goo

間に合わない子


テストを受けていて、最後まで到達しない、ということは多々あるでしょう。

特に模擬試験ではその可能性は高くなる。「まだ~題もある!」と思って焦ってしまう。その結果としてミスだらけになったりするものです。

しかし、模擬試験は基本的に問題が多い。こんなに忙しい入試はありません。

なぜかといえば、ひとつの試験ですべての学校の合否判定をするために、統計的な処理をしなければならないので、結果はできる限り正規分布に近づけたいからです。

そのためにはそこそこ差がついていないといけない。

問題数もそのためにやはり多くなる。みんなが最後までラクラクできる、では差がつかないのです。

だから、焦らないことが肝要。

最初から2題ぐらいは捨てても良い、ぐらいに考えておいて良いでしょう。

その代わりミスなく解くように心がける。

テストの問題用紙を見ていると、相変わらず子どもたちの式はぐちゃぐちゃしています。これではその場で見直す、などということは困難になる。本当のことを言えば、一度解いた過程をその場で見直して、「間違いない」と確認してから答えを書くと良いのです。

そういうことができるようになった方が、早く終わるよりはよほど合格可能性が上がります。これからは模擬試験を受ける機会が多くなると思いますが、とにかく焦らないことです。

=============================================================
5月13日 中学入試説明会 「学校別対策の考え方」のお知らせ
=============================================================

今日の田中貴.com
学校別傾向を知って勉強を効率化させる

5年生の教室から
算数が好きになるように導く

中学受験 算数オンライン塾
4月17日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 手を打つのを... 模試の頻度 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。