銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アントマン

2016年02月02日 | 洋画アクション
ANT-MAN
2015年
アメリカ
117分
アクション/SF/ヒーロー
劇場公開(2015/09/19)



監督:
ペイトン・リード
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』
製作総指揮:
エドガー・ライト
スタン・リー

原案:
エドガー・ライト
脚本:
エドガー・ライト
出演:
ポール・ラッドスコット・ラング
マイケル・ダグラスハンク・ピム
エヴァンジェリン・リリーホープ・ヴァン・ダイン
コリー・ストールダレン・クロス
ボビー・カナヴェイルパクストン
マイケル・ペーニャルイス
ティップ・“T.I.”・ハリスデイヴ
ウッド・ハリスゲイル
ジュディ・グリアマギー・ラング
アビー・ライダー・フォートソンキャシー・ラング
デヴィッド・ダストマルチャンカート
ヘイリー・アトウェルペギー・カーター
ジョン・スラッテリーハワード・スターク
マーティン・ドノヴァンミッチ・カーソン
アンソニー・マッキーサム・ウィルソン/ファルコン
クリス・エヴァンススティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
セバスチャン・スタンバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー



<ストーリー>
仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。

映画史上最小にして、最大のアクション誕生!

身長1.5cmになった男は、
ヒーローになれるのか?


−感想−

若きマイケル・ダグラスが冒頭に出てくるけど、CGで本人を加工して作り上げたものなんかなぁ。

ミクロの世界が体験出来るアメコミヒーロー。
バスタブでそれは始まり、娘の家で全てに決着をつける。
「アントマン」という名の通り、味方となるのは昆虫の蟻。
大群引き連れ、アントマンは背に乗り飛び交い悪と戦っていく。

見所となるのは状況に合わせて体の大きさを伸縮自在に変えながら施設に潜入したり敵と格闘する場面でしょう。
最小時でもパンチがヒットすれば大ダメージを与えられるというのはヒーローとしての能力の凄さを感じさせてくれる。
これが無力だったら単なるちっちゃいおっさんだからね。
ザコ敵はアントマンの姿が小さすぎて見えていない訳だからやられ放題なのが痛快。
しかし同じ縮小機能スーツを身に着けたボスとの対峙となると話は又別。
お互いに縮んだり人間サイズに戻ったりと、戦いながら頻繁に大きさを変えながらの殴り合いは観る者にも気持ちをヒートアップさせてくれるだろう。

ダメなパパのままで生き続けるよりも、娘の為にヒーローとして活躍したい。
特技でもある潜入技術を活かしながら、愛と平和を願い犯罪組織に立ち向かう新たなマーベルヒーロー。
極小のヒーローが今後どのような形で「アベンジャーズ」に関って来るのか、その辺りの動向も気になる所である。
存在が消えてしまうピンチをも冷静な判断で乗り切ってしまった程の男だから、必ずや「アベンジャーズ」にとっても重要な一員になるだろうし、体は小さくても大きな活躍を新天地でも見せてくれるでしょう。

因みにアントマンには物を巨大化させる事の出来る武器を携えているのだが、娘の玩具の機関車トーマスがボンッとデカくなり家の壁を突き破って横倒しになった時は笑った。
極小の敵ボスがアントマンに叩かれて殺虫灯にぶつかりギャッ!と痺れ苦しむシーンも面白い。
けども、大型犬並になった蟻をペットとして手懐ける娘ちゃんは変わり者だ(笑)。
あんなの飼ってたら普通に気持ち悪すぎでしょw
まぁ誕生日プレゼントでパパから貰ったセンスの無い人形を可愛い!と大絶賛して寝る時も一緒、な娘ちゃんなものだから、そんなパパ大好き!な素直で無邪気な愛くるしい姿には目を細めてしまう私が居りましたとさ。

半数以上の映画ファンは字幕で鑑賞されたと思うが、吹き替え派の自分としては今回のキャラ声には憤慨。
やけに棒読み糞読みな声がワラワラと出てくるなと、耳に不快感を抱きながら最後まで観ていたのだが、エンドロール終了後の吹き替え声優一覧テロップを見て、ここでもまた声優素人起用していやがる!と怒り再熱。
ヒロインに内田有紀、窃盗団の一人がブラマヨの小杉。
誰がこいつらの声聞いて得するねん、アホか。

