goo

問題にはいろいろなワナがある

算数の答え合わせをしている時のこと。

「え、絶対に合ってるでしょ?」

という声が何度かあがります。

で、解説してみると子どもたちの答えは単位が違っていたり、求めるものが違っていたりする。

入試ではある程度差がついてくれないといけない。しかし、やはり受験生がそれなりにできる問題でないと差がつかない。この塩梅が難しいのです。

全くできない、という問題は逆に差がつかない。だから、ある程度みんなができて、その上で差が開くようにする、ということになると単位を変えたり、求めるものをいろいろ変えたりする。

だから、そこを見抜かないといけません。

今までもいろいろ間違った経験をしてきて、そろそろ自分の間違いのパターンがわかっているころかと思います。

それを防ぐためのやり方をいろいろ工夫してみましょう。


今日の田中貴.com
何とか答えを出す方法はないか

5年生の教室から
それぞれ伸びる時期が違う

慶應進学特別から
出願書類のコピーを忘れずに







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 人との優劣は... ていねいな字... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。