ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

ひとめぼれ と 31×2=62

2007年12月16日 22時46分56秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
ひとめぼれ

けっして、米の話しではありませんよ。



ある日、政宗は身分を隠し、家臣と共に城下へと出た時のことです。


すると、一人の町娘が政宗の前を横切ったのです。


政宗は、その町娘の美しさに心を奪われてしまったのです。


政宗は、あの片目でその町娘に惚れてしまいました。


一つの目で惚れてしまったので、まさしく『ひとめ惚れ』だったようです


『ひちめぼれ』の語源はここにあったのでしょうか。



62万石


江戸のお城では、徳川家康から、各大名に拝領する石高を発表していた。


家臣 :『 殿 仙台藩は30万石が適当かと・・・・・、


しかし、関ヶ原の戦いにて功績があったので


1万石上乗せして31万石では、いかがでしょうか……』


殿 :  『ん   良かろう』



『仙台藩、伊達政宗 31万石遣わす~』


聞こえたのか聞こえないのか、一向に返事がありません。


もう一度、『仙台藩伊達政宗、 31万石遣わす~』



すると政宗


両膝をツツっと前へ出し


ハハァ~     <(_ _)>


『合わせ62万石、ありがたく頂戴いたします。』


と、ちゃっかり手に入れたそうです。(笑)


政宗の賢さを表現した。

作り話しでしょうが、なるほど! と思ってしまいます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊達政宗騎馬像 | トップ | 定義如来/西方寺:平貞能公  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すきですね~こういうお話 ()
2009-05-20 22:44:06
難しいお話は苦手ですが
こういうお話はわかりやすくて好きです。
林さんへ (ひー)
2009-05-21 16:14:40
どうもです。
実は、私も難しいのは、読みたく無い方で、こんなの楽しいですよね。

色々聴いてたりしていたのですが、忘れてしまったようです。
思い出したら書きますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。