銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

おおかみこどもの雨と雪

2013年02月22日 23時59分23秒 | アニメ
私は、この子たちと生きていく。

-感想-

感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。

なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだよね。
あんなにも大切に育ててもらったのに、そんな簡単におおかみの方を選んじゃうのかい?ですよ。
結局独りぼっちなお母さん。
可哀想過ぎてそういう意味では泣けたわ。
自分の行きたい(生きたい)道へ決意を固めて進む事は大切だろうけど、母親あっての成長でもあったのだから、少しは優しい母親としっかりと向き合って話し合いをし、その過程を経て雨には旅立って欲しかったなぁ。

余韻に浸りながら観終わると言うよりも、もやもやだけが残るアニメ作品でした。

ただ画そのもののクオリティは高く、キャラクターはどれも可愛らしかったですし、映し出された田舎の自然も美しかったです。
宮崎あおい初めとするタレント声優陣にも違和感無し。

誰も居なくなった学校の教室で雪が草平に自分の正体を明かすシーンでのカーテンを使った演出はとても良かったです。
ここが本編中一番印象に残った場面でした。

評価:★★★☆
13/02/22DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-20
メーカー:バップ

2012年
日本
117分
ドラマ/ファミリー/ファンタジー
劇場公開(2012/07/21)



監督:細田守『サマーウォーズ』
原作:細田守
脚本:細田守
キャラクターデザイン:貞本義行
声の出演:
宮崎あおい・・・
大沢たかお・・・
黒木華・・・雪(少女期)
西井幸人・・・雨(少年期)
大野百花・・・雪(幼年期)
加部亜門 ・・・雨(幼年期)
林原めぐみ・・・草平の母
中村正・・・細川
大木民夫・・・山岡
片岡富枝・・・韮崎のおばさん
平岡拓真・・・草平
染谷将太・・・田辺先生
谷村美月・・・土肥の奥さん
麻生久美子・・・堀田の奥さん
菅原文太・・・韮崎

<ストーリー>
“おおかみおとこ”と恋に落ちた花は、やがてふたりの子供、雪と雨を授かる。家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始めるが…。


オフィシャル・サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HICK-ルリ13歳の旅 | トップ | ボーン・レガシー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-02-24 06:01:20
狼という狼、全てを狩らずにはいられない因縁を持つ「THE GREY」のリーアム・ニーソンがCIAの闇の技術を身に付けた後、雨と雪を狩りに来るみたいな映画が観たかったです。

そんなん見たいの私だけかもしれないけど。
こんばんは! (タケヤ)
2013-02-24 20:49:00
ヒロ之さん、こんばんは。

僕はヒロ之さん程、立腹はしなかったの
ですがやはり感じたのは(親の心、子知らず)
でしたね~。

子供って、でもそんなもんかもしれません。
僕も多分そうでしたし、ウチのチビ達も・・・。

そういう点では考えさせられた作品でした。
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2013-02-24 23:54:01
ふっふふ、細田監督作品つうことで、私もハードルをあげて見過ぎたとこはあります。映画館で観た人が、よかった~というし…。
女の細腕で、ある意味リスクを抱えた子供たちを育てるために頑張ったお母ちゃんはエライ。
親離れ、子離れの時期が、ちょっと普通の人間様とは違ったというところなんでしょうね。ファンタジーで進めばいいんだけど、妙にリアルであったりするところもあるので(それがこの監督の持ち味のような気もする)、珍しくツッコミをいれたくなっちゃうんだよねぇ。
雪目線の物語ゆえか、どうしても雨の心境が語られない、そこがわかりにくかったねぇ。突然キツネ先生が出てきてもねぇ(笑)
親というものは、寂しいもんです。
映像は、めちゃくちゃキレイでした。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2013-02-25 21:14:13
ふじきさんのコメントが「グレイ」のコメントと対になっているので笑ってしまいましたww
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2013-02-25 21:21:43
こんばんは!
コメント有難うございます。

ほんと仰る通りの親の心、子知らずでありました。

私自身が子を持つ親の歳になっちゃったので、どうしても花目線で観ちゃってたんですよねぇ。
だから余計に雨や雪たちの振る舞いにイラッとしてしまったのかもしれません。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2013-02-25 21:29:21
こんばんは!

