goo

過去問の計画を立てよう

すでに大分過去問をやっていると思います。しかし過去問は一度やればよいというものではない。

第一志望、第二志望あたりまでは2回ないし、3回はやっておきたいところです。

で、やれば当然やり直しが必要になるわけで、試験時間の倍ぐらいの時間が必要になります。したがって、ある程度計画を立ててやり続けていかなければいけない。

そこで、秋の学習計画を立ててください。

多くの塾では、秋になると塾の回数が増えます。これまで日曜日に授業がなかったところも日曜日に授業が入る。

その分、家庭での学習時間が減ります。

したがって、思うほど勉強が進まないということが起きやすい。授業が増えれば、当然、復習の時間もいるし、宿題もやらなければいけないから、それは当たり前の話です。

そこで、塾のスケジュールを入れてみて、いったい入試までにどれだけ家で勉強できるかを考えてみてください。

そして、その時間をまず過去問に割り当てる。2学期の塾が始まったところで、授業の復習や宿題にどのくらいの時間がかかるかもわかってくれば、さらにそれを割り当ててみてください。

終わらない?

そう、そういうことが起こるのです。

ですから、本当に授業を増やしていいのか、という問題が出てくる。

増やすのが学校別の授業になるのなら、それは優先しなければならない、ということであるならば、他の時間を見直すしかない。

本当にすべての授業に出なければならないのか。

塾によっては「過去問をやるよりも、塾のことをやりなさい。」と指導するケースもあるでしょうが、やはり過去問はしっかりやるべきなのです。

早めに計画を立てて、時間を調整しないと、時間はどんどんなくなっていきます。

今月中に秋の学習の見通しをまず立ててください。

==============================================================
今日の田中貴.com

解説を写す
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月28日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

得点力

合否は得点で決まります。

したがってこれからの勉強は以下に合格点を取るか、ということに目を向けていかないといけない。しかも、それは模擬試験でも組み分けでもない、実際の入試で点を取るということが目標です。

確かに模擬試験でも点数をとった方が良いだろうが、一般的に模擬試験はⅠ種類の試験ですべての学校の合格可能性を算出するために、なるべく正規分布に近い形になるように作られる。

つまり、やさしい問題から難しい問題までいろいろ配して、実際には終わらないというところまで量を詰め込むことが多い。

ある意味癖があるのです。

しかし、本番の入試にはそういう癖はない。むしろその学校ならではの癖があるわけで、そこをしっかり練習していく必要がある。

合格点をどうとるか、しっかり戦略を決めて、さらにはその戦略のために何を練習するのかを具体的に決めて、実行していきましょう。


==========================================================
今日の田中貴.com

後半に向けて
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

あわてない
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 -->
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

そこまでやらないといけませんか?

先日、あるお母さんと話をしていました。

「こんなに中学受験が大変だとは思っていませんでした。私の時は、そうでもなかったのに。なぜこんなに大変なのですか?」

と聞かれたので「囲い込み」のお話をしました。

で、
「じゃあ、本当はそこまでやらなくても入れるということですか?」

と言われたので
「その通りです。」

では、どうやれば?

ということになりました。

で一番のポイントはやはりお父さん、お母さんが主導権を持つ、ということだと思うのです。

自分は子どもの面倒は見れないから、と決めてしまえば、塾に頼るしかない。塾に頼る以上、塾のシステムに乗らないといけない。だから3年生から塾漬けの日々が始まるわけです。

逆に最初のお子さんで多くの無駄を経験された方は、塾に行っても囲い込まれることはありませんし、いくつかの塾の良いとこ取りをしたり、自宅でばっちり対応したりする。

で、お父さん、お母さんが力を貸してあげるから、ある意味子どもたちは苦しい思いをしなくて済むのです。

が、手を貸さないと、塾のシステムに乗らないといけないから、子どもたちの負担が増えることになる。

増えるだけならいいのですが、大変なノルマを与えられて、自信を失ったり、意欲がなくなったりするのは、逆効果でしょう。

中学受験の面倒を見てあげることは実はそんなに難しいことではない。

そういう経験をした方は多いし、それが本当に楽しかったと感じられているようです。

ということは分かれ目は実は親にある。

「私にはできないから」と親が言ってしまうと、子どもが大変になるのです。

これまた子どもと同じ。

「やってもらうと自分でやらなくなる」ということではありませんか?

==============================================================
今日の田中貴.com

校長先生の感想
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月26日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

復習、復習と言われるが・・・

2学期は明らかに演習する問題の量が増えます。

で、先生からは必ず「出来なかった問題は復習するように」と言われるでしょう。

それはその通りなのだが、実際には間に合わないケースが多いでしょう。

問題を解く時間と、復習をする時間のバランスを誰も考えていないから。

やる問題が増える、ということは本当は復習すべき問題も増えるのです。しかし、問題をやる時間ばかりが増えて、復習する時間は圧倒的に不足する事態になる。

それに過去問だ、暗記だと他にやらなければいけないこともあるので、復習なんてやる暇がない、ということが起こりうるのです。

だからやる問題と復習のバランスをしっかり考えてください。単純に授業を増やしてはいけないところがあります。

==========================================================
今日の田中貴.com

夏休み明け、ヒトの話はどうでもいい
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

コンパスと定規
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 -->
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

できないと思わせない

中学受験の進度は速いし、またボリュームも大きいので、そう簡単に全部ができるようになる、というわけではありません。

例えば速さを計算する、ということも道のり÷時間だ、とわかっていても距離が12km、時間が1.75時間かかる秒速、というような計算になってくると、それは面倒だ。

すぐに答えが出るようになるわけではありません。

で、練習をする。

その練習の結果が出てくれば、そういう問題も解けるようになってくるわけで、「できるようになるものだ」という経験をさせる必要が大事なのです。

ところが、カリキュラムをこなす時間が決まっていて、十分にそれを解決できないまま、次のカリキュラムに進んでしまう、という場合が多々ある。

積み残し、積み残し、となってしまえば当然、「僕はできない」と思いやすい。

だから、カリキュラムの進行はあまり気にせず、しっかりできるようにする、ことの方が大事です。

最後、入試に間に合わせることが一番大事なので、そこまで「できるようにする」ことの積み重ねを選んでいってください。

==============================================================
今日の田中貴.com

第234回 何とかなるさ
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月24日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