goo

ていねいな字を書く

入試は模擬試験と違い答案が返ってきません。

したがって、何点取ったのかもわからない。問題を持ち帰って答え合わせをしてみても、合格点がわからないから、合格したかどうか確信が持てるわけではない。

だから、試験が終わったらもう、あとは結果が出るのを待てばいいのです。

それよりもやはり、試験をていねいに答えてくることが大事です。

学校の先生たちは、子どもたちが一生懸命に書いた答案ですから、やはりていねいに見よう、良いところはないか、吟味しようとしてくれます。

しかし、一方で答案の字が汚かったり、ちゃんと解答欄に入っていなかったりします。

答案が返ってこないのだから、どういう採点をされても文句はいえない。

だから、だれが見てもこれはこう書いていある、と読めるように書かないといけない。

記述式の説明だって、なるべくわかりやすくしようと工夫すべきです。

答案は見てもらうものだ、という意識をしっかり持って答えを書いていきましょう。



2018フリーダム進学教室入会案内

今日の田中貴.com
湿度に気をつける

6年生の教室から
倍率を気にしない

中学受験 算数オンライン塾
12月7日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 問題にはいろ... 知識の答えを... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。