前作『サマーウォーズ』の印象が頭に残ってましたから、今作でもまた感動が味わえるんだろうなってな期待を大きく持ちすぎてしまっていました。
あれだけ頑張って育てたのに、自分の考えを優先して森へ行ってしまう雨。
何も相談されないままの花が哀れに思えて仕方がなかったです。
それでも笑顔を絶やさない花の表情に幾分かは救われた感じはありました。
子を持つ親の気持ちにまだなった事がないですけど、自分の子が何も告げずに家を出て行ったらショックで寝込んじゃうかもですよ。
何でも話し合える親子を築きたいですねぇ。
母強し (メビウス)
2013-02-27 00:35:57
こちらにもお邪魔します♪

雨は自然の中で狼として生きる事諸々を先生と呼んでいた狐から教わっていた節がありましたけど、それが母親との別れと秤にかけるほど重要なものだったかと思うと・・・まあ確かに釈然としないものがあるのも否めませんね^^;ファンタジーでもありますから細かいとこは野暮なのかもしれませんが、それでも自分も雨がいなくなった後の花たちのその後とか色々考えちゃいましたね(汗

あと個人的には雨と雪の13年間の成長物語もそうですが、同時に花の母親としての成長ぶりなども見応えがありましたね。ちょっとやそっとじゃへこたれない花のバイタリティには恐れ入りました。
同じくモヤモヤしました (ミス・マープル)
2013-03-01 09:56:22
いつも笑っている花にイラつくのと、雪、雨の心の描写があまりに早い展開なのが、あっさりしすぎ感があります。
そもそもいつも笑っている人が嫌いなんですよ。悲しければ泣けばいいし、怒れたら思い切り怒ってほしい。まあそれは個人的な趣味です。
終盤の雨の行動にも共感ができないし、そもそも草平の家庭環境を入れる必要があったのか疑問です。全然泣けませんでした。映像的にはきれいでしたが。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2013-03-01 14:05:17
こちらにもコメント&TB有難うございます!!

雨は狐先生と出会った事で自分が生きていく道を、自分なりに真剣に考えて決断したのでしょうけども、少しは母親に相談するような優しさも見せて欲しかったです。
母親としては自立していく息子を見て嬉しかったとは思いますが、内心少しは寂しさを抱いていたかもしれませんね。

