいとおしくて、とにかくグジャグジャになってしまいました。
全く同じです!!
あの、「目」が、、止めでした〜
こんにちは〜♪ (ミチ)
2009-08-29 22:17:44
やっと公開されました〜
待った甲斐があったわ。
コレを見たら、オスカーはミッキーでしょーー!って思っちゃった。

実際にランディのような男が夫だったり父親だったりすると困るんだけど、客観的に見ると愛おしくなってしまうの。
ミチさん* (kira)
2009-09-03 21:33:48
>コレを見たら、オスカーはミッキーでしょーー!って思っちゃった

ですよね〜
ボディはともかく(笑)
淡々と日々を生きながら滲ませる孤独感、
女性や娘を見るあの眼差し、
そして選び取ったらスト!
あの目が良かった
Unknown (sabunori)
2009-09-26 13:48:06
kiraさん、こんにちは。
あの試合前の綿密な打ち合わせシーンが印象的でした。
悪役のゴッツイ男が妙にシャイっぽかったり礼儀正しかったり。
レスラー同士が相手を尊重しあっているのもよかったですよね。
sabunoriさん* (kira)
2009-09-27 10:53:57
sabunoriさん、調子はいかがですか?
心配しています。無理なさらないで下さいね

私自身はプロレスはあまりみないんですが
若い頃の知り合いに、意外にプロレスファンがいたりして、
ショーの舞台裏話的なことは、知識としてありました。
でも、あの見せ方は上手かったですよね
誰もが、プロとして相手を尊重している雰囲気がテンポよく伝わってきました♪
Unknown (はらやん)
2009-10-14 17:28:57
kiraさん、こんばんは!

ずっとやりたいことを続けていくっていうのは、思っているよりも難しくて、どこかで妥協してしまうものですよね。
ランディは迷い悩みつつも、自分のやりたいことを最後までやっているっていうところに、みなシンパシーを感じるんでしょうね。
不器用な生き方っていうのは実はけっこう難しいもので、いいのか悪いのかいつの間にか器用になってしまうんですよね。
はらやんサマ* (kira)
2009-10-18 20:14:16
こんばんは〜☆

>不器用な生き方っていうのは実はけっこう難しいもので、
>いいのか悪いのかいつの間にか器用になってしまう
そうかも知れません。
好きなことに集中するあまり、自分の置かれている状況、
人の気持ちに気づかない。まるで子供。
それだけに純粋さも伝わってきて、その不器用な人生の意味を考えてしまいますね
ほんと・・ (メル)
2010-01-23 11:48:28
kiraさん、こんにちは〜☆^^

いつもTBのみさせていただいて、申し訳ないと思いつつ
この態度は今年になってもなかなか改まらないようで(^_^;)
そんな私に、いつもTBエコーしていただき、感謝感謝です♪ありがとうございます!

んで、この映画ですが
ほんと、こういう男っていますねぇ〜・・
仕事はちゃんとする、でも、ひとたび家族のことになっちゃうと忘れちゃう、ついうっかりしちゃう・・
良い夫になれない、良い父親になれない男・・・。
でも、こういう風に映画でみると(実生活で、こういう人が夫だったらやっぱり別れてるかもしれませんが(^_^;))
男臭くて、男らしくて、男の哀愁が感じられて、可愛くもあり、やっぱり素敵なんですよね〜♡

そうそう、ラストのブルース・スプリングスティーンの曲。
堪らなく良かったです!!!
胸がつまりました・・。
メルさん* (kira)
2010-01-24 13:05:45
こちらこそ、「ちゃんと」コメントしたいと思いつつ、
TBだけで精一杯の日が続いたりしています

>男臭くて、男らしくて、男の哀愁が感じられて、可愛くもあり
それでいて、普通に社会人としてもやっていけて
普通にいい夫で、優しいパパで―
いられない男が、なぜか可愛いんですよね・・

ブルース・スプリングスティーン!
流石に長年の友人だけあって、全てを知った歌でしたよね。
大好きな作品の素晴らしいキャストでした

不器用な男は ホーム・ボーイのジョニーでも演じています (zebra)
2011-04-07 00:30:15
こんばんは kira様
たった今、この「レスラー」を見終えました

>その潔さや悲壮さに感動しながらも,なんと不器用で,愚かな選択!
 女性からの視点からみたら そうかもしれません

レスラー人生もそろそろ終わりに近づき、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。唯一の心の支えが マリサ・トメイ演じるストリップ・ダンサー キャシディーだけ

 自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。

 あ、そうそう kira様は 同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知っていますか?

