老人ホームに仏壇

2016年08月24日 | 仏教
先日、一人暮らしのご門徒さん(仮にAさんとします)が、老人ホームに入居なさいました。

首都圏在住の娘さんが、高齢で不自由になられたお母様を心配され、佐賀で有料老人ホーム探しから、入居の手続き、引越作業に奔走されていました。

その中で、娘さんから、ご相談受けたことです。

Aさんは、アパート暮らしでいらっしゃったので、ミニ仏壇(タンスや棚の上に置くことができる、本願寺の正式な仏壇「いちょう」)を安置され、大切にされていました。

老人ホームの入居に際し、娘さんが、
「仏壇を持ち込みたいのですが…」
と、施設に相談されたところ、施設側は拒否されたとの相談でした。

入居されるのは、個室とのことでしたので、
施設側は「仏壇」と聞いて、大きな仏壇を連想し、持ち込み禁止されたかもしれないので、具体的に、ミニ仏壇のサイズ(場所をとらず、どんなにコンパクトか)を説明し、
ロウソク、線香、リンも持ち込まず、隣室の方の迷惑になるほどの大声で念仏することもなく、ただ手を合わせるだけ・・・
それでもダメなのか、再度、お尋ねされてはと、申しあげましたが・・・

結果、一切ダメだったそうです

病院で禁止は、わかります。でも、まだ、お元気で生活される、生活の場・「老人ホーム」において、人に宗教勧誘するわけでなく、個室で、ひっそり手を合わせることが、どうして問題なんでしょう? 

 その施設は、ただ入居者の身体をケアしても、心のケアはなし、なんでしょうか
 
  
 なぜ、生活の中で大切に手を合わせてこられたもの、ご本人の 生きる指針となっているもの を 尊重してくださらないのでしょうか

宗教は一切排除ならば・・・でも、まさか、施設で、ご高齢者にとって、小さい頃から馴染みがないのに、クリスマスとか、ハロウインとか、されたり、しないでしょうね


結局、Aさんのミニ仏壇は法専寺でお預かりすることになりました。

何だか、とても、残念で悲しかったです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発の今

2016年08月22日 | 雑感
関東に台風上陸、被害も出ているようで、心配です。
 そして、いつも、心配なのは、福島第一原発です。
 
 台風9号の強風で、事故でむき出しになっている原発建屋は、吹き飛ばされるのではないか
 
 台風の猛烈な雨で、大量の汚染水や、メルトダウンした放射性物質が、海に、一層ダダ漏れしているのではないか

 昨年、福島で見た、除染のため黒いビニール袋に詰められた汚染土・・・大量の黒いビニール袋・・・ あんな袋、すぐに破れてしまうのではないか 
 除染作業で、本当に除染されたと言えるのか・・・などなど・・・

 九州では、最近、報道されることのない、福島の状況。
 
 東日本大震災後、毎年の訪問ですが、9月1日から、浄土真宗佐賀教区の有志が、福島へ、支縁(支援ではなく、縁を支える、つなぐの支縁)の旅 に向かわれます。
 
 昨年は、私も参加させていただき、大変お世話になりましたが、今回は、不参加です。

 関東、東北、北海道の大雨に対し、相変わらず、ギラギラ太陽、35℃超えの猛暑日が続いている佐賀です。

 暑い佐賀から、気持ちだけですが、福島の現実を心配し、心を寄せております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソ満国境 15歳の夏

2016年08月21日 | 雑感
 昨日は、先日、ご紹介した映画

 

を、これまた夫婦で鑑賞。ご門徒さんがお世話なさっている団体が主催の 文科省選定作品(少年向け)の映画です。

 本当は、主人公たちと同じ中学生が観るべき映画ですが、観客は中高年が主。
中高年と言っても、戦後70年。戦争を実体験された世代より、戦争を知らない観客が、大多数だったように思います。

 実体験を書かれた原作(田原和夫「ソ満国境 15歳の夏」をもとに、作られた、映画です。 

 太平洋戦争末期、昭和20年5月にソ蓮と中国満州(当時、たくさんの日本人が住んでいた)国境付近に、農作業の勤労動員として送られた「新京第一中学」(日本人学校)3年生の生徒たち。
敗戦間近の8月9日、突然、日ソ中立条約を破棄し、満州に攻め込んだソ連。

