12月の言葉 その2

2016年12月10日 | 仏教


鹿児島教区川内組で作成されている法語カレンダーの12月のことばです。

 わかりやすい解説文 ↑ もありがたいです。

 阿弥陀如来の「はたらき」(いつでも、どこでも、だれにでも、届いてくださっている、仏の智慧と慈悲のこころ)があらわされています。

 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成道会

2016年12月08日 | 仏教


きょうは、成道会(じょうどうえ)
お釈迦さまが、真理を覚られた日です。
クリスマスはしないので、きょう、お祝い。
孫にケーキと、ささやかな品をプレゼント。

お釈迦さま、ありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本願寺佐賀教堂清掃奉仕

2016年12月06日 | 行事・案内
 きょう午前中は、年に1回、組(ウチの場合は11ヶ寺のお寺のグループ)の仏教婦人会(ご門徒女性)による
佐賀教堂の清掃奉仕でした。

 今回、法専寺からは、教堂にお参りするのは初めて の お二人 + 坊守(私)で参加。

 教堂内外をお寺ごとに手分けして掃除しますが、きょう、法専寺は、外掃除(お庭)の当番でした。
 やわらかい陽射しの中、せっせっと、落ち葉を掃いていたら、温まりました。
 
 植物の自然のいとなみを感じながら、楽しく清掃作業。今年も元気に清掃奉仕できたことは有り難いことでした。

 午後1時半からは、佐賀教堂の常例法座(6,16,26日に開かれていて、どなたでもお参りできます)に参詣。

 ご講師には、

人間は出会いによって育てられ、別れによって深められる

という言葉を紹介いただきました。

 また、仏さまの こころ は、自利利他円満 
 仏と成る道を今、歩ませていただいていることを お聞かせいただきました。

 教堂からの帰りは、予約していた本を借りに、公民館の図書館分室に寄り、
 
 孫のために「成道会」(じょうどうえ・12月8日 お釈迦様が覚りに至られた日)のお祝いケーキを予約し、
 書店に行って、施設にお世話になっている老母が楽しんでいる「点つなぎ」のパズル雑誌を購入して帰宅しました。

 ご講師が、毎日、夜、その日1日のことを振り返ってみることを おすすめくださいましたので、振り返ってみましたが
きょうも、たくさんのご縁をいただいて、実りある1日を過ごさせていただきました。

 有り難うございました。 南無阿弥陀仏

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本堂のピアノ

2016年12月05日 | 雑感


本堂のビアノは私が法専寺に嫁入り道具?として持ち込んだものです。
小学生の時、買ってもらったビアノなので、もう50年以上使っています。

 私自身は、ちっとも上手にならず、今も、法要の最後に歌う「恩徳讃」は、ピアノ伴奏せず(しょちゅう間違えるので)、CDを流していて・・・買ってくれた両親に申し訳なかったのですが

 今は仏教讃歌の練習で、指導の先生が奏でられて大活躍。孫が練習したり、遊んだり・・・

 50歳を超えるピアノですが、毎年1回、調律師さんがおいでくださいます。

 調律は、もちろんですが、ピアノの内部掃除して、乾燥剤も入れ替えられます。

 冬場のコーラス練習の折、ピアノの傍でストーブを付け、喉のためにヤカンをのせて、湯気を出していたりするのですが、調律師さんが、そのストーブとストーブに載せたままのヤカンをご覧になって、
「あまりピアノの傍で湯気を立てないでください
と、注意されました。

 はい、気をつけながら、法専寺で大切に長~く使い続けたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の言葉

2016年12月03日 | 仏教
 師走になりました。
 平成28年の「法語カレンダー」12月の言葉は

 世のもろびとよ みなともに
 この みさとしを 信ずべし


 今年の法語カレンダーは、「正信偈」の意訳・勤行聖典(赤い本)の「正信偈」の下の段・「しんじんのうた」の
言葉でしたが
 12月の言葉は 「しんじんのうた」の最後2行の言葉

 漢文の「正信偈」で言いますと 同じく最後の2行

 道俗時衆共同心
 唯可信斯高僧説
 (どうぞくじしゅぐどうしん ゆいかしんしこうそうせつ) 

 お釈迦様より、インド~中国~日本 と「七高僧」(7人の高僧方)が、伝えてくださった 浄土真実の御教え に、素直に帰依し、その御教えを心の拠り所として、生きぬいてください

 というオススメに素直にうなずくばかりです。


 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私物化しない「私」

2016年11月30日 | 仏教


11月も最後の日。明日は師走です。

若坊守が取り寄せている
「仏教こども新聞」11月号の言葉です。
何一つ自分で作ったものはない。恵まれ、たまわりもの の いのちを今、生きています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お参り

