hiroshi hara: saxophoniste

日々の思考の断片

交流のあとに

2017-05-22 07:20:30 | 日常
「フェスティバル」や「コングレス」は、演奏、発表することはちろんだが、それと同様に、余白の時間での交流は大きな価値がある。


昨日のサクソフォン交流会では、演奏前の準備ができず、すなわちリード選びや出番直前の音出しができずにとても苦労したが、それでも「交流」する場や時間はたくさんあり、充実した楽しい一日だった。



ゲスト奏者の川島亜子さんとのステージでは、演奏しながら彼女の学生時代を思い出していた。
このステージに上がって来てくれてうれしかった。




終演後、編曲と指揮をしてくださった村田淳一さんと3人で。



いただいた花束。





翌日は朝食昼食をほぼ立て続けにしっかりいただき、立山連峰を拝みながら高岡でレッスン。










テナー、バリトンもお借りして、たくさん吹いた。



夕方の新幹線に乗り込んで帰途へ。
いつもの時間だが、すっかり陽が長くなった。

この記事をはてなブックマークに追加

第8回サクソフォン交流会 in長野

2017-05-21 07:21:01 | 日常
長野市芸術館に於いて、第8回サクソフォン交流会だった。

今回の企画ステージでは坂城町出身の川島亜子さんと共演し、プーランクの2本のクラリネットの為のソナタを、さらに川島さんがソプラノ、私がアルト、そしてサクソフォンアンサンブルと共演し、やはり長野出身の村田淳一さん編曲&指揮で「ガーシュウィンリズミクス」を演奏、最後の全体合奏では指揮もした。








この記事をはてなブックマークに追加

前夜祭

2017-05-20 07:00:27 | 日常
洗足レッスン。

この一週間ほど、すっきりしない変な天気だったが、今日は気持ち良く晴れた一日だった。



夕方は新幹線に乗り込んで長野へ。



到着してすぐに明日の演奏会の会場でリハーサル。



その後は前夜祭へ。


この記事をはてなブックマークに追加

名残り

2017-05-19 04:36:25 | 日常
東京音大へ。


土曜日のサクソフォン交流会に向けて、午前中は共演する川島亜子さんと合わせ。

この一週間は昨日の新作初演に向けてかかりきりだったため、改めて時間をかけて練習し、合わせに付き合ってもらった。



今日の学食は角煮定食だった。




午後からレッスン、夜は来週の本番のための合わせ。




昨日までの名残りで、今日も赤青えんぴつを使用しながら、お互いのテンポ感、流れが沿うように練習した。

この記事をはてなブックマークに追加

21世紀音楽の会 第14回演奏会

2017-05-18 06:00:29 | 日常
21世紀音楽の会 第14回演奏会の演奏を仰せつかり、若い作曲家二名の2作品を演奏した。


その2作品は編成、様式、性格が異なっていたが、作曲家同士は歳が近く、親しい友達で、打ち上げの際には色々なお話を聞かせていただいてとても楽しかった。


久しぶりの新作初演は緊張したが、とても楽しかった。
リズムの感じ方など、この機会で感じたり、思い知ったりすることがあったが、改めて何かの機会に書きたいと思う。


作品あっての演奏家なのだから、この様な機会を大事にしなければならないなと感じた一日だった。


写真は楽屋と打ち上げで写したもの。




この記事をはてなブックマークに追加

赤青えんぴつ

2017-05-17 04:02:17 | 日常
夕方まで尚美レッスン、その後は明日の演奏会のリハーサルのため新桜台へ。


お花がたくさん植えてあり、待ち時間にはコーヒーも淹れてくださる、優しいマダムが切り盛りしている素敵なスタジオだった。





現代作品の譜読みでしばしば使うのが赤青えんぴつ。



急激、唐突な強弱にもこれで対応しやすくなる。

この記事をはてなブックマークに追加

尚美授業2017年度(第4回)

2017-05-16 05:23:33 | 尚美
*****************************
授業メモ

5限
本2年生 ベーシックトレーニング
・Exercices Mécaniques vol3 p2(Jean-Marie Londeix)
・音階の部分練習(D,gis)
*****************************

尚美に来る前、明後日の演奏会のリハーサルだった。



作品の全体像もみえてきて、本番当日にどの様な響き、バランスになるのか楽しみだ。



その後に慌てて尚美に来たので昼食を取れず、授業後の休み時間にカバンに入っていたお菓子でしのぐことにした。



思い返せば学生の頃から、私のカバンにはいつもお菓子が入っている。



この記事をはてなブックマークに追加

上天丼

2017-05-15 05:28:29 | 日常
朝早くの電車に乗り込み、お仕事で台湾から来日中の友人と合流して旭市へ。


かねてからお世話になっていた方のお見舞いに伺い、帰りにご実家の天麩羅屋さんへ、美味しいお刺身と天ぷらをいただき、ずっと来たいという積年の願いがようやく叶った。



ヒラメ、マグロ、ホタテ、甘エビ




かき揚げ、タイ、エビ、ししとう




「是非来てください!胡麻油100パーセントで揚げてますから。」と、陽気に話していた時のことを思い出しながらいただき、お見舞いに来た側がメソメソしてはいけないと強く思いながらも、食事や談笑している中、しばし訪れる沈黙の刹那、込み上げてくる涙をこらえながら、ゆったりとした時間を過ごした。