仰る通りで、子供たちの成長と母親となった花の成長物語としては見ごたえはありました。
2人の子供を抱えて懸命に頑張る花の姿には、これから親になるかもしれない自分にとっては勇気を与えてくれましたよ^^
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2013-03-01 14:19:56
こんにちは!
コメント&TB有難うございます。
ちょっと花さんはヘラヘラと笑いすぎですかね。
同じ感情だけで人と接するってのは確かにイラっとするかもしれませんね。
こっちは怒っているのに、怒られている君はなんで笑っているんだ!みたいな感じだと私もちょっとムカつくかもです。
雨の終盤の行動は私も共感できないです。
そこが一番観ていて引っ掛かりました。
もっと泣けるアニメかと思ってたのですが、雨の自分勝手な生き方の選択に「親子ってそんなものなのか?」とモヤモヤさだけが残りました。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おおかみこどもの雨と雪 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】狼と人間のハーフの子供を育てるけどな
『おおかみこどもの雨と雪』 ことはそう単純ではない (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  一見すると、『おおかみこどもの雨と雪』は細田守監督の前作『サマーウォーズ』(2009年)の延長のようだ。  だが、ことはそう単純ではない。  『おおかみこどもの雨と雪』は、大...
おおかみこどもの雨と雪 (だらだら無気力ブログ!)
期待を裏切らないイイ作品だった。
劇場鑑賞「おおかみこどもの雨と雪」 (日々“是”精進! ver.F)
母は、強し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207210002/ おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)細田 守 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-2...
『おおかみこどもの雨と雪』 2012年6月18日 東京国際フォーラムCホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『おおかみこどもの雨と雪』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 娘が時間通りに来ないので、18:15頃に座席券へ引き換えました でも、係員の粋な計らいにより1Fの座席券にしてくれたのですが やっぱり最後方でしたので、全然舞台挨拶は見えませんでした...宮崎あおいの...
『おおかみこどもの雨と雪』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おおかみこどもの雨と雪」 □監督・脚本・原作 細田守 □脚本 奥寺佐渡子□キャスト(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木 華、西井幸人、大野百花、           加部亜門、林原めぐみ、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原...
おおかみこどもの雨と雪  監督/細田 守 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮崎あおい(花)  黒木 華/大野百花(雪)  西井幸人/加部亜門(雨)  大沢たかお(彼/おおかみおとこ) 【ストーリー】 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこ...
親としての信念は?『おおかみこどもの雨と雪』 (水曜日のシネマ日記)
おおかみおとこと恋をした女性とその子供たちの物語です。
おおかみこどもの雨と雪/宮崎あおい (カノンな日々)
今やポスト・ジブリの一番手となった感のある『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督がこの新作映画のテーマに選んだのは「母親」。なんでも細田守監督の周囲で母親と ...
おおかみこどもの雨と雪 (Akira's VOICE)
この映画を観ている間,僕は"親"になった。
映画『おおかみこどもの雨と雪』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本・原作、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。音楽
「おおかみこどもの雨と雪」1人で問題を抱えた先に辿り着いた温かい助け合いの心と運命の出会いによるそれぞれの生きる道 (オールマイティにコメンテート)
「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督最新作品で、大学に通う女子学生が知り合ったおおかみおとこと恋に落ちて2人の子供が生まれるが ...
おおかみこどもの雨と雪 (そーれりぽーと)
個人的意見としては、今はジブリよりも確実に楽しませてくれる細田守監督の最新作、『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。 ★★★★ おおかみこども二人を育てる人間の母親の目を通して究極のスローライフ体験をさせてくれる素敵な狼男映画。 実写映画を観ている...
映画「おおかみこどもの雨と雪」@TOHOシネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 TOHOシネマズさん主催の試写会でほぼ満席、アニメ作品という事で小さなお子さんから大人まで幅広い客層だ。
映画「おおかみこどもの雨と雪」 (FREE TIME)
注目の映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞しました。
[映画『おおかみこどもの雨と雪』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凛とし、毅然ともしている一人の女性が、二人の「おおかみこども」を両腕に抱いているポスターが印象的な、期待の作品だった。  テーマとしては、突き詰めると「シングルマザー」の物語なのだと思っていた。  そして、どのような経緯かは知らないが、かようなオリジ...
『おおかみこどもの雨と雪』('12初鑑賞77・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:15の回を鑑賞。
おおかみこどもの雨と雪 (晴れたらいいね~)
昨年の映画館従業員が“映画館で観ることを薦めたい”ベスト1作品(ワーナー・マイカル上映作品)の邦画での一位に、この映画が選出されていた。ヱヴァや海猿を抑えてね。「時をか ...
おおかみこどもの雨と雪 (佐藤秀の徒然幻視録)
おおかみは孤立の匂いを放っている 公式サイト。英題:The Wolf Children Ame and Yuki。細田守監督、(声)宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、大野百花、西井幸人、加部亜門、平岡拓真、染谷将 ...
