itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

2011年06月23日 23時39分21秒 | 書評(その他著者)
ラッシュライフ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社


今回は、伊坂幸太郎『ラッシュライフ』を紹介します。本書は群像劇でシュールな世界だなとは思いますが、それだけしかないですよね。そんなに面白いかなという印象しかなかった。世界観がかっこよすぎるけど、登場人物は結構滑稽だよね。ただ、5つの別々の物語を一つに収斂させるという仕掛けは見事だな。

○収斂するは"一枚の壮大な騙し絵"(P461-462)
A-Eの5つの視点で進む
A,拝金主義者の画商戸田と、彼に振り回される新進の女性画家志奈子
B,空き巣に入ったら必ず盗品のメモを残して被害者の心の軽減を図る泥棒の黒澤
C,新興宗教の教祖にひかれている画家志望の河原崎と、指導役の塚本
D,それぞれの配偶者を殺す計画を練る女性精神科医京子と、サッカー選手の青山
E,四十社連続不採用の目にあっている失業者の豊田
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子書籍、先行き“読めず” ... | トップ | <サッカー>U22日本、敗... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (こはり)
2011-07-03 20:22:22
はじめまして、こはりと申します。
TB、ありがとうございました。

年間100冊をお読みになるなんて、
すごいですね。

私はあまり本の知識がないので、
レビュー、参考にさせていただきます。

楽しい本のご紹介、楽しみにしています。
Re:はじめまして。 (itchy1976(当サイト管理人))
2011-07-06 01:42:00
こはり様コメントありがとうございます。

>私はあまり本の知識がないので、レビュー、参考にさせていただきます。
→すべてが楽しい本に当たることがあるのかどうかわかりませんが、お気に召した本を紹介できればいいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ラッシュライフ』/伊坂幸太郎 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
(1)新幹線に乗っている精力的な画商と若い女性画家が掛けをして仙台に到着。 (2)泥棒の仕事の過程と旧友との再会。 (3)宗教家に心酔する青年が、その宗教家の解体に参加するが、それは宗教家ではなく・・・。 (4)お互いの配偶者を殺そうとするW不倫カップ...
ラッシュライフ (Yuhiの読書日記+α)
伊坂幸太郎著「ラッシュライフ」を読了しました。この作品は、堺雅人さん主演で映画化もされていたんですね。全然知らなかったのですが、伊坂さんの作品を何作か読んで、結構面白かったので、気になって読んでみました。 とにかく変わった作品の一言ですね。エッシャーの...
ラッシュライフ*伊坂幸太郎 (+++ こんな一冊 +++)
☆☆☆☆・ 交錯する十余の人生 併走する五つの物語 バラバラに進む五つのピースが 最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる タイトルの【ラッシュ】は lash でもあり lush でもあり rash でもあり r...
ラッシュライフ (悠雅的生活)
街角のどこかで交わる、それぞれの人生伊坂幸太郎 著  新潮文庫
ラッシュライフ(伊坂幸太郎) (Bookworm)
5つの物語が同時進行して・・・と、思っていたらとんでもなかった!ふわーそうくるかぁ、という感じでして。同時進行ではなく、繋がっていたのですね。物語の中で触れられていた彼女の絵のように「バトン」されていく日々、ということなんでしょうか。
本「ラッシュライフ」伊坂幸太郎 (日々のつぶやき)
 ☆本プロからの移行☆  2004/8/23 読了 絵画に携わる男女、新興宗教の信者、泥棒、事故を起こしたカップル、リストラされ職探し中の男、バラバラな5つの物語がラスト結びついていく。 本プロでとても評判の高いこの作品、ずっと読みたい!と思っていましたが...
ラッシュライフ 【本】 (Diarydiary! )
《ラッシュライフ 【本】》 伊坂 幸太郎著 新潮社発行 =Story=泥棒を生業
ラッシュライフ 伊坂幸太郎 (苗坊の徒然日記)
ラッシュライフ オススメ! を、読了しました。 世間を騒がせているバラバラ死体。神を解体するもの。自分が幸せになるために、 世の中を自分の思い通りにする者。鉢合わせた泥 ...
伊坂幸太郎 ラッシュライフ (表きせかえ林道)
伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」 初めて読んだのですが、 この方の本って、おもしろいですねー。 中でも、泥棒さんがカッコイイです。 四つの物語の並走と最後の交差は、 子供の頃に見た映画「愛と悲しみのボレロ」を 思い出して懐かしくなりました。 ジョルジョ....
「ラッシュライフ」伊坂幸太郎 (りゅうちゃん別館)
伊坂幸太郎の出世作、「ラッシュライフ」を読んだ。    【送料無料】ラッシュライフ価格:660円(税込、送料別) 複数の登場人物が、別々の物語をほぼ同時に進行させる。 (まったくの同時ではなく、時間軸に多少のずれがある) だが、話が進むにつれてそれらの話が複...
『ラッシュライフ』 (観・読・聴・験 備忘録)
伊坂幸太郎 『ラッシュライフ』(新潮文庫)、読了。 なかなか100円で手に入らない伊坂作品ですが、 最近、神保町に素敵なワゴンを発見しまして(笑)、 結構売れ線の本が見つけやすくなってます。 ...