評価:★★★☆
16/02/02DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-01-20
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディアボリカル | トップ | 009ノ1 ゼロゼロクノイチ ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タケヤ)
2016-02-02 18:00:31
作品自体は非常にいい作りしているのに
最近の日本の吹替えは一体どうしちゃった
んでしょうねえ。。。

芸人なんか起用して誰が喜ぶでも
ないでしょうが・・・。
早くこの風習もブームが過ぎ去って欲しいです。

ところで・・・
ヒロ之さんもツボはトーマスでしたか?(笑)
やはりここが一番ですよねえ。
こんばんは (maki)
2016-02-02 18:06:37
私もトーマスは吹きだしちゃいました

声の芸能人の起用は、合っているならまだしも
(アナ雪のようにとか)
棒読みな感情を読み取れない下手糞なのは勘弁ですよね
ヒロイン、クールを通り越して感情がないんじゃないかと思うくらい。美人ですが可愛いげのないキャラに思えてしまいました
声って大事!
今晩は (morkohsonimap)
2016-02-02 19:25:21
蟻は生理的にダメなのですが結局は見てしまいました。
そうですねぇどうやってアベンジャーの一員になるんだろうか
声優さんじゃないかたのアテレコはもう止めてほしいですよね
小杉はあかんやン
小杉の声を聞くためにDVDを買ったり、映画館に通う人がいるとおもえないンですけども
Unknown (ふじき78)
2016-02-03 00:24:21
あー、あんまん食べたいなあ。
ギリギリです (メビウス)
2016-02-03 02:19:21
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

実は自分も時間の都合上映画館では吹き替え版鑑賞していたのですが、個人的にはギリギリながら許容範囲内でしたね^^;まあ内田有紀さんは『もう少し頑張りましょう』でしたけど・・(汗

でもアントマンはなんかマーベルヒーローの中でも特異な能力者に見えましたし、主人公も冴えないパパさんで一般人って辺りも、どこか他のヒーローよりも親近感が沸くところがありますねw
この先色んなマーベル作品と関わって行くんでしょうけど、本作のコミカルな部分はとても面白かったので、他作品での共演でもあのユーモアは維持して欲しい気がします♪
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2016-02-03 15:23:04
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。
タレントを吹き替えに起用して作品をダメにしちゃうってのが分からないんですかね、日本の配給会社は。
多分、散々映画ファンからはクレーム来ているとは思いますが、聞く耳持たない姿勢なんでしょう。
タレント起用で話題も上がる?
バッカじゃねぇのケラケラwww

作品そのものは楽しいものでしたが、一番声に出して笑ったのはトーマスでした(笑)。
>makiさんへ (ヒロ之)
2016-02-03 15:28:51
こんにちは!
コメントありがとうございます。
一番のツボはトーマスでしたねぇ。

このタレント起用ってどういう基準で選んでいるでしょうかねぇ。
内田有紀なんて名前久しぶりに聞きましたよ。
こういう干されている女優を今更使う意図を知りたいですわ。
オーディションとかやらずにぶっつけ本番で収録しているんでしょうねぇ。
成功例もそりゃ数撃ちゃ当たるでありますけど、殆どが失敗しているってのを何で分からないかな、馬鹿担当者。
そう、もう仰る通りで声は大事で、ヒロインなんて無感情な女にしか見えなかったですものねぇ。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2016-02-03 15:33:01
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。
私も昆虫系苦手なんですが、今回のは大丈夫でした。
これからどのようにしてアベンジャーズの一員として迎えられていくのか、気になる所ではあります。
小杉も内田も酷かった。
旬のタレントでもないですし、誰が彼らを目的に借りたり買ったりするのか、ホント謎起用ですよ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2016-02-03 15:44:12
こんにちは。
ボクはピザまんがいいなぁ。
え?それじゃあ駄洒落にならないよって?
確かに!w
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2016-02-03 15:53:05
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

メビウスさんも吹き替えでの鑑賞だったのですね。
私はもうダメでした。
魂の入っていない吹き替えは大嫌いです。
だったら字幕で観ろよと言われても当然かもですが、やっぱり画に集中したいので、すっごく我慢して観続けましたよ。

