銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アイアン・スカイ

2013年02月13日 22時10分31秒 | 洋画コメディ
ナチスが月から攻めてきた!!

-感想-

映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。
ブラックユーモア満載のおバカ映画です。
シュールなギャグで溢れてる。

映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。
いかにも北が言いそうな台詞だったものでここは一番笑ってしまったけれど、他はそうでも無かったかなぁ。
私の笑いのツボには嵌らなかった。

カンパを募るほどの低予算映画らしいけれど、CGは割りと凄かったですよ。
セットなんかも気合入っていてきちんと作り込まれていました。

ただそこまで手を叩くほどの面白い作品ではなかった。
もっとゲラゲラと笑える内容なのかと思ってたんだけどな。
その辺は期待ハズレ。

各国の宇宙戦艦がナチ基地に攻め入るシーンと、主役のお姉ちゃんが可愛らしかった位しか印象には残りませんでした。

アホな映画撮ったるで!みたいな意欲は感じるけど、監督が考える笑いと私が求める笑いの感性が若干ズレてた様な気もするなぁ。

今作の美女図鑑

レナーテ・リヒター役のユリア・ディーツェさん。
胸元が開いた軍服姿はエロかった。

評価:★★★

にほんブログ村
レンタル開始日:2013-02-08
メーカー:プレシディオ

IRON SKY
2012年
フィンランド/ドイツ/オーストラリア
93分
SF/アクション/コメディ
PG12
劇場公開(2012/09/28)



監督:ティモ・ヴオレンソラ
脚本:ティモ・ヴオレンソラ
出演:
ユリア・ディーツェ・・・レナーテ・リヒター
ゲッツ・オットー・・・クラウス・アドラー
クリストファー・カービイ・・・ジェームズ・ワシントン
ペータ・サージェント・・・ヴィヴィアン・ワグナー
ステファニー・ポール・・・アメリカ合衆国大統領
ティロ・プリュックナー・・・リヒター博士
ウド・キア『メランコリア』・・・ウォルフガング・コーツフライシュ総統

<ストーリー>
2018年、米大統領の人気取り政策によって月面へ送り込まれた黒人モデルのワシントン。彼がそこで見たものは、月へと逃亡したナチスの残党が築いた第四帝国の秘密基地だった。


オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Phone | トップ | Z108地区 ~ゾンビ包囲網~ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-02-14 00:34:53
周りの評判はいいんですが、全くの同感で、今一つでした。企画はいいんですが、そこから盛る内容が薄いですよね。単に笑いたいんだけどなあ。

でも、姉ちゃんはいいです。
TB &コメントありがとうございました。 (morkohsonimap )
2013-02-14 03:12:39
物語に広がりがなくてちんまりとまとまってしまったようですねぇ
深みと広がりがある時ねぇ面白い映画になったんじゃないでしょうか

>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2013-02-14 21:19:12
こんばんは!
世間の評判がいいので期待してたんですが、笑い所が自分には合わなくていまいちでした。
単純に笑いたかったんですが、どれもピンとこなかったです。
姉ちゃんの良さだけが印象に残る作品でした。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2013-02-14 21:27:46
こんばんは!
コメント&TB有難うございます。

仰るようにもう少し広がりを見せて欲しかったですねぇ。
低予算映画なので仕方がないかもしれませんね。
その分あははと笑えるシーンがあれば良かったんですが、それも余り無かったのが残念です。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-02-15 12:53:28
セットやCGの映像はB級とは思えないですよね。
全部ツッコミ所という感じで私はけっこう笑えましたよ。
こういう作品は好みでわかれますね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2013-02-15 15:55:40
こんにちは!
ほんと作りこみようは低予算B級とは思えない程の出来栄えでした。
ただ私には笑いがツボに入りませんでした。
ハマると面白いんでしょうけどねぇ^^;
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2013-02-15 22:44:10
秘宝関係者の町山さんの字幕だったし、ひいき目もあるかなって思いながら観ましたよ(笑)
大爆笑とかするとこはなかったですね。ふふふっていう感じかな。
ドイツ系の製作国だし、イギリスやフランスほどのブラックさではないですね。どこか、まだマジメ?
私は、きっと後者のブラックな笑いの方がツボだと思います。しかし、あの会議にキタの席があったとは…。
VFXはよかったですねー!ちなみにヤマトの実写版は製作費20億円だそうです。記事に書くのを忘れたわ(笑)
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2013-02-15 23:31:16
こんばんは!

