ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

独眼龍伊達政宗は何故独眼龍と呼ばれたのでしょう?

2009年05月20日 12時47分54秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
 何故伊達政宗が独眼龍と呼ばれたのでしょう。

当然誰しも、片目だったからでしょ!? と思うことでしょう。
勿論そうなのですが、独眼龍の文字を宛てた理由がありそうです。
久しく政宗公の話をしていなかったので、そろそろ書きたい虫が出てきたようです。

さて、政宗が幼少の頃、疱瘡を患い右目を失った話は、有名な話ですね。
幼名、梵天丸の政宗は、5歳の頃疱瘡(天然痘)を患い右目を失明します。
これが原因で梵天丸は今で言う引きこもりと言うか、強い劣等感を持ち人前に出るのを苦手としたようです。
そんな姿を見た母義姫は弟の竺丸(小次郎)を溺愛するようになるのです。
しかし、父輝宗は政宗を家督にすることには一つの揺るぎも無かったようです。
学僧として虎哉宗乙(こさいそういつ)を近習として片倉小十郎影綱を付き添わせました。
この知性と教養は、後に他の武将を驚かせたようです。
特に詩会などでは、歌人を上回る出きだったそうです。

ちょっと脱線しましたが、当時は独眼龍と呼ばれた記録は無いそうです。
『伊達政宗言行録 木村宇右衛門覚書』に、死後自分の木像などを作る時は必ず両眼を付けて置くべし! 親から授かった健全な身体をこのようにしてしまったのは不幸このうえないことである。だから両眼を付けるようにと言い残しています。
関連記事「伊達政宗騎馬像」

独眼龍と呼ばれ、同じく片目で武勇に優れた中国人がいました。
それは、五代後唐(こうとう)の始祖李克用(り こくよう:856~908)です。
彼の軍隊は黒い衣を着用していたところから鴉軍(あぐん)と呼ばれ恐れられていたようです。
この李克用と共通する点が多いことから政宗は独眼龍と呼ばれるようになったと思われます。

こんな長詩があります。
文政六年(1823) 頼山陽(らいさんよう)の漢詩で「多賀城瓦研歌」
この中に「河北終ニ帰ス独眼龍」と言う一句があると言う。
つまりこの文政六年には、独眼龍と呼ばれていたことになりますね。

伊達政宗を詠んだ漢詩に次のようなものがあります。(文政十年)

髀肉生時白髪多
残軀不楽亦如何
老龍独眼窺唐域
唱出升第一歌


こんな詩が政宗=独眼龍を称することになったのでは、ないでしょうか?


小学2年生のひーさん・・・ 蝶ネクタイだよwww 於:青葉城

伊達者の心得

先日TVで仙台伊達家十八代当主 伊達泰宗さんが語っていました。

「いつも手を綺麗にしていなさい、もし手が汚れていたら十分な勤めが出来ないであろう。」
”伊達”というのは表を着飾ることではない、見えない所でこそ心配りをし、見えない所でこそ努力を重ねていく、その伊達なる心が結果として表に光として表れる・・・・・・これが伊達者の心得である。


関連記事:伊達者表と裏の哲学

ひとめぼれ 31×2=62


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日枝神社:栗原市金成 | トップ | たくあんでお湯をさましたば... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
政宗の事… (papiee)
2009-05-20 22:03:11
まさに、ひーさんが書き出しに言われてたように
政宗の事を思ってました~。
片目だから?と。
それは違うのだと知り、また勉強になった!

ひーさんの小学2年生の頃の写真。
これは社会見学ですか?
遠足?
可愛い子供達がズラリですね。
ひーさんが一番可愛いかも?!
papieeさんへ (ひー)
2009-05-20 22:10:16
お早いですね。
面倒な話なのに読んでいただいてありがとうございます。

昨日からほとんど寝てないので、今日は早めに寝ます。
ゆんべは・・・ (ぐずら)
2009-05-20 23:25:06
○○騒ぎの後始末、お疲れさまでした。
ときどきあっけど、やんだよなぁ~

ところで、政宗「独眼竜」の由来・・・頼山陽が出てくるとは !
さすが勉強してるねぇ~ ♪(オラ知ゃねがったおんねぇ~)

今日はオイラ代休だったんで夕方近く町内の散策に、もちろん徒歩でね ♪ ^O^V
そしたら、あったよまた、石鳥居に三角の額が・・・
場所は吉田神社、奉納は大正3年、奉納者は何故か牡鹿郡竹ノ濱の人で、石工は井内(石巻)の人・・・
ほかにも境内には、狛ちゃん新旧2セット(旧:T3、新:S12)、皇紀二千六百年記念灯篭、
『文政6年』奉納の湯殿山の板碑・・・etc.etc

PS.そういえば、騎馬像の向いに第三帝国寄贈のエンタシスに鷲の像あったよなぁ?
八王子かー (クロンシュタット)
2009-05-21 06:08:14
騎馬像前の記念写真。仙台周辺の人間は必ず持ってますよね。
高校サボって坂道登って、何度か記念撮影をぼんやり眺めていたことがあります。
あの頃からずーっと「何か」をサボり続けているような気がしています。

>第三帝国寄贈のエンタシスに鷲の像
ニュールンベルグの党大会ですな。

いよいよこっちにやって来た新型インフルエンザ。
満員の電車内の「疑心暗鬼」の雰囲気がたまらんです。
政宗公の肖像 (丹治)
2009-05-21 09:18:34
ぐずらさんも書いていらっしゃいましたが、頼山陽の漢詩のことは私も知りませんでした(頼山陽の詩といえば、私にとってはやっぱり鞭声粛々夜渡河です)。
とはいえ頼山陽は『日本楽府』で日本史の名場面を幾つも詠んでいますから、政宗公を詠んだ作品があっても不思議はないですね。
そしてまた江戸時代のインテリであれば、後唐の李克用のことも当然知っていたはずです。
頼山陽が郷土の英雄をしに詠んでいた・・・
やっぱり嬉しくなってしまいます。