アントマンの正体は人生の崖っぷちに立たされたダメ親父ですからね(笑)
そういう意味では、同じ人間としての親近感は沸きますので、アイアンマンとかハルクなんかよりは、頑張れ父ちゃん!と応援したくなるものはありますよねぇ。
極小サイズになれるてのが他のマーベルキャラとは毛色が違ってくるので、その特徴をユーモラス的に他の作品に出ても出していってほしいものです。
Unknown (ryoko)
2016-02-03 22:28:27
ヒロ之さん、こんばんは。

私は極力字幕で見るようにしているのですが、一見子供向け(内容は子供向けでないにもかかわらず)のような作品のほとんどの上映が吹き替えになること、そういうアニメの吹き替えの作品には日本人アーティストの歌が唐突に入ることに、不満を持っています(「インサイド・ヘッド」のドリカム)
私は大阪出身ですが、関西のお笑いの方が吹き替えると関西弁の吹き替えってのも、はてな?です。
そして、話題の芸能人が「応援団」と称してプロモーションすること、プロの声優さんでなくタレントさんを起用することにも、興ざめです。

本作、私もトーマスに爆笑〜しました
「アベンジャーズ」に参加してシリアスにならず、ユーモアあふれる頑張る父ちゃんでいて欲しいです。
こんにちは。 (みぃみ)
2016-02-04 13:51:58
自在に拡縮できる能力、アベンジャーズでも活躍してくれると思います〜♪。
ファルコンさんもびっくりしてましたね(^^)。

そして、機関車トーマス。
コトンなはずが、どーーんっ。
とっても面白かったです。

蟻さん達と一緒に再登場はどうなるのか、わくわくです♪。
>ryokoさんへ (ヒロ之)
2016-02-04 14:48:17
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

最近本当に多くなりましたよね、タレントの吹き替え起用や、唐突な日本曲の挿入。
私が子供の頃には考えられなかった事です。
誰がこんなのやり始めたのかは知りませんが、下手糞なタレントを本職の声優さん差し置いて起用するなんて、映画ファンとしては腹立たしいものがあります。
するな!とはもうこの際言わないですが、するならちゃんとオーディションして貰いたいです。
ただの話題性だけでタレントを使うのはホント止めて欲しいし、いい加減そういう事をすると映画ファンの反感を買うってのを担当者は理解しろよ、て感じですねぇ。

アベンジャースに参戦しても、そのままのアントマンで活躍して欲しいですよね
>みぃみさんへ (ヒロ之)
2016-02-04 14:58:45
こんにちは!
コメントありがとうございます。
ちっちゃいままの活躍じゃなく、状況に合わせて体の大きさを変えられるというのはアイデアとしても面白かったですよね〜。

トーマスのシーンは突然の出来事だったので、声に出して笑ってしまいました。
ああいうお遊び的演出は大好きです。

続編でもこのままのユーモラスさを持続させて製作して欲しいですよね。
アベンジャーズに (そよ)
2016-02-06 14:24:53
そうなんですか、アベンジャーズの一員となるのですか
私はこの頃アベンジャーズはイマ一つ・・・ って感じになってしまって新作も観てないのですが
アントマン参加なら観てみようかな
いいですよ〜 このキャラは

面白く作ってあっても笑えないやつもありますが
この作品は本当に笑えた 
>そよさんへ (ヒロ之)
2016-02-06 15:15:50
こんにちは!
コメントありがとうございます