あ、そうでした!!
町山さんが字幕担当でしたね!
すっかり忘れてましたよ^^;
がははって笑えるのかとそこに期待したのが不味かったですかね。
なんかブラックなノリにはまれませんでした。

そうそうちょっと真面目なコメディって感じもありましたねぇ。
それがあってお腹一杯になれなかったのが残念でした。
北が出てきてあの発言した所は爆笑しました。
映画とは云ええらいことやっちゃったなぁって(笑)

ヤマトは20億ですか!?
あの映画も内容はイマイチでしたが、VFXだけは凄く見応えありました。
おはようデス~ (Puff)
2013-02-17 10:05:20
ここ最近、ヒロしゃんがご覧になっている作品は、観たかったのに見逃してしまった作品ばかり。
「ダーケストアワー 消滅」「ヒドゥン・フェイス」「Z108地区 ~ゾンビ包囲網~」などなど。
この中でまず観るとすれば「ダーケストアワー」ですかね?

で、「アイアン・スカイ」ですが、、
そうねぇ、自分的には笑いのツボは多かったのですが、
時々変な間が空いて、繋ぎが上手く無くぶつ切りな感じがしました。
ま、そこがB級なんですかね、、

それにしても、欧州は米国に対して常々横暴な国だと思っているのだなあ、
などと改めてこの映画を観て思いましたです~ふふ
>Puffちんへ (ヒロ之)
2013-02-18 00:02:18
こんばんはデス

結構Puffちんが好きそうな作品をDVDで観てまして、その都度そちらへお邪魔しているのですが、「あれ?観てらっしゃらない・・・」とすごすごと帰ってきてました
個人的には『ダーケストアワー』よりも『ヒドゥンフェイス』の方をPuffちんにはお薦めしたいです。
かなり意表を突かれる展開で面白かったですよ

「アイアンスカイ」は雑誌・映画秘宝で高評価でしたので物凄く笑えるのかとそちらの期待を大きく持ってしまってたんですが、ちょっと自分には合わなかったみたいです。
一部分ではクスッとはなりましたけど、もっとガハハと笑いたかったってな気持ちだけが心残りとなりましたです。

米国は他の国からすると「俺様一番」みたいな印象があるのでしょうかね。
日本はその点どう思われているのかちょっと知りたいような知りたくないような・・・
映画の中とはいえこういう風に皮肉られると怖いものがありますよ。
こんにちは (maki)
2013-02-24 10:32:08
生真面目なコメディという感じで、私は好きですね
大笑いはなかったけど、小笑いが随所にあったりして。
なかなか楽しめました
セットやCGは確かに低予算とは思えなかったですね!
ヒロインの演説があんなふうに使われるとは思ってなかったので、ちょっとビックリしました~
ヘリウム3燃料によって国連代表たちがスロモで大乱闘になるシーンとか笑えました
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-02-25 21:17:14
こんばんは!

