goo

負けから学ぶこと

先日早稲田大学の野球部の監督経験者が
「いろいろ負けたことがあるが、忘れられないのは東大に負けた試合」
という話をされていました。

そういえば、開成の校長先生が
「本校の運動部はまあ、対外試合をすると、まあコテンパンに負ける。勉強では負けないと思っているかもしれないが、しかし、そうやって負けるから学ぶところはたくさんある」
と言われていたな、と思い出しました。

確かに負けることは悔しいが、しかし、そこから学ぶことはたくさんある。

なぜ負けたのかを分析して、練習して、また次の試合に臨む。

そういう繰り返しの中でだんだん力がついてくるものなので、そういう意味ではなぜ間違えたのか、というのをやはり整理しないといけないのです。

ただ、たくさん間違えるともう、どこから手をつけていいかわからなくなる。それでは学ぶところが出てこないわけで、だから真剣にやる問題も絞り込まないといけない。

1週間に処理できる問題数には限りがあるので、復習できる数をしっかり見極めていきましょう。

じゃないと、負けても学ぶことができませんから。

===========================================================
今日の田中貴.com

場合の数に関する問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

比に力を入れる
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ポジティブな子

明るい子は、入試に強い、と思っていたのですが、実はその明るさは当然のことながらポジティブな考え方によるものである、と言えるのです。

僕は合格する。

と言い切ることは大きくなればなるほど難しくなります。

え、その程度の勉強で? え、今の成績で?

そんな言葉が返ってくることはわかっているから。でもやはり合格したい、いや合格するぞ、と思うことが先に進むことのできる唯一のエネルギーなのです。

だからそう思えるように育てることが大事。

ネガティブな言葉ばかりかけていてはそうならない。

やればできると思うよ、とささやき続けていることが、最後、子どもたちの支えになったりするのです。

やはりポジティブな子は育てるものなのです。

==============================================================
今日の田中貴.com

範囲のない試験
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

5月30日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

この学校いいなあ


中学受験の動機は「この学校いいなあ」であるべきだと思うのです。

その学校を知るきっかけはいろいろあるでしょう。例えばお父さんやお母さんの母校という場合もあるかもしれないし、たまたま人から聞いたことがある学校かもしれない。

例えばお父さん、お母さんの出身が首都圏ではない場合もあるでしょう。そういう場合だと私立の学校にあまり馴染みはないかもしれません。

しかし、いろいろ調べたり、学校行事を見に行ったりしているうちに、「この学校いいなあ」と思う学校が見つかるでしょう。

そして子どもたちもまた「この学校いいなあ」と思ってくれれば、それは受験勉強をがんばる動機としてはやはり最良のものなのです。

塾に行き始めるときにもうそういう学校が決まっていれば、それはそれで良いと思いますが、最初から決まっている場合ばかりではないでしょう。でも、やはりそこは早めに決めていくことが大事なので、学校行事やイベントは気になったらぜひ出かけてみられると良いかと思います。

===========================================================
今日の田中貴.com

地震に関する問題
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

速さに関する問題
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

わかりません、と言う勇気

教えていて、「あ、わかってないな。」と思う時があります。

「大丈夫、わかった?」
「あ、はい」
って、その言い方がすでにダメでしょ?

子どもたちは、やはりいい子でいたいのです。先生が教えてくれたら、当然わかるのが良い子だと思っているから、「あとからもう一回考えればいいか」と思って、ごまかしてしまうことも多いもの。

しかし、それが積み重なると途方もなくわからなくなる。

もはやどこまで戻っていいか、わからないほど。

だから、最初に子どもたちに教えた方が良いことは
「わからない時はわからないとはっきり言う」
ことでしょう。

少なくともわかっていない、と先生に伝われば、これまた「なんとかしなければいけない」と先生は思うものなのですから。

==============================================================
今日の田中貴.com

そんなの覚えればできるよ
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

5月28日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これだけやれば合格する量は存在しない

受験勉強をやるからには、これだけやればまあ、大丈夫だろうというような学習量があるように錯覚してしまいがちです。

ところがそんなものは実は存在しない。

例えばある子が算数の問題を1000題解いた、としましょうか。

それでもその子は合格しない場合もあるでしょう。一方で500題も解かないのに、なぜかもうできるようになっている子がいたりするのです。

ポイントは、その子の能力開発に十分な学習量であればいいという点です。一生懸命やっても終わらないという量は、十分な学習量ではなく、むしろ弊害の多い量といえるでしょう。

終わらせることにポイントがいけば、ひとつひとつの理解は十分でないので、当然結果は出ません。

一生懸命やって、よくわかると子どもが自信を持てる量

というのを考えていく必要があります。

それをどう決めていくか、によって無駄な時間がなくなるわけですが、案外無駄なことをやっている時間が長かったりするものです。

勉強はあくまで中身で勝負すべきであって、時間が長ければ良いとか、問題数が多いから良い、というわけではないのです。

===========================================================
今日の田中貴.com

出るところはある程度絞られる
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

細かな知識は後回し
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