ソ連と満州の国境付近に置き去りにされた15才の少年たちの過酷な逃避行。敗戦後は50日間、ソ連の捕虜になり、解放後、餓死寸前のところを満州の村人に助けられ、その後、故郷に帰るまでを書いた著書。

 その70年前の少年達のことを知る、現代の15才(東日本大震災の原発事故で故郷を追われ、仮設住宅暮らしの15才たち)

 涙、涙・・・鑑賞できて、本当によかったです。

 8月9日以降、満州では20万人の日本人が逃げまどったそうです。これは映画にはありませんが、 終戦後も、ソ連兵の民間日本人に対する略奪、婦女暴行は、ひどく、女性は髪を切り、男性になりすまして逃げた・・・という話も耳にしたことがあります。
 戦争の悲惨を伝える最近の佐賀新聞で、引き揚げ船で無事帰国できた若い女性で、強姦により身ごもった方が多々おられ、堕胎が秘密裏に行われていたことも報道されていました。
 
 映画の中で、餓死寸前の少年達を一時保護した中国人村長さんの言葉が心に残ります。
 人間はやさしい心も持つが、時として、残虐な心ももつ

 戦争は、最も恐ろしい地獄の心を作り出すものだと、しみじみ思います。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シン ゴジラ

2016年08月19日 | 雑感
 ゴジラと同じ年の私。
 子どもの頃、ゴジラやモスラ、キングギドラ・・・などの映画を見ていました。

 さて、今年の夏は「シン ゴジラ」
 お盆前、8月入って早々に観てきました。

 面白かったです

 今回、映画の上映案内を見ていて、「4D」とある。
えっ 「4D」って、何なに ということで、
通常料金より、1000円も高かったのですが、好奇心により、ちょっと贅沢。

 「4D」とは、遊園地のアトラクションのように、映像を見ながら、座席が揺れたり、風が吹いたり、水しぶきがかかったりするものでした。

 映画には、夫と行ったのですが、
最近の暑さで常に汗ふきタオルを首にかけている夫。
そのままの格好で、シネコンに向かうので、
「ちょっと~ 恥ずかしいからタオル置いて来てよ~
と言った私ですが、
入場してみて初めて「4D」なるものが、どんなものかわかり、
「ほら、タオル持っていて正解やった
と、夫。
そんなに濡れるわけではありませんが、私も、館内はクーラーも効いているからと、カーディガンを持っていてよかった。

 という、初老夫婦のゴジラ「4D」体験でありました。

 
 
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愚者になりて

2016年08月17日 | 仏教


鹿児島教S組作成の法語カレンダー
8月の法語は

愚者になりて往生す

もちろん、「愚か者になって、困っちゃった」 と、言う意味ではなく、

 仏さまに相対して、初めて気づかされる 自分の愚かさ(自己中心性の思い込み)を自覚した「愚者」のことであり、「往生」は、浄土(仏の世界・覚りの境地)に、ってまれることです。


 阿弥陀さまは、自己中心性を離れられない私を目当てに、こんな私をも、往生させてくださる。

真宗の仏道は、煩悩を振り払って、賢者になって往生するのではない。

煩悩は、根深く、私の身に満ち満ちて、死ぬまで無くならない。その事実を深く自覚して
阿弥陀さまにお任せする(阿弥陀如来に報恩感謝し、心を合わせて生きる)仏道です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆休みに

2016年08月16日 | 仏教
平成28年のお盆も元気につとめることができました。

 今年は、代替わりして、若い世代の方々のお参りが多かったように思います。
 何分、連日35℃を超える猛暑続き・・・ご高齢の方の外出はキツかったと思います。
おそらく、「自分は行けないから」と、若い世代にお参りを勧めてくださったのだと思います。
 
 仏事(仏さまのこと)が、お子さん、お孫さんへと相続されていくことは、本当に、尊く有り難いことです。
 お金の相続でなく、仏法の相続のほうが、人生の一大事

 さて、盂蘭盆会の法要が終了した夕方、一時的にどしゃ降り。
久~しぶりの雨でした。

 今朝も一時、雨・・・ きょうは、幾分涼しく感じます。

 盂蘭盆会は終わりましたが、昨夕は首都圏から、
きょうは関西から、遠路、ご親族お揃いで、お参りいただきました。

 最愛の亡き方をご縁として、お寺に集い、仏法に遇う お盆。
 ようこそ、ようこそ 南無阿弥陀仏

 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盂蘭盆会 騒動

2016年08月14日 | 雑感


きょうと明日は盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆の法要)です。
きょうも、ものすごい猛暑の中、たくさんのご門徒さんが、ご家族お揃いでお参りくださいました。うれしく、有り難いことです。
ようこそ、ようこそ

