itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黒木亮『冬の喝采』

2010年01月20日 22時22分57秒 | 書評(その他著者)
冬の喝采
黒木 亮
講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、黒木亮『冬の喝采』を紹介します。著者の陸上ノート(中学から大学まで)から起こした自伝的小説である。著者は本名の金山雅之として出ています。日々どういう練習をして、どういう気持ちで走っていたのかということがわかる。怪我とうまく付き合っている時の心理描写が巧みでリアリティがあるなあと思う。時折でてくる中村監督の話がむちゃくちゃで面白いなあと感じてしまう。最後のエピローグはほろりとさせるものになっている。

感想は622ページあって最初は長いなあという印象があったが、陸上に取り組む姿勢や心理描写がわかり、苦労しながら走っているんだなというのがわかる。読み進めていくにつれて、苦労しながらも納得して走りきってほしいなあと思ってしまう。

金山は、高校一年生までは自己流でタイムを伸ばしてきたのだが、高校二年生から大学一年生までの3年間は怪我との戦いで練習もまともに出来ない状況だった。それから、競技部に入ってからも、怪我と付き合いながらも何とか箱根駅伝に2回出場した。大学3年の時は3区を走ってチーム順位は1位で、区間順位は13位である。大学4年の時は8区を走ってチーム順位は3位で、区間順位は6位である。やっぱり、怪我との戦いなんだろう。

読んでいて思ったのは、瀬古のすごさですね。瀬古は、大学時代福岡国際マラソンに出場した後箱根駅伝に出場していたんですよね。タフやな。残念なのは、日本がモスクワ五輪をボイコットしたことで、ピーク時の瀬古が出場できなかったんですよね。

<参考リンク>
箱根駅伝のドラマを描く自伝的小説「冬の喝采」黒木亮インタビュー
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日航が会社更生法申請、機構... | トップ | 教えて! あなたのバレンタ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Trackback 有り難うございました (真理庵)
2010-01-24 01:07:33
1年近く前に読んだ本でしたので懐かしく思いました。
改めて色々思い返しました。
itchyさんは1976年にお生まれと言うことでしょうか?
瀬古さんのことをご覧になったときはおいくつだったのでしょうか?
私も全盛期の彼にモスクワで走ってもらいたかった。。。
ただ、私は著者と同年代なので、目線は若干違う部分もあるように感じました。
Re:Trackback 有り難うございました (itchy1976(当サイト管理人))
2010-01-24 02:26:22
真理庵様コメントありがとうございます。

>itchyさんは1976年にお生まれと言うことでしょうか?
→ご推察の通り、1976年生まれです。

>瀬古さんのことをご覧になったときはおいくつだったのでしょうか?
→小学校時代(6歳から12歳)になりますね。ロサンゼルス五輪、ソウル五輪で瀬古さんの現役時代を見た程度です。リアルの瀬古さんを知っているわけではなく、過去の有名な選手であり、解説者の印象です。リアルに感じるのは、同じ早稲田大学の渡辺康幸であり、竹澤健介ですね。本書を読んで、改めて瀬古さんのすごさを感じるわけです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「冬の喝采」黒木亮著 (千の天使がバスケットボールする)
日本の冬の代表的な風物詩であり、もはや国民的行事ともいえる「箱根駅伝」。 1987年からテレビ中継が始まり、近年、平均視聴率は25%を超えるという参加大学にとっては、格好の受験生集めの手段ともなっているらしいのだが、この時間帯は、毎年我家でもずっとテレ...