goo

見直し


入試が進んでいます。

1月20日から千葉が始まり、2月1日から東京、神奈川の入試を迎えます。

で、緊張が高まっているところではあるでしょうが、あまり気を入れすぎてもいけない。できることしか、できないのだから、ていねいに問題を読んで、指示をしっかり確認して、きちんと読める字で答えを書いてくればいい。

何点とれた、とか考えず、1問でも多く解こう、と思っていればいいのです。

簡単にあきらめないで、最後の1分まで使い切ること。

たまに早く終わることがあるかもしれないが、それはそれでぼーっとしないで、良く見直しをすることです。

たまに見直しをしたために、間違えた、ということもありますが、しかし、見直しができるのであれば、それはやった方が良いに決まっている。

案外、条件を見落としていたりするものです。

できる子どもたちもミスはするのですが、こういう見直しの過程でどんどん直していく。だから得点のブレが少なくなるのです。

なので、時間がもしあまったら、しっかり見直しをしましょう。


今日の田中貴.com
4教科を教える先生

5年生の教室から
新6年生に向けて

中学受験 算数オンライン塾
1月19日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

車は避けたい

入試会場に向かう場合はやはり公共交通機関を使うのが一番です。

確かに車で行った方が近い、とか、朝、寒いから集合時間になるまで、車の中で待っていればいい、と考える方は多いと思いますし、実際にそうしている方もおられるだろうとは思うのですが、実はリスクを抱えているのです。

それは事故や渋滞。

もし事故や渋滞で送れたとしても、学校は特別処置はしません。

一方、例えば降雪なので公共交通機関が止まった場合は、もちろん考慮される。

今までの経験で言えば、一度だけ翌日再試験になったことがあります。随分前の話ですが・・・。

実際に入試が立て込んでいるために、いろいろ大変でした。

でも、全員がそうだから、公平であることには間違いない。しかし、自家用車を使ってしまうと、ここから外れてしまうのです。

まあ、そういうことは少ないから・・・、ということできっと車で出かける方がおられると思いますが、やはり避けた方が無難でしょう。


今日の田中貴.com
あと2週間

5年生の教室から
記述はやる気で決まる

今日の慶應義塾進学情報
新幹線







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手ごたえがなくても合格することがある

ここまで練習してくると、手ごたえというのはそれなりにわかってくる。

できなかった、ということもわかることはわかるでしょう。

しかし、それでも合格することはある。

みんな、手ごたえがなければ、さらに僅差となるから、まあ、手ごたえがない同士の戦いみたいになるわけで、数点でも上回れば合格してしまう。

だから、ある教科で手ごたえがなかったからといって、そこであきらめてはいけない。

最後の最後までがんばって、結果を見てから初めてあきらめればいい、というところはあるのです。

これまでやってきたから、いろいろわかることがあるだろうし、手ごたえも外れてはいないだろうが、しかし、それでも合格する。

当然、これは逆もある。手ごたえがあっても、みんなができていることがあるわけだから、油断してはいけない。

最後の最後まで慎重に、粘り強く考えてもらいたいと思います。


今日の田中貴.com
規則性に関する問題

5年生の教室から
塾に出しておけば大丈夫?

中学受験 算数オンライン塾
1月17日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

力を出し切った子

入試が終わって出てきたとき、その男の子は、お母さんには不機嫌に見えたそうです。

これはできなかったのかな、と思ったが、うまい言葉が見つからない。

で、お昼だから

「おなかすいた?」

と聞いてみた。

「うん」

とこれもあまり元気ではない。

「何食べる?」

「マック!」

これは早かった。学校の近くにあったので、そのまま向かう。その間、男の子は無言。

飲み物を飲み、ハンバーガーを食べた後、落ち着いたのか、ぽつりぽつりと語り始めた。

算数の問題がどうだったのか。国語の問題はどうだったのか。

とてもよく覚えているし、どう考えたかも説明してくれる。口調はトツトツとしているが、まあ、大分元気が出てきた。

それでほっとしたお母さんが電話をしてきた。

「どうなんでしょうか?」

そんな話を聞いて、思ったことは、この子はきっと力を出し切ったのだろうということです。ヘトヘトになるまでがんばった、と言ってもいいかもしれない。

だから、合格するか、しないかはわからないが、良い試験の受け方をしたことは間違いないだろう、と話をしました。

翌日の発表は○。

しかし、結果もさることながら、やはり存分に力を出し切ってもらったことが良かったと思える受験でした。


今日の田中貴.com
解答速報

5年生の教室から
体力に合わせて

今日の慶應義塾進学情報
湘南、中等部の一次試験の服装は







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思いこまない

以下の金属の中で、塩酸に溶けないものを答えなさい。

1 銅 2 亜鉛 3 アルミニウム 4 鉄

みたいな問題。

まあ、さすがに「ない」がついていることはわかるとは思うのですが。

問題を解いているうちにいつの間にか、問題が頭の中にできあがっている。

「あてはまるものを答えなさい」

しかし、おかしい、あてはまるものがいくつかあるぞ?

良く見ると

「あてはまらないものを答えなさい。」

あ、やっぱり。

ということを、これまでたくさん経験してきていると思うのです。

だから、とにかく問題を思いこまない。最後までしっかり読んで、確認してから問題を解き始めましょう。


今日の田中貴.com
知ってる先生がいない・・・

5年生の教室から
自信を取り戻す

中学受験 算数オンライン塾
1月15日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