2016年11月28日 | 仏教
 

幼稚園に通園している孫2人
 朝、みほとけさま に、ごあいさつ。

 さて、きょう、ジジババは、本願寺佐賀教堂「報恩講」にお参り。
 ジジ(夫・住職)は、出勤(僧侶として法要作法する)、ババ(私)は、ご門徒さんとお聴聞。
 総代のMさんご夫妻と叔母は、未明(午前6時半)の晨朝(早朝の法要)からのお参り。
 私たち他5名は、午前10時の日中法要からお参りさせていただきました。

 若手僧侶方による雅楽の中、前座のおつとめは、「正信念仏偈作法」で、後座のおつとめは、「正信偈和讃」の行譜 でした。
 法専寺では、いつも「草譜」ばかりで、「行譜」をおつとめすることがないので、久々・・・たぶん、得度に行った時以来かも?・・・と、思いつつ、おつとめさせていただきました。

 ご法話は、佐賀の節談説教第一人者T師。
 阿弥陀さまは、どこか遠くにいらっしゃるのではなく、私の身にご一緒であることを 味わい深くご法話いただきました。
 
 寺に嫁に来ていなければ、自分の観念(悪い頭のくせに、仏さますら、自分の頭を基準にとらえようとして)
 「何が仏だ」、「何が念仏だ
と、仏さまにそっぽを向いていたでしょう。
 そんな私にも(そんな私だからこそ)阿弥陀さまの本願がそそがれていたんですね~

 阿弥陀さまに出遇って、手を合わせ、心を合わせる場に座らせていただいていることに感謝しつつ・・・本願寺佐賀教堂の仏前で、贅沢な1日を過ごさせていただきました。南無阿弥陀仏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の仏教壮年会例会

2016年11月27日 | 仏教
残念ながら、きょうは雨のため、仏教壮年会主催のグランドゴルフ大会は中止となり、午前9時から仏教壮年会例会だけ、おこなわれました。

例会では、このところ、 住職が「仏説阿弥陀経」の解説をしていますが、きょうは六方段。

「六方」とは、東南西北に、上下(空間)の方向、つまり、あらゆる場所・宇宙的空間をあらわす仏教語。
ちなみに、宇宙的空間をあらわす仏教語に「十方」(じっぽう・四方八方の八方に上下をプラスした10の方向・全ての空間)という言葉もあります。

 「覚り」とは、宇宙の真理(人間の頭でとらえる科学的宇宙ではなく、仏さまの世界)

 その覚りの世界の ガンジス川の砂の数(恒河沙数)ほど おられる仏さま方が、阿弥陀仏の救いを褒め称え、あらゆるところに届けと、御説法され、オススメくださっていますよ
 という経典の部分です。

 来月は、11日に境内清掃で、今年の仏教壮年会行事は終わりです。
 来年は、新年会でスタートします。

 仏教壮年会も新しい会員、大募集です。
 一緒に学びや、遊びをしませんか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報恩講と生け花展

2016年11月25日 | 行事・案内
 

今朝の佐賀新聞に掲載されていましたが 写真 ↑

 きょう(25日)から、佐賀市県庁隣の 市村記念館 にて、佐賀県の 諸流派の生け花展 が開催されます。(28日まで)
 各流派の先生方が、力作を展示されます。

 ちょうど、すぐ近くの本願寺佐賀教堂(県庁挟んで市村記念館とは反対側の県庁西)では、26~28 「報恩講」が 勤修されます。

  

 午前10時から、本願寺佐賀教堂にお参りし、お昼は、お斎(精進料理の昼食)をいただいて、
午後1時半から、午後の法座が始まるまでの ひとときに 生け花をご覧くださると、県庁周辺のお散歩もでき、心身にいいのでは
と、オススメいたします。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビハーラ会員募集

2016年11月23日 | 雑感


このところ、立花新風体をお稽古しているのですが、センスのない私には難しい。よくわかりません。写真は昨日生けた花です。

さて、21日、ビハーラ活動(仏教版ホスピス・病気の方や高齢者に寄り添う活動)で、佐賀市内のK苑を訪問。
組内の地区にある老人施設なので、ビハーラ会員(役員も務めておられる)組内のご住職方が、おつとめ(お経)、法話やレクリェーションなど担当くださっていますが、
ご住職以外のK苑訪問のビハーラ会員が減少。
現在5名くらい、それも私以外は皆さん80代、叔母と私以外は佐賀組のご門徒さんで、ビハーラ発足時からの会員さんです。
新しい方がなかなか入ってくださいません。

できるときに、できることを

お仲間に入ってくださ~い
よろしくお願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加