私にとって、伊達政宗といえば隻眼の英雄でした。
だからこそ、幼い頃は両目を点じた肖像を「ホントじゃない!!」と思っていたものです。
「死後に作る像には両目を点ずるように」との遺言のことを知ったのは、随分と時間が経ってからでした。
御自身が片目であること、やはり公も気にしていたのですね。

職場が八木山なもので、
夕方に会議がなくて天気がいい時は、時たま八木山橋→天守台→三の丸のコースを歩いて帰ることがあります。
政宗公の騎馬像も何度かカメラに収めましたが、ひーさんの写真とほぼ同じアングルでシルエットになっているヤツと後姿のヤツがお気に入りです。
Unknown (ミー太郎)
2009-05-21 11:30:23
独眼竜正宗といえば随分前にTVの長時間ドラマで見入った記憶が。。。お正月だったかなぁ。
夢中になって全部見たような気がします。^^

「いつも手を綺麗にしていなさい、もし手が汚れていたら十分な勤めが出来ないであろう。」
”伊達”というのは表を着飾ることではない、見えない所でこそ心配りをし、見えない所でこそ努力を重ねていく、その伊達なる心が結果として表に光として表れる・・・・・・これが伊達者の心得である。

なるほどー! だからダテじゃないというんでしょうか。確かに人の手(とか爪)が汚れていると凄く気になる。。手って大事ですよね。

小2のひーさん発見できませぬ!蝶ネクタイすら見つからない。^^;
ぐずらさんへ (ひー)
2009-05-21 16:22:51
一昨日の夜は参ったよ!
これで2度目、あそこでは3度目のようです。
三角ありましたか、今度行って見ます。
今までの例から見ると、海沿いに多いね。

青葉城のやつですね! ロシアを睨めています。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-05-21 16:28:27
博学ですね~
サボっていても・・・www

今更ですが、何故クロンシュタットをニックネームに・・?
バルチック艦隊の母港の街?
丹治さんへ (ひー)
2009-05-21 16:37:25
丹治さんの知識に比べれは私は幼稚園並みですよww
頼山陽の漢詩は、本で知ったのですが、詳しくはわからないです。
庶民が政宗を独眼龍と言っていたかはわかりませんけどね。
像の後ろ姿ですか・・・なるほど今まで考えても見ませんでした。
私もワンショット撮って置きますかね。
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-05-21 16:42:30
鉛筆画を書いてると、手は真っ黒ですがねww

たぶん下から2列目向かって右から4番目ですよ。

Unknown (ミー太郎)
2009-05-21 16:51:57
再び参上!

いたいた!いました!ひーさん発見!
可愛い~~^^ 

(レス不要です ^^)
Unknown (桃源児)
2009-05-21 17:10:36
生前には独眼龍とは呼ばれていなかったんですね。
今まで、当たり前のように生きている内からそう呼ばれていたものと思っていました。
蝶ネクタイのひーさん、昔から伊達者だったんですね。
一生懸命さがしたわぁ~ (かにちゃん)
2009-05-21 17:35:12
眼鏡かけて、蝶ネクタイのひーさん探して

居たぁ~!!とコメント書こうとしたら・・・

どこに居るか、書いてあったぁ 

一生懸命  探したのに~ やっと見つけてのに~~  

追伸;小2のひーさん 可愛いぃ
お晩です (あーさん)
2009-05-21 19:45:47
なぁるほどね。
有難うございました♪


拙も政宗公がらみ近々UPしようっと ww


そうだったのかぁ (ほでなすいっく)
2009-05-21 20:48:45
独眼竜って呼ばれるようになったのは、政宗公の死後だったんですね

蝶ネクタイのひーさん発見しました
めんこいごだ
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-05-21 22:10:55
レス不要と言われましたが、やはり返したくなるのが人情・・・・
wwwカテゴリー白黒の思い出にチョコチョコ登場していたかと?
桃源児さんへ (ひー)
2009-05-21 22:14:40
この銅像を見ながら育ったのです。
政宗びいきになる気持ちがわかるでしょ。
ガハハハ (ひー)
2009-05-21 22:18:18
実は、PCの横にいつも虫眼鏡を置いてます。
自分もこれで確認しました。www

あーさんへ (ひー)
2009-05-21 22:22:55
自分も最近わかったことですが、明日には忘れているでしょう。
政宗・・・楽しみです。
知らないことが山ほどありますから・・・
いっくさんへ (ひー)
2009-05-21 22:31:01
まぁ、この記事は自分の覚書みたいなものですから・・・
漢詩は苦手だし・・・
Unknown (はー)
2009-05-21 22:44:07
羽黒山 お参りしてきました(^^)v
東北の歴史と文化 知らなかったので
だんだん 興味が出てきています~
先ほどUP 友情出演願いました~
今後とも よろしくお願い致します(^^)
はーさんへ (ひー)
2009-05-22 07:26:40
そうですか。
ありがとうございます。
東北は交通の便が悪いのがネックですが、だからこそ残される素晴らしい風景と遺産が残ります。
成程 (黒龍)
2012-06-07 11:03:35
政宗、生前は独眼竜と呼ばれていなかったのですね、初めて知りましたw
とても勉強になりました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
眼帯キャラ・伊達政宗は1987年にNHKから生まれた。 (PE2プレイ記録ほか)
みなさんが良く目にするアイパッチ付きの伊達政宗(だて まさむね)は、1987年にNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」によって生み出されたイメージで...