洗濯機に歯ブラシ

2017年02月22日 | 雑感
日頃、ドジばかりの私ですが、
今回はドラム式洗濯乾燥機の中に歯ブラシを落としてしまいました。
いえいえ、洗濯槽の中なら、すぐ取り出せばいい話なのですが、
落っことしたのは、乾燥フィルターの奥。
フィルターの掃除をしていて、通風口にも綿塵があるのに気づきました。
狭い通風穴に指を入れて綿ごみを取ったのですが、もっときれいに綿ごみを取り除きたいと思った私、
使い古しの歯ブラシを通風穴に突っ込んで、掃除をしていたところ、
手が滑って、歯ブラシを通風穴の中に落としてしまいました。

取りだそうと懐中電灯で照らしたりしましたが、わかりません。
どうも、洗濯槽の外側(洗濯機の中の本体と洗濯槽の隙間)に入ってしまっているような・・・
翌日、メーカー修理の方に来ていただきました。
洗濯機をほぼ分解、本体から洗濯槽を外して、一番下に落ちていた歯ブラシを取り出していただきました。
私のドジのために、メーカーさんには大仕事をしていただきました。

まあ、分解したお陰で、洗濯機の中の掃除まで、きれいにできたので、よしとさせていただきます。

寒い冬の間、夜、洗濯して、部屋干し。タオルだけ、洗濯乾燥機にかけているのですが、繊維の綿ごみ、すごいです。
で、思いました。
きっと、いや、間違いなく、私のゴミ(毒)も凄いです。
分解掃除できるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浄土

2017年02月19日 | 仏教
「浄土」とは、(私のような煩悩満ちあふれた頭で)「ある」とか 「ない」 とか言うものではなく、
正覚を得た仏の感性、
覚りをひらいた方が感受する世界が「浄土」

と、お聞かせいただきました。

私のように、自分の都合のよいように判断、感受する世界は、自分流に濁った穢土。
それに対して、一点の濁りもない、清らかで美しい感性で感受する世界が
「浄土」。

仏教(仏の教え)は、心の世界(感受性)の問題です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとうございます❗

2017年02月17日 | 雑感
先週日曜日、組内(法専寺がお世話になっている浄土真宗本願寺派の寺院グループ)の某寺後継者さまの結婚式でした。
住職、若院が出席、お世話になりました。

新郎さまは、ご出身が私と同じ筑豊。(私の故郷・直方市のお隣、宮若市)

高校も後輩でいらっしゃるようで、何だか、私オバサン、勝手に喜んでいます。

また、きょうは、叔父の満中陰(七七日・四十九日)の法要にお参りした折、出席くださっていた某寺さまの若坊守さまも鞍手郡小竹町のご出身と知りました。
そうなんだ~♥

今後お世話さまになります。よろしくお願いいたします❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寺族婦人会記念法座

2017年02月15日 | 仏教


2月15日、涅槃会(ねはんえ・お釈迦様入滅の日)

きょうは、佐賀教区寺族婦人会(お寺に住む女性の会)の記念法座でした。

いつもながら、天岸先生のご法話は、鈍感な私にも実感を伴って心に響きます。本当にそうだなぁと、うなずかされます。ビシッと背中の伸びるお取り次ぎです。

今夜もだったのですが、先生が毎月、大阪から佐賀まで、ご講義においでくださっている
「聖典に学ぶつどい」(毎月夜7時~9時)。
その末席に私も座らせていただくのを楽しみにしてきたのですが、
この1年ほど、ご無沙汰しています。
夕方から午後8時まで(孫たちが夕食をとり、入浴して寝るまで)大騒動なので・・・今は孫を優先しています。

きょうは、久しぶりに天岸先生のご法話のご縁に遇えたこと、本当に本当にしあわせでした。

法座のご準備をいただいた関係各位に厚く御礼申し上げます。
きょうのご縁、ありがとうございました

きょうのご法話の感動は、明日午後からの「なでしこ会」(法専寺女性の集い)でご紹介させていただきます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日に

2017年02月13日 | 仏教


本願寺新報2月10日号の記事です。

親鸞聖人が「七高僧」と仰がれた、インド~中国~日本の七人の高僧方。

その第六番目、日本の源信和尚(げんしんかしょう・「往生要集」を著された)の千回忌法要が、
2月14日午後2時半より、西本願寺にて、天台座主を導師に、勤修されるのだそうです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピタゴラスイッチ

2017年02月12日 | 雑感


NHK Eテレ(教育テレビ)の子ども番組「ピタゴラスイッチ」。
「ピタゴラスイッチ」の中で、特に孫たち、いえ、私も、大好きなのが、ピタゴラ装置。

物理など、特に疎い私です。
孫と一緒に「すご~い♥」「面白~い♥」
と、拝見するのですが
そのピタゴラ装置ばかり集めたDVD。
孫たちは繰り返し見ているから、装置の名前まで覚えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 2月の言葉

2017年02月11日 | 仏教


昨日から佐賀の平野部も積雪。今朝の法専寺です。写真 ↑ 

さて、インフルエンザ騒動で、あっという間に2月も半ばに・・・

法語カレンダー 今月の言葉は、本願寺の月刊誌「大乗」の解説文によりますと

 親鸞聖人「浄土和讃」の

如来すなわち 涅槃なり
涅槃を仏性と なづけたり
凡地にしては さとられず
安養にいたりて 証すべし


の 前半2句。

「如来」は「仏」。
「涅槃」(ねはん)とは、煩悩の炎が吹き消された、静かな覚りの境地。
「仏性」(ぶっしょう)とは、正覚を得られた仏の本性。

煩悩にドップリ漬かっている凡夫には、覚りの境地など、感得できるものではないが
如来の本願の はたらき によって、「安養」(あんにょう・浄土)に 往生 し、正覚を得させていただく。

日々、くだらぬ煩悩の炎に包まれている私であります。
煩悩のない静かな「涅槃」に、ただ、あこがれるばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若手布教使さんの法話会

2017年02月09日 | 行事・案内


ご案内をいただいています。
2月26日、本願寺佐賀教堂の常例法座の日です。

日曜日です。普段、勤務にご多用の若い方々に、仏縁を結んでいただきたいと、企画、研修なさっております。
残念ながら、ウチの組は「若婦人(女性)の集い」の日で、ご縁に遇えませんが、お時間が作られる方は、ぜひ、お参りください❗

さて、法専寺では、きょうは総代さんが会計整理におみえです。
寒い中、また、ご多用の中をありがとうございます。
今、住職、坊守共々、マスク姿で接客です。(住職はインフルエンザの後も咳が長引いています)

お彼岸法座の案内状を郵送する作業を
住職がせっせとしていて、ほんの少し手伝いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐賀の巡番報恩講

2017年02月07日 | 本紹介


この度、「佐賀真宗伝道懇話会」(浄土真宗本願寺派 佐賀教区の僧侶有志の会)が
「佐賀の巡番報恩講」
という本を作られ、拝受いたしました。

「巡番報恩講」を勤めたり、お参りさせていただいたりしながら、「佐賀の巡番報恩講」の歴史は無知のまま。
「へー」「ほー」「そうなんだ~」と、大変、興味深く有り難く拝読しています。

購入ご希望の方は、下記にお申し込みください❗




ところで、家族の相次ぐインフルエンザに、私だけ無事で、感染から免れたと思っていたら、甘かった❗(通常、潜伏期間が2日間のところ、鈍感な私ゆえ、発症まで1週間以上かかったってことかも)
日曜から発熱、昨日(月曜)、受診して、家族と同じくインフルエンザA型と判明しました。
2日間はぐったりでしたが、リレンザのお陰か、予防接種を受けていたので、幾分軽く済んだのか、きょうは熱も下がり、食べ物を少し口にできるようになりました。
布団で携帯をいじったり、本を読む元気は出てきました。

今週は自宅に、こもらせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後は自宅で

2017年02月05日 | 雑感


2月3日、ビハーラの基本学習会がありました。
ご講師は、小城市の在宅医療(訪問医療)の医師。
認知症、末期ガン…
いろいろな事例を紹介いただきながら、あたたかくお話いただきました。

延命治療をせず、住み慣れた自宅で最後を迎えたいと思う方を
家族だけで看護するのでなく、医療チーム(医師、看護士、介護士、薬剤師など)で手厚く支援してくださる制度があることを知り、勉強になりました。

孫に、死んで往く姿を見せ、
その孫さん達がお祖父様の往生を縁に、人間として、成長されたお話も伺いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加