おまけ映像とか見る限りでも、もう完全にアベンジャーズ入り確定ですね。
てかもうその体でアベンジャーズ映画が作られるみたいですよ。
このちっちゃくなる能力をあのメンバーの中に入ってどう役立てていくのか、その辺の興味は持たされます。
マーベル映画は基本的には真面目なノリのものが多いですが、このアントマンはユーアモ要素も前面に出しているので、お子様でも楽しいと思える仕上がりになっているのは良いですよね
こんにちは (yukarin)
2016-02-10 18:11:23
ヒーローなのにちっちゃいからなんか笑えてしまいます。
吹替えは酷かったんですね、、、
DVD化のためにも声の演技力がある方にしていただかないと...がっかりしちゃいますね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2016-02-10 19:48:09
こんばんは!
コメントありがとうございます。
ちっちゃくてもパワーは超人っていうのが面白いですよね。
吹き替えはダメダメでした。
もう聴いてられない酷さです。
下手糞なタレントを選ぶスタッフもどうかとは思いますが、それを了承してドヤ顔でいられるタレントもアホかと。
後で自分で聞いて恥ずかしくならないんでしょうかねぇ。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アントマン (いやいやえん)
【概略】 仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。 アクション 普通の男、しかし最小最強のヒーロー やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりの...
アントマン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む。メガホンを取るのは、『チアーズ!』などのペイトン・リード。『ウォールフラワー』などのポール・ラッド、名優....
劇場鑑賞「アントマン」 (日々“是”精進! ver.F)
小さき者が、ヒーローに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509200000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ANT-MAN【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) ポップ! 『アントマン』アントマン[ファンコ]《09月仮予...
映画「アントマン(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アントマン(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 仕事も家庭も失い、何をやっても空回りしてしまうスコット(ポール・ラッ...
アントマン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
近年映画化を次々に成功させている米大手コミック 会社マーベルの新作で、今度は蟻のように小さく なれるヒーロー『アントマン』を主演はコメディ作が 多いポール・ラッドに迎え映画化、日本でも公開 されましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品でしたので3D字幕...
アントマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン、デヴィ...
アントマン〜アイデア活かされてない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Ant-Man。ペイトン・リード監督。ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、マイケル・ペーニャ。実質的には「アベンジ ...
アントマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ原作作品は基本的に苦手なのですが、コメディ寄りのものは好きなので、見に行くことにしました。アベンジャーがいる世界での物語ですが、アベンジャーを見ていない僕でも楽しめる程度の関わりなので助かりました。虫が苦手な人以外だったら楽しめるのではないで...
「アントマン」、マーベル新作は、1.5?のアリ男 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ マーベル好き ☆☆☆☆ 1.5センチのアリ男がこんなに活躍するとは。 主人公スコットは、前科持ちで失職中、離婚はされるは、娘にも逢えないは、なんともみすぼらしい生活。一か八かで窃盗団に加わったのが物語の始まり。 金庫の中には、特殊スー...
映画:アントマン Antman ダメ男がヒーローに?!な設定が新鮮味を生んでいて,マル。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アベンジャーズ物にしてはなかなか楽しめたが、その理由は2つ。 まずは主演が驚きの、ポール・ラッド!(写真中央) 過去の出演作が、「俺たちニュースキャスター」「40歳の童貞男」「無ケーカクの命中男」など、コメディ物がほとんどで、演じるのは間抜けオトコばか...
アントマン (5385 (ごみばこ))
マーベルコミックの創世記のヒーローの降臨ですねぇ マーベル人気者アヴェンジャーズキャラクターよりも古いと言うか先輩キャラなのねアントマン 1ヶ月くらい前ですかねぇ、行きつ ...
『アントマン』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>の12本目で、『アイアンマン3』から始まる<フェーズ2>の最後を飾る作品。前科者で仕事も妻も娘も喪ったスコット・ラング、その前に一人の男が現れやり直すチャンスを与えようと申し出る。その謎の男=ハンク・ピム博士...
アントマン (Dラえもん Nび太のK底K岩城)
『アントマン』 "ANT-MAN" (2015・アメリカ・1h57) 監督 : ペイトン・リード 出演 : ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、マイケル・ペーニャ、デヴィッド・ダストマルチャン、ティップ・"T.I."・ハリス、アビー...
アントマン (♪HAVE A NICE DAY♪)