この記事をはてなブックマークに追加

「21世紀音楽の会」リハーサル

2017-05-14 05:38:30 | 日常
雨の一日。

作曲家グループ「21世紀音楽の会」のコンサートが来週水曜日に控え、その中の2作品の演奏を仰せつかっているため、今日はそれに向けてのリハーサル。

午前中は堀優香さんのアルトサクソフォンとマリンバのための作品。

最寄駅から路線バスに乗ると、そのまま高速道路に乗り、その途中で下車。
車が高速でビュンビュン通り過ぎるのを近くで見ながら、リハーサルへと向かう。




午後は洗足で補講レッスン。
すでに足元がびしょ濡れ。



夜は新桜台のスタジオで平川加恵さんのクラリネットとソプラノ、アルトサクソフォン、ピアノのための作品。

クラリネットは有馬理絵さん、ピアノは作曲者ご自身。
練習後に写真も撮った。



どちらの作品もありそうで実は稀少な編成で、今回の演奏会後も機会をつくって再演したいと思うほど、魅力的な作品だ。

この記事をはてなブックマークに追加

一日居て

2017-05-13 04:59:00 | 日常
洗足レッスン。


今日は4〜5限が空き時間となり、ゆっくり練習できた。



来週から立て続けに本番があり、それぞれの準備が同時進行できず、すぐ近くのものしか対応できなくなってきた。

お仕事をいただけることはとてもありがたいが、このままではこの先、多大な迷惑をかけてしまうかも知れないと、練習しながら青ざめてきた。


これまでにもこの様な状況は無かったわけではないが、今は自分の事だけ、音楽の事だけ考えていれば良い訳ではなく、希望と不安が入り交じり、そんな中、練習しながらふと思い浮かんだ、「あの曲がり角の先には何があるかはわからないけれど、きっとより良いものがある気がするの。」という赤毛のアンの言葉が、なんだか心に沁みた一日だった。

この記事をはてなブックマークに追加

標準

2017-05-12 04:56:48 | 日常
東京音大レッスンは久しぶりのカツカレーから。





今日は暑かった。





夕方からは来週の合わせ。



時間まで趣のあるロビーで待たせていただいた。




「新作初演」は、その作品の良し悪しや性格の「標準」を否応なく決めてしまい、責任が重いが、とはいえ、一からつくり上げていく作業は楽しいものだ。

この記事をはてなブックマークに追加

天気から

2017-05-11 05:03:13 | 日常
今日は不安定な天気だった。

幸い片頭痛は来なかったが、身体が重たく、そして2週間以上使用してクタクタな状態になっているリードの反応も重たかった。

もう新しいリードに取り替えても良いのだが、今日はなんとなくリードから「見捨てないで」と言われているような気がしてそのまま使った。


今日は夜のレッスンを午前中にしてもらい、午後は少しだけ自分の練習をしていたが、このところの睡眠不足から、集中力がすぐに切れて睡魔が襲ってくる。




夕方からは来週の演奏会の合わせへ。

いつもは電車で通り過ぎる駅に降り立って、ショッピングモールに行きたい気持ちを押さえながら合わせに向かった。

この記事をはてなブックマークに追加

譜読みの苦労

2017-05-10 05:10:02 | 日常
尚美レッスン。


教員控え室の前に尚美ウインドのチラシが貼られていた。




ジェイムズ・バーンズ氏との共演は2年ぶり。

2年前、インスペクターだった学生が、今回は助手として公演に携わってくれていて、心強く、また感慨深い気分になる。




話変わり、今月は譜読みに追われており、来週に控えた「21世紀音楽の会」の公演では新作を2つ、その次の週には関係者のみの場で、旧来の名作2つを披露することになっている。


無伴奏作品や、自分自身がよく知っているものなら、読みながら全体のイメージをつかむことができるが、今回はマリンバとの作品、そしてクラリネット、ピアノとの作品で、どの様な音がするのか、合わせてみるまでわからず、譜読みがはかどらない。


旧来の名作でも同様、現代作品になると、やはり合わせてみないことにはわからないことが多い。

ただでさえ複雑なリズムなので、考えては止まってしまうが、とは言え斬新な表記、日本人的な「間」の感じ方や、方向性がぴったりと来る感覚は楽しいものだ。

この記事をはてなブックマークに追加

尚美授業2017年度(第3回)

2017-05-09 04:53:58 | 尚美
*****************************
授業メモ

5限
本2年生 ベーシックトレーニング
・視聴CD:Jacques Ibert: Ouverture de fête (Jean Martinon, Orchestre national de l'O.R.T.F)
・音階の部分練習(g,E)
*****************************

月曜日は水道橋駅から歩いて学校へ向かうことが多くなった。


電車賃が少しだけ安くなり、運動になるし、天気が良ければ気持ち良いものだが、誘惑が多く、楽しそうだなと上を見上げながら歩いてしまう。
乗ったことはないが。




いつもの昼食。




授業風景。
一つの楽譜を7人で見ている。



学生達に何気なく連休をどう過ごしたかをたずねてみたが、それぞれに話し出すと止まらなくなる程の返答で驚いた。


レッスン部屋からの風景もなかなか。

この記事をはてなブックマークに追加

シャガの花

2017-05-08 05:04:45 | 日常
セントラル楽器で受験生のレッスン。

楽器フェア中で、お店も大変賑わっていた。


終了後はすぐに戻り、日暮れ前に最寄り駅に着いたので、遅い昼食をどこかで食べようと思い立ち、前に友人から教えてもらったドーナツ屋さんでドーナツを買い、妙本寺の長椅子に腰掛けていただいた。




「べつばらドーナツ」で買った黒ゴマきなこドーナツ



桜、海棠が終わり、シャガの花もそろそろ見納めかもしれない。





帰宅して、家の事と買い物をして、夜は一息つこうと鶴岡八幡宮へ出かけた。



この記事をはてなブックマークに追加