熱中症予防

2017年06月16日 | 雑感
 

 母がお世話になっている老人施設で、看護師さんであり、保健師さんでもあるTさんによる「熱中症予防」の講演がありました。

 毎年5万人が熱中症により救急搬送されているそうで、その内、半数は65才以上の高齢者。
そのわけは、体内水分量が、幼児は70~80%、成人60%、高齢者50%と、高齢になると体の水分量が少ない上、喉の渇きを感じにくい。
あるいは、食欲不振で食事から取る水分量が少なかったり、降圧剤、利尿剤の影響や、夜間トイレに行きたくないため、水分を控えてしまうこと等など、原因があるそうです。

 体重40kg の人は、2L、体重60kgの人は2,5Lの水分が、皮膚、呼吸、尿から排出されているそうですから、脱水にならないためには、食事で摂取する分も含めて、同量の水分が身体には必要ってことですね

 身体の水分が不足すると、暑くても汗が止まり、結果、身体に熱がこもり、熱中症になるのだそうです。

 水分補給するスポーツドリンクの中には、糖分が多いものもあるため、糖分少なめで、塩分が多めのOS1などが、脱水の時には、適しているようですが、家庭で簡単にできる「経口補水液」の作り方をご指導いただきました。写真 ↑ 

 水 1L、 塩 3g(小さじ1/2) 砂糖40g(大さじ4と1/2)をかき混ぜるだけ。

 砂糖は減らしてもいいそうです。

 試飲もありましたが、飲みやすかったです。

 母は、数年前のお盆、脱水症状をおこし、入院してから、認知症が進みました。
 私も気をつけたいと思っています。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット騒動 | トップ | お寺で縁結び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。