主役は蟻さんじゃなくて、それに乗ってるのがアントマン(笑) アントマン、アントンくん?と最初思っちゃった、懐かしい 普通〜に楽しめた。所々笑える!それがいい所かも! 蟻さんの力を借りる小さいヒーロー! 蟻さんサイズになったアントマンの世界が観てて楽しい...
アントマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『アントマン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)風邪による体調不良で一週間近く映画館に行けませんでしたが、このほどようやく回復し、それなら気軽に見ることができるものをと思って映画館に行ってきました。  ただ、病み上がりでボーッと見ていたこともあって、今...
アントマン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
アントマン '15:米 ◆原題:ANT-MAN ◆監督:ペイトン・リード「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「チアーズ!」 ◆出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハ...
アントマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 人生崖っぷちの男のサクセス・ストーリーでいいの?
「アントマン」 (或る日の出来事)
わりとユーモアのあるところがよい。
『アントマン』 2015年9月20日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アントマン』 を鑑賞しました。 シルバーウィークでありながら空いているなぁ・・・なんて思ったが、 この映画の脚本はウマイなと思った。 【ストーリー】  仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッ...
アントマン (だらだら無気力ブログ!)
アベンジャーズシリーズと同じ世界観だったのか!
新たな予感!『アントマン』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション映画。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む作品です。
アントマン (miaのmovie★DIARY)
【Ant-Man】 制作国:アメリカ  制作年:2015年 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど 空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が 引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っ ぷちに立たされた彼のもと...
『アントマン(ANT-MAN)』ペイトン・リード監督、ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、エヴァンジェリン・リリー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『アントマン』ANT-MAN監督 : ペイトン・リード出演 : ポール・ラッド、マイケル・ダグラスマイケル・ペーニャ、エヴァンジェリン・リリー、他物語・仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればす
『アントマン』をトーホーシネマズ日劇3で再見し、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を109シネマズ木場6で観て、俺... (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『アントマン』 五つ星評価で【★★★主人公がチンケな小悪党なのはいいけど、ヒールがつまらん】 ヒールはガタイのいいハゲの巨漢博士。 こいつが何で「悪玉」なのかと言うと ...
アントマン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ペイトン・リード 【出演】ポール・ラッド/エバンジェリン・リリー/コリー・ストール/ボビー・カナベイル/マイケル・ペーニャ/ティップ・“T.I.”・ハリス/ウッド・ハリス/ジュディ・グリア/デビッド・ダストマルチャン/マイケル・ダグラス/アビー・ライダー...
「アントマン」 (prisoner's BLOG)
体の小ささと、主人公の気の小ささが見合っているのがスーパーヒーローものとすると目新しいところ。本当に小市民という感じで、しかも不器用で世渡り下手なものだからヒーロースーツを着ざるをえなくなるというのが妙にかわいい。 あんまり小さいので銃を撃たれてもなか...
アントマン (海外ドラマ☆SFワールド)
『LOST』のケイトはポープ役で前から出演の噂を知りつつ気づかなかったw『L&O』のTJも出演していました。
「アントマン」子供時代の憧れてんこ盛り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミ物もそろそろお腹いっぱい感があったし、ことさら格好良いようにも思えないし、特別イケメンでもないし・・・と、やや冷めた目で遠巻きにしていたけれど〜〜 子供の頃に誰もが憧れた世界を全て実現してくれたこの映画。 評判通りの面白さだったわ!!
アントマン (そーれりぽーと)
マーベル・シネマティック・ユニバースに新しく参戦する『アントマン』を観てきました。 ★★★★ 一連のマーベル・シネマティック・ユニバース作品の中で、『アベンジャーズ2』を中核としたフェイズ2のラストを飾る映画ですが、全てを観終わって全て期待以上に面白い...
アントマン (映画の話でコーヒーブレイク)
ポール・ラッドを初めて見たのは1998年製作の「私の愛情の対象 The Object of My Affection」。 主演はジェニファー・アニストンで、ラッドはゲイの小学校教師の役どころでした。       その時、何と綺麗な目をした役者さんだろう〜っと思ったのがラッドでした。 そ...
『アントマン』 (こねたみっくす)
身長1.5cm。職業:元泥棒、現ヒーロー。それがアントマンだ! これぞヒーロー映画のお手本です。もうエイリアンとか人工知能とかを相手にする作品を見るよりも、こういう分かり易い ...
