現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




さかふ  忤

2015-12-28 23:06:21 | 日本語百科
聖徳太子の憲法とする。
日本書記に記載されたものを伝来する。

和 であるのか、わ または、やわらぎ と、読む。
音読みの日本語で、この表記は、倭国、和国、大和であったのだから、和をもって貴し、である。

たっといこと、それが和で表されるものごとが、あるのである。
その続きにある、忤について、文字遣いと読みが難しい、と、一般には受け止めれれるようか。

それは、つづく、

人は皆、党、たむら有り、また、さとれる者は少なし、

という、その文脈を記憶する冒頭の言葉だからである。
それを解釈しないで覚えるとわからない。

日本国語大辞典には、

>相手に背を向ける。そむく。さからう。
*大日経義釈延久承保点〔1074〕一三「所行の事に著せるを以て、反りて背忤(サカフ)の心を生す」  

と見える。

この条文がまず読めないのは、文字である、忤である。
さかうことなきを、と読みたくなるので、その読みを、さからうことなき と読もうとする。

原文 日本書紀に記載されているもの。

夏四月丙寅朔戊辰、皇太子親肇作憲法十七條。
一曰、以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。以是、或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成。

二は、二曰、篤敬三寶、とある。

聖徳太子の検索で、センター倫理 NAVER の、まとめがある。
http://matome.naver.jp/odai/2140616260078849201

そのグーグル検索トップには、次があって、日本思想体系を出典とする。

和(やわら)ぐを以て貴しと為(す)。忤(さか)ふること無きを宗と為(す)。/和をもって貴(とうと)しとし、忤(さから)うことなきを宗とせよ。

出典
『日本思想体系2 聖徳太子集』(岩波書店、ただし、丸括弧を省きルビ替わりの丸括弧を足し、カタカナも全て平仮名にした)/『日本の名著 聖徳太子』(中央公論社、ただしルビ替わりの丸括弧を足した)から引用

これが聖徳太子の「和」。平和を尊いものと考えて、乱れ争うことないことを一番大事なこととしなさい、という程度の意味。これは『論語』に由来する言葉で、つまり聖徳太子は仏教だけでなく儒教も吸収して、それでもって役人と人民に「和」を説いたことになるでしょう。


そこでまとめの画面で、法華義疏を見る。


これは伝聖徳太子作『法華義疏』写本
『法華経』はサンスクリット語で書かれた初期大乗仏教の経典であり、鳩摩羅什が5世紀に訳した『妙法蓮華経』として、お経と言えばこれというくらい有名な経典です。この経典は現実世界は過去現在未来にわたって衆生(全ての人間)を救うために仏が存在するという信仰を説いています。つまり、宗教らしいメシアニズム(神による平等な平和の志向)の書であり、聖徳太子はそれを継承して治政を行います。この画像で分かるように、この時期の記録は漢文です。以下の引用は、その読み下しと現代語訳で行うことをご了解ください。

人皆心有り。(略)我必ず聖(さか)しきに非ず。彼必ず愚かに非ず。共に是れ、凡夫/人にはみなそれぞれ思うところがあり(略)自分がかならずしも聖人なのではなく、また他人が必ずしも愚者なのでもない。両方とも凡夫(略)である。

「世間(よのなか)は虚(うつは)り假(か)りにして、唯(ただ)佛(ほとけ)のみ是(これ)真(まこと)そ」/『世間は虚仮(こけ)であり、ただ仏のみ真実である』

和(やわら)ぐを以て貴しと為(す)。忤(さか)ふること無きを宗と為(す)。/和をもって貴(とうと)しとし、忤(さから)うことなきを宗とせよ。

『日本思想体系2 聖徳太子集』(岩波書店、ただし、丸括弧を省きルビ替わりの丸括弧を足し、カタカナも全て平仮名にした)/『日本の名著 聖徳太子』(中央公論社、ただしルビ替わりの丸括弧を足した)から引用
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文章論 8 文節 | トップ | 文章論 9 一語文は一文節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。