確かに大笑いするって程のコメディじゃなかったですね。
小ネタに笑えるか笑えないかで面白さも変わるかもしれませんね。
低予算とは思えないCG映像は素晴らしかったです。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2013-09-17 10:22:14
映像がちゃんとしてたんでB級臭さは意外に無かったです。
ただ中身も何も無いですね~(笑)
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2013-09-17 21:09:19
コメント有難うございます!
そうですねぇ。
かなり映像面に関しては頑張っていたように思えます。
ただ笑い所が私には余り分からなかったですねぇ。
もっと腹から笑える作品なのかと思っていただけに、そういう意味では残念でした。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アイアン・スカイ (佐藤秀の徒然幻視録)
もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら 公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...
[映画『アイアン・スカイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す!  その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^  残業が8時までだったけど、レイトショーに駆けつけました。  お...
映画「アイアン・スカイ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アイアン・スカイ』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 第二次世界大戦で完全に敗北したはずのナチス...
アイアン・スカイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F)(F) 映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント?
アイアン・スカイ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アイアン・スカイ Blu-ray 豪華版(初回数量限定生産)月面ナチスVS地球防衛軍という発想にブッ飛ぶ異色のSFコメディ「アイアン・スカイ」。奇想天外な設定と無駄に豪華な映像で、今年一 ...
「アイアン・スカイ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Iron Sky」2012フィンランド/ドイツ/オーストラリア この映画にアメリカ人俳優は出演していないと思うし、その地で撮影もしていないと思う。これほどアメリカ合衆国をバカにした映画は私的に初めて観た。世界の中心で、世界のリーダーはアメリカ合衆国の大統領…な...
『アイアン・スカイ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、おおおごめんよおふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★もちっと単純な笑いを加えてほしかった】    単純にゲラゲラ笑えるコメディーが見たかったけど、 ニヤっと笑えるエスプリの方が強めだった。 ただ、金髪 ...
「アイアン・スカイ」 (或る日の出来事)
2018年、アメリカが月面に宇宙船を着陸させてみると、そこには…!
アイアン・スカイ (だらだら無気力ブログ!)
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
アイアン・スカイ (538ねん。)
大戦末期ナチスが月に避難し、 それから70年、地球に攻めて来るという映画 なんか面白そうだなぁ…と・・・ 頭のどっかにインプットだけされていたため 英国版のBlu-rayジャケット見ただけで、殆んど何も考えないで 購入してた けど おバカ映画好きにはそれなりに楽し...
アイアン・スカイ (Memoirs_of_dai)
白人化されるが話はブラックユーモア 【Story】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそ...
アイアン・スカイ/ユリア・ディーツェ (カノンな日々)
もう発想からして最高ですよね。否が応でも期待が高まります。第2次世界大戦で敗北したナチス・ドイツが実はこっそりと月の裏側に逃げ延びていて秘密基地を構築し長年の月日を経て ...
アイアン・スカイ (風に吹かれて)
オバカで皮肉満載公式サイト http://gacchi.jp/movies/iron-sky2018年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月にふたりの人間が送り込まれた。ふたりは無事に
アイアン・スカイ (迷宮映画館)
なんつか、こんな映画を作れる心の広さが欲しい!
『アイアン・スカイ』 (こねたみっくす)
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る! 第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ...
アイアン・スカイ/IRON SKY (いい加減社長の映画日記)
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。 しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っていたのだった。 そして70年の歳月をかけてその....
『アイアン・スカイ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳た...
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり (はらやんの映画徒然草)
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
アイアン・スカイ (とりあえず、コメントです)
ナチスが月から攻めてくるというビックリなストーリーで話題のSFです。 気になるけどどうだろうなあと思っていたのですけど、ついチャレンジしてしまいました。 どちらかと言うと笑いよりも微妙にシュールでブラックな余韻の残る作品でした~
アイアン・スカイ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月28日(金) 21:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アイアン・スカイ』公式サイト フリーパスポート18本目。 私の記憶が確かならば、かつて落合信彦は、「20世紀最後の真実」の中で、ナチスの残党がアフリカ南米のどこかでアダムスキ...
アイアン・スカイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カ...
アイアン・スカイ (晴れたらいいね~)
予告を結構観ている映画です。そのたびに、アホな設定だわ~~と思いながら、これDVDでたら観よと思ってました。制作費は、750万ユーロで約9億円らしい。SFとしては低予算。うち1億円 ...
『アイアン・スカイ』 (ラムの大通り)
(原題:Iron Sky) ----この映画、ネット上でスゴク話題になっているよね。 「そうだね。 第二次世界大戦後、地球を後にしたナチスが月へ逃亡し、 地球へ復讐に向う日を虎視眈々と待っていたというレトロ感覚のSF。 南半球に、あるいは地底に ナチスの残党が潜伏し、U...
アイアン・スカイ (そーれりぽーと)
月からナチスが攻めてくる!? SFファンのカンパも話題の『アイアン・スカイ』を観てきました。 ★★★★ テーマがテーマだけに、ただの低予算SFおフザケ映画かと思いきや、ストーリー展開も映像も全体的なバランスが抜群な中に、ナチスと米国の民主主義社会、そして人種...
アイアン・スカイ / Iron Sky (勝手に映画評)
制作のための予算確保に苦労していた所、ファンからの寄付が1億円も集まったと言う曰くつきの作品。 ナチの残党が、第二次大戦終了時に南米に逃げたという設定の映画に『ブラジルから来た少年』と言う作品がありますが、これは南米どころか、月の裏側までナチの残党は逃....
アイアン・スカイ (いやいやえん)
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏...
映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ...
『アイアン・スカイ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:フィンランド・ドイツ:オーストラリア  上映時間:93分  原題:IRON SKY  配給:プレシディオ  監督:ティモ・ヴオレンソラ  主演:ユリア・ディーツェ      ゲッツ・...
『コロンビアーナ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:108分  原題:COLOMBIANA  配給:日活  監督:オリヴィエ・メガトン  主演:ゾーイ・サルダナ      ジョルディ・モリャ      レニー・ジェー...
【映画】アイアン・スカイ(の観賞記録をやっつけた…というよりほぼ近況報告) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況から。 (近況と言っても二週間前ぐらいの事) 2014年10月25日(土曜日)…この日は、朝一に、ずっと行きそびれていた、かかりつけの病院に行った後、娘の学校の学院際に。娘とはタイミングが合わず会えずに、学院際からは直ぐに退散 その後、HOBBYBOX(※模型...