「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと (はらやんの映画徒然草)
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。 細田監督の「時を
おおかみこどもの雨と雪 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]ファンタジーと日常が絶妙な割合で同居する「おおかみこどもの雨と雪」。異形の存在を認めた母と子の選択の物語でもある ...
『おおかみこどもの雨と雪』 (beatitude)
人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しな...
『おおかみこどもの雨と雪』をユナイテッドシネマ豊洲11で観て、時間経っちゃったなあふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★納得はさせていただいた】    「すんげ―好き。悪口いう奴はぶん殴る」という人はお控え下さい。 殴られるのが好きだったりはしないよ。 あー、えーと ...
おおかみこどもの雨と雪・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
命を産み育てるとはどういう事か。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」のヒットで、一躍ヒットメーカーとなった細田守監督は、遂に驚嘆すべき作品を作り上げた。 これをファンタジックなだけのファミリ...
『おおかみこどもの雨と雪』 (こねたみっくす)
これは入道雲が見守り続けた花と雪と雨と彼の家族の物語。 一夏の出来事を描いた『時をかける少女』や『サマーウォーズ』のような勢いはなくとも、13年に及ぶとある家族の成長を四 ...
おおかみこどもの雨と雪 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月21日(土) 19:10~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(フリーパスポート) 『おおかみこどもの雨と雪』公式サイト フリーパスポート15本目。 細田守の新作は、前二作のSFぽいものと異なり、昔のジブリの香りのする作品。 田舎でのおおかみこどもの子育ての話...
おおかみこどもの雨と雪 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅....
おおかみこどもの雨と雪 (晴れたらいいね~)
昨年の映画館従業員が“映画館で観ることを薦めたい”ベスト1作品(ワーナー・マイカル上映作品)の邦画での一位に、この映画が選出されていた。ヱヴァや海猿を抑えてね。「時をか ...
おおかみこどもの雨と雪 (迷宮映画館)
弟の方を先に呼ぶのね、この題名は。。。いや、単なるごろの良さか。
『おおかみこどもの雨と雪』 (ラムの大通り)
----この映画のって、 『時をかける少女』や『サマーウォーズ』で人気の細田守監督作品だよね。 タイトルが分かりにくいんだけど…。 「そうだね。 でも、よくキービジュアルを見てごらん。 ほら、ふたりの子どもの耳…」 ----あっ。 「ね。彼らは 人間とオオカミの間に...
おおかみこどもの雨と雪 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】細野守 【声の出演】宮崎あおい/大沢たかお/黒木華/西井幸人/菅原文太/他 【公開日】2012年 7月21日 【製作】日本 【ストーリー】 ある日、大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおか...
おおかみこどもの雨と雪 (映画と本の『たんぽぽ館』)
成長していく“子どもと親”の物語                    * * * * * * * * *  「サマーウォーズ」にすっかりハマった私は、この細田守監督作品、迷わず見ました。 脚本の奥寺佐渡子さんも好きなんですよね。 ただ、“おおかみお...
おおかみこどもの雨と雪 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:邦画 「おおかみこどもの雨と雪」監督:細田 守2012年   日本映画   117分声の出演  宮崎あおい        大沢たかお国立大学に通う花は、同じ講義を受ける一人の男と知り合う。その男は実はおおかみおとこだったが、彼女は...
【おおかみこどもの雨と雪(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
細田守監督といえば今や宮崎駿監督に並んで名前でお客の呼べる数少ないアニメ監督。さっそくその名前に釣られ観てきました。 「おおかみこども」という秀逸なネーミングと貞本キャラとの組み合わせならもう勝ったも同然w。どんな楽しいお伽話を見せてくれることやらと...
細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。細田守監督・長編最新作『おおかみこどもの雨と雪』脚本は奥寺佐渡子。キャラクターデザインは貞本義行。花の声を宮崎あおい、“おおかみおとこ”の声を大沢たかお。ほかに菅原文太、
おおかみこどもの雨と雪 (いやいやえん)
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。しかし出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供た...
『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ (Healing )
おおかみこどもの雨と雪 ★★★★★ 親がイチバン難しいのは 子どもから離れることだ 子育てと、子離れ。 子どもが自分の生きる道を見つけ、 信じられる人、信じられる世界を見つけていくお話。 それを親が見守る、見送るお話。 細田守監督の『サマーウォーズ』も『時をか...
おおかみこどもの雨と雪 (Sato's Collection)
見ました。 花(宮崎あおい)は大学生。同じ講義を聴く男性に興味を抱き、やがて恋に落ちる。 しかし、彼(大沢たかお)は人間ではなく「おおかみおとこ」であった。 それでも気持ちの変わらない花は一緒に暮らし始め二人の子供を授かった。 雪の日に生まれた姉は「雪」....
【映画】おおかみこどもの雨と雪(の記事を比較的内容濃いめにやっつけた) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ひとつ前の記事で、2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の年だ…と書きましたが、もうひとつ。 今年は、手塚治虫先生が何故か「鉄腕アトム」を違う名前でリブートさせた「ジェッター・マルス」の生まれた年でもあります(※オープニング曲による情報)。 ロボッ...