itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『浪花少年探偵団』

2007年05月22日 23時42分06秒 | 書評(東野圭吾)
浪花少年探偵団 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『浪花少年探偵団』を紹介します。丸顔美人で独身なんだが、外見と中身が大違いで、口も早いが手も早い、ものすごくバイタリティあふれる竹内しのぶセンセと子供達が2人の刑事と一緒に大阪を舞台に大活躍する話である。中身は軽いミステリーものだが、何かすごく元気がもらえる話である。やはり東野圭吾さんは作品の幅が広いなあという感じがするなあ。

各5章の概略を紹介します。
しのぶセンセの推理:生徒の福島の父親が殺された。犯人は誰かを推理する。ヒントはたこ焼き。
しのぶセンセと家なき子:ゲームをとられた生徒と共に引ったくりの犯人を捜す。また、引ったくりの犯人についての話もある。
しのぶセンセのお見合い:しのぶセンセはお見合いをする。それに対し悪がき2人が新藤刑事をそそのかしてお見合いの様子を隠れてのぞくのである。しのぶの見合い相手の会社の社長が殺されるのである。その犯人を捜す。
しのぶセンセのクリスマス:パーティーの最中に買って来たケーキに血痕入りのナイフが入っていた。それと殺人の因果関係は何か推理する。
しのぶセンセを仰げば尊し:生徒の鉄平のアパートで起こる事件。朝倉町子転落事件の探偵を生徒から頼まれるのである。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東野圭吾『時生』 | トップ | 何で情報処理試験を受けるのか »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございました (ナッシー♪)
2010-12-19 18:02:16
楽天ブログ以外でもトラックバックができることを初めて知りました。PCにあまり明るくないので……。
荻原浩さんいいですよね。全部読みました。
東野さんは発行年月日順に頑張って読んでいます。奥田さんもリストアップはしてあるので、いずれそのうち。
これからもよろしくお願いします。
Re:トラックバックありがとうございました (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-22 19:39:36
ナッシー♪様コメントありがとうございます。

>荻原浩さんいいですよね。全部読みました。
→いろいろな作風がありますね。まだ全部読み終えていませんが、じっくり読んでいきたいですね。

>東野さんは発行年月日順に頑張って読んでいます。
→年月日順に読んでいるのですか。70以上ありますよね。書評感想を書き終えてTBしていただければ読みにいきますよ。

これからもよろしくお願いします。
TBありがとうございます (asazuma)
2010-12-26 17:22:22
トラバもらってたのに遅くなってすいません!
トラバ返ししてますので宜しくお願いします。
また遊びに来てください♪
Re:TBありがとうございます (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-27 00:35:20
asazuma様コメントありがとうございます。

>また遊びに来てください♪
→了解しました。また訪れます。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
浪花少年探偵団 〔東野圭吾〕 (まったり読書日記)
浪花少年探偵団 (講談社文庫)東野 圭吾講談社 1991-11売り上げランキング : 34371おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 竹内しのぶ、25歳、独身、短大卒。 大阪大路小学校6年5組担任の教師。 ちょっと見は丸顔の美人だが、口も早いし手も早い。...
浪花少年探偵団(東野圭吾) (Bookworm)
小学校教諭しのぶ先生としのぶ先生のイキオイに巻き込まれた教え子達や刑事さんの活躍を描いた短編連作集。
東野圭吾 「浪花少年探偵団」 (ご本といえばblog)
東野圭吾著 「浪花少年探偵団」を読む。 このフレーズにシビれた。  そこでセンセに頼みや。頭捻って、何とかこの謎解いてほしいねん。犯人までわかったら最高やけどな。 [巷の評判]ほん読み日記では,「大阪人のパワーとあったかさがたまらない。」 ☆電車で読書Ver.2...
浪花少年探偵団【本】 (つれづれ帳)
東野 圭吾(著)
浪花少年探偵団 (東野圭吾さんのファンブログ)
竹内しのぶ、25歳、独身、短大卒。大阪大路小学校6年5組の担任の教師。ちょっと見は丸顔の美人だが、口も早いし手も早い。そのしのぶセンセの周辺で次々不可解な事件が発生し、 しのぶセンセと教え子探偵団が大活躍。しのぶに好意を寄せる刑事の新藤とエリート会社員...