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ
zebraさん* (kira)
2011-04-07 18:28:25
初めまして。
コメントありがとうございます。

明らかに男の生き様をミッキーが哀愁たっぷりに演じて魅せた
まさに男のドラマなのに、
改めて見返してみると、ここにコメント下さっているのは、
ナント、全員女性なんですね〜(笑)
所謂女性の男性化?(笑)
まあ、それは冗談ですが、昨今はけっこうロマンチストな大人女性が増えているという証明のようでもあります♪

不器用な男を選ぶわけではないですが、捨て置けない

オススメのミッキーのボクサー版、「ホーム・ボーイ」ですか。
機会があれば観てみますね。ありがとうございます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
「レスラー」 (或る日の出来事)
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
★レスラー(2008)★ (CinemaCollection)
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
【映画評】<!-- れすらー -->レスラー (未完の映画評)
引退を決意した中年レスラーが自分の居場所を見つけるまでを描いた感動のヒューマンドラマ。
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
レスラー  (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
レスラー   原題:THE WRESTLER   6/5(金)@一ツ橋ホール 人気レスラーだったランディも、今ではスーパーでアルバイトをしながらかろうじてプロレスを続けている。 そんなある日、長年に渡るステロイド使用がたたりランディは心臓発作を起こしてしま
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
「レスラー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Wrestler」 2008 USA/フランス ランディ・ロビンソンに「白いドレスの女 /1981」「 ナインハーフ /1985」「エンゼル・ハート /1987」「 レインメーカー/1997」のミッキー・ローク。 キャシディに「アルフィー/2004」「その土曜日、7時58分/2007」「さ...
レスラー (5125年映画の旅)
一世を風靡した人気レスラー、ランディ・ラム・ロビンソン。しかしそれは20年も前の話。年老いたランディは、衰えた身体に鞭打って現役を続けていた。しかし試合の後、ランディは心臓発作で倒れてしまう。バイパス手術で一命は取り留めたものの、医者からはプロレス...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
「レスラー」痛い作品 (再出発日記)
「俺にとって痛いのは 外の世界だけさ」監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド勘違いしていた。過去の栄光にすがった落ち目のレスラーの話かと思っていた。たとえば今はほとんど試合もなくて再起をかけて...
レスラー (迷宮映画館)
泣いた・・・・・。
「レスラー」はミッキー・ロークの伝記映画か? (映画と出会う・世界が変わる)
主役はミッキー・ロークであることに徹底的にこだわり、興行的に不安ということで製作費を減らされても、結局、ミッキー・ロークを起用して完成させたというメイキング・エピソードは有名であるが、出来上がった作品を見て、その理由はよく判る。この映画は落ち目の中年レ...
映画 【レスラー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レスラー」 ダーレン・アロノフスキー監督作品。小規模公開ながら54の映画賞を受賞し、主演のミッキー・ロークはアカデミー主演男優賞にノミネートされた。 おはなし:かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。あ...
♯38 「レスラー」 (cocowacoco)
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラー...
レスラー (龍眼日記 Longan Diary)
かつて全米No.1レスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は 50代になった今でもスーパーのバイトのかたわらプロレスを続けている。 しかしある日心臓発作で倒れ、医者から引退しなければ生命の保証はないと 宣告を受けてしまう。 プロレスと決別し、音信不通...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
レスラー (paseri部屋)
「レスラー」(2008)を観ました。監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド<内容>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、...
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R−15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...