ところで、早朝、盂蘭盆会に先立ち、本堂掃除を始めたところ・・・
お荘厳(しょうごん・仏前の御供え)の素麺が数本散らばっている。
 あそこにも、ここにも・・・
 変だな・・・イタチでもいたのだろうか・・・と、思い、菓子、果物の段盛を何気なく見たら・・・
えっ 無い  菓子、果物が、ところどころ無くなっている

 全部そっくり無くなっていたら、すぐに気づくのだけど、パッと見は、気づきにくいよう、気を配って?、間引きしたように無くなっている・・・
これは、動物でなく、人間の仕業。

 お盆中、本堂には、次々と墓参り客があるというのに、どうやって、本堂の内陣まで上がり、お供え物を取ったのだろう
 午後一番暑い時間帯(お参りが途切れる時間)を見計らってのことだろうか
 見張り役も含めて何人かで、お寺のお布施、お荘厳get巡りをしているのだろうか

 など、家族で推測しあい、住職があわてて果物を買い足しに。
 

本堂に入り口には、人が通ると、ピロピロ音が鳴るようにしていますが、人が通っている情報だけでは足りず(実際、不特定多数の方々がお参りされるお寺では、お参り客なのか、泥棒なのか判断できません)、防犯カメラを設置したほうがいいのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の手より孫の手

2016年08月12日 | 雑感
法座にお参りの方に差し上げる法専寺煎餅

 

 と、アメ (写真 ↓ )を紙袋に入れる、袋詰め作業を母娘3代でしました。

 

 

 2才から手伝っている孫娘たち。

 今年はとても上手に手伝ってくれて、はかどりました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盂蘭盆会

2016年08月11日 | 行事・案内
法専寺では、例年、お盆の墓参り(お墓掃除)ピークは、8月11日~13日。
今年から、きょう8月11日が「山の日」と言う祭日になったこともあり、午前中、次々とお参りがありました。
一番 早い方は、夜明け早々の午前5時半。
何しろ、最高気温が37℃~39℃の佐賀ですから、午後は、お参りの方も皆無。
墓石は目玉焼きができるくらい熱いので、午後は、墓参りはできません。


さて、
14日、15日は盂蘭盆会(うらぼんえ)です。

御先祖さま(仏さま)をご縁として、私たちが本堂仏前に座り、法話を聴く集いです。

両日の午前10時か午後1時半の、ご都合のよい日時に、ご家族、ご親族お揃いでお参りください。
 
 本堂はクーラー効かしてお待ちしております


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寺で葬儀

2016年08月09日 | 仏教
 昨日、きょうは、法専寺にて、ご門徒さんの通夜、葬儀が行われました。
 最近は、ほとんどの方が、斎場で行われる葬儀。
 お寺でおこなわれるのは、久々のことでした。

 ご往生なさったのは、60代男性の方でしたので、お子さん方も30代、20代の若い方々でした。小さいころは、祖母ちゃん、お母さんに付いて法専寺に足を運ばれたことはありましたが、葬儀となると、戸惑われることばかりだったと思います。
 住職や、年長の親族のアドバイスに素直に従われ、表現はヘンですが、手作り感のある(斎場任せでない)よいご葬儀をつとめられました。

 葬儀は斎場でするもの、そして多額のお金がかかるもの・・・と思いこんでおられた若い方々は、お寺で、心あたたか~い葬儀ができるってことを、初めて知られたようです。
 葬儀を終えての感想は、「お寺で通夜、葬儀ができて、よかった~

 とてもうれしいことでした。

 何だか殺伐とした「直葬」だの「0葬」だのが増えている中、
お父様のご往生という悲しみを縁として、仏前に座り、手を合わせてくださったこと、
住職の話に耳を傾け、仏教にふれていただいたこと、
本当に有り難いことでした。 
 南無阿弥陀仏

 



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加