映画「アントマン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/9/26、109シネマズ木場。 シアター3、L列を選択。 * ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エバンジェリン・リリー、 マイケル・ペーニャ、コーリー・ストール。 * 1989年、ハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)は、自分の発明したピム粒子...
映画:「アントマン」。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年9月29日(火)。 映画:「アントマン」。 監  督:ペイトン・リード 脚  本:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 、 アダム・マッケイ 、 ポール・ラッド ストーリー:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 視覚効果監修:ジェイク・...
アントマン  監督/ペイトン・リード (西京極 紫の館)
【出演】  ポール・ラッド  マイケル・ダグラス  エヴァンジェリン・リリー 【ストーリー】 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立た...
アントマン (風に吹かれて)
ダメおやじの最小しヒーロー 公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/antman 監督: ペイトン・リード  「恋は邪魔者」 「イエスマン “YES”は人生のパス
『アントマン』('15初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 9月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:05の回を鑑賞。2D:字幕版。
蟻男の恐怖 ペイトン・リード 『アントマン』 (SGA屋物語紹介所)
7年前に書いた「アベンジャーズ」の記事でこんなことを書きました。「『アントマン』
アントマン (Ant-Man) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ペイトン・リード 主演 ポール・ラッド 2015年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ キャラクターの宝庫だけあって次から次へと映画化してきますねぇ、マーベルは。それでいて、娯楽作品としての一定のレベルを維持し続けてるってのも凄い。こうなると...
ショートレビュー「アントマン・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
小ちゃなパパが世界を救う。 マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作は、ひょんな事からマッドサイエンティストにスカウトされて、極小ヒーロー“アントマン”になる男の物語。 身長はわずか1.5センチだが、その小ささとスピードはまさにステルス人間。 敵に...
アントマン (心のままに映画の風景)
窃盗の前科を持つスコット・ラング(ポール・ラッド)は、更生を誓うものの定職に着けず、娘の養育費も払えない人生の崖っぷちに立たされていた。 金を調達するため、仲間の誘いで老人宅へ侵入するが、厳重なセキュリティの金庫を開けると、そこに金はなく、風変わりな...
アントマン (ケントのたそがれ劇場)
製作:2015年 米国 上映時間:117分 監督:ペイトン・リード  アントマンを和訳すれば『蟻男』となる。そうその名の通り、主人公が特殊スーツを着用することによって、体長1.5センチに縮むことが可能になり、ヒーローとなって悪人を退治するという、アメコミ版
二度目のチャンスを前にして (MESCALINE DRIVE)
アメリカのコミックブック、いわゆるアメコミにおいて、特に長年続くタイトル数の多い出版社では、作品の多様性を担保するために幾つもの平行世界を設定している。 MARVEL CINEMATIC UNIVERSEはEARTH-199999。「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の後をうけてフ...
前科持ちでもヒーローさ! (MESCALINE DRIVE)
金木犀の香る頃に「アントマン」を観た。 本作はMARVEL CINEMATIC UNIVERSEのフェイズ2を締めくくり、来年に開幕するフェイズ3へと繋げる役割を担う。 二代目アントマンことスコット・ラングを演じるのは、ポール・ラッド。 初代アントマン、「ハンク」の愛称で知られる...
アントマン (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第388回「着々とフェーズ3への足音が聞こえる作品でした。」 まさかアリにあれほどテンションをアップさせられるとは思ってもみませんでした。そう、私はアメコミ映画ファンを公言していますが、今回の作品「アントマン」に関しては全く期待していませんでした。だっ....
『アントマン』 (時間の無駄と言わないで)
最初に設定だけ聞いたときには何とつまらなそうな映画だと思ったけど、蓋を開ければなかなかどうして面白い。 最近のマーベル映画の安定感は凄まじい。 主人公は冴えないオッサン ...
アントマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANT-MAN】 2015/09/19公開 アメリカ 117分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュデ....
「アントマン」 (Con Gas, Sin Hielo)
娘のためなら、たとえ水の中穴の中。 3D上映が本格的に始まってからだいぶ長くなるが、本作ほど3D映像に合致した映画はそうないのではないか。 体長1.5cmのヒーローは、もちろん小さいという物珍しさやギャップが売りではあるが、実は小さいからこその強さが満載の...
「アントマン」 ミクロ世界のスケール感 (はらやんの映画徒然草)
マーベル・シネマティック・ユニバースのPhase2のラストを飾るのは、新ヒーロー
映画 『アントマン』 (向う岸)
Amazon.co.jp 『アントマン』 allcinema 『アントマン』 自分が小さくなるだけでなく、色々な種類の アリたちをしもべとして操ることが出来る。 コメディとして良く出来ているなあと思ったら エドガー・ライトが参加しているのか。