hiroshi hara: saxophoniste

日々の思考の断片

桜を見て

2017-03-24 05:04:20 | 日常
病院付き添い。
いつもの一時間の待ち時間による散歩は妙本寺へ。




今日はウグイスも練習に励んでいた。

この記事をはてなブックマークに追加

斜に

2017-03-23 05:02:52 | 日常
先日、マスランカのマウンテンロードが聴きたくなり、CD棚を探したが見つからず、そう言えばずいぶん前にロンデックスに日本の土産としてあげてしまったことを思い出した。


新しいものを買おうと思ったがすでに廃盤、ところがiTunesにはあった。




このカルテット、結成したのは1996年だが、そのずっと前からメンバーを入れ替えながら活動を始めており、その同世代メンバーの一人は、実力は十分以上なのに仕事が無く、アルバイトしながら生計を立てて、ずいぶん苦労していたことを知っている。


現在も続いているメンバーでようやく結成し、その数年後、三鷹での演奏会を聴いた時には色々な感情が込み上げてきた。
周囲の熱狂した聴衆を見て、「ずっと前から、このメンバーにとっては変わらず普通に演奏しているだけなのに、みんな今さら気づいたんだな」と、私も若さゆえ斜に構えた目線で眺めていたことを、3/22の今日ふと思い出す。

この記事をはてなブックマークに追加

タンゴ

2017-03-22 05:53:44 | 日常
サクシプルの練習のため滝野川会館へ。

気付けば本番まで2週間と少し。


最後に演奏するモリネッリは昨秋にも取り上げているので、ほぼ形になっており、私もまだ暗譜が飛んでいなかったが、この作品は音符よりも構成、進行、転調が独特で気が抜けない。

2曲目のタンゴはピアソラを讃えたもので、2コーラスの後にブリッジが入って繰り返す。

それは確かにピアソラのスタイルでもある。

この記事をはてなブックマークに追加

横須賀の演奏会

2017-03-21 04:05:30 | 日常
横須賀で演奏会を聴いた。








会場はダンスホールだったこともあり、天井が低く、音響状態は決して良くはなかったが、それでもリードの選択や奏法もコンパクトにまとめて、曲目やトークも興味を引く内容が素晴らしかったし、そしてこれから社会に出る演奏家を地元から応援する主催者やお客様の心遣いも感じて、とても素敵な会だった。

この記事をはてなブックマークに追加

書き込み

2017-03-20 05:06:45 | 日常
地元の地区の中高の吹奏楽フェスティバルが開催され、そこには幼馴染みの娘さんが出演していたので、ぜひにも聴きに行きたかったが、原稿書きの仕事に追われて残念ながら叶わなかった。

ところが、夜に幼馴染みファミリーから食事会に誘われて、思いがけず地元会と相成った。




今週末に定期演奏会を控えているそうで、その楽譜を見せてもらって、久しぶりに見る荒々しい書き込みに驚いた。



このような書き込みを見て、この作品への思い入れ、大きな集団の中への協調する心持ち、それらを感じたままに取りこぼさず記録していく姿勢を感じて、見れば見る程、私としてはとっても羨ましく思えた。

演奏会の成功を祈念するとともに、私も近しい人たちや地元にもっと尽力していきたいと感じた一幕だった。

この記事をはてなブックマークに追加

幾年

2017-03-19 04:56:40 | 日常
みなとみらいで演奏会を聴いた。


私が初めて洗足高校音楽科の吹奏楽の授業を受け持った際には彼女はそこの生徒だったが、あれから幾年経って、練りに練ったリサイタルを開催した。


ライトな選曲の中に、何か裏付けがあるように感じられ、そしてどれも技術的には大変難しく、そんな中でも余裕を持って堂々と、一つひとつの音をしっかり商品にして届けていたのが素晴らしかった。

この記事をはてなブックマークに追加

尚美アンサンブル 第5回定期演奏会

2017-03-18 04:10:52 | 尚美
学生たちの演奏会で、私の出番は最後の曲とアンコールの指揮。





午前中は練習していたので、荷物として楽器は持っていたが、今日のように楽器を使わない本番はなんだか落ち着かない。

そして、本番が終わったらやはりなぜか声が枯れていた。


写真は有村純親先生独奏、波多江史朗先生指揮によるトマジのバラードのゲネプロ。



ゲネプロから本番まで、学生たちの演奏を全て聴いたが、今年の学生たちはリーダーシップを持った学生が多く、頼もしく見えた。
それに伴って、演奏も素晴らしかった。


アンコール前にいただいた花束。
お花はやっぱりうれしい。




数年前、寄せ集めだがプロの室内オーケストラの指揮を頼まれたことがあった。
本命の指揮者のスケジュールが合わず、それならばと私に白羽の矢が立ったもので、最初はとんでもないと断ったが、先方の困った様子と状況を鑑みて覚悟を決めて引き受けたが、しかし数日後に本命指揮者がスケジュールを都合してくださったようで、結局私の出番は無くなった。


それはそれで双方にとても良かったのだが、これまで憧れてはいるが入り込むことなどできないだろうという世界を意識させられて、少しだけ心をかき回された気がしたが、それでもそれで良かった。

この記事をはてなブックマークに追加

前日リハーサル

2017-03-17 04:11:44 | 尚美
尚美アンサンブル演奏会を明日に控えてリハーサル。





指揮者は憧れのお仕事ではあるが、今の自分にはまだまだ務まる気がしない。


今回のように年に一度、よく知る楽器、よく知る学生たちを指揮するでも、気が張りすぎて終わるとクタクタになる。
2月のサクソフォンフェスティバルでは、一日の内に尚美の指揮とA会員ステージでの演奏、フェスティバルコンサートでの演奏と3つのステージに臨んだが、やはり指揮が一番疲れてしまい、この本番直後、なぜか声が枯れていた。


リハーサル終了後、夕方まで自分の練習をして、終了後はお腹が空いたので、帰る前に学校近くのライブコーヒーキムラさんでサンドイッチをいただく。

「ポークリエットとキャベツ、ごま、金柑のコンポートのサンドイッチ」




昔から週替わりの手作りサンドイッチはとても美味しくて、今日は持ち帰りではなく、久しぶりに店内でいただいて静かで落ち着いた雰囲気の中で、お腹と胸がいっぱいになった。

この記事をはてなブックマークに追加

実際に

2017-03-16 06:57:38 | 日常
久しぶりに自宅にこもって原稿書き。

スコアを読んで、重要な点をまとめていくのだが、セクションとしてどの様に機能しているのか、他のセクションとどのように繋がっているのか等、実際に演奏してみないとわからないことも多い。

時間があっても、なかなか要点がまとまらず、筆が進まないこともあり苦労している。

この記事をはてなブックマークに追加

置かれた楽器に

2017-03-15 05:04:57 | 日常
青葉区フィリアホールへ。


洗足の学生有志の演奏会で、本番には都合がつかなかったので、ゲネプロを聴いた。




ゲネプロ終了後、舞台裏に整然と置かれた中低音楽器。




現代の殆どのサクソフォンは、キー側を下にして置けるようになっているが、バリトンに限ってはどちら向きに置いても地面がキーに当らないので問題ない。

昔のバタフライキーなどはどうなっていたのだろうか。

この記事をはてなブックマークに追加

キラキラと

2017-03-14 05:47:20 | 日常
先日、自宅に賞状がおくられてきた。

私が優秀なのではなく、生徒たちの貪欲さの賜物だろう。




今日は鎌倉の老舗「くろぬま」さんでキラキラと光るスーパーボールを買った。



幼少の頃と変わらない店内の雰囲気、しかし当時買っていたメンコ、コマやベーゴマはさすがに無くなっていて、いささか寂しかった。

この記事をはてなブックマークに追加

ミチノクワイン

2017-03-13 06:19:19 | 日常
尚美の体験入学レッスン。

すでに入学を決めている2名の受講生に、レッスンの他、入学までの準備、入学後のことなどをアドバイスする。


終了後は少しだけ自分の練習をして、教員控え室のレター箱の整理。
私はレッスン用、授業用と2ついただいており、どちらもパンパンだったがずいぶんスッキリしてスペースができた。




夕方は前々から行きたいと思っていた学校近くのパティスリー、アヴランシュ・ゲネーさんに寄ってギモーブ(マシュマロ)を買った。







帰宅後、昨夜同様に鶴岡八幡宮へ、その後はいつものお店でミチノクワインをいただき、2杯目にいただいたコントラバスのラベルで、店員さんやカウンター隣にいらした方と、しばし楽器の話題で盛り上がった。




この記事をはてなブックマークに追加

珠玉の

2017-03-12 04:46:50 | 日常
橋本駅から岩本先生の車に便乗させていただいて「もみじホール城山」へ。

サクソフォン協会主催、「第14回アンサンブルコンクール」本選審査だった。


写真は楽屋に置かれた学生お手伝いスタッフの荷物。



一日中ずっとアンサンブルを聴き、私も珠玉の四重奏作品を勉強したくなり、参加者を羨ましく思いながら聴いた。


終了後、自宅最寄り駅に着いたらまだ20時だったので、鶴岡八幡宮へ寄り道。

鳥居の横では八重桜が咲いていた。






6年前に思いを馳せる。
そして明日コンクールを受ける人、合格発表を控えている人のためにもお祈りをする。

この記事をはてなブックマークに追加

買い物から

2017-03-11 05:51:07 | 日常
休日の昼間は買い物に出かけて、一週間分くらいの食材と、その他必要なものを買い込む。


ふと通りかかった老舗アーケード、「丸七商店街」は朽ちてゆくどころか、新しくなってきていて驚いた。






夜はサクソフォン交流会の役員顔合わせ兼打ち合わせ。
羽釜炊き込みご飯をいただきながら、詳細を決めて行き、充実した会合だった。



この記事をはてなブックマークに追加

年度最後の日に

2017-03-10 05:58:41 | 日常
午前中は病院付き添いで、一時間の待ち時間で妙本寺へ。








いつもよりも人がいなくて、誰もいない静かなお堂の隅に腰掛けて、ぼんやり過ごす。





遠くから、リスの「カタカタ…」というセッコな鳴き声、そしてキジバトの、ポルタメントをきかせながらもリズミカルな鳴き声が聴こえてくる。

あんなにも小さな体なのに、鳴き声は谷戸に響き渡り、そして歯切れの良い音の立ち上がり、妙々たるシンコペーションにしばし聴き入ってしまう。

グレゴリオ聖歌や黒人霊歌、世界各地の民謡が生まれる遥か昔、音楽の源流はやはり自然界から生まれてきたもので、そしてそれは今も変わらずそこにあるものなのではと、取り留めのないことを考える。



午後は洗足へ。

このレッスン室に入るのもおそらく今年度最後となり、閉館時間まで練習。







その最後の日に、備え付けの加湿器が壊れてしまい、貼り紙をした。

この記事をはてなブックマークに追加