[IKOI農園」活動日記

伊豆東海岸大室高原にある「IKOI農園」を中心に集まったリタイア仲間の園芸及びウオーキングなどの「遊び」の足跡

松川湖に「蠟梅」を見に行く

2017年01月23日 | ウオーク

1月23日(月)D-ikoI 

・松川湖の蠟梅が見ごろを迎えている!との伊豆新聞の情報をもとに松川湖蠟梅鑑賞ウォークを実施した。

 昨日の強風で開催が危ぶまれましたが、Dr-O・IW・IT各にゲストとしてTBさんを迎えて7名で実施する事が出来ました。

  10:00IW邸前集合⇒松川湖へと向かう。

 会長の挨拶⇒ストレッチトレーナーの元ストレッチ体操⇒松川湖一周となりますが、本日は少し寒いので一周コースは避けて日当たりコース

 (松川湖西岸)を選択してウォーキングを開始した。

・先ずは「蠟梅」鑑賞

 蠟梅の香り漂う中蠟梅を鑑賞しながら、松川へ

・松川浮石を超えて対岸の梅公園へと向かう

 紅梅は小室山より寒いのか未だ蕾が多い中2本のみ2分咲き。記念撮影を!

・梅公園⇒松川渡川

 *飛び石を軽々走破!。とても高齢者のウォーキングとは思えませんね

・松川湖西岸コース散策

 *芝生も幾分か緑かかって来ているような!・・・クレソンの生育が確認された。春は近い!

 ↓:松川湖を観ながらしばしの休息!

 休憩しながら眺めている景色がこの景色です。  ↓ (^_-)-☆ 眺め心地が良すぎて休憩が長くなった。

・2分咲きの桜を発見

 ・・・・メジロが花の蜜を吸いに!!

・早めの桜鑑賞・・・次回に期待できそう!(^_-)-☆

・全コースで訳4000歩。まあまあです。昼食は久しぶりに伊豆高原ガストで軽めの食事。

>伊豆新聞情報で松川湖の蠟梅を見に行きました。蠟梅は満開でしたが、紅梅は1分咲きで次回のお楽しみ。

 そして、次回のお楽しみに「満開の桜鑑賞」がプラスされました。

 即ち、早すぎた春を見に行ったお陰で今一度最高の春を見に行くチャンスが残された!。

   何事も、遅いより早い方が良い!と言うことが分かりました。2倍楽しめるんですものね!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« D-iko 2017-スタートウォーク | トップ | 蕗の薹は春隣 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪の中から「羨ましい」と (hiro)
2017-01-24 09:45:43
祝 !(◎_◎;) 蠟梅鑑賞ウォーク
快晴の空と日差しを浴びながらの春を感じる。
これほど素晴らしい人生はないかと・・・

札幌から見ると
蠟梅に(狼狽)し 梅公園で(うめ〜)話だと思い
芝を見たら パターを忘れて(しばっ)たと
川は凍ってなく雪もない (かわ)った話だ
次は桜に なんて(桜)んした時期かと・・・

すみません くだらない返信かと反省

今朝の早朝散歩はam5:27 ー16℃と新記録に
久しぶりに指先が痛い 今日に限って手袋が一枚だ
至る所で 除雪の雪が舞い続けています 吹雪?
でも 元気です。

春よこい 早く来い と叫んだら
まだ2月の暴風雪を乗り越えてないよ と返事が
メンバーから (morinobouran)
2017-01-24 15:20:47
後期高齢者の仲間入りをしている
 ボクちゃんとしてわ、金、土、日の
伊東めちゃくちゃ市への出店で準備
が忙しかったので、月曜日は自宅で
一日中パジャマ姿でした。ので参加
出来ず残念です。
 P/S 本日の竹作業日で予定通り
材料の詰め込み完了しました。ので
明日朝5時から、竹炭の窯焚きをします
札幌は-16度らしいのですが、こちらわ
さて何度かな。
 
M-Bさんお疲れ様でした (D-ikoI)
2017-01-25 19:53:29
>寒い中窯炊きお疲れさまでした。
 明日までは寒さが残りますが明後日からは幾分か暖かくなるようです。

>桜の開花が早そうですので「南の桜ウォーク」は2月初旬になるかもしれません。
 ちなみに、イベントは2/10~3/10の予定ですが、これでは遅きに失する可能性が有ります。
 開花情報をチェックし予定外の結構になるやも